Hirakawa Yoshihisa

Affiliation
Institute of Life and Environmental Sciences
Official title
Assistant Professor
KAKEN ID
40647319
URL
Email
+=>G6@6L6aNDH=>a;EXgcJaIHJ@J76a68a?E
Phone
029-853-5600 (内線8794)(029-853-5600に電話して内線番号8794をダイヤルください。)
Research fields
Evolutionary biology
Cell biology
Molecular biology
Biodiversity/Systematics
Research keywords
藻類
葉緑体
細胞内共生
ゲノム進化
炭素固定
Research projects
若手研究室間協力による非モデル微細藻類の分子生物学的解析が紐解く葉緑体誕生・進化の軌跡2022-04 -- 2026-03平川泰久公益財団法人 発酵研究所/研究室助成20,000,000Yen
クロララクニオン藻のピレノイドで働く分子機構の進化2021-04 -- 2024-03Yoshihisa Hirakawa/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,160,000Yen
真核藻類のピレノイド構築メカニズムの進化2018-04 -- 2021-03Yoshihisa Hirakawa/基盤研究(C)4,290,000Yen
ミゾゾア生物への遺伝子導入2017-09 -- 2018-08平川 泰久Gordon and Betty Moore Foundation/Marine Microbiology Initiative9,730,193Yen
Transformation for myzozoans2015-10 -- 2017-03平川 泰久Gordon and Betty Moore Foundation/Marine Microbiology Initiative9,018,594Yen
二次共生藻類のもつ複雑な葉緑体の分裂機構:新規の分裂タンパク質の同定2014-07 -- 2015-03平川 泰久/筑波大学研究基盤支援プログラム(Aタイプ)350,000Yen
核による二次葉緑体の分裂制御機構の解明2015-04 -- 2018-03Yoshihisa Hirakawa/若手研究(B)3,120,000Yen
Career history
2012-10 -- (current)University of Tsukuba生命環境系助教
2012-04 -- 2012-09University of British ColumbiaDepartment of BotanyJSPS Postdoctoral Fellow
2010-04 -- 2012-03University of British ColumbiaDepartment of BotanyCMDE Postdoctoral Fellow
2009-04 -- 2010-03University of Tsukuba生命環境科学研究科研究員
Academic background
2006-04 -- 2009-03筑波大学 生命環境科学研究科 構造生物科学専攻
2004-04 -- 2006-03金沢大学 自然科学研究科 生物科学専攻
2000-04 -- 2004-03金沢大学 理学部 生物学科
Degree
2009-03博士(理学)筑波大学
Academic societies
2013-01 -- (current)THE BOTANICAL SOCIETY OF JAPAN
2007-10 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF PHYCOLOGY
2013-01 -- (current)SOCIETY OF EVOLUTIONARY STUDIES, JAPAN
2015-01 -- (current)日本原生生物学会
2011-04 -- (current)International Society of Protistologists
Honors & Awards
2008-11Best Poster Presentation Award
2011-3第7回 日本藻類学会研究奨励賞
Articles
Books
  • 核 / 細胞小器官分裂
    平川 泰久
    原生生物学事典/朝倉書店/pp.201-204, 2023-05
  • 2.5.1 植物とヒトに感染・寄生する原生生物、3.5 葉緑体の進化・起源
    平川 泰久
    アメーバのはなし ―原生生物・人・感染症―/朝倉書店, 2018-09
  • Chlorarachniophytes With Complex Secondary Plastids of Green Algal Origin
    Hirakawa Yoshihisa
    SECONDARY ENDOSYMBIOSES/ACADEMIC PRESS LTD-ELSEVIER SCIENCE LTD/pp.359-393, 2017
Conference, etc.
  • Proteomics reveals the evolution of chlorarachniophyte pyrenoids
    Hirakawa Yoshihisa
    IX European Congress of Protistology & Annual Congress of the International Society of Protistologists/2023-07-09--2023-07-14
  • フローサイトメトリーによる藻類細胞の PI3P 分子検出とストレス応答の多様性
    大田修平; 平川 泰久; 河地正伸
    日本微生物資源学会第29回大会/2023-6-21--2023-6-23
  • クロララクニオン藻のプロテオームで紐解くピレノイドの進化
    平川 泰久
    日本植物学会第86回大会/2022-09-15--2022-09-19
  • Evolution and switching of mitochondrion-localized DNA polymerases in Euglenozoa.
    Ryo Harada; Hirakawa Yoshihisa; Yabuki Akinori; Kim Enso...
