現在地

佐伯 いく代(サエキ イクヨ; Saeki, Ikuyo)

face
所属
生命環境系
職名
准教授
性別
女性
URL
eメール
 
研究室
森林環境生態学研究室(生命環境学群生物資源学類:生命環境科学研究科生物圏資源科学専攻)
学外所属
首都大学東京 牧野標本館客員研究員
研究分野
生態・環境
生物資源保全学
森林科学
環境モデリング・保全修復技術
研究キーワード
保全生態学
森林生態学
生物多様性科学
植物学
生物地理学
分子生態学
景観遺伝学
研究課題
森林の伐採が林冠の動植物群集に与える影響 ~屋久島のヤクスギ林を例として~2020-04 -- 2023-03佐伯いく代日本学術振興会/科研費 基盤研究(C)4,420,000円
希少種の宝庫 東海丘陵の湿地が育む生物文化多様性 ~人と自然のつながりの再構築を目指して~2020-04 -- 2024-03佐伯いく代公益財団法人 旭硝子財団/サステイナブルな未来への研究助成3,600,000円
地域遺産としての湿地生態系の保全:小さな自然の価値の再考2017-10 -- 2018-09佐伯いく代財団法人日本生命財団/ニッセイ財団環境問題若手研究・奨励研究助成700,000円
樹上性カタツムリを指標とした森林の分断化影響評価2017-04 -- 2020-03佐伯いく代日本学術振興会/基盤研究(C)/4,940,000円
世界遺産地域における自然と文化の統合とコミュニティの役割に関する研究2016-04 -- 2019-03吉田正人日本学術振興会/基盤研究(C)/4,810,000円
樹上性陸産貝類を用いた森林環境の指標化2014-04 -- 2017-03佐伯いく代三井物産環境基金/6,000,000円
サーキット理論を用いた希少植物クロビイタヤの景観遺伝学2013-10 -- 2015-03佐伯いく代日本学術振興会/科学研究費補助金 研究活動スタート支援2,730,000円
希少植物クロビイタヤの遺伝構造の解明:氷期遺存種の分布変遷の謎を追う2014-04 -- 2015-03佐伯いく代藤原ナチュラルヒストリー振興財団学術研究助成(植物学)/400,000円
職歴
2013-04 -- 2014-03北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 苫小牧研究林 特任助教
2012-04 -- 2013-03自然環境研究センター モニタリングサイト1000森林草原調査ネットワークセンター 研究員
2010-04 -- 2012-03横浜国立大学大学院 環境情報研究院 GCOEフェロー
2007-04 -- 2010-03日本学術振興会特別研究員PD(受入先 首都大学東京理工学研究科)
取得学位
2006-03博士(農学)東京農工大学
所属学協会
2003-04 -- (現在)日本生態学会
2004-01 -- (現在)Society for Conservation Biology
2004-01 -- (現在)Ecological Society of America
論文
著書
  • 岐阜県中津川地域における湧水湿地の現状
    小出泰司; 串田鎮子; 佐伯 いく代; 冨田幹夫
    東海地方の湧水湿地 1643箇所の踏査から見えるもの, 豊田市自然観察の森(指定管理者:日本野鳥の会), pp.57-67, 2019-09
  • 長野県伊那谷地域における湧水湿地の現状
    所沢あさ子; 佐伯 いく代
    東海地方の湧水湿地 1643箇所の踏査から見えるもの, 豊田市自然観察の森(指定管理者:日本野鳥の会), pp.49-54, 2019-09
  • 絶滅危惧種の保全と遺伝的多様性
    佐伯 いく代
    絶滅危惧種の生態工学, 地人書館, pp.15-27, 2019-03
  • 生物多様性
    佐伯 いく代
    自然保護学入門 ひとと自然をつなぐ, 筑波大学出版会, pp.94-110, 2018-04
  • 14章 自然保護のためのモニタリング
    武 正憲; 和田茂樹; 佐伯いく代
    自然保護学入門 -ひとと自然をつなぐ-, pp.215-230, 2018-03
  • 生態系サービスと社会・生態システム-持続可能性の探究
    佐伯 いく代
    エコシステムマネジメント‐包括的な生態系の保全と管理へ, 共立出版, pp.151-175, 2012-09
  • 生物多様性とエコシステムマネジメント-生態系を基軸とした保全と管理
    佐伯 いく代
    エコシステムマネジメント‐包括的な生態系の保全と管理へ, 共立出版, pp.278-293, 2012-09
会議発表等
  • 森林の分断化が陸産貝類に与える影響
    佐伯 いく代; 丹羽慈; 長田典之; 東若菜; 日浦勉
    日本生態学会/2020-03-04--2020-03-08
  • ヤマザクラ・カスミザクラが生育する里山林の種組成と構造ー茨城県桜川市の事例ー
    勝田翔; 佐伯 いく代; 上條隆志
    日本生態学会/2020-03-04--2020-03-08
  • Contrasting occurrences of arboreal and ground-dwelling land snails along an urbanization gradient: the role of predation and fragmentation.
