Kotani Hiroaki

Affiliation
Institute of Pure and Applied Sciences
Official title
Assistant Professor
Birth date
1980-12
Email
=.27$1,FUQ&+(0O768.8%$O$&O-3\
Office
自然系学系C棟202
Phone
029-853-4318
Research fields
Organic chemistry
Inorganic chemistry
Functional solid state chemistry
Research projects
歪んだポルフィリンを基盤とした有機・無機ハイブリッド触媒の開発2021 -- 2023小谷 弘明Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,290,000Yen
塩基駆動型原子価互変異性を示すピリジルアミン系金属錯体の開発と応用2017 -- 2019小谷 弘明Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Young Scientists(B)4,550,000Yen
塩基駆動型原子価互変異性を示すピリジルアミン系金属錯体の開発と応用2017-04 -- 2020-03小谷 弘明Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)3,300,000Yen
基質配位空間の精密制御による高効率・高選択的酸化触媒の開発2016-09 -- 2017-08小谷 弘明日揮・実吉奨学会研究助成金/2,000,000Yen
高活性な高原子価クロムオキソ錯体の創製と反応性評価2013 -- 2014小谷 弘明公益財団法人倉田記念日立科学技術財団/倉田奨励金1,200,000Yen
高活性な遷移金属オキソ錯体の開発とその触媒作用2012 -- 2013小谷 弘明Japan Society of for the Promotion of Science/若手研究(B)2,600,000Yen
電子移動型光触媒と白金代替触媒の複合化による新規水素発生系の構築2008 -- 2010Japan Society of for the Promotion of Science/特別研究員奨励費9,000,000Yen
超長寿命・高エネルギーの電荷分離状態を有する分子を用いた触媒的光酸化還元反応2005 -- 2007Japan Society of for the Promotion of Science/特別研究員奨励費2,800,000Yen
Career history
2005-04 -- 2007-03JSPSdoctoral Fellow (DC1)
2007-04 -- 2008-03JSPSPostdoctoral Fellow (PD)
2008-04 -- 2011-03JSPSSuperlative Postdoctoral Fellow (SPD)
2011-04 -- 2011-07Osaka universityGraduate school of engineeringSpecially appointed researcher
2011-08 -- 2011-09University of TsukubaGraduate School of Pure and Applied SciencesResearch Associate
2011-10 -- (current)筑波大学数理物質系化学域助教
Academic background
1999-04 -- 2003-03Osaka University Faculty of Engineering Division of Applied Science
2003-04 -- 2005-03Osaka University Graduate School of Engineering Department of Material and Life Science
2005-04 -- 2007-03Osaka University Graduate School of Engineering Department of Material and Life Science
Degree
2007-03D. Eng.Osaka University
Academic societies
2015-07 -- (current)光化学協会
2012 -- (current)JAPAN SOCIETY OF COORDINATION CHEMISTRY
2002 -- (current)Chemical Society of Japan
Articles
Books
  • Development of Electron Donor-Linked Acridinium Ions and the Photoinduced Electron-Transfer Catalysis
    小谷 弘明
    2007-03
  • Proton-Coupled Electron Transfer: A Carrefour of Chemical Reactivity Traditions
    Fukuzumi S.; Kotani H.
    Royal Society of Chemistry, 2012-01
Conference, etc.
