Ogai Yasukazu

Affiliation
Institute of Medicine
Official title
Assistant Professor
URL
Email
/@82:]JDTag2E>2C<Tah>5]EDF<F32]24];A
Office
Social Psychiatry and Mental Health
Research fields
Clinical psychology
Social psychology
Research keywords
Clinical Social Psychology
Addiction
Perfectionism
Mental Health
Personality
Social Self
Child Abuse
Research projects
潜在的指標と自記式尺度による依存物質再使用リスク測度の治療場面への導入2021 -- 2023大谷 保和Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,160,000Yen
潜在的指標と自記式尺度を組み合わせた依存物質再使用リスク測度の改良及び治療応用2017-04 -- 2021-03大谷 保和Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,420,000Yen
全国調査データベースを用いた 児童虐待の予防・早期介入システムの開発2015-11 -- 2018-10森田 展彰国立研究開発法人科学技術振興機構・社会技術研究開発センター/戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)58,000,000Yen
依存物質再使用リスク測度の潜在的指標を用いた改良および治療応用2014-04 -- 2016-03大谷 保和Japan Society for the Promotion of Science/基盤研究(C)4,810,000Yen
薬物依存症評価法・治療法の開発に関する心理学的研究2005-04 -- 2008-03日本学術振興会/若手研究(B)3,500,000Yen
薬物依存症における再発リスクの評価及び介入に係わる心理学的研究2008-04 -- 2011-03日本学術振興会/若手研究(B)3,300,000Yen
薬物再使用リスク評価尺度を用いた医療・法務・研究の連携体制構築に関する研究2009-10 -- 2013-03公益財団法人 三菱財団/第40回社会福祉事業研究助成金3,300,000Yen
薬物再使用リスク測度の潜在的指標を用いた改良及び治療応用2011-04 -- 2014-03Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)3,120,000Yen
Career history
2003-04 -- 2004-03Toyoko Gakuen Women's College非常勤講師
2003-10 -- 2005-03Tokyo Institute of Psychiatry分子精神医学研究部門派遣研究員(財団法人日本公定書協会・流動研究員)
2004-04 -- 2008-03Japan Lutheran College非常勤講師
2005-04 -- 2008-03Tokyo Institute of Psychiatry分子精神医学研究チーム流動研究員
2007-04 -- (current)Sophia University非常勤講師
2008-04 -- 2011-03Tokyo Institute of Psychiatry分子精神医学研究チーム研究員
2011-04 -- 2011-05Tokyo Institute of Medical Science依存性薬物プロジェクト研究員
2011-06 -- (current)University of TsukubaSocial Psychiatry and Mental Health, Faculty of MedicineAssistant Professor
2011-06 -- (current)東京都医学総合研究所依存性薬物プロジェクト非常勤研究員
Academic background
2000-04 -- 2006-03Sophia University Graduate School of Humanities Doctor's Program in Psychology
1998-04 -- 2000-03Sophia University Graduate School of Humanities Master's Program in Psychology
1994-04 -- 1998-03Sophia University Faculuty of Humanities Department of Psychology
Degree
2007-03Ph. D. in PsyhologySophia University
Academic societies
2016-04 -- (current)日本アルコール・アディクション医学会(日本依存神経精神科学会が統合により改名)
1998-05 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF SOCIAL PSYCHOLOGY
2002-05 -- (current)THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION
2004-07 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY
2012-09 -- 2016-03日本依存神経精神科学会(ニコチン・薬物依存研究フォーラムが統合により改名)
2007-08 -- 2012-09ニコチン・薬物依存研究フォーラム
Honors & Awards
2010-06JSNP(日本神経精神薬理学会)Excellent Presentation Award for CINP (Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologium) 2010
2009-01平成21年度ニコチン・薬物依存研究フォーラム奨励賞
2006-06NIDA (National Institute on Drug Abuse) 2006 International Forum Travel Awards
2005-03平成16年度東京分子精神医学研究会奨励賞
Articles
  • 薬物事犯保護観察対象者の社会資源の利用を抑制する心理社会的要因の検討
    有野 雄大; 大谷 保和; 森田展彰; 原田 隆之
    Jpn.J.Alcohol & Drug Dependence/58(1), 2023-03
  • 装着型サイボーグHAL利用者の身体的・精神的変化と行動変容に関する研究
    池本 しおり; 斎藤 環; 大谷 保和; 山海 嘉之
    ライフケアジャーナル2022年/13(1)/pp.13-24, 2022-09
  • 精神的な問題を抱える養育者の現状及び援助について
    田中 裕子; 森田 展彰; 斎藤 環; 大谷 保和
    日本子ども虐待防止学会学術集会大会プログラム・抄録集/21st, 2015
  • 児童虐待事例におけるアディクションの関わり-全国児童相談所の虐待通告事例の調査から-
    森田 展彰; 大谷 保和; 川井田 恭子; 田中 裕子; 田崎 みどり; 大橋 洋綱; 丹羽 健太郎; 笹井 敬...
