Ogata Mitsugi

Affiliation
Institute of Health and Sport Sciences
Official title
Professor
Email
C,$|1|I*&102$&I(!@OK2I102(2}|I| I'-V
Office
体育科学系A棟A402, 東京キャンパス 534
Research fields
Sports science
Research keywords
Sports management
physical fitness
Training
motion
Track and Field
Research projects
アスリートのバネを評価する新指標の開発−コンディショニングへの活用を目指して−2016 -- 2018尾縣 貢Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,550,000Yen
高地の低圧環境を利用した新トレーニング法の開発2014 -- 2015尾縣 貢Japan Society for the Promotion of Science/挑戦的萌芽研究3,770,000Yen
超回復とパフォーマンス -- (current)/
トレーニング疲労の回復促進を目的に使用されている手段が超回復の過程に及ぼす影響2009 -- 2011Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)7,150,000Yen
トレーニング休息の設定の仕方がトレーニング効果に及ぼす影響:超回復の観点から  2003 -- 2006Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)16,100,000Yen
子どもの運動能力および運動技能低下の原因の検討:主として環境的側面から2002 -- (current)Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3,600,000Yen
Career history
2009-11 -- (current)国立大学法人筑波大学大学院人間総合科学研究科 教授
1985-04 -- 1990-03大阪府立大阪女子大学学芸学部助手
1990-04 -- 1994-03奈良教育大学教育学部助教授
1994-04 -- 1998-10筑波大学体育科学系講師
1998-11 -- 2004-03筑波大学体育科学系助教授
2004-04 -- 2007-03国立大学法人筑波大学大学院人間総合科学研究科助教授
2007-04 -- 2009-11国立大学法人筑波大学大学院人間総合科学研究科准教授
Degree
1998-3PhdUniversity of tsukuba
体育学修士
博士(体育科学)
Licenses and qualifications
1984-03-25高等学校教諭一級普通免許状保健体育科
1989-03-31日本体育協会コーチC級
2009-04-01JOCナショナルコーチ
Academic societies
-- (current)日本コーチング学会
-- (current)JAPAN SOCIETY OF PHYSICAL EDUCATION,HEALTH AND SPORT SCIENCES
2002 -- (current)JAPAN SOCIETY OF ATHLETICS
Articles
Books
  • 体力トレーニング
    Ogata Mitsugi
    コーチングへの招待/大修館書店, 2017-3
  • マラソン,駅伝(競走),競歩,クロスカントリー(競走)
    Ogata Mitsugi
    21世紀スポーツ大辞典, 2015-3
  • 中学体育実技(副読本)
    尾縣 貢
    1995-04
  • みんなの体育1~6年(小学校副読本)
    尾縣 貢
    2004-04
  • 最新スポーツルール(高校副読本)
    尾縣 貢
    2006-04
  • 混成競技
    尾縣 貢
    1989-01
  • 混成競技(共著)
    尾縣 貢
    1989-01
  • 陸上競技の方法
    尾縣 貢
    1990-01
  • 陸上競技Q&A
    尾縣 貢
    1990-01
  • 陸上競技の方法(共著)
    尾縣 貢
    1990-01
  • 実践陸上競技フィールド(共著)
    尾縣 貢
    1991-01
  • 中学校体育実践指導全集
    尾縣 貢
    1992-01
  • 中学体育実技指導全集(共著)
    尾縣 貢
    1992-01
  • これは簡単! 陸上運動(共著)
    尾縣 貢
    1998-01
  • 陸上競技を科学する
    尾縣 貢
    1999-01
  • 新学習指導要領による中学校体育の授業 上巻
    尾縣 貢
    2001-01
  • PGA ADMISSION SEMINAR TEXT BOOK
    尾縣 貢
    社団法人日本プロゴルフ協会, 2002-01
  • バイオメカニクス身体運動の科学的基礎
    尾縣 貢
    杏林書院, 2004-01
  • ジュニアのためのトレーニングブック
    尾縣 貢
    ベースボールマガジン, 2005-01
  • 新版絵でわかるジュニアスポーツ陸上競技・水泳競技ルールと技術
    尾縣 貢
    学研, 2005-01
  • 公認スポーツプログラマー専門科目テキスト
    尾縣 貢
    日本体育施設協会, 2005-01
  • 公認スポーツ指導者養成テキスト共通科目
    尾縣 貢
    日本体育協会, 2005-01
  • 高校トレーニング方式第6版 ジュニア陸上競技マニュアル
    尾縣 貢
    全国高等学校体育連盟陸上競技部, 2006-01
  • :デジタル版 新しい小学校体育授業の展開. DVD解説書2,DVD.3「陸上運動」
    尾縣 貢
    ニチブン, 2006-01
  • デジタル版 新しい小学校体育授業の展開,理論書2,「陸上運動」の考え方
    尾縣 貢
    ニチブン, 2006-01
  • more...
