現在地

森脇 俊和(モリワキ トシカズ; Moriwaki, Toshikazu)

face
所属
医学医療系
職名
講師
生年月
1973-09
eメール
 
Fax
029-853-3218
研究キーワード
化学療法
食道癌
胃癌
大腸癌
小腸癌
胆道癌
膵癌
研究課題
高齢者の切除不能な進行・再発胃癌に対する機能評価と前向きな化学療法後の臨床情報が紐づけされたデータセットの作成を通じて標準治療を開発する多施設共同臨床研究2017-04 -- 2018-03牧山 明資国立研究開発法人日本医療研究開発機構/日本医療研究開発機構研究費600,000円
産学連携全国がんゲノムスクリーニング事業SCRUM-Japanで組織した遺伝子スクリーニング基盤を利用した、多施設多職種専門家から構成されたExpert Panelによる全国共通遺伝子解析・診断システムの構築および研修プログラムの開発2016-12 -- 2019-03吉野孝之国立研究開発法人日本医療研究開発機構/3,900,000円
がんゲノム上方を用いた全国レベルでのprecision medicine体制構築に関する研究2016-04 -- 2018-03吉野孝之国立がん研究センター/第28年度国立がん研究センター研究開発費1,000,000円
先端的がん医療実施のための地域完結型病理診断および臨床・病理連携ネットワークの構築2015-04 -- 2017-03桑田健厚生労働省/厚生労働科学研究費補助金
高度腹膜転移胃癌に対する標準化学療法の確立に関する研究2014-11 -- 2016-03中島貴子厚生労働省/厚生労働省科学研究費補助金910,000円
切除不能結腸直腸癌における二次治療以降のFOLFIRI+BevacizumabおよびFOLFOX+Bevacizumab療法の有効性、安全性の実態を調査する多施設共同研究2008-06 -- 2011-12兵頭一之介/国内共同研究
切除不能・再発胃癌に対するS-1+分割毎週CDDP併用療法の多施設共同第II相臨床試験2008-10 -- 2013-07兵頭一之介/国内共同研究
大腸がんにおけるセツキシマブ治療効果予測因子の探索的研究2010-01 -- 2012-12兵頭一之介/国内共同研究
進行胆道癌に対するGEM/CDDP/S-1併用療法の第I相試験(GPS-P1 study2011-10 -- 2014-10兵頭一之介/国内共同研究
職歴
1998-05 -- 1998-09岡山大学 医学部第一内科
1998-10 -- 2000-08国立福山病院 内科 医師
2000-09 -- 2007-05独立行政法人国立病院機構四国がんセンター 内科
2007-06 -- (現在)筑波大学 大学院人間総合科学研究科臨床医学系消化器内科
学歴
1992-04 -- 1998-03川崎医科大学卒業
取得学位
2008-04博士(医学)筑波大学
免許資格等
2013-11-01日本消化管学会胃腸科指導医
2013-11-01日本消化管学会胃腸科専門医
2004-12-01日本消化器内視鏡学会専門医
2008-09-30日本内科学会認定内科医
2009-04-01日本がん治療認定医
所属学協会
2015 -- (現在)米国腫瘍学会
2014 -- (現在)欧州腫瘍学会
2013 -- (現在)日本胆道学会
2012 -- (現在)日本消化管学会
2003 -- (現在)日本胃癌学会
2001 -- (現在)日本癌治療学会
1998 -- (現在)日本消化器内視鏡学会
1998 -- (現在)日本消化器病学会
2009 -- (現在)日本食道学会
1998 -- (現在)日本内科学会
受賞
2020-03-19第22回桐医会賞(筑波大学附属病院教育賞)教員部門レジデントの卒後臨床教育への貢献
2019-01筑波大学附属病院ベスト・プラクティス優秀賞食道癌に対する集学的チーム医療の実践が優秀な取り組みと審査されたため
2018-07-06優秀論文賞2017年中に発表された大腸癌研究会関連の論文中で優秀と認められたため
2012-10-27第50回癌治療学会学術集会優秀演題賞口演:治癒不能胃がんに対するS-1+weekly CDDPと標準S-1+CDDPの無作為化第II相試験:SPACE試験
論文
著書
  • 大腸がん化学療法の三次治療。選ぶのはトリフルリジン/チピラシルか?レゴラフェニブか?