    3ʳᵈ Annual International Congress on Euglenoids 2023/2023/07/17--2023/07/18
  • プロテオームで紐解くピレノイドの分子進化
    諸見里 怜奈; 平川 泰久
    日本藻類学会第46回大会/2022-03-28--2022-03-30
  • クロララクニオン藻におけるT7ファージ型DNAヘリカーゼの局在と進化
    青木 大地; 平川 泰久
    日本藻類学会第46回大会/2022-03-28--2022-03-30
  • PI3P分子を指標とした藻類細胞のストレス動態と多様性
    大田 修平; 平川 泰久; 河地 正伸
    日本藻類学会第46回大会/2022-03-28--2022-03-30
  • クロララクニオン藻のピレノイド構築に関与するタンパク質の探索
    諸見里 玲奈; 平川 泰久
    日本植物学会第85回大会/2021-09-16--2021-09-20
  • 重金属暴露ストレス下で見られる緑藻のPI3P局在とLysoTracker 局在の比較解析
    大田 修平; 平川 泰久; 河地 正伸
    日本藻類学会第45回大会/2021-03-15--2021-03-17
  • クロララクニオン藻への改良型遺伝子導入法
    松田 向平; 平川 泰久
    日本藻類学会第45回大会/2021-03-15--2021-03-17
  • クロララクニオン藻のピレノイドを構成するタンパク質の同定
    諸見里 玲奈; 平川 泰久
    日本藻類学会第45回大会/2021-03-15--2021-03-17
  • 新規炭酸脱水酵素の結晶解析
    平川 泰久; 千田 美紀; 千田 俊哉
    日本植物学会第84回大会/2020-09-19--2020-09-21
  • クロララクニオン藻のCO2濃縮機構
    平川 泰久; 福田 耕大; 千田 美紀; 千田 俊哉
    日本植物学会第83回大会/2019-09-15--2019-09-17
  • 緑藻類ホスファチジルイノシトール3リン酸の細胞内動態と重金属感受性に対する影響
    大田 修平; 平川 泰久; 河地 正伸
    日本藻類学会第44回大会/2020-03-27--2020-03-28
  • クロララクニオン藻のピレノイド構成タンパク質のプロテオーム解析
    福田 耕大; 長里 千香子; 本村 泰三; 平川 泰久
    日本藻類学会第44回大会/2020-03-27--2020-03-28
  • クロララクニオン藻における形質転換体の薬剤選抜法の開発
    松田 向平; 平川 泰久
    日本藻類学会第44回大会/2020-03-27--2020-03-28
  • ユーグレノゾアにおけるミトコンドリア局在DNAポリメラーゼの進化.
    原田亮; 平川泰久; 矢吹彬憲; 柏山祐一郎; Hampl Vladimir; 稲垣 祐司
    第52回日本原生生物学会大会/2019-10-25--2019-10-27
  • 金属暴露ストレスによるホスファチジルイノシトール3リン酸の緑藻における細胞動態
    大田 修平; 平川 泰久; 河地 正伸
    日本藻類学会第43回大会/2019-03-15--2019-03-17
  • クロララクニオン藻におけるピレノイド構成タンパク質の探索
    福田 耕大; 平川 泰久
    日本藻類学会第43回大会/2019-03-15--2019-03-17
  • クロララクニオン藻への安定的遺伝子導入法の開発
    平川 泰久; 福田 耕大
    日本藻類学会第43回大会/2019-03-15--2019-03-17
  • クロララクニオン藻の新規炭酸脱水酵素
    平川 泰久; 福田 耕大
    日本植物学会第82回大会/2018-09-14--2018-09-16
  • Evolution of secondary plastid-bearing algae
    Hirakawa Yoshihisa
    Gordon Research Conference, Mitochondria and chloroplasts/2018-07-08--2018-07-13
  • A novel highly expressed plastid protein in chlorarachniophytes
    Hirakawa Yoshihisa; Fukuda Kodai
    ISEP XXII/2018-05-27--2018-06-01
  • Complex plastid evolution in chlorarachniophyte algae
    Hirakawa Yoshihisa
    Company of Biologists Workshop "Symbiosis in the microbial world: from ecology to genome evolution"/2017-11-05--2017-11-09
  • Development of dual-transfection system in Perkinsus marinus
    Hirakawa Yoshihisa
    ICES 2016/2016-09-10--2016-09-14
  • more...
Teaching
2023-10 -- 2024-03Paper Preparation and PresentationUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Seminar on Molecular and Cellular Biology IIFUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Seminar on Molecular and Cellular Biology IVSUniversity of Tsukuba.
2023-11 -- 2023-12Electronmicroscopy, LaboratoryUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2023-12Introduction to Molecular and Cellular BiologyUniversity of Tsukuba.
2024-01 -- 2024-02Fundamental Biology, Laboratory IIIUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2023-12Fundamental Biology, Laboratory IIUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02General Biology IUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Methodology on Molecular and Cellular Biology ISUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Thesis Research in Molecular and Cellular Biology FUniversity of Tsukuba.
more...
Talks
  • 光合成を始めた生き物、やめた生き物
    平川 泰久
    公開講座「藻類と環境 -めぐりめぐる関係-」/2017-09-30
University Management
-- (current)生命環境系環境安全管理委員会廃棄物管理補助責任者
2023-04 -- (current)国際化推進担当
2021-04 -- (current)生物学類 クラス担任
2017-04 -- (current)生物学類 広報委員会
2016-04 -- (current)生物科学専攻 広報・HP委員会
2016-04 -- (current)生物科学専攻 オープンファシリティ管理委員

(Last updated: 2023-11-08)