    Saeki Ikuyo
    29th International Congress for Conservation biology/2019-07-21--2019-07-25
  • 茨城県桜川市におけるヤマザクラ・カスミザクラの更新状況
    勝田翔; 佐伯 いく代; 上條隆志
    第66回日本生態学会/2019-03-15--2019-03-19
  • 都市化によって増えるカタツムリと減るカタツムリ
    佐伯 いく代; 丹羽慈; 長田典之; 東若菜; 日浦勉
    日本生態学会/2019-03-15--2019-03-19
  • Terrestrial and Freshwater Mollusks on the University of Tsukuba Campus
    Saeki Ikuyo; Noriaki Namba; Mukaimine Wataru
    17th World Lake Conference/2018-10-15--2018-10-19
  • 湧水湿地にみる自然の価値:中津川市岩屋堂のハナノキ自生地を例として
    佐伯 いく代
    日本湿地学会公開シンポジウム/2018-09-01--2018-09-02
  • 希少植物の保全に向けた非在来針葉樹の除伐による湧水湿地の復元活動
    李雅諾; 佐伯 いく代
    日本湿地学会/2018-09-01--2018-09-02
  • 都市化が陸産貝類に与える影響:地表性エゾマイマイと樹上性サッポロ マイマイの比較から見えるもの
    佐伯 いく代; 丹羽慈; 長田典之; 東若菜; 日浦勉
    日本貝類学会/2018-05-26--2018-05-27
  • 筑波大学の陸産および淡水産貝類相
    佐伯 いく代; 南波紀昭; 向峯遼
    日本貝類学会/2018-05-26--2018-05-27
  • Landscape genetics of a threatened maple, Acer miyabei: implications for conserving riparian forest connectivity
    Saeki Ikuyo; Hirao S. Akira; Kenta Tanaka; Nagamitsu Teru...
    The 8th EAFES (East Asian Federation of Ecological Societies) International Congress/2018-04-21--2018-04-23
  • Seepage wetlands as local heritage: relationship between wetlands and local communities in Iwayado, Nakatsugawa-city, Japan
    Yanuo Li; Saeki Ikuyo
    International Symposium "Local Communities and Nature Conservation"/2017-11-23--2017-11-23
  • 地域遺産としての湧水湿地の価値 ―中津川市岩屋堂における湿地と人々との関係に着目して―
    李雅諾; 佐伯 いく代
    ELR 2017 名古屋/2017-09-22--2017-09-25
  • 木登りカタツムリはなぜ木に登る?~樹上生活性が進化した適応的意義~
    佐伯いく代; 丹羽慈; 長田典之; 兵藤不二夫; 太田民久; 大石...
    日本貝類学会/2017-04-15--2017-04-16
  • 樹上性陸産貝を用いた森林環境の指標化
    佐伯いく代; 丹羽慈; 長田典之
    日本生態学会/2017-03-14--2017-03-18
  • 野外操作実験で解き明かす「樹上性」の適応的意義
    佐伯 いく代; 丹羽慈; 長田典之; 兵藤不二夫; 太田民久; 大石...