    森脇 俊和
    臨床腫瘍プラクティス, 株式会社ヴァンメディカル, pp.278-279, 2019-11
  • 初回投与量別の皮膚障害と肝障害の評価
    森脇 俊和
    大腸癌に対するレゴラフェニブ治療, 株式会社アークメディア, pp.162-168, 2019-03
  • TOPICS 胃がんに対する2次治療以降の標準治療は?
    森脇 俊和
    がん分子標的治療, メディカルレビュー社, pp.106-108, 2018-07
  • 大腸癌に対する化学療法Up-to-date -分子標的治療薬の位置付けとQOL向上の工夫-
    山田 武史; 森脇俊和; 兵頭一之介
    消化管Network, 朝日新聞社, pp.6-8, 2009
  • 消化器癌に対する分子標的治療の今後の展望
    山田 武史; 森脇俊和; 兵頭一之介
    消化器の臨床, ヴァン・メディカル社, pp.578-585, 2010
  • CALGB/SWOG 80405試験を読み解く(Deep understanding of CALGB/SWOG 80405 trial)
    山田 武史; 森脇俊和
    がん分子標的治療, メディカルレビュー社, pp.124-126, 2015
  • 抗EGFR抗体のエビデンスupdate
    山本祥之; 山田武史; 森脇 俊和; 兵頭一之介
    Pharma Medica, メディカルレビュー社, pp.51-56, 2016-12
  • Learn more from previous clinical trial CALGB/SWOG 08405試験を読み解く
    山田武史; 森脇 俊和
    がん分子標的治療, メディカルレビュー社, pp.124-126, 2015-07
  • 3.切除不能進行・再発大腸癌に対する化学療法に用いられる主なレジメン
    今西真実子; 森脇 俊和; 兵頭一之介
    ガイドラインサポートハンドブック大腸癌2014年版, 医薬ジャーナル社, pp.204-206, 2015-04
  • 4.化学療法ー①(補助化学療法)2.術後補助化学療法に用いられるレジメン
    今西真実子; 森脇 俊和; 兵頭一之介
    ガイドラインサポートハンドブック大腸癌2014年版, 医薬ジャーナル社, pp.162-165, 2015-04
  • 制吐薬
    森脇俊和; 兵頭一之介
    治療薬ハンドブック 2015, じほう, pp.596-604, 2015-01
  • Q&A レジデントのための診療のEssence
    山本祥之; 森脇 俊和
    大腸がんperspective, メディカルレビュー社, pp.60-62, 2014-12
  • ベバシズマブの臨床的意義
    寺崎正彦; 森脇 俊和; 兵頭一之介
    がんと抗血管新生療法, メディカルレビュー, pp.16-16, 2014-11
  • 消化器癌に対する分子標的薬と大規模臨床試験 わが国における大規模臨床試験
    森脇俊和; 遠藤慎治; 兵頭一之介
    オンコロジークリニカルガイド消化器癌化学療法 改訂4版, 南山堂, pp.228-239, 2014-11
  • 制吐薬
    森脇俊和; 兵頭一之介
    治療薬ハンドブック 薬剤選択と処方のポイント 2014, じほう, p.1621, 2014-01
  • 米国臨床腫瘍学会消化器癌シンポジウム(ASCO GI 2014)トピックス
    森脇 俊和
    胃がんperspective, 株式会社メディカルレブ—社, pp.74-77, 2014-03
  • 大腸がん1次治療における抗EGFR抗体の役割—FIRE-3試験とPEAK試験から—
    菅谷 明徳; 森脇 俊和; 兵頭一之介
    がん分子標的治療, メディカルレビュー, pp.88-90, 2014-04
  • IX胃癌の治療戦略 化学療法 切除不能進行・再発胃癌化学療法の基本的治療戦略(アルゴリズム)
    圷大輔; 森脇 俊和; 兵頭一之介
    最新胃癌学, 日本臨床社, pp.438-444, 2014-01
  • 大腸がん
    浜野由花子; 森脇 俊和; 兵頭一之介
    medicina, 医学書院, pp.110-114, 2014-01
  • がんの治療薬を知る−薬剤選択のための知識(34) レゴラフェニブ
    森脇 俊和; 遠藤慎治; 兵頭一之介
    臨床腫瘍プラクティス, 株式会社ヴァンメディカル, 2013-11
  • A Phase I study of doxifluridine combined with weekly paclitaxel for metastatic gastric cancer
    森脇 俊和
    2008-04
  • 治療薬ハンドブック 薬剤選択と処方のポイント 2012 制吐薬
    森脇俊和; 兵頭一之介
    じほう, 2012
  • 特集 大腸がんの薬物療法―最近の進歩 切除不能・再発大腸がんに対する一次治療のエビデンス
    菅谷明徳; 森脇俊和; 兵頭一之介
    腫瘍内科・科学評論社, 2012-12
  • 治療薬ハンドブック 薬剤選択と処方のポイント 2013 制吐薬
    森脇俊和; 兵頭一之介
    じほう, 2013
  • 消化器癌に対する多剤併用療法 TS-1/タキサン
    遠藤慎治; 兵頭一之介; 森脇俊和
    オンコロジークリニカルガイド消化器癌化学療法 食道・胃・大腸, 2007-11
会議発表等
  • Impact of adding ramucirumab to paclitaxel in patients with advanced gastric cancer according to the level of ascites: A multicenter retrospective study
    Masuishi T.; Kadowaki S.; Hirano H.; Kawai S.; Yamada T.;...