Conference, etc.
  • トップスポーツにおけるスポーツファーマシストのあり方
    大塚祥子; 清野 隼; 大柴由紀; 尾縣貢
    日本体育・スポーツ・健康学会 第72回大会/2022-08-31--2022-09-02
  • 高等学校硬式野球部における「ハイブリッド型スポーツ栄養プログラム」の実践を通した有効性の検討
    原田結衣; 清野 隼; 梶徹; 尾縣貢
    日本スポーツ栄養学会第8回大会/2022-08-27--2022-08-28
  • 自己決定理論を活用したスポーツ栄養教育の有効性ー大学女子漕艇部選手を対象として-
    江夏直子; 清野 隼; 尾縣貢
    日本スポーツ栄養学会第8回大会/2022-08-27--2022-08-28
  • A comparison of sprinting performance between habitual barefoot and shod child runners: a case-control study.
    Mizushima Jun; Keogh J. W. L.; Maeda Kei; Shibata Atsush...
    The 2020 Yokohama Sport Conference/2020-09
  • わが国の競歩オリンピアンの食行動変容に影響を与えた要因
    大柴由紀; 清野 隼; 尾縣 貢
    日本陸上競技学会 第19回大会/2021-02-23--2021-02-23
  • 長期のはだし運動が児童の疾走能力および跳躍能力に与える影響
    水島 淳; 柴田 篤志; 前田 奎; 金子 潤; 大山 卞 圭悟; 尾縣 貢
    日本体育学会第70回大会/2019-09
  • 下肢伸展力の立ち上がり率からみたスポーツ競技特性
    図子 浩太佑; 苅山 靖; 吉田 拓矢; 図子 あまね; 尾縣 貢
    日本コーチング学会第31回大会
  • リバウンドジャンプからみた走高跳および走幅跳選手のパフォーマンス変数と下肢関節力学量の特性
    図子 あまね; 苅山 靖; 吉田 拓矢; 図子 浩太佑; 木越 清信; 尾縣 貢
    日本体育学会第70回大会
  • differences of lower limbmuscle strength and power in high jumper and long jumper use rebound jump test
    Zushi Amane; Kariyama Yasushi; Yoshida Takuya; Zushi Kod...
    24th annual Congress of the European College SPORT SCIENCE/2019-7
  • Longitudinal changes in the early and late rate of force development during competition season for jumpers
    Zushi Kodayu; Kariyama Yasushi; Zushi Amane; Yoshida Tak...
    24th annual Congress of the European College SPORT SCIENCE/2019-7
  • 「円盤を走らせる」動作はパフォーマンスと関係するのか?
    前田 奎; 大山 卞 圭悟; 加藤 忠彦; 水島 淳; 山本 大輔; 梶谷亮輔; 広瀬 健一; 尾縣 貢
    日本体育学会第69回大会/2018-08
  • Comparison of world elite and japanese elite throwers in the discus throw
    Maeda kei; Ohyama Byun Keigo; Yamamoto D; Hirose K; Kato ...