    日本アルコール関連問題学会大会プログラム・抄録集/41st, 2019
  • Characteristics of child abuse cases involving abusive and mentally ill caregivers
    田中 裕子; 森田 展彰; 大谷 保和; 斎藤 環; 山口 玲子; 大橋 洋綱; 丹羽 健太郎; 櫻山 豊夫
    子どもの虐待とネグレクト = Japanese journal of child abuse and neglect : 日本子ども虐待防止学会学術雑誌/22(2)/pp.204-213, 2020-09
  • 当事者や家族 と良好な治療関係を築くために ーオープンダイアローグの視点からー
    笹原 信一朗; 大井 雄一; 大谷 保和; 森田展彰; 斎藤 環
    Seishin shinkeigaku zasshi = Psychiatria et neurologia Japonica/124(4(付録))/pp.335-335, 2022-4-25
  • Characteristics of psychiatric symptoms and behavior problems among children of caregivers with mental illness: A national survey of Child Guidance Centers
    森田 展彰; 田中 裕子; 大谷 保和; 斎藤 環; 山口 玲子; 大橋 洋綱; 丹羽健太郎; 櫻山豊夫
    子どもの虐待とネグレクト/24(1)/pp.76-83, 2022-05
  • Survey of Childcare Difficulties for Parents with Mental Health Problems
    田中裕子; 森田 展彰; 大谷 保和; 斎藤 環
    日本社会精神医学会雑誌/31(4)/pp.328-343, 2022-11
  • Impact of Short-Term Intensive-Type Cognitive Behavioral Therapy Intervention on Internet Addiction among Chinese College Students: A Randomized Controlled Trial
    Yang Wenjie; Hu Wenyan; Morita Nobuaki; Ogai Yasukazu...
    INTERNATIONAL JOURNAL OF ENVIRONMENTAL RESEARCH AND PUBLIC HEALTH/19(9), 2022-05
  • 地域生活中の精神障害者のセルフ・スティグマに関連する要因についての検討ー精神障害者の家族や身近なものが持つスティグマに対する捉え方を中心に
    浦山 悠子; 森田 展彰; 大谷 保和; 斎藤 環
    Jpn. Bull. Soc. Psychiat./30(3)/pp.220-229, 2021-08
  • 更生保護版BTIの作成とその因子構造及び信頼性・妥当性の検証
    有野 雄大; 大谷 保和; 原田 隆之
    日本アルコール・薬物医学会雑誌/56(5)/pp.167-179, 2021-10
  • 自助グループとオープンダイアローグ:当事者―家族―専門家の良い対話を持つ工夫
    森田 展彰; 渡邊洋次郎; 斎藤 環; 大谷 保和
    アルコール・薬物医学会雑誌/56(6)/pp.177-177, 2021/12/17
  • 医療観察法入院処遇クライシス・プラン作成研修プログラムの開発と効果検証
    野村照幸; 森田 展彰; 杉村 謙次; 大谷 保和; 斎藤 環; 平林 直次
    精神医学 /64(2)/pp.219-230, 2022/02
  • The Correlation between Enjoying Fictional Narratives and Empathy in Japanese Hikikomori
    Panto Francesco; Saito Tamaki; Morita Nobuaki; Ogai Y...
    F1000Research/10/p.776, 2021-04-01
  • 初入男性受刑者に対するアルコールの問題に焦点を当てたプログラムの効果検証
    藤田(道重)さおり; 森田 展彰; 大谷 保和; 斎藤環
    日本アルコール・薬物医学会雑誌/55(6)/pp.245-260, 2020/12
  • Ifenprodil for the treatment of methamphetamine use disorder: An exploratory, randomized, double-blind, placebo-controlled trial
    Kotajima-Murakami Hiroko; Takano Ayumi; Hirakawa Shiny...
    NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY REPORTS/42(1)/pp.92-104, 2022-03-01
  • Associations between sense of coherence, psychological distress, escape motivation of internet use, and internet addiction among Chinese college students: A structural equation model
    Yang Wenjie; Morita Nobuaki; Ogai Yasukazu; Saito Tam...
    CURRENT PSYCHOLOGY/Epub, 2021-09
  • Maladaptive Perfectionism and Internet Addiction among Chinese College Students: A Moderated Mediation Model of Depression and Gender
    Yang Wenjie; Morita Nobuaki; Zuo Zhijuan; Kawaida Kyo...
    International journal of environmental research and public health/18(5), 2021-03
  • The Prevalence of Binge Drinking and Alcohol-Related Consequences and their Relationship among Japanese College Students
    Kawaida Kyoko; Yoshimoto Hisashi; Morita Nobuaki; Ogai Y...
    The Tohoku journal of experimental medicine/254(1)/pp.41-47, 2021-04
  • アルコール・薬物依存症のある養育者による子ども虐待事例の研究-全国児童相談所に対する通告された子ども虐待事例の分析より-
    森田 展彰; 大谷保和; 大橋洋綱; 山口玲子; 丹羽健太郎; 新井清美; 櫻山豊夫
    日本アルコール・薬物医学会雑誌/55(2)/pp.49-68, 2020-04
  • 社会復帰調整官によるクライシス・プランの活用に影響を与える要因について
    野村照幸; 森田 展彰; 杉村謙次; 大谷保和; 斎藤環; 平林直次
    日本社会精神医学会雑誌/29(3)/pp.194-204, 2020-08
  • 外向性・動機・消費類型に応じたオタクの幸福感の検討
    山上尚彦; 斎藤環; 大谷保和; 森田 展彰
    アディクションと家族 第36巻1号 pp60-70/36(1)/pp.60-70, 2021-01
  • 医療観察法病棟におけるクライシス・プランの作成と活用に関する実態調査
    野村照幸; 森田 展彰; 大谷保和; 村杉謙次; 斎藤環; 平林直次
    臨床精神医学 第49巻3号, 2020-02
  • Prevalence of Binge Drinking and Association with Alcohol-related Consequences:A Cross-sectional Study of College Students in the Kanto Region of Japan
    KAWAIDA Kyoko; SAITO Go; OGAI Yasukazu; MORITA Nobuaki; S...
    日本アルコール・薬物医学会雑誌/54(2)/pp.62-72, 2019-04
  • Study of effects of ifenprodil in patients with methamphetamine dependence: Protocol for an exploratory, randomized, double-blind, placebo-controlled trial
    Kotajima-Murakami Hiroko; Takano Ayumi; Ogai Yasukazu; ...
    Neuropsychopharmacology reports/Epub, 2019-02
  • more...
Books
  • 物質依存症の再使用リスク評価ー研究とアセスメントをつなぐ対話的視点ー
    大谷 保和
    現代社会とメンタルヘルスー包摂と排除ー/星和書店/pp.174-183, 2020-10
  • 開かれた対話と未来
    斎藤 環; 大井 雄一; 大谷 保和; 大滝 優; 笹原 信一朗; 道喜将太郎; 堀 大介; 森田 展彰
    Open Dialogues and Anticipations/医学書院/pp.39-185, 2019-09
  • 「不確実でも安心」を実現させる対話 特集Ⅰ 行って見て聞いたオープンダイアローグ発祥の地・ケロプダス病院
    大谷 保和
    精神看護/pp.16-17, 2016-01
  • 第Ⅰ部 総論 3.物質使用障害の評価法
    大谷 保和
    物質使用障害とアディクション 臨床ハンドブック/星和書店/pp.22-27, 2013-08
  • 三菱財団研究事業報告書・薬物再使用リスク評価尺度を用いた医療・法務・研究の連携体制構 築に関する研究
    大谷 保和
    2012-03
  • 自己に向けられた完全主義の心理学
    大谷 保和
    風間書房, 2010-11
  • 4. ストレスの緩和と低減 4.8. 麻薬.
    大谷 保和
    二木鋭雄/共立出版, 2008-05
  • 自己志向的完全主義の不適応的な側面に関する社会心理学的研究
    大谷 保和
    上智大学大学院文学研究科博士論文(未公刊), 2007-03
Conference, etc.
