現在地

藤 桂(フジ ケイ; Fuji, Kei)

所属
人間系
職名
准教授
科研費番号
50581584
URL
研究分野
社会心理学
研究キーワード
ネットいじめ
メディア
インターネット
研究課題
ネットいじめ被害による長期的影響と回復過程―両者に基づく新たな介入方法の開発へ―2020 -- 2022藤 桂日本学術振興会/基盤研究(C)4,160,000円
メディア上へ拡張される感情と身体―調査的・実験的アプローチによる影響の検討―2016-04 -- 2018-03藤 桂日本学術振興会/科学研究費 若手研究(B)
インターネットと社会性・攻撃性―行動内容への着目および国際比較を通して―2010 -- 2011藤 桂日本学術振興会/研究活動スタート支援1,326,000円
職歴
2015-04 -- (現在)筑波大学 人間系 准教授
2011-11 -- 2015-03筑波大学 人間系 助教
2011-04 -- 2011-10筑波大学 人間系 特任助教
2010-04 -- 2011-03筑波大学 人間総合科学研究科 準研究員
2006-04 -- 2008-03日本学術振興会 特別研究員
2005-04 -- 2006-03筑波大学 リサーチアシスタント(筑波大学COE)
学歴
2003-04 -- 2010-03筑波大学 人間総合科学研究科 一貫制博士課程 心理学専攻修了
1999-04 -- 2003-03筑波大学 第二学群 人間学類卒業
取得学位
2005-03修士(心理学)筑波大学
2010-03博士(心理学)筑波大学
免許資格等
2010-10専門社会調査士
所属学協会
2003-04 -- (現在)日本心理学会
2003-04 -- (現在)日本社会心理学会
2003-04 -- (現在)日本カウンセリング学会
2011-10 -- (現在)日本ストレス学会
2012-07 -- (現在)日本認知科学会
2012-08 -- (現在)日本教育心理学会
受賞
2020-10日本心理学会第84回大会・優秀発表賞
2019-11日本心理学会第83回大会・優秀発表賞
2019-11日本心理学会第83回大会・優秀発表賞
2019-01日本心理学会第82回大会・優秀発表賞
2018-01日本心理学会第81回大会・特別優秀発表賞
2018-01日本心理学会第81回大会・優秀発表賞
2018-01日本心理学会第81回大会・優秀発表賞
2017-02筑波大学若手教員奨励賞
2016-06日本心理学会第79回大会・特別優秀発表賞
2016-06日本心理学会第79回大会・特別優秀発表賞
2016-06日本心理学会第79回大会・特別優秀発表賞
2016-06日本心理学会第79回大会・特別優秀発表賞
2015-08日本教育心理学会2014年度・優秀論文賞
2014-12日本心理学会第78回大会・特別優秀発表賞
2013-03日本認知科学会第29回大会・大会発表賞
2010-09第2回筑波大学心理学系 心理学独創研究内山記念賞
2010-03平成21年度博士論文 筑波大学大学院 人間総合科学研究科長賞
2010-02平成21年度博士論文 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 心理学専攻長賞
論文
  • Social Comparison on Social Media Increases Career Frustration: A Focus on the Mitigating Effect of Companionship
    Fukubayashi Nao; Fuji Kei
    Frontiers in Psychology, 2021-10
  • Sex and age differences in homophobia and transphobia among Japanese workers
    Otsuka Yasumasa; Matsutaka Yuka; Tsuno Kanami; Fuji Kei; ...
    INTERNATIONAL JOURNAL OF BEHAVIORAL MEDICINE/28(SUPPL 1::1)/pp.S101-S101, 2021-06
  • 訪問看護師における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応に伴う心理的影響に関する探索的検討
    平野智子; 藤 桂
    筑波大学心理学研究/59/pp.63-72, 2021-03
  • COVID Feel Good-An Easy Self-Help Virtual Reality Protocol to Overcome the Psychological Burden of Coronavirus
    Riva Giuseppe; Bernardelli Luca; Browning Matthew H E M; ...