  • 単核ルテニウム(IV)-オキソ錯体の一電子酸化による水の酸化反応と反応機構解明
    髙岡知輝; 小谷弘明; 千葉湧介; 塩田淑仁; 吉澤一成; 小島 隆彦
    錯体化学会第73回討論会/2023-09-21--2023-09-23
  • 歪んだポルフィリンとTiO2からなるハイブリッド光触媒による光触媒的過酸化水素生成
    熊谷 直恕; 小谷 弘明; 石塚 智也; 小島 隆彦
    2023年光化学討論会/2023-09-05--2023-09-07
  • 核酸塩基部位を有するサドル型に歪んだポルフィリンの水素結合による超分子形成と光化学特性
    田中 陽; 石塚 智也; 小谷弘明; 小島隆彦
    日本化学会第104春季年会/2024-03-18--2024-03-21
  • ルテニウム(II)錯体上の複素環配位子を活性点としたanti-Kasha型反応機構を経由する有機物の光触媒的酸素酸化反応
    西 太一朗; 石塚 智也; 名村七星; 小谷弘明; 藤塚 守; 小島隆彦
    日本化学会第104春季年会/2024-03-18--2024-03-21
  • N-ヘテロ環状カルベン(NHC)を配位子に有するRu(IV)-ヒドロキソ錯体の生成とその反応性
    竹下祥太朗; 石塚 智也; 永原彩瑚; 藤﨑寛人; 小谷弘明; 小島隆彦
    日本化学会第104春季年会/2024-03-18--2024-03-21
  • 鉄錯体による酸素を酸化剤とする触媒的酸化反応
    張 雪健; 小谷弘明; 石塚 智也; 小島隆彦
    第56回酸化反応討論会/2023-11-11--2023-11-12
  • 第二配位圏に水素結合サイトを有するルテニウム(IV)-オキソ錯体による水中での基質酸化反応
    小川知里; 石塚 智也; 粉川泰知; 小谷弘明; 小島隆彦
    錯体化学会第73回討論会/2023-09-21--2023-09-23
  • C-H結合を脱プロトン化されたピリジルアミン配位子を有するCo(III)錯体の反応性評価
    野呂航一郎; 小谷弘明; 石塚 智也; 塩田淑仁; 吉澤一成; 小島隆彦
    錯体化学会第73回討論会/2023-09-21--2023-09-23
  • 核酸塩基を導入した非平面性ポルフィリンの水素結合による集積化
    田中 陽; 石塚 智也; 小谷弘明; 小島隆彦
    第33回基礎有機化学討論会/2023-09-12--2023-09-14
  • ルテニウム(IV)-オキソ錯体による基質酸化反応における溶媒効果
    山崎 祐太; 小谷弘明; 石塚智也; 小島隆彦
    日本化学会第103春季年会/2023-03-22--2023-03-25
  • 分子内にカルボキシキャップを有するドデカフェニルポルフィリン誘導体の合成とカルボキシ基を有する電子ドナー性分子との水素結合超分子の形成
    福田明日香; 石塚智也; 小谷弘明; 小島隆彦
    日本化学会第103春季年会/2023-03-22--2023-03-25
  • 疎水場を有する鉄 NHC 触媒を用いた水溶液中における疎水性有機基質の高選択的二電子酸化反応
    藤崎寛人; 石塚智也; 小谷弘明; 小島隆彦
    第55回酸化反応討論会/2022-11-05--2022-11-06
  • Highly selective oxidation by molecular iron catalysis with hydrophobic pockets in aqueous media
    藤崎寛人; Ishizuka Tomoya; 小谷弘明; 小島隆彦
    錯体化学会 第72回討論会/2022-09-26--2022-09-28
  • ルテニウム(IV)-オキソ錯体のプロトン共役電子移動とその反応機構解明
    小谷 弘明; 下村 日夏; 池田 京; 石塚 智也; 塩田 淑仁; 吉澤 一成; 小島 隆彦
    第53回酸化反応討論会/2020-11-07--2020-11-08
  • FeII-NHC錯体を触媒とする水中における有機基質の高選択的二電子酸化反応
    藤崎 寛人; 石塚 智也; 下山 祥弘; 小谷 弘明; 塩田 淑仁; 吉澤 一成; 小島 隆彦
    第53回酸化反応討論会/2020-11-07--2020-11-08
  • Cooperative Effects of Hetero-Dinuclear IrIII-MII Complexes on Catalytic H2 Evolution from Formic Acid Dehydrogenation in Water
    Hong Dachao; Shimoyama Yoshihiro; Ohgomori Yuji; Kaneda ...
    錯体化学会第70回討論会/2020-09-28--2020-09-30
  • サドル型ポルフィリンを光増感剤とした近赤外光駆動型光触媒的水素発生
    宮崎 卓也; 青木 絵美; 小谷 弘明; 酒井 隼人; 羽曾部 卓; 小島 隆彦
    2020年web光化学討論会/2020-09-09--2020-09-11
  • ヘムをもつDNA 酵素の酸化触媒機構
    山本 泰彦; 篠宮僚介; 小谷弘明; 荒木はるか; 柴田友和; 百武篤也; 柳澤幸子; 小倉尚志; 鈴木秋弘; 根矢三郎; 小島隆彦
    第13回バイオ関連化学シンポジウム2019/2019-09-04--2019-09-06
  • Heme Meets DNA.
    Yamamoto Yasuhiko; 篠宮僚介; 小谷弘明; 荒木はるか; 百武篤也; 柴田友和; 柳澤幸子; 小倉尚志; 逸見...
    19th International Conference on Biological Inorganic Chemistry (ICBIC-19)/2019-08-11--2019-08-16
  • Catalytic Oxidation by Hetero-dinuclear Transition-metal Complexes in Aqueous Media
    Shimoyama Yoshihiro; Hong Dachao; Ohgomori Yuji; Kon Yos...
