現在地

小谷 弘明(コタニ ヒロアキ; Kotani, Hiroaki)

face
所属
数理物質系
職名
助教
生年月
1980-12
eメール
 
研究室
自然系学系C棟202
電話
029-853-4318
研究分野
有機化学
無機化学
機能物性化学
研究課題
塩基駆動型原子価互変異性を示すピリジルアミン系金属錯体の開発と応用2017 -- 2019小谷 弘明日本学術振興会/若手研究(B)4,550,000円
塩基駆動型原子価互変異性を示すピリジルアミン系金属錯体の開発と応用2017-04 -- 2020-03小谷 弘明日本学術振興会/若手研究(B)3,300,000円
基質配位空間の精密制御による高効率・高選択的酸化触媒の開発2016-09 -- 2017-08小谷 弘明日揮・実吉奨学会研究助成金/2,000,000円
高活性な高原子価クロムオキソ錯体の創製と反応性評価2013 -- 2014小谷 弘明公益財団法人倉田記念日立科学技術財団/倉田奨励金1,200,000円
高活性な遷移金属オキソ錯体の開発とその触媒作用2012 -- 2013小谷 弘明日本学術振興会/若手研究(B)2,600,000円
電子移動型光触媒と白金代替触媒の複合化による新規水素発生系の構築2008 -- 2010日本学術振興会/特別研究員奨励費9,000,000円
超長寿命・高エネルギーの電荷分離状態を有する分子を用いた触媒的光酸化還元反応2005 -- 2007日本学術振興会/特別研究員奨励費2,800,000円
職歴
2005-04 -- 2007-03日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2007-04 -- 2008-03日本学術振興会 特別研究員(PD)
2008-04 -- 2011-03日本学術振興会 特別研究員(SPD)
2011-04 -- 2011-07大阪大学 大学院工学研究科 特任研究員
2011-08 -- 2011-09筑波大学 大学院数理物質科学研究科 助教
2011-10 -- (現在)筑波大学 数理物質系化学域 助教
学歴
1999-04 -- 2003-03大阪大学 工学部 応用自然科学科卒業
2003-04 -- 2005-03大阪大学 工学研究科 物質・生命工学専攻修了
2005-04 -- 2007-03大阪大学 工学研究科 生命先端工学専攻修了
取得学位
2007-03博士(工学)大阪大学
所属学協会
2015-07 -- (現在)光化学協会
2012 -- (現在)錯体化学会
2002 -- (現在)日本化学会
論文
著書
  • Development of Electron Donor-Linked Acridinium Ions and the Photoinduced Electron-Transfer Catalysis
    小谷 弘明
    2007-03
  • Proton-Coupled Electron Transfer: A Carrefour of Chemical Reactivity Traditions
    Fukuzumi S.; Kotani H.
    Royal Society of Chemistry, 2012-01
会議発表等
  • Cooperative Effects of Hetero-Dinuclear IrIII-MII Complexes on Catalytic H2 Evolution from Formic Acid Dehydrogenation in Water
    Hong Dachao; Shimoyama Yoshihiro; Ohgomori Yuji; Kaneda R...
    錯体化学会第70回討論会/2020-09-28--2020-09-30
  • サドル型ポルフィリンを光増感剤とした近赤外光駆動型光触媒的水素発生
    宮崎 卓也; 青木 絵美; 小谷 弘明; 酒井 隼人; 羽曾部 卓; 小...
    2020年web光化学討論会/2020-09-09--2020-09-11
  • ヘムをもつDNA 酵素の酸化触媒機構
    山本 泰彦; 篠宮僚介; 小谷弘明; 荒木はるか; 柴田友和; 百武...
    第13回バイオ関連化学シンポジウム2019/2019-09-04--2019-09-06
  • Heme Meets DNA.
    Yamamoto Yasuhiko; 篠宮僚介; 小谷弘明; 荒木はるか; 百武篤...
    19th International Conference on Biological Inorganic Chemistry (ICBIC-19)/2019-08-11--2019-08-16
  • Catalytic Oxidation by Hetero-dinuclear Transition-metal Complexes in Aqueous Media
    Shimoyama Yoshihiro; Hong Dachao; Ohgomori Yuji; Kon Yosh...