    ESMO2018/2018-10-19--2018-10-23
  • Retrospective analysis for efficacy and safety of nivolumab in advanced gastric cancer patients (pts) with malignant ascites
    Sugaya Akinori; Ueyama Shunsuke; Suzuki Hirosumi; Yamada ...
    ASCO-GI 2020/2020-01-25--2020-01-25
  • 再発癌への治療戦略:放射線治療
    石川 仁; 廣嶋 悠一; 森脇 俊和; 山本 祥之; 山田 武史; 久倉...
    第74回日本食道学会学術集会/2020-12-10--2020-12-11
  • Clinical impact of primary tumor location in patients with metastatic colorectal cancer (mCRC) treated with regorafenib or trifluridine/tipiracil as later-line.
    Nakajima Hiromichi; Fukuoka Shota; Moriwaki Toshikazu; Ma...
    2020 Gastrointestinal Cancers Symposium/2020-01-25--2020-01-25
  • Vascular endothelial growth factor (VEGF)-D and clinical outcomes in metastatic colorectal cancer (mCRC) patients (pts) treated with second-line FOLFIRI plus bevacizumab (Bev): A biomarker study of the WJOG 6210G trial.
    Izawa Naoki; Shitara Kohei; Masuishi Toshiki; Denda Tadam...
    2020 Gastrointestinal Cancers Symposium/2020-01-25--2020-01-25
  • Analysis of early tumor shrinkage (ETS) and depth of response (DpR) in metastatic colorectal cancer (mCRC) patients (pts) treated with second-line FOLFIRI plus panitumumab (Pani) or bevacizumab (Bev): Results from a randomized phase II WJOG6210G trial.
    Izawa Naoki; Shitara Kohei; Masuishi Toshiki; Denda Tadam...
    2020 Gastrointestinal Cancers Symposium/2020-01-25--2020-01-25
  • The treatment strategy of the second-line chemotherapy for metastatic colorectal cancer (mCRC) patients (pts) with early progression in the first-line chemotherapy with bevacizumab (BEV), BEV beyond progression (BBP), or non-BBP.
    Kawakami Takeshi; Yamamoto Shun; Mitani Seiichiro; Esaki ...
    2020 Gastrointestinal Cancers Symposium/2020-01-25--2020-01-25
  • Retrospective analysis for efficacy and safety of nivolumab in advanced gastric cancer patients (pts) with malignant ascites.
    Sugaya Akinori; Ueyama Shunsuke; Suzuki Hirosumi; Yamada ...
    2020 Gastrointestinal Cancers Symposium/2020-1-23--2020-1-23
  • Borderline resectable 下部直腸癌に対するTotal Neoadjuvant Therapy の導入
    北口大地; 榎本剛史; 大原佑介; 大和田洋平; 山本祥之; 森脇...
    第81回日本臨床外科学会総会/2019-11-14--2019-11-16
  • Role of Glasgow prognostic score in chemo-naive patients with advanced biliary tract cancer and good performance status
    Moriwaki T.; Hasegawa N.; Yamamoto Y.; Yamada T.; Kanai M...
    European-Society-for-Medical-Oncology (ESMO) Asia Congress/2019-11-22--2019-11-24
  • REVIVE study: Prospective observational study of efficacy and safety in chemotherapy (CTx) after progressive disease of nivolumab (NIV) therapy for metastatic gastric cancer (mGC).
    Narita Yukiya; Shoji Hirokazu; Kawai Sadayuki; Mizukami T...
