現在地

嵯峨 寿(サガ ヒトシ; Saga, Hitoshi)

所属
体育系
職名
准教授
生年月
1963-06
eメール
 
研究室
体育科学系棟B-504
電話
029-853-2629
研究分野
身体教育学
研究キーワード
ナイキ
スポーツ用品メーカー
ブランド
スポーツ・プロモーション
バドミントン
ラグビー文化
教養
リベラル・アーツ
レジャー産業
余暇
研究課題
オリンピック競技大会招致に関する調査研究―2008年北京大会及び2012年ロンドン大会招致―2006-04 -- 2007-03舛本直文東京都議会議会局調査部調査情報課/国内共同研究
スポーツ用品メーカーに関する研究 -- (現在)/
オリンピックに関する研究 -- (現在)/
スポーツスポンサーシップに関する研究 -- (現在)/
スポーツ・プロモーション戦略に関する研究 -- (現在)/
祝祭とレジャー・スポーツに関する研究 -- (現在)/
スポーツのメディアバリューに関する研究 -- (現在)/
オリンピアンを対象とするオリンピック教育のモデル構築に関する研究2012 -- 2015日本学術振興会/基盤研究(B)6,500,000円
大学体育の分野別FDおよびプレFDプログラムの開発2012 -- 2014日本学術振興会/基盤研究(C)3,500,000円
人類のレガシー創造を目指す未来型オリンピックのビジョン構築2009 -- 2013日本学術振興会/基盤研究(B)
職歴
1990-04 -- 1991-06筑波大学 文部技官
1991-08 -- 1993-09財団法人余暇開発センター 研究員
1993-10 -- 1996-04筑波大学 助手
1996-05 -- 2002-03筑波大学 講師
2002-04 -- (現在)筑波大学 准教授
学歴
-- 1987筑波大学 体育専門学群
-- 1989筑波大学 体育研究科
取得学位
体育学修士
所属学協会
-- 2014全国大学体育連合
2003 -- (現在)日本オリンピック・アカデミー
1995 -- (現在)日本スポーツ産業学会
-- (現在)日本レジャー・レクリエーション学会
-- (現在)日本体育・スポーツ政策学会
1987 -- (現在)日本体育学会
受賞
2001-03大学体育奨励賞(最優秀論文)
論文
  • 柔道用畳、南相馬のスポーツ少年団へ(支援活動レポート,東日本大震災スポーツ復興支援事業報告,復興支援事業委員会報告)
    嵯峨 寿
    大学体育/39(1)/p.171, 2012-06
  • 筑波大学(被災地レポート,東日本大震災スポーツ復興支援事業報告,復興支援事業委員会報告)
    嵯峨 寿
    大学体育/39(1)/pp.175-176, 2012-06
  • 平成24年度全国研修会を振り返って(研修会総括,地域・社会貢献を視野に入れた大学体育の種目と内容,平成24年度大学体育指導者全国研修会)
    嵯峨 寿
    大学体育/39(2)/p.45, 2012-12
  • 「映像論文」制度化の可能性と課題-体育系研究の新たな訴求方法と媒体の開発に向けて-
    山田幸雄; 松本光弘; 内山治樹; 真田久; 田嶋幸三; 徳山薫平;...
    筑波大学体育科学系紀要/28/p.175-179, 2005-03
  • ドイツーこの自由時間先進国から何を学ぶべきか-
    嵯峨 寿
    ロアジール/17(7)/p.46-51, 1992-01
  • スポーツ施設における省エネルギー対策の動向
    嵯峨 寿
    月刊体育施設/p.72-76, 1993-01
  • 新しいレジャー産業・余暇政策の基礎としてのメタ・レジャー概念
    嵯峨 寿
    ロアジール/(4月)/p.45-49, 1994-01
  • レジャー産業の動向と現状
    嵯峨 寿
    レジャー・レクリエーション研究/29/p.21-26, 1995-01
  • 「矢」の象徴的意味に関する思弁的解釈の試み-『オイディプス王』におけるアポロンの矢をめぐって-
    嵯峨 寿
    大学体育研究/21/p.21-37, 1999-01
  • スポーツ・コミュニケーション政策におけるスポーツ選手の価値-テレビコマーシャルによるナイキの英雄崇拝-
    嵯峨 寿
    体育・スポーツ政策研究/9(1)/p.51-61, 2000-01
  • 冬季スポーツ映像をどのようにして教材に活かしていくか-「英雄」を道案内にした《普遍的価値》への誘い
    嵯峨 寿
    大学体育/(69)/p.3-14, 2000-01
  • “勝利の女神”の託宣 ‐ナイキCMのメッセージ解釈とアスリートのメディア価値‐
    嵯峨 寿
    大学体育研究/23/p.91-103, 2001-01
  • Message by Nike -Research Note for analyzing the Media Values in Nike CM-
    嵯峨 寿
    Bull, Inst. Sport and Physical Education Center of University of Tsukuba, 2001-01
  • 大学における体育新任教員のFDの実態と意識
    小林勝法; 奈良雅之; 木内敦詞; +嵯峨 寿
    大学体育/(98)/p.115-123, 2011-01
  • 体育学専攻の大学院生を対象とした大学教員準備教育に関する調査
    小林勝法; 木内敦詞; 嵯峨 寿; 奈良雅之
    大学体育学/9(1)/pp.109-116, 2012-03
  • 自己開発的レジャー享受の満足度に及ぼす主体的要因の影響度
    嵯峨 寿
    筑波大学体育科学系紀要/19/pp.53-63, 1996-03
  • 男子学生アスリートの栄養素等摂取状況の現状
    麻見 直美; 嵯峨 寿; 長谷川 聖修