    錯体化学会第69回討論会/2019-09-21--2019-09-23
  • 疎水場を持つ鉄-NHC錯体を触媒に用いた水中における基質酸化反応
    藤崎 寛人; 下山 祥弘; 石塚 智也; 小谷 弘明; 小島 隆彦
    日本化学会第100春季年会(2020)/2020-03-22--2020-03-25
  • 疎水性キャビティを有する鉄ポルフィリン錯体の合成と反応性
    田中 翔悟; 石塚 智也; 小谷 弘明; 小島 隆彦
    日本化学会第100春季年会(2020)/2020-03-22--2020-03-25
  • 3つのビピリジン誘導体で構成された六座配位子を有するルテニウム錯体を用いた光触媒的CO2還元反応
    河西 拓也; 洪 達超; 石塚 智也; 小谷 弘明; 小島 隆彦
    日本化学会第100春季年会(2020)/2020-03-22--2020-03-25
  • 四つのフェナンスロリン部位で架橋したポルフィリン二量体の合成と物性
    岡田 堅吾; 石塚 智也; 小谷 弘明; 小島 隆彦
    日本化学会第100春季年会(2020)/2020-03-22--2020-03-25
  • 水溶性サドル型ポルフィリン-ジプロトン化体を光増感剤とする光触媒的酸化反応
    橋本 宗昂; 石塚 智也; 小谷 弘明; 定金 正洋; 小島 隆彦
    日本化学会第100春季年会(2020)/2020-03-22--2020-03-25
  • 四重鎖DNAとヘムの複合体の酸化触媒機構
    菅原 綾; 篠宮 僚介; 小谷 弘明; 荒木 はるか; 柴田 友和; 百...
    第52回酸化反応討論会/2019-11-9--2019-11-10
  • Reactivity of Cu(II)-NHC complexes encapsulated in zeolites as catalysts in gaseous alkane oxidation
    王 丹; 石塚 智也; 小谷 弘明 ; 小島 隆彦
    第52回酸化反応討論会/2019-11-9--2019-11-10
  • ルテニウム(IV)-オキソ錯体の性質と反応性:電子移動特性に基づく反応機構解明
    小谷 弘明; 下村 日夏; 石塚 智也; 小島 隆彦
    第52回酸化反応討論会/2019-11-9--2019-11-10
  • Mechanistic Insight into Synergistic Catalysis of Olefin Hydrogenation by a Hetero-Dinuclear RuII-CoII Complex with Adjacent Reaction Sites
    Hong Dachao; Ohogomori Yuji; Shimoyama Yoshihiro; Kotani ...
    錯体化学会第69回討論会/2019-09-21--2019-09-23
  • 内部窒素メチル化ポルフィリノイドを用いた可逆的な酸素-過酸化水素変換
    鈴木 航; 小谷弘明; 石塚 智也; 小島隆彦
    第30回基礎有機化学討論会/2019-09-25--2019-09-27
  • 周辺部に嵩高い置換基を有するポルフィリン誘導体に対するアトロプ異性体の選択的形成法
    田中翔悟; 石塚 智也; 内田さやか; 小谷弘明; 小島隆彦
    第30回基礎有機化学討論会/2019-09-25--2019-09-27
  • 水系溶媒中における異種二核遷移金属錯体による触媒的基質酸化反応
    下山祥弘; 洪 達超; 大篭 裕二; 今 喜裕; 石塚 智也; 小谷...
    錯体化学会第69回討論会/2019-09-21--2019-09-23
  • テトラアニオン性配位子を有する鉄錯体に由来する酸化活性種による基質酸化反応
    佐々木慶一; 小谷弘明; 石塚 智也; 小島隆彦
    錯体化学会第69回討論会/2019-09-21--2019-09-23
  • ルテニウム(IV)–オキソ錯体の水素移動反応におけるプロトン酸の添加効果
    下村日夏; 小谷弘明; 石塚 智也; 小島隆彦
    錯体化学会第69回討論会/2019-09-21--2019-09-23
  • N-ヘテロ環状カルベン-鉄(II)錯体を触媒とする水中における基質酸化の反応機構
    藤崎寛人; 下山祥弘; 石塚 智也; 小谷弘明; 小島隆彦
    錯体化学会第69回討論会/2019-09-21--2019-09-23
  • Significant enhancement of hole hopping ability in conjugated polymer/fullerene bulk heterojunction microspheres
    山本 洋平; Amandeep Jindal; Hiroaki Kotani; Soh Kushida; ...