  • 児童虐待事例におけるアディクションの関わり-全国児童相談所の虐待通告事例の調査から-
    森田 展彰; 大谷 保和; 川井田 恭子; 田中 裕子; 田崎 みどり; 大橋 洋綱; 丹羽 健太郎; 笹井 敬...
    日本アルコール関連問題学会大会/2019--2019
  • 児童虐待を受けた子どものアディクション問題と関連要因:児童虐待通告調査データを利用した分析
    大谷 保和
    第40回日本思春期学会・学術集会:ワークショップ1 思春期と依存症:ゲーム、インターネット/2021-09-30
  • 当事者や家族 と良好な治療関係を築くために ーオープンダイアローグの視点からー
    笹原 信一朗; 大井 雄一; 大谷 保和; 森田展彰; 斎藤 環
    第118回日本精神神経学会学術総会/2022-6-16--2022-6-17
  • 自助グループとオープンダイアローグ:当事者―家族―専門家の良い対話を持つ工夫
    森田 展彰; 渡邊洋次郎; 斎藤 環; 大谷 保和
    アルコール・薬物依存症関連学会合同学術総会/2021/12/17--2021/12/19
  • 対話により生まれるスペースの意味と役割:家庭内暴力被害者ケースからの考察(シンポジウム オープンダイアローグ実践における治療的要素)
    大谷 保和
    第116回日本精神神経学会学術総会/2020-09-28--2020-09-30
  • オープンダイアローグ的アプローチが有効と考えられた事例-治療チームの共通点に着目して-
    笹原 信一朗; 斎藤 環; 森田展彰; 大谷 保和; 大井 雄一
    第116回日本精神神経学会学術総会/2020-09-28--2020-09-30
  • 通告事例のリスク評価とそれに基づく支援(シンポジウム:当事者のニーズに合った支援を行うために、エビデンスの収集とそれを生かす 対話をどのように行うべきか?)
    大谷 保和
    日本子ども虐待防止学会第25回ひょうご大会/2019-12-21--2019-12-22
  • Association between the difficulties of child-rearing and the use of hitting among caregivers of three-and-a-half-year-old in Japan.
    Nakajima-Yamaguchi Ryoko; Morita Nobuaki; Yamaoka Yui; Ni...
    ISPCAN XXII International Congress on Child Abuse and Neglect/2018-09-03--2018-09-03
  • Paternal childcare participation and maternal abusive behavior
    Omiya Soichiro; Nakajima-Yamaguchi Ryoko; Yamaoka Yui; Ni...
    ISPCAN XXII International Congress on Child Abuse and Neglect/2018-09-04--2018-09-04
  • The prediction of the severity of child abuse using nationwide survey data of child guidance center in Japan.
    Ogai Yasukazu; Morita Nobuaki; Ohashi Hirotsuna; Nakajima...
    ISPCAN XXII International Congress on Child Abuse and Neglect/2018-09-03--2018-09-03
  • PREDICTION OF ALCOHOL CONSUMPTION USING IMPLICIT ASSOCIATION TEST TO JAPANESE ALCOHOL DRINKERS
    Ogai Y.; Morita N.; Saito T.; Ikeda K.
    19th World Congress of International-Society-for-Biomedical-Research-on-Alcoholism (ISBRA)/2018-09-12--2018-09-12
  • 認知機能低下を伴う高齢アルコール依存症の治療実態─全国専門医療機関アンケート調査から
    新田 千枝; 森田 展彰; 大谷 保和; 斎藤 環
    第36回日本社会精神医学会/2018-03-03--2018-03-04
  • Interactive effect between implicit attitude to alcohol and self-reported relapse risk to the relapse of Japanese alcohol dependent inpatients
    Ogai Yasukazu; Aikawa Yuzo; Yumoto Yosuke; Umeno Mitsuru...
