現在地

松原 正樹(マツバラ マサキ; Matsubara, Masaki)

face
所属
図書館情報メディア系
職名
准教授
ORCID
0000-0003-1950-683X
性別
男性
科研費番号
90714494
URL
研究室
融合知能デザイン研究室
研究分野
ヒューマンインターフェース・インタラクション
認知科学
感性情報学
教育工学
特別支援教育
研究キーワード
認知工学
ヒューマンコンピュテーション
Computer Supported Cooperative Work
アクセシビリティ支援技術
認知音楽学
研究課題
人間と人工知能の認知的徒弟制を実現するクラウドソーシング基盤2021 -- 2024松原 正樹日本学術振興会/基盤研究(B)17,160,000円
聴覚障害者を対象とした音響学に基づく音認知テストおよび個人適応型音楽トレーニング2017-04 -- 2021-03松原正樹日本学術振興会/科学研究費助成事業 若手研究(B)4,290,000円
聴覚障害学生のための音楽トレーニングにおける学習効果についての研究2014-04 -- 2017-03松原正樹日本学術振興会/科学研究費助成事業 若手研究(B)3,770,000円
雇用者の成果と労働者の学びを両立するフェアなオンラインタスク割当ての研究2020-07 -- 2021-03松原正樹科学技術振興機構(JST)/AIPチャレンジ1,000,000円
クラウドソーシングのトラスト実現に向けたHuman Factorに関する研究2019-08 -- 2020-03松原正樹科学技術振興機構(JST)/AIPチャレンジ1,000,000円
群衆とAIのインタラクションによるクラウドワーカの能力向上2018-08 -- 2019-04松原正樹科学技術振興機構(JST)/AIPチャレンジ1,000,000円
筋活動の視覚フィードバックによるトランペット練習支援に関する研究2016-07 -- 2017-06松原正樹カワイ・サウンド技術音楽振興財団/研究助成事業500,000円
ピッコロ・ヴァイオリンの音響特性の分析および国内普及に関する研究2013-07 -- 2014-05松原正樹カワイ・サウンド技術音楽振興財団/研究助成事業200,000円
通奏低音自動リアライズによる古楽演奏者の独習支援システムの構築2006-09 -- 2007-08新妻雅弘・松原正樹情報処理推進機構/2006年度下期未踏ユースソフトウェア創造事業3,000,000円
質的な知を客体化するドキュメンテーション基盤技術2019-11 -- 2022-03香川 璃奈科学技術振興機構(JST)/未来社会創造事業10,000,000円
職歴
2021-03 -- (現在)筑波大学 図書館情報メディア系 准教授
2019-10 -- 2020-03French National Centre for Scientific Research, Grenoble Informatics Laboratory, Visiting researcher
2017-07 -- 2021-02筑波大学 図書館情報メディア系 助教
2014-04 -- 2017-06筑波大学 図書館情報メディア系 特任助教
2013-04 -- 2014-03筑波大学 図書館情報メディア系 副主任研究員
2012-04 -- 2013-03筑波大学 生命領域学際研究センター 研究員
学歴
2006-04 -- 2012-03慶應義塾大学大学院 理工学研究科 開放環境科学専攻 後期博士課程単位取得満期退学
2004-04 -- 2006-03慶應義塾大学大学院 理工学研究科 開放環境科学専攻 前期博士課程修了
2000-04 -- 2004-03慶應義塾大学 理工学部 情報工学科卒業
取得学位
2013-02博士(工学)慶應義塾大学
2006-03修士(工学)慶應義塾大学
2004-03学士(工学)慶應義塾大学
免許資格等
2008-01高等学校教員免許情報科1種
2006-03高等学校教員免許数学科1種
2006-03中学校教員免許数学科1種
所属学協会
2006-04 -- (現在)情報処理学会
2009-04 -- (現在)日本認知科学会
2010-04 -- (現在)人工知能学会
2012-04 -- (現在)日本音響学会
2019-06 -- (現在)日本認知心理学会
受賞
2021-03-08研究会奨励賞「料理レシピの内容と構成が書き手の負担と読み手の効用に与える影響の研究」における優れた成果に対して
2019-04-21AIPネットワークラボ長賞「群衆とAIのインタラクションによるクラウドワーカの能力向上の研究」における優れた成果に対して
2015-12-07筑波大学若手教員奨励賞顕著な業績
2014-09-19野島久雄賞卓越した認知科学的研究に対して
2007-08-12広中平祐賞数理科学セミナーに対する貢献
査読