    Gastrointestinal Cancers Symposium/2019-01-17--2019-01-19
  • Identification of site-specific genome alterations in metastatic colorectal cancer: Sub-study 003 of the SCRUM-Japan GI-SCREEN
    Mizukami Takuro; Takahashi Masaki; Sunakawa Yu; Yuki Sato...
    Gastrointestinal Cancers Symposium/2019-01-17--2019-01-19
  • Pembrolizumab versus chemotherapy as second-line therapy for advanced esophageal cancer: Phase III KEYNOTE-)181 study.
    Kojima Takashi; Muro Kei; Francois Eric; Hsu Chih-Hung; M...
    Gastrointestinal Cancers Symposium/2019-01-17--2019-01-19
  • Retrospective analysis for efficacy and safety of nivolumab in advanced gastric cancer patients with malignant ascites
    Suzuki Hirosumi; Yamada Takeshi; Hagiwara Yuuya; Ikeda Ta...
    Annual Meeting of the Japanese-Society-of-Medical-Oncology (JSMO)/2019-07-18--2019-07-20
  • 2nd line bevacizumab(BEV) continuation chemotherapy(Cx) beyond early progression for metastatic colorectal cancer(mCRC)
    Komoda Masato; Yamamoto Shun; Kawakami Takeshi; Mitani Se...
    Annual Meeting of the Japanese-Society-of-Medical-Oncology (JSMO)/2019-07-18--2019-07-20
  • A Biomarker Analysis of Nivolumab in Previously Treated Advanced Gastric Cancer (WJOG10417GTR)
    Shoji Hirokazu; Kudo-Saito Chie; Takaishi Hiromasa; Takah...
    Annual Meeting of the Japanese-Society-of-Medical-Oncology (JSMO)/2019-07-18--2019-07-20
  • Microsatellite instability status in metastatic colorectal cancer and effect of immune checkpoint inhibitors on survival in MSI-high metastatic colorectal cancer
    Okamoto W.; Nakamura Y.; Shiozawa M.; Komatsu Y.; Denda T...
    44th Congress of the European-Society-for-Medical-Oncology (ESMO)/2019-09-27--2019-10-01
  • Prognostic and predictive impact on FMS-like tyrosine kinase 3 (FLT3) amplification in patients with metastatic colorectal cancer
    Hasegawa H.; Taniguchi H.; Kato T.; Fujii S.; Ebi H.; Shi...
    44th Congress of the European-Society-for-Medical-Oncology (ESMO)/2019-09-27--2019-10-01
  • 治癒切除不能虫垂原発印環細胞癌4例に対する化学療法の効果
    廣瀬優; 森脇 俊和; 伊藤喜美; 小野田翼; 杉山雄太郞; 鈴木宏...
    第16回日本消化管学会総会学術集会/2020-02-07--2020-02-07
  • Nivolumab療法を免疫関連有害事象のため中止後、抗腫瘍効果が長期間維持された胃癌の1例
    八田 幸乃; 森脇 俊和; 廣瀬優; 伊藤 嘉美; 小野田 翼; 杉山...
    第29回茨城がん学会/2019-12-22--2019-12-22
  • 外来化学療法における輸注反応/過敏反応フローチャートの有用性の検討
    泉 智子; 入江佳子; 嶋岡真理; 會田有香; 山本祥之; 森脇俊和...
    第57回日本癌治療学会学術集会/2019-10-24--2019-10-26
  • Pembrolizumab versus chemotherapy as second-line therapy for advanced esophageal cancer: Phase 3 KEYNOTE-181 study.
    Shah Manish A.; Adenis Antoine; Enzinger Peter C.; Kojima...
    Annual Meeting of the American-Society-of-Clinical-Oncology (ASCO)/2019-05-31--2019-06-04
  • Microsatellite instability status in metastatic colorectal cancer and effect of immune checkpoint inhibitors on survival in MSI-high metastatic colorectal cancer.
    Okamoto Wataru; Nakamura Yoshiaki; Shiozawa Manabu; Komat...
    Annual Meeting of the American-Society-of-Clinical-Oncology (ASCO)/2019-05-31--2019-06-04
  • Predictive factors for early mortality after initiation of regorafenib or trifluridine/tipiracil in refractory metastatic colorectal cancer.
    Masuishi Toshiki; Moriwaki Toshikazu; Fukuoka Shota; Taka...
    Annual Meeting of the American-Society-of-Clinical-Oncology (ASCO)/2019-05-31--2019-06-04
  • 全身状態良好の未化学療法の進行胆道癌症例におけるGlasgow prognostic scoreの有用性
    森脇 俊和; 長谷川直之; 山本祥之; 山田武史; 金井 雅史; 小...