    31st International Congress of Psychology (ICP2016)/2016-07-24--2016-07-29
  • アルコール依存症入院患者の退院後再飲酒と関連する要因:潜在的態度測定による予後予測
    大谷 保和; 合川 勇三; 湯本 洋介; 梅野 充; 榊原 聡; 門脇 亜里紗; 斎藤 環; 森田 展彰; 池田 和隆
    第51回アルコール・アディクション医学会学術総会/2016-10-07--2016-10-08
  • パートナー間暴力が関係する虐待通告事例の検討
    大橋 洋綱; 和田 一郎; 山口 玲子; 大谷 保和; 森田 展彰
    日本子ども虐待防止学会第22回学術集会おおさか大会/2016-11-25--2016-11-26
  • 全国調査データベースを用いた児童虐待リスク評価式と対応ガイドラインの作成 シンポジウム 全国調査データベースを用いた児童虐待の予防・早期介入システムの開発
    大谷 保和
    日本子ども虐待防止学会第22回学術集会おおさか大会/2016-11-25--2016-11-26
  • 認知機能低下を伴う高齢アルコール依存症の治療実態―全国専門医療機関アンケート調査からー
    森田展彰; 新田千枝; 大谷保和; 斎藤環
    日本社会精神医学会/2017-03-03--2017-03-04
  • ひきこもり状態の子どもと同居する家族の高齢化と支援ニーズに関する研究(2)ー多変量解析と事例検討を中心に
    斎藤 環; 森田 展彰; 大谷 保和
    第35回日本社会精神医学会/2016-01-28--2016-01-29
  • 医療観察法入院医療におけるクライシス・プランの内容についての検討ーJoint Crisis Planとの比較からー
    野村 照幸; 森田 展彰; 大谷 保和; 宮尾 歩; 岩崎 美沙; 斎藤 環
    第35回日本社会精神医学会/2016-01-28--2016-01-29
  • DV 被害者の暴力に対する認知が被害後の相談と離別の有無に与える関連要因について 
    片柳せつ子; 森田 展彰; 斎藤 環; 大谷 保和
    第35回日本社会精神医学会/2016-01-28--2016-01-29
  • 虐待された0歳児の3ヶ月健診受診状況、母子健康手帳交付率と虐待重症度との関連
    山口 玲子; 和田 一郎; 大橋 洋綱; 大谷 保和; 福島 敦; 須磨崎 亮; 森田 展彰
    日本子ども虐待防止学会第21回学術集会にいがた大会/2015-11-20--2015-11-21
  • 精神的な問題を抱える養育者の現状及び援助について
    田中 裕子; 森田 展彰; 斎藤 環; 大谷 保和
    日本子ども虐待防止学会第21回学術集会にいがた大会/2015-11-20--2015-11-21
  • 児童相談所一時保護所の保護児童の生育環境に関する調査研究
    大橋 洋綱; 和田 一郎; 山口 玲子; 大谷 保和; 森田 展彰
    日本子ども虐待防止学会第21回学術集会にいがた大会/2015-11-20--2015-11-21
  • ギャンブル障害の深刻化に影響する要因の検討
    新井 清美; 森田 展彰; 大谷 保和; 田中 紀子
    平成27年度アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会/2015-10-11--2015-10-13
  • アルコール依存症入院患者における潜在的態度と退院後再飲酒の関連(2)
    大谷 保和
    日本心理学会第79回大会/2015-09-22--2015-09-24
  • more...
Teaching
2023-04 -- 2023-08Seminar in Clinical Social Psychology IUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Mental Health IIUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Seminar in Clinical Social Psychology IIUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Mental Health IUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2023-12Lecture on Health Behavioral ScienceUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research in Human Care ScienceUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Human Care ScienceUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-06Introduction to Social MedicineUniversity of Tsukuba.
2023-11 -- 2023-11Special Lecture on Human Care Science IIUniversity of Tsukuba.
2023-07 -- 2023-07Special Lecture on Human Care Science IIUniversity of Tsukuba.
more...
Professional activities
2016-04 -- (current)日本アルコール・アディクション医学会評議員
2011-10 -- 2016-03日本依存精神神経精神科学会評議員
University Management
2022-04 -- (current)ヒューマン・ケア科学学位プログラム広報ネットワーク・オリテ・オープンキャンパス委員会委員長
2016-04 -- 2022-03ヒューマン・ケア科学専攻広報・ネットワーク委員会委員長
2016-04 -- (current)ヒューマン・ケア科学専攻入試委員会副委員長
2015-04 -- 2017-03ヒューマン・ケア科学専攻オープンキャンパス委員会委員
2015-04 -- 2017-03ヒューマン・ケア科学専攻教育委員会委員
2012-04 -- 2015-03ヒューマン・ケア科学専攻研究委員会委員・障害学生担当
2016-04 -- (current)フロンティア医科学専攻広報委員会委員
2015-04 -- (current)フロンティア医科学専攻インターンシップ委員会委員
2015-04 -- 2016-03フロンティア医科学専攻入試委員会委員
2012-04 -- (current)医学医療系図書委員会委員
more...

(Last updated: 2023-08-21)