現在地

山﨑 剛(ヤマザキ タケシ; Yamazaki, Takeshi)

所属
数理物質系
職名
准教授
研究分野
素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
研究キーワード
素粒子理論
格子QCD
素粒子標準模型を超えた物理の探索
ハドロン内部構造
研究課題
真空および媒質中での格子QCDによるハドロン測定の新しい可能性2020-04 -- 2022-03山﨑剛日本学術振興会/二国間交流事業(共同研究・セミナー)
強い相互作用の第一原理計算による軽ハドロン形状因子の総合理解2019-04 -- 2023-03山﨑剛日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)
量子色力学を基にした原子核構造の解明へ向けた基礎研究2016-04 -- 2019-03山崎剛日本学術振興会/科学研究費 若手研究(A)
量子色力学を基にしたクォーク多体系としての原子核の研究2013-04 -- 2016-03山崎剛日本学術振興会/科学研究費 若手研究(B)
格子量子色力学を用いた軽い原子核の計算方法の開発2011-04 -- 2013-03山崎剛文部科学省/科研費補助金 新学術領域研究(公募研究)
格子量子色力学を用いた軽い原子核の研究2009 -- 2011-03山崎剛文部科学省/科研費補助金 新学術領域研究(公募研究)
職歴
2004-04 -- 2006-08理化学研究所BNL研究センター センター研究員
2006-08 -- 2008-03コネチカット大学 物理学科 博士研究員
2008-04 -- 2008-12京都大学 基礎物理学研究所 研究機関研究員
2009-01 -- 2010-09筑波大学 計算科学研究センター 研究員
2010-10 -- 2014-03名古屋大学 素粒子宇宙起源研究機構 特任助教
2014-04 -- (現在)筑波大学 数理物質系 准教授
学歴
1995-04 -- 1999-03千葉大学 理学部 物理学科卒業
1999-04 -- 2004-03筑波大学 博士課程物理学研究科修了
取得学位
2001-03-31修士(理学)筑波大学
2004-03-25博士(理学)筑波大学
所属学協会
2000 -- (現在)日本物理学会
受賞
2017-11平成28年度実施課題におけるHPCI利用研究課題優秀成果賞
2010-03第四回物理学会若手奨励賞(素粒子論領域)
2004-092004年度素粒子メダル奨励賞(学会講演部門)
論文
著書
  • 科学者からのメッセージ
    山﨑 剛
    もっと知りたい!「科学の芽」の世界 PART7, pp.177-178, 2020-06
会議発表等
  • 核子内クォークの担う運動量及びヘリシティ割合の物理点格子QCD計算
    Tsuji Ryutaro; Aoki Yasumichi; Ishikawa Ken-ichi; Kuramas...
    日本物理学会春季大会/2021-03-12--2021-03-15
  • 格子場の理論に基づく核子構造研究
    Tsuji Ryutaro; Aoki Yasumichi; Ishikawa Ken-ichi; Kuramas...
    日本のスピン物理学の展望/2021-02-23--2021-02-24
  • 物理点2+1フレーバー格子QCDによる核子構造研究
    Tsuji Ryutaro; Aoki Yasumichi; Ishikawa Ken-ichi; Kuramas...
    日本物理学会秋季大会/2020-09-14--2020-09-17
  • Nucleon structure with 2+1 flavor lattice QCD at physical quark mass
    Tsuji Ryutaro; Aoki Yasumichi; Ishikawa Ken-ichi; Kuramas...
    International School for Strangeness Nuclear Physics(SNP school 2020)/2020-12-02--2020-12-05
  • Nucleon structure at physical point from 2+1 flavor Lattice QCD
    Tsuji Ryutaro; Aoki Yasumichi; Ishikawa Ken-ichi; Kuramas...
    Asia-Pacific Symposium for Lattice Field Theory/2020-08-04--2020-08-07
  • Direct calculation of light nucleus from lattice QCD
    Yamazaki Takeshi
    Phase structure of lattice field theories -- Japanese-German Seminar 2016 --/2016-09-26--2016-09-28
  • Nucleon isovector couplings from 2+1 flavor lattice QCD at the physical point
    Tsukamoto Natsuki; Aoki Yasumichi; Ishikawa Ken-ichi; Kur...
    Lattice 2019/2019-06-16--2019-06-22
  • Nucleon couplings in N_f = 2 + 1 lattice QCD
    山﨑 剛
    KEK研究会「核子の電気双極子モーメントとスピン構造2020」/2020-01-11--2020-01-11
  • 相互作用境界のBethe-Salpeter波動関数を使った二体パイ中間子散乱振幅
    山﨑 剛; 滑川裕介
    日本物理学会2019年秋季大会/2019-09-17--2019-09-20
  • K_l3 form factors in N_f = 2+1 QCD at physical point on large volume
    Kakazu Junpei; Ishikawa Ken-ichi; Ishizuka Naruhito; Kura...
    Lattice 2019/2019-06-16--2019-06-22
  • Two-pion scattering amplitude from Bethe-Salpeter wave function at the interaction boundary
    Yamazaki Takeshi; Namekawa Yusuke
    Lattice 2019/2019-06-16--2019-06-22
  • Nucleon form factors from PACS10 configuration