    第67回高分子討論会/2018-09-12--2018-09-14
  • Hole hopping ability enhancement in conjugated polymer/fullerene bulk heterojunction microspheres
    山本 洋平; Amandeep Jindal; Hiroaki Kotani; Soh Kushida; ...
    高分子学会関東支部茨城地区「若手の会」交流会/2018-11-12--2018-11-12
  • Enhanced Hole Hopping Ability in Conjugated Polymer/Fullerene Bulk Heterojunction Microspheres for Electrocatalytic Applications
    Yamamoto Yohei; Jindal Amandeep; Kotani Hiroaki; Kushida ...
    1st G’lowing Polymer in KANTO/2018-12-15--2018-12-15
  • ヘムをもつ DNA 酵素
    Yasuhiko Yamamoto; Ryosuke Shinomiya; Hiroaki Kotani; Har...
    第46回生体分子科学討論会/2019-6-21--2019-6-22
  • Self-assembly of Conjugated Polymers and Peptides for Energy Applications Using Electrochemistry
    Yamamoto Yohei; Jindal Amandeep; Kotani Hiroaki; Tashiro ...
    π造形最終シンポジウム/2019-03-19--2019-03-20
知的財産権
  • 有害芳香族化合物の分解方法
    小島 隆彦; 下山 祥弘; 石塚 智也; 小谷 弘明
  • 酸化触媒、ハロゲン化芳香族化合物の酸化分解方法
    小島 隆彦; 下山 祥弘; 石塚 智也; 小谷 弘明
担当授業科目
2020-10 -- 2021-02無機化学特別研究IIIA筑波大学
2020-10 -- 2021-02無機化学特別研究IIA筑波大学
2020-04 -- 2020-08無機・分析化学セミナーIIB筑波大学
2020-10 -- 2021-02無機化学特別研究VA筑波大学
2020-10 -- 2021-02無機・分析化学特別研究VB筑波大学
2020-04 -- 2020-08無機・分析化学特別研究IVB筑波大学
2020-10 -- 2021-02無機・分析化学特別研究IVB筑波大学
2020-10 -- 2021-02無機化学特別研究IVA筑波大学
2020-10 -- 2021-02無機化学セミナーIA筑波大学
2020-04 -- 2020-08無機化学特別研究IIIA筑波大学
一般講演
  • Redox Noninnocent Behavior of Tris(2-pyridylmethyl)amine Bound to Lewis Acidic Metal Ions Induced by C-H Deprotonation
    Kotani Hiroaki
    生物無機化学国際シンポジウム/2018-11-30--2018-12-1
  • 生体内酵素を規範とした金属錯体開発とその機能解明
    小谷 弘明
    先端化学・材料技術部会 高選択性反応分科会 講演会/2018-06-11--2018-06-11
  • 生体内酵素を規範とするモデル錯体開発とその反応機構解明
    Kotani Hiroaki
    第29回生物無機化学夏季セミナー/2016-9-1--2016-9-3
  • ピリジルアミン系配位子を有する金属錯体の新規機能開発
    小谷 弘明
    第4回慶応有機化学若手シンポジウム/2016-05-07--2016-05-07
  • 高い反応性を有するクロム(V)-オキソ錯体の同定とベンジルアルコール類酸化反応の機構解明
    小谷 弘明
    日本化学会第93春季年会/2013-3-22--2013-3-25
  • サドル型ポルフィリンジカチオンを光増感部位として有するルテニウム(II)錯体の光誘起電子移動特性
    小谷 弘明
    日本化学会第93春季年会/2013-3-22--2013-3-25
  • 複核コバルト(III)–ピリジルアミン錯体による水の4電子酸化反応
    小谷 弘明
    第45回酸化反応討論会/2012-11-16--2012-11-17
  • 高原子価ルテニウム(IV)-オキソ錯体のアルコール酸化反応における速度論的同位体効果の温度依存性
    小谷 弘明
    第45回酸化反応討論会/2012-11-16--2012-11-17
  • ピロロキノリンキノン(PQQ)を配位子とするルテニウム-銀ヘテロ多核錯体の合成と性質
    小谷 弘明
    錯体化学会第62回討論会/2012-9-21--2012-9-23
  • モノアニオン性配位子を有するクロム(V)-オキソ錯体の反応性
    小谷 弘明
    錯体化学会第62回討論会/2012-9-21--2012-9-23

(最終更新日: 2020-08-22)