    第57回日本癌治療学会学術集会/2016-10-24--2019-10-26
担当授業科目
2020-11 -- (現在)内科学概論 消化内科学 消化管の癌・潰瘍・炎症疾患フロンティア
2020-04 -- (現在)M6統括講義 消化管の悪性腫瘍筑波大学医学類
2019-10 -- (現在)消化管疾患総論筑波大学医療科学類
2019-10 -- 2020-02臨床腫瘍学(消化器内科)講義及び実習筑波大学
2019-04 -- 2019-08臨床腫瘍学(消化器内科)講義及び実習筑波大学
2019-10 -- 2020-02各論:臨床腫瘍学筑波大学
2019-04 -- 2019-08各論:臨床腫瘍学筑波大学
2018-10 -- 2019-02腫瘍学臨床各論筑波大学
2018-04 -- 2018-08腫瘍学臨床各論筑波大学
2018-10 -- 2019-02消化器腫瘍内科学講義及び実習筑波大学
授業以外の教育活動
2019-03 -- 2019-03看護師特定行為研修共通科目実習担当筑波大学附属病院
2008 -- (現在)がんプロフェッショナル養成プラン筑波大学
2008 -- (現在)東関東東京高度医療人養成ネットワーク筑波大学
一般講演
  • レゴラフェニブ 症例 用法・用量の工夫
    森脇 俊和
    CRC Expert Summit Meeting 2020/2020-08-29--2020-08-29
  • 結腸直腸癌に対する補助化学療法の現状
    森脇 俊和
    第22回東邦がん化学療法懇話会/2020-02-14--2020-02-14
  • 化学療法はこんな方におすすめします
    森脇 俊和
    市民公開講座 食道がんを学ぼう/2019-11-09--2019-11-09
  • 膵臓がんの内科治療・外科治療
    森脇 俊和
    がん県民公開セミナー in みと「新時代・肝胆膵がんへの挑戦」/2019-11-02--2019-11-02
  • 最適な二次治療を目指して実践する
    森脇 俊和
    第57回日本癌治療学会学術集会 学術セミナー37 Expertsの考える、”Think both"-大腸癌二次治療-/2019-10-26--2019-10-26
  • 膵臓がんの内科治療・外科治療
    森脇 俊和
    がん県民公開セミナー in つくば「新時代・肝胆膵がんへの挑戦」/2019-10-19--2019-10-19
  • 使用経験と副作用マネジメントの実際
    森脇 俊和
    WEBカンファレンス2.0/2019-06-27--2019-06-27
  • 腎糸球体への影響を勘案した血管新生阻害剤による蛋白尿の適切なマネジメント 「血管新生阻害剤使用大腸癌患者に認められたネフローゼ症候群」
    森脇 俊和
    Lilly Medical Webinar/2018-11-12--2018-11-12
  • 胃がん化学療法のエビデンスとその臨床応用 セカンドライン治療の選択に迷う症例
    森脇 俊和
    リリーインターネット講演会/2018-11-07--2018-11-07
  • 胃癌セカンドラインでアブラキサンを使う
    森脇 俊和
    Chemotherapy Meeting 2018 in Mito/2018-06-29--2018-06-29
  • 新たな血管新生阻害剤を使う
    森脇 俊和
    CRCC-長野2018/2018-06-15--2018-06-15
  • 新たな血管新生阻害剤を使うには?
    森脇 俊和
    第118回日本外科学会定期学術集会ランチョンセミナー4/2018-04-05--2018-04-05
  • Regorafenibの使いこなし方 -CRCでの使用経験を踏まえて-
    Moriwaki Toshikazu
    茨城HCC NEXTシンポジウム/2018-03-16--2018-03-16
  • 大腸癌化学療法における血管新生阻害剤の位置付け
    Moriwaki Toshikazu
    茨城県消化器癌講演会/2018-03-14--2018-03-14
  • 高齢者大腸癌に対する経口抗がん剤を用いた化学療法への取り組み
    Moriwaki Toshikazu
    第5回Cancer Arena for Clinical Oriented Problem/2018-02-01--2018-02-01
  • FOLFOXIRI+Bevacizumab療法
    Moriwaki Toshikazu
    茨城消化器がんフォーラム/2017-11-30--2017-11-30
  • Impendingな症例に対する初回化学療法は?