    Frontiers in Psychiatry/11, 2020-09
  • 保育所における雑談が保育士のストレス反応に及ぼす影響
    岸本 直美; 藤 桂
    心理学研究/91(1)/pp.12-22, 2020-04
  • セクシュアル・マイノリティへの理解と支援を促進させるための研修プログラムのパイロットスタディ
    大塚 泰正; 松高 由佳; 津野 香奈美; 藤 桂; 堀口 康太; 飯田...
    産業精神保健/pp.165-165, 2019-08
  • 小学校教師における創造的な教育実践に関する探索的検討―保護者に対する教師の心理的安全性との関係に着目して―
    一色 翼; 藤 桂
    筑波大学心理学研究/58, 2020-03
  • 訪問看護師の困難の捉え直しがケアリングの相互性を経て看護観に及ぼす影響
    平野 智子; 藤 桂
    心理学研究/90(6)/pp.551-561, 2020-02
  • 訪問看護認定看護師への調査から見えてきたこと―どのような活動がなされ,何によって支えられているのか
    平野智子; 高橋洋子; 渡邊由美; 藤 桂
    コミュニティケア/21/pp.64-69, 2019-09
  • 『ネットいじめの構造と対処・予防』加納 寛子 (編著) 内藤朝雄・西川純・藤川大祐〈著〉
    藤 桂
    情報教育ジャーナル/1(1)/pp.79-79, 2018
  • 米国心理学会におけるLGBT対応ガイドラインと産業保健スタッフへの提言
    大塚 泰正; 松高 由佳; 飯田 順子; 遠藤 寛子; 島田 恭子; 津...
    産業精神保健/26(2)/pp.121-126, 2018-04
  • サイコパシー特性と非道徳的行動の関係に対するサポートの調整効果
    柳田宗孝; 荒井崇史; 藤 桂
    心理学研究/89(1)/pp.1-11, 2018-05
  • 訪問看護におけるケアリングの相互性に関する探索的検討 : 支援時における心理的困難を捉え直す過程に着目して
    平野智子; 藤 桂
    筑波大学心理学研究/55/pp.9-25, 2018-02
  • 職場におけるフォロワーが表出するユーモアの循環的影響
    丸山 淳市; 藤 桂
    心理学研究/88(4)/pp.317-326, 2017
  • 死に対する恐怖および回避が健康行動に及ぼす影響
    富塚 澄江; 藤 桂
    心理学研究/88(4)/pp.327-336, 2017
  • 弱い紐帯との交流によるキャリア・リフレクションとその効果
    永野惣一; 藤 桂
    心理学研究/87(5)/pp.463-473, 2016-12
  • 職場ユーモアが心身の健康と業務成果への自己評価に及ぼす効果
    丸山 淳市; 藤 桂
    心理学研究/87(1)/pp.21-31, 2016-04
  • 第13回(2014年度)優秀論文賞 選考経過および講評
    服部 環; 岡安 孝弘; 湯澤 正通; 藤 桂; 吉田 富二雄; 町 岳;...