    筑波大学体育科学系紀要/28/pp.67-72, 2005-03
  • 女子学生アスリートの栄養素等摂取状況の現状把握および食事摂取基準作成の試み
    麻見直美; 嵯峨 寿; 長谷川聖修; 松元剛; 川村卓; 徳山薫平
    筑波大学体育科学系紀要/29/pp.15-22, 2006-03
  • アテネ・オリンピック2004の文化的側面 (特集 アテネオリンピック・パラリンピック)
    真田 久; 宮下 憲; 嵯峨 寿
    筑波大学体育科学系紀要/28/pp.129-139, 2005-03
  • ジャック・ロゲIOC会長への名誉博士称号授与
    真田 久; 嵯峨 寿
    筑波大学体育科学系紀要/30/pp.1-4, 2007-03
  • 11教-27-ポ-82 我が国の「大学体育」の基本理念とカリキュラム(11.体育科教育学,一般研究発表抄録)
    鍋倉 賢治; 遠藤 卓郎; 大高 敏弘; 進藤 正雄; 嵯峨 寿; 松元...
    日本体育学会大会予稿集/(62)/p.280, 2011-09
  • 00-5-C501-3 職場環境の変化にともなう大学体育教員の適応過程に関する質的検討(00.体育哲学,一般研究発表抄録)
    奈良 雅之; 小林 勝法; 嵯峨 寿; 山里 哲史
    日本体育学会大会予稿集/(58)/p.125, 2007-09
著書
  • 中学保健体育 朱書編
    嵯峨 寿
    2012-03
  • 中学保健体育の研究 教授ノート体育
    嵯峨 寿
    2012-03
  • 中学保健体育の研究 研究編体育
    嵯峨 寿
    2012-03
  • 中学保健体育の研究 ワークシート
    嵯峨 寿
    2012-03
  • TSUKUBAの研究環境とゆとり生活環境に関する調査
    嵯峨 寿
    余暇開発センター, 1992-01
  • 勤労者の余暇ニーズの実態と余暇施策のあり方について
    嵯峨 寿
    1992-01
  • 余暇・スポーツ施設における最適エネルギーシステム モデル調査報告書
    嵯峨 寿;
    石油産業活性化センター, 1993-01
  • 個人・地域のゆとり風土調査
    嵯峨 寿
    余暇開発センター, 1994-01
  • スポーツマネジメントに関する人材育成制度についての提言-スポーツマネジメント大学院連合構想-
    嵯峨 寿;
    1994-01
  • 企業による従業員の余暇充実支援策
    嵯峨 寿
    余暇開発センター, 1994-01
  • オリンピック事典
    日本オリンピック・アカデミー編; +嵯峨 寿
    楽, 2008-07
  • スポーツ政策論
    菊幸一ほか; +嵯峨 寿
    成文堂, 2011-11
  • 日本のスポーツ百年
    日本体育協会; 日本オリンピック委員会; +嵯峨 寿
    2012-03
会議発表等
  • バドミントンのプロモーション戦略
    嵯峨 寿
    平成23年度財団法人日本体育協会公認コーチ専門科目講習会(バドミントン)/2011-11-05
  • 筑波大学におけるオリンピック教育
    嵯峨 寿
    CORE第2回オリンピック教育フォーラム/2012-06-09
担当授業科目
2019-09 -- 2019-09アーチェリー筑波大学
2019-10 -- 2020-02スポーツ産業学演習I筑波大学
2019-04 -- 2019-07スポーツ産業学演習I筑波大学
2019-10 -- 2019-12応用体育シューティングスポーツ(秋)筑波大学
2020-01 -- 2020-02スポーツ産業とイベント・プロモーション筑波大学
2019-04 -- 2019-06スポーツと企業筑波大学
2019-04 -- 2019-07スポーツ産業学筑波大学
2019-04 -- 2019-07スポーツと文化筑波大学
2019-10 -- 2019-12オリンピック筑波大学
2019-10 -- 2019-12スポーツ産業学演習III筑波大学
授業以外の教育活動
2018-09 -- (現在)ワークショップ構築・監修 小さな村の大きな力パナソニックセンター東京
2018-04 -- 2019-03未来創造アカデミー研修会日本バドミントン協会
2015-10 -- 2018明治大学学外
2010-10 -- (現在)立教大学学外
2010-04 -- (現在)流通経済大学学外
1999 -- (現在)財団法人日本体育協会公認コーチ専門科目講習会(バドミントン)学外
一般講演
  • How can future editions of the Youth Olympic Games have the greatest impact on youth?
    Ivans Klementjevs; Lindsay Hogan; +嵯峨 寿
    International Olympic Academy 11th International Session/2011-05-15
  • IOA理事者セッション報告
    嵯峨 寿
    日本オリンピックアカデミーJOAセミナー2011/2011-06-01
学協会等委員
2005-04 -- (現在)日本オリンピック委員会事業専門部会
2006 -- (現在)日本オリンピック・アカデミー理事
2015-06 -- 2017-06日本学生氷上競技連盟副会長
1996-04 -- 2017-03日本レジャー・レクリエーション学会常任理事
2009-04 -- 2012-03日本体育協会運営協力
2007 -- 2015全国大学体育連合常務理事
学内管理運営業績
2004-04 -- (現在)広報戦略室室員
-- (現在)つくば・地域連携推進室室員

(最終更新日: 2019-06-25)