    日本貝類学会/2016-04-16--2016-04-17
  • 木登りカタツムリが木に登らないとどうなるのか?
    佐伯 いく代; 丹羽慈; 長田典之; 兵藤不二夫; 太田民久; 大石...
    日本生態学会/2016-03-20--2016-03-24
  • サッポロマイマイはなぜ木に登るのか?
    佐伯 いく代; 丹羽慈; 長田典之; 兵藤不二夫; 日高周; 太田民...
    日本生態学会/2015-03-18--2015-03-22
  • サーキット理論を用いた遺伝子流動のモデル化 -希少樹種クロビイタヤを例として-
    佐伯いく代; 平尾 章; 田中健太; 永光輝義; 大谷雅人; 日浦勉
    日本生態学会第62回全国大会 自由集会「景観遺伝学の使い道:初歩から応用まで」./2015-03-19
担当授業科目
2019-10 -- 2020-02長期インターンシップ筑波大学
2019-04 -- 2019-08長期インターンシップ筑波大学
2019-10 -- 2020-02中期インターンシップ筑波大学
2019-04 -- 2019-08中期インターンシップ筑波大学
2019-10 -- 2020-02短期インターンシップ筑波大学
2019-04 -- 2019-08短期インターンシップ筑波大学
2019-10 -- 2019-12生物多様性論筑波大学
2019-10 -- 2019-12陸域フィールド実習2筑波大学
2019-06 -- 2019-08陸域フィールド実習1筑波大学
2019-05 -- 2019-08自然保護セミナー筑波大学
授業以外の教育活動
2019-08 -- 2019-08庄内生態学セミナー「木登りカタツムリはなぜ木に登るのか?」山形大学
2017-05 -- 2017-05東山動植物園開園 80 周年記念イベント大学連 携サイエンス報告会「愛知県の木ハナノキの魅力」名古屋市立東山植物園
2017-03 -- 2017-03筑ジオカフェ「 筑波から自然と人をつなぐ架け橋を! -筑波大学自然保護寄附講座の取組」筑波山地域ジオパーク
2016-12 -- 2016-12ひたちなか市民大学世界遺産入門講座「世界遺産と地域コミュニティー ―自然保護の 視点から」講師ひたちなか市
2015-07 -- 2015-07公開講座「世界遺産と地域コミュニティー ~自然保護の視点から~」講師筑波大学
2014-12 -- 2014-12公開講座「世界遺産の中の植物たち」講師茨城県西生涯学習センター
一般講演
  • 山桜の森の魅力を考える
    佐伯 いく代
    さくらがわ山桜シンポジウム/2019-04-12--2019-04-12
  • 希少なカエデ ”ハナノキ ”の咲く湿地と人々の物語
    佐伯 いく代
    地元感謝デー&公開シンポジウム/2019-02-09--2019-02-09
学協会等委員
2018-01 -- (現在)保全生態学研究編集委員
2016-01 -- (現在)International Consortium of Landscape and Ecological EngineeringLandscape and Ecological Engineering (LAEE), Editor
2015-06 -- (現在)日本湿地学会湿地研究編集委員会
その他の活動
2015-05 -- (現在)東京都自然環境保全審議会委員
2017-10 -- (現在)桜川市ヤマザクラ保全計画策定委員
メッセージ
わたしは、人が豊かな生活を送りながらも、自然やほかの生き物と共存できる方法を知りたいと思っています。そのためには、①自然の特徴や仕組みを理解すること、②それとうまくやっていくための方策を考えること、の二つのアプローチがあると考えています。これらのテーマについて、保全生態学・森林生態学の観点から研究を進めています。具体的には、野外調査、遺伝子解析、地理情報システム(GIS)による空間解析などを用いて、生物多様性の保全 (特に、絶滅危惧種や自然保護上重要な生態系の保全)に関する研究を行っています。フィールドは、森林、草原、里山、湿地などを対象としています。

(最終更新日: 2020-04-25)