    36th International Conference on Biomechanics in Sports/2018-09
  • 柔道トップアスリートの食行動変容の要因の一例 -管理栄養士の栄養サポートの相互作用も検討して-
    大柴由紀; 清野 隼; 尾縣貢
    日本コーチング学会 第30回学会大会
  • 疲労困憊に至るランニングにおける大腿部筋群の動員様相
    渡邉信晃; 前村 公彦; 衣笠竜太; 久野譜也; 宮下 憲; 尾縣 貢
    日本スプリント学会第12回大会/2001-11
  • ジャンプ運動によって評価されたばね特性とスプリント走の疾走動作との関係
    梶谷亮輔; 前村 公彦; 前田 奎; 尾縣 貢; 木越清信
    日本体育学会第69回大会/2018-09
  • 下肢における大きな力発揮を目的とした個人の反動動作特性
    梶谷亮輔; 木越清信; 前村 公彦; 山元康平; 関 慶太郎; 前田 奎; 広瀬健一; 尾縣 貢
    日本体育学会第67回大会/2016-08
  • ジャンプ運動における各種スポーツ種目の特性の検討〜スプリント走に着目して〜
    梶谷亮輔; 前村 公彦; 木越清信; 尾縣 貢
    日本体育学会第68回大会/2017-08
  • 男子円盤投における高い初速度獲得のための動作要因間の因果構造
    前田 奎; 大山 卞 圭悟; 水島 淳; 関慶太郎; 広瀬健一; 梶谷亮輔; 尾縣 貢
    日本陸上競技学会第16回大会/2017-12-16--2017-12-17
  • Chacteristics of strength and power for the rate of force devewlopment during leg extension
    Zushi Kodayu; Kariyama Yasushi; Zushi Amane; Yoshida Tak...
    36th Congress of the International Society of Biomechanics in Sports/2018-9
  • リバウンドジャンプにおけるパフォーマンス変数および下肢関節力学量の縦断的変化とその対応関係
    図子 あまね; 図子 浩太佑; 吉田 拓矢; 苅山 靖; 木越 清信; 尾縣 貢
    日本体育学会第69回大会/2018-8
  • 力の立ち上がり率からみた筋力・パワー発揮のアセスメント
    図子 浩太佑; 苅山 靖; 図子 あまね; 吉田 拓矢; 高橋 和孝; 木越 清信; 尾縣 貢
    日本体育学会第69回大会/2018-8
  • トップスポーツ現場が求めるスポーツ栄養士の資質・能力
    清野 隼; 尾縣 貢
    ストレングス&コンディショニングカンファランス2014/2014-12
  • トップスポーツ現場における栄養サポートの必要性
    清野 隼; 尾縣 貢
    日本スポーツ栄養学会 第2回大会/2015-07
  • 短距離競技者における高いパフォーマンスを獲得するために必要とされる力・パワー発揮能力−ジャンプ運動に着目して−
    梶谷亮輔; 木越清信; 前村 公彦; 山元康平; 前田 奎; 広瀬健一; 戸邉直人; 尾縣 貢
    日本陸上競技学会第15回大会/2016-11
Teaching
2023-04 -- 2023-08Problem Solving Project Work IIUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Problem Solving Project Work IIUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research Methods in Sport Management VUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Sport and Wellness Seminar IIIUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Sport and Wellness Seminar IIIUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2023-12Seminar in Track and Field Coaching IIUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-07Seminar of Sport Management 2University of Tsukuba.
2023-10 -- 2023-12Seminar of Coaching by Categories of Sport IIUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-06Methodology of Sport and Health PromotionUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Problem Solving Project Work IIUniversity of Tsukuba.
more...
Professional activities
2017-04 -- (current)国立スポーツ科学センター委員長
-- (current)THE JAPAN SOCIETY OF COACHING STUDIESVice president
2012-06 -- (current)一般財団法人日本スポーツマンクラブcouncilor
2011-04 -- (current)安藤食文化・スポーツ振興財団council
2013-06 -- (current)Japan Olmpyc Committeecouncil
2002 -- (current)JAPAN SOCIETY OF ATHLETICS会長
2002-04 -- (current)公益財団法人日本陸上競技連盟会長

(Last updated: 2024-04-09)