    Moriwaki Toshikazu
    第4回新宿大腸癌Expertsセミナー/2017-11-29--2017-11-29
  • 化学療法はこんな方におすすめします
    森脇 俊和
    市民公開講座 食道がんを学ぼう/2017-11-25--2017-11-25
  • 大腸がんガイドライン〜国内外の現状〜
    Moriwaki Toshikazu
    CRCC講演会/2017-10-27--2017-10-27
  • 切除不能大腸癌に対するオキサリプラチン併用療法の最適な治療ストラテジー:メタアナリシスの結果から
    Moriwaki Toshikazu
    東京がん化学療法研究会月例会/2017-10-17--2017-10-17
  • 大腸がん化学療法の後方ライン キードラッグの最適な使い方は?
    Moriwaki Toshikazu
    第15回四国消化器癌化学療法研究会/2017-10-07--2017-10-07
  • 海外、国内臨床試験の紹介 VELOUR試験について
    Moriwaki Toshikazu
    CRCC-2017 Colorectal Cancer Conference/2017-10-05--2017-10-05
  • 進行再発大腸癌における経口抗がん剤の最適な症例は?〜大腸癌治療ガイドライン2016をふまえて〜
    Moriwaki Toshikazu
    第2回鹿児島消化器がん治療フォーラム/2017-08-25--2017-08-25
  • 進行再発大腸癌における経口抗がん剤の最適な症例は?〜大腸癌治療ガイドライン2016をふまえて〜
    Moriwaki Toshikazu
    姫路癌治療研究会/2017-07-08--2017-07-08
  • 高齢者進行再発大腸癌に対する最適な化学療法は?
    Moriwaki Toshikazu
    大腸癌治療 Meeting in 倉敷/2017-06-28--2017-06-28
学協会等委員
2019-04 -- (現在)日本消化管学会代議員
2019-01 -- (現在)大腸癌研究会広報委員会/委員
2018-05 -- 2019-05西日本がん研究機構WJOG消化器アドバイザー
2018-02 -- 2022-03公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンターCSPOR-GC01 実行委員
2017-04 -- (現在)大腸癌研究会大腸癌化学療法委員会/委員
2014-03 -- (現在)Onco-Nephrology Forumアドバイザリーボード
2013-06 -- 2015-03茨城県がん診療連携協議会研修部会
2008-02 -- 2013-12茨城消化器癌化学療法研究会事務局
2007-06 -- 2010-12がん対策のための戦略研究 緩和ケアプログラムによる地域介入研究
2010-06 -- (現在)Young Oncologist Club
学内管理運営業績
2020-04 -- (現在)防災リンクドクター委員
2020-04 -- (現在)総合がん診療センター副部長
2020-04 -- 2022-03病床管理センター委員
2018-04 -- (現在)がんゲノム医療委員会委員
2015-04 -- (現在)リスクマネージメント委員会内視鏡検査ワーキングメンバー
2015-04 -- (現在)リスクマネージメント委員会生理機能検査ワーキングメンバー
2015-04 -- (現在)リスクマネージメント委員会化学療法ワーキングリーダー
2013-05 -- 2015-03総合がん診療センター副部長
2007-09 -- 2008-12次期統合医療情報システム注射ワーキンググループ
2007-09 -- (現在)がん患者相談・支援委員会
その他の活動
2021-01 -- 2021-012021-01-15 Gastric cancer Web Seminar in Ibaraki 講演1 座長
2020-12 -- 2020-12第111回日本消化器病内視鏡学会関東支部例会 専修医セッション 大腸3 座長
2020-10 -- 2020-102020-10-02 Lilly CRC Meeting in IBARAKI 総合司会
2020-08 -- 2020-08第117回日本内科学会講演会 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ 2020 東京 ポスターセッション「腫瘍③」座長
2020-02 -- 2020-02第16回日本消化管学会総会学術集会 一般演題12 胃・十二指腸-12 座長
2019-06 -- 2019-06CRCC-つくば2019 パネルディスカッション「Aflibercept治療症例」司会
2019-02 -- 2019-02がん免疫療法セミナー in Tsukuba「Session I」座長
2018-11 -- 2018-11茨城大腸がんフォーラム2018「一般演題」座長
2018-11 -- 2018-11大腸癌 Expert Seminar in つくば 「症例ディスカッション〜治療決定からICまで〜」司会
2018-06 -- 2018-06マルチケアフォームinつくば 特別講演「消化管疾患治療の最前線の話題」座長

(最終更新日: 2021-01-15)