    教育心理学年報/55/pp.366-367, 2016
  • 労働者におけるストレスマインドセットと精神的健康 : SNSを介した弱い紐帯との接触がもたらす影響
    永野惣一; 藤 桂
    筑波大学心理学研究/51/pp.47-57, 2016-03
  • ネットいじめ被害時における遮断的対処がもたらす短期的および長期的影響
    藤 桂; 遠藤寛子
    メディア・情報・コミュニケーション研究/1/pp.43-57, 2016-03
  • ネットいじめ被害者における相談行動の抑制―脅威認知の観点から―
    藤 桂; 吉田富二雄
    教育心理学研究/62(1)/pp.50-63, 2014-03
  • ネットいじめへの有効な対処とは―被害経験者のネットいじめに対する記述の内容分析より―
    藤 桂; 遠藤寛子
    筑波大学学校教育論集/36/pp.25-34, 2014-03
  • 潜在的な快感情の喚起による視覚情報処理範囲の拡大
    藤 桂; 佐藤 広英; 河原 純一郎; 永井 聖剛
    認知科学/20(4)/pp.498-501, 2013-12
  • 書評:大渕憲一(著)『新版 人を傷つける心―攻撃性の社会心理学―』
    藤 桂
    社会心理学研究/29(1)/pp.47-48, 2013-08
  • 犯罪及び防犯に関する情報探索の規定因―インターネット上の情報探索
    荒井崇史; 藤 桂; 吉田富二雄
    心理学研究/84(2)/pp.83-92, 2013-06
著書
  • 第12章メディアの中の個人
    藤 桂
    新しい社会心理学のエッセンス―心が解き明かす個人と社会・集団・家族のかかわり, pp.168-182, 2020-05
  • 第7章人間関係―関係性をつくる要因
    藤 桂
    基礎から学べる医療現場で役立つ心理学, pp.176-189-194-197, 2020-03
  • 書評:加納寛子(編著)『ネットいじめの構造と対処・予防』
    藤 桂
    児童心理, pp.126-126, 2017-02
  • ネット上の様々なトラブルと対応
    藤 桂
    シリーズ心理学と仕事 第20巻「ICT/情報行動心理学」, pp.51-74, 2017-05
  • Anger and Internet in Japan
    Endo Hiroko; Fuji Kei
    Encyclopedia of Information Science and Technology-4th ed., IGI GLOBAL, pp.7946-7955, 2017-07
  • Moblie Phone-Related Behaviors and Problems in Japan
    Kei Fuji; Fujio Yoshida
    Encyclopedia of Mobile Phone Behavior, pp.1079-1088, 2015-07
  • オンラインゲームと自己
    藤 桂
    シリーズ自己心理学第4巻―認知心理学へのアプローチ―, 金子書房, 2008-07
  • インターネットの人間関係
    藤 桂
    人間関係の心理パースペクティブ, 誠信書房, 2010-08
  • 第6章:インターネット・携帯電話に関する尺度
    藤 桂
    心理測定尺度集第5巻, サイエンス社, 2011-04
  • 災害時の新しい情報共有ツール,twitter
    藤 桂
    復興と支援の災害心理学―大震災から「なに」を学ぶか―, 福村出版, 2012-07
  • 第8章 インターネット
    藤 桂
    スタンダード社会心理学, サイエンス社, 2012-12
  • Cyber behavior and its impact in Japan.
    Fuji Kei; Yoshida Fujio
    Encyclopedia of Cyber Behavior, pp.1305-1315, 2012-03
  • インターネット利用が社会性および攻撃性に及ぼす影響―インターネット行動尺度による分析を通して―
    藤 桂
    2010-03
会議発表等
  • 働く人のための心理学(2)―支えてきた人を支えていくには―
    藤 桂; 阿部晋吾; 榊原良太; 水野雅之; 野口麻衣子; 平野智子...
    日本心理学会第85回大会/2021-09-01--2021-09-08
  • 追われてこそ,青い鳥は羽ばたいて―潜在差得点モデルに基づくTwitter上のフォロワー数が自尊感情に及ぼす影響―
    藤 桂
    日本心理学会第85回大会/2021-09-01--2021-09-08
  • 未来への一歩・今の困難を乗り越えるためにー 訪問看護師における未来に向けた継承的捉え直しがコロナ禍における精神的健康へもた らす効果ー
    平野智子; 藤 桂
    日本心理学会第85回大会/2021-09-01--2021-09-08
  • 君のユーモアを聞かせて, 雲をよけ職場照らすような―職場ユーモアの促進要因に関する探索的検討―
    丸山淳市; 藤 桂
    日本心理学会第85回大会/2021-09-01--2021-09-08
  • 職場におけるハラスメント尺度の開発および妥当性の検討
    羽生琢哉; 藤 桂; 原 恵子; 前田 昌彦; 堀内 泰利; 中村...