    山﨑 剛
    Lattice QCD workshop/2019-08-26--2019-08-30
  • Direct calculation of two-nucleon energy from lattice QCD
    山﨑 剛
    Frontiers in Lattice QCD and related topics/2019-04-15--2019-04-26
  • Lattice QCD studies on nucleon form factors
    山﨑 剛
    KEK研究会:「QCDと核子構造の進展2019 」/2019-02-28--2019-02-28
  • 物理点での大規模格子QCDによる軽中間子形状因子計算
    Kakazu Junpei; Ishikawa Ken-ichi; Ishizuka Naruhito; Kura...
    日本物理学会2018年秋季大会/2018-09-14--2018-09-17
  • 格子 QCD による半質量殻外散乱振幅のクォーク質量依存性評価
    滑川裕介; 山﨑 剛
    日本物理学会2018年秋季大会/2018-09-14--2018-09-17
  • PACS10 project in lattice QCD
    Yamazaki Takeshi
    10th symposium on Discovery, Fusion, Creation of New Knowledge by Multidisciplinary Computational Sciences/2018-10-15--2018-10-16
  • Relation between scattering amplitude and Bethe-Salpeter wave function inside interaction range
    Yamazaki Takeshi
    XXII International Conference on Few-Body Problems in Physics/2018-06-09--2018-06-13
  • Nucleon form factors on a (10.8fm)^4 lattice at the physical point in 2+1 flavor QCD
    Kuramashi Yoshinobu; Shintani Eigo; Ishikawa Ken-ichi; Sa...
    Lattice 2018/2018-07-22--2018-07-28
  • Relation between scattering amplitude and Bethe-Salpeter wave function in quantum field theory
    Yamazaki Takeshi; Kuramashi Yoshinobu
    Lattice 2018/2018-07-22--2018-07-28
  • Scattering length from BS wave function inside the interaction range
    Namekawa Yusuke; Yamazaki Takeshi
    Lattice 2018/2018-07-22--2018-07-28
  • Calculation of K→πlν form factor in Nf=2+1 QCD at physical point on (10 fm)^3
    Kakazu Junpei; Ishikawa Ken-ichi; Ishizuka Naruhito; Kura...
    Lattice 2018/2018-07-22--2018-07-28
  • wrapping around effectを軽減した中間子形状因子の計算
    Kakazu Junpei; Ishikawa Ken-ichi; Ishizuka Naruhito; Kura...
    日本物理学会第73回年次大会/2018-03-22--2018-03-25
  • 格子QCDによる相互作用範囲内のBethe-Salpeter波動関数を用いた散乱長計算
    滑川裕介; 山﨑 剛
    日本物理学会第73回年次大会/2018-03-22--2018-03-25
  • 格子QCDにおけるBethe-Salpeter波動関数を用いた散乱位相差の新しい計算方法
    山﨑 剛
    日本物理学会第73回年次大会/2018-03-22--2018-03-25
担当授業科目
2020-04 -- 2020-08物理学実習II筑波大学
2020-10 -- 2021-02物理学実習II筑波大学
2020-10 -- 2021-02素粒子論特別研究IVA筑波大学
2020-04 -- 2020-08素粒子論セミナーC筑波大学
2020-10 -- 2021-02素粒子実験特別研究IA筑波大学
2020-10 -- 2021-02共同研究V筑波大学
2020-04 -- 2020-08共同研究V筑波大学
2020-04 -- 2020-08素粒子論セミナーA筑波大学
2020-10 -- 2021-02共同研究III筑波大学
2020-04 -- 2020-08共同研究III筑波大学
授業以外の教育活動
2017-08 -- 2017-08平成29年度 筑波大学 物理学類 体験学習
2017-04 -- 2021-03理工学群物理学類クラス担任筑波大学
2016-08 -- 2016-08平成28年度 筑波大学 物理学類 体験学習
2015-08 -- 2015-08平成27年度 筑波大学 物理学類 体験学習
2014-08 -- 2014-08平成26年度 筑波大学 物理学類 体験学習筑波大学物理学類
学協会等委員
2018-07 -- 2019-01FLAG2019external reviewer
2017-08 -- 2018-07日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員
2013-04 -- 2018-03計算科学研究機構 研究部門 連続系場の理論研究チーム客員研究員
2016-04 -- 2017-05HPCI計算科学検討会計算科学ロードマップ 素粒子分野執筆者
2016-04 -- 2017-03日本物理学会素粒子論領域運営委員
その他の活動
2016-09 -- 2016-09格子ゲージ理論に関するAdvanced Summer School 開催
2015-03 -- 2015-03筑波大学計算科学研究センター/理研BNL研究センター共催, 国際ワークショップ"CCS-BNL Workshop on Lattice Gauge Theories 2015(CCS-BNL LGT 2015)"開催

(最終更新日: 2021-07-30)