    錯体化学会第69回討論会/2019-09-21--2019-09-23
  • 疎水場を持つ鉄-NHC錯体を触媒に用いた水中における基質酸化反応
    藤崎 寛人; 下山 祥弘; 石塚 智也; 小谷 弘明; 小島 隆彦
    日本化学会第100春季年会(2020)/2020-03-22--2020-03-25
  • 疎水性キャビティを有する鉄ポルフィリン錯体の合成と反応性
    田中 翔悟; 石塚 智也; 小谷 弘明; 小島 隆彦
    日本化学会第100春季年会(2020)/2020-03-22--2020-03-25
  • 3つのビピリジン誘導体で構成された六座配位子を有するルテニウム錯体を用いた光触媒的CO2還元反応
    河西 拓也; 洪 達超; 石塚 智也; 小谷 弘明; 小島 隆彦
    日本化学会第100春季年会(2020)/2020-03-22--2020-03-25
  • 四つのフェナンスロリン部位で架橋したポルフィリン二量体の合成と物性
    岡田 堅吾; 石塚 智也; 小谷 弘明; 小島 隆彦
    日本化学会第100春季年会(2020)/2020-03-22--2020-03-25
  • 水溶性サドル型ポルフィリン-ジプロトン化体を光増感剤とする光触媒的酸化反応
    橋本 宗昂; 石塚 智也; 小谷 弘明; 定金 正洋; 小島 隆彦
    日本化学会第100春季年会(2020)/2020-03-22--2020-03-25
  • more...
Intellectural property rights
  • アルカン酸化物の製造方法
    小島 隆彦; シン ボンギ; 小谷 弘明; 石塚 智也
  • 有害芳香族化合物の分解方法
    小島 隆彦; 下山 祥弘; 石塚 智也; 小谷 弘明
  • 酸化触媒、ハロゲン化芳香族化合物の酸化分解方法
    小島 隆彦; 下山 祥弘; 石塚 智也; 小谷 弘明
Teaching
2023-10 -- 2024-02Research in Inorganic/Analytical Chemistry IAUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research in Inorganic Chemistry VBUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research in Inorganic chemistryIIIBUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research in Inorganic Chemistry IVBUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Inorganic/Analytical Chemistry VAUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Inorganic Chemistry VBUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Inorganic Chemistry IVBUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Inorganic/Analytical Chemistry IIIAUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Inorganic chemistryIIIBUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Inorganic/Analytical Chemistry VBUniversity of Tsukuba.
more...
Talks
  • Redox Noninnocent Behavior of Tris(2-pyridylmethyl)amine Bound to Lewis Acidic Metal Ions Induced by C-H Deprotonation
    Kotani Hiroaki
    生物無機化学国際シンポジウム/2018-11-30--2018-12-1
  • 生体内酵素を規範とした金属錯体開発とその機能解明
    小谷 弘明
    先端化学・材料技術部会 高選択性反応分科会 講演会/2018-06-11--2018-06-11
  • 生体内酵素を規範とするモデル錯体開発とその反応機構解明
    Kotani Hiroaki
    第29回生物無機化学夏季セミナー/2016-9-1--2016-9-3
  • ピリジルアミン系配位子を有する金属錯体の新規機能開発
    小谷 弘明
    第4回慶応有機化学若手シンポジウム/2016-05-07--2016-05-07
  • 高い反応性を有するクロム(V)-オキソ錯体の同定とベンジルアルコール類酸化反応の機構解明
    小谷 弘明
    日本化学会第93春季年会/2013-3-22--2013-3-25
  • サドル型ポルフィリンジカチオンを光増感部位として有するルテニウム(II)錯体の光誘起電子移動特性
    小谷 弘明
    日本化学会第93春季年会/2013-3-22--2013-3-25
  • 複核コバルト(III)–ピリジルアミン錯体による水の4電子酸化反応
    小谷 弘明
    第45回酸化反応討論会/2012-11-16--2012-11-17
  • 高原子価ルテニウム(IV)-オキソ錯体のアルコール酸化反応における速度論的同位体効果の温度依存性
    小谷 弘明
    第45回酸化反応討論会/2012-11-16--2012-11-17
  • ピロロキノリンキノン(PQQ)を配位子とするルテニウム-銀ヘテロ多核錯体の合成と性質
    小谷 弘明
    錯体化学会第62回討論会/2012-9-21--2012-9-23
  • モノアニオン性配位子を有するクロム(V)-オキソ錯体の反応性
    小谷 弘明
    錯体化学会第62回討論会/2012-9-21--2012-9-23

(Last updated: 2022-08-08)