    産業・組織心理学会第36回大会/2021-9
  • Effects of online communication on coming out and satisfaction at workplace in sexual minorities
    Fuji Kei; Tsuno Kanami; Otsuka Yasumasa; Matsutaka Yuka; ...
    The 32th International Congress of Psychology/2021-07-18--2021-07-23
  • The effect of the shift to online communication necessitated by COVID-19 on employee mental health
    Fukubayashi Nao; Fuji Kei; Hara Keiko; Okada Masaki
    The 32th International Congress of Psychology/2021-07-18--2021-07-23
  • Leaders, Be Authentic: The Role Of Leadership On The Team Process Of Utilizing Cognitive Diversity
    Yagi Kaori; Iida Junko; Fuji Kei
    The 32th International Congress of Psychology/2021-07-18--2021-07-23
  • Choose, believe, and run it: Effects of self-concept clarity regarding work on work engagement
    Katayama Mayumi; Owada Junko; Kushida Satoko; Fuji Kei
    The 32th International Congress of Psychology/2021-07-18--2021-07-23
  • The Posttraumatic Growth Scale for Japanese Workers: Development and Validation
    Nakamura Seito; Fuji Kei; Okada Masaki
    The 32th International Congress of Psychology/2021-07-18--2021-07-23
  • Examination of the process of accurate personality judgment in business card exchange settings
    Abe Rika; Shojima Kojiro; Fuji Kei
    The 32th International Congress of Psychology/2021-07-18--2021-07-23
  • Establishment of professional identity and improvement of care quality in home-visiting nurses
    Hirano Satoko; Fuji Kei; Takahashi Yoko; Watanabe Yumi
    The 32th International Congress of Psychology/2021-07-18--2021-07-23
  • The effect of the shift to online communication necessitated by COVID-19 on employee mental health
    福林 直; 藤 桂; 原 恵子; 岡田昌毅
    THE 32th International Congress of Psychology(ICP2020+)/2021-7
  • Dancing happily, thinking uniquely: An examination of the effect of online dance on creativity in working adults
    Nishikawa Mikiko; Fujiu Hideyuki; Fuji Kei
    16th International Congress of Behavioural Medicine/2021-06-07--2021-06-11
  • Meeting again, starting again: A longitudinal study on the effect of career reflection through communication with weak ties on social networking sites
    永野惣一; 藤 桂
    16th International Congress of Behavioural Medicine/2021-06-07--2021-06-11
  • 職場内のオンライン飲み会の評価と工夫:テレワークが社内コミュニケーションに与える影響(4)
    松井 豊; 原 恵子; 藤 桂; 御手洗尚樹; 福林 直; 中村准...
    日本社会心理学会/2020-11
  • コロナ禍に伴うテレワークが社内コミュニケーション化と精神的健康への影響:テレワークが社内コミュニケーションに与える影響(2)
    福林; 藤 桂; 松井 豊; 原 恵子; 御手洗尚樹; 中村准子; ...
    日本ストレス学会/2020-10
  • コロナ禍に伴う会議のオンライン化が決定の質と生産性に及ぼす影響:テレワークが社内コミュニケーションに与える影響(1)
    藤 桂; 福林 直; 原 恵子; 松井 豊; 中村准子; 御手洗尚...
    日本ストレス学会/2020-10
  • コロナ禍に伴うテレワーク化による職場の雰囲気や関係性の変化-テレワークが社内コミュニケーションに与える影響(3)-
    原 恵子; 松井 豊; 藤 桂; 福林 直; 御手洗尚樹; 中村准子...
    日本質的心理学会第17回大会/2020-10
  • 批判には努力の足し算を,理解には協力の掛け算をー教師および保護者へのイメージと関係構築に向けた行動との関連ー
    一色翼; 藤 桂
    日本心理学会第84回大会/2020-09-08--2020-11-02
  • わが子の受験はわたしの受難ー小学校受験中における母親の自尊感情とその随伴性が子どもへの養育行動に及ぼす影響ー
    田北順子; 藤 桂
    日本心理学会第84回大会/2020-09-08--2020-11-02
  • 恐れなき取引は天国にも地獄にも―サイコパシー特性と株式投資におけるDisposition Effectの関連―
    藤 桂
    日本心理学会第84回大会/2020-09-08--2020-11-02
  • ホワイトカラー従業員の生産性に関わる意識
    大和田 順子; 高本 真樹; 杉山 真司; 櫛田 聡子; 津田 聡; ...
    日本心理学会第84回大会/2020-9
  • LGBT等の性的マイノリティ労働者における暴力の経験と精神的健康状態
    津野 香奈美; 大塚 泰正; 藤 桂; 松高 由佳; 飯田 順子; 堀口...
    第26回日本行動医学会学術総会/2019-12-06--2019-12-07
  • セクシュアル・マイノリティへの理解と支援を促進させるための研修プログラムのパイロットスタディ
    大塚 泰正; 松高 由佳; 津野 香奈美; 藤 桂; 堀口 康太; 飯田...
    第26回日本産業精神保健学会/2019-08-30--2019-08-31
担当授業科目
2021-10 -- 2022-02カウンセリング科学特論III筑波大学
2021-04 -- 2021-08カウンセリング科学特論III筑波大学
2021-10 -- 2022-02生涯発達科学特論I筑波大学
2021-04 -- 2021-08生涯発達科学特論I筑波大学
2021-10 -- 2022-02リハビリテーション科学特別演習II筑波大学
2021-04 -- 2021-08リハビリテーション科学特別演習II筑波大学
2021-04 -- 2021-08生涯発達科学特別演習I筑波大学
2021-10 -- 2022-02生涯発達科学特別演習I筑波大学
2021-04 -- 2021-08生涯発達科学演習I筑波大学
2021-10 -- 2022-02生涯発達科学演習I筑波大学
一般講演
  • ネット・SNSでのトラブルの心理的背景
    藤 桂
    神奈川県・県央方面学校・警察連絡協議会講演会/2019-11-18--2019-11-18
  • 自分を”識る”ための心理学
    藤 桂
    盛岡第三高校平成28年度緑丘カレッジ/2016-10-13--2016-10-13
  • ゆるいつながりで,ゆたかなキャリアを―無駄な冗談の意義と弱い紐帯の強さ―
    藤 桂
    第10回TCCPイブニング・レクチャー/2016-06-23--2016-06-23
  • ネットいじめの心理的過程―被害者・加害者の両面から―
    藤 桂
    平成25年度思春期関連問題研修会/2014-02-13--2014-02-13
  • インターネット利用が社会性・攻撃性に及ぼす影響―インターネット上での行動内容の検討より―
    藤 桂
    日本心理学会第74回大会/2010-09-20--2010-09-22
学協会等委員
2017-11 -- (現在)日本心理学会心理学研究編集委員会 編集委員
2017-04 -- 2019-03日本社会心理学会広報委員会 委員
2015-12 -- 2016-06日本感情心理学会第24回大会準備委員会 大会主委員
2016-03 -- (現在)日本カウンセリング学会編集委員会 委員
2015-04 -- 2016-03中央職業能力開発協会CADS&CADI見直し検討委員会委員
2011-09 -- 2012-11日本社会心理学会第53回大会準備委員会 事務局
2011-09 -- 2012-11日本社会心理学会大会運営委員会
2009-09 -- 2011-03日本社会心理学会広報委員会(幹事)
その他の活動
2020-05 -- (現在)COVID-19に伴うストレスおよびそのケアに関する情報提供(http://www.human.tsukuba.ac.jp/counseling/to-overcome-covid19/ 記事タイトル:コロナ禍の先へ向かうために―「インターネット心理学」が提案する,7日間VR体験&心のエクササイズ)
2018-05 -- (現在)神奈川県警職員による調査研究(インターネット関連問題)の実施に対する助言等

(最終更新日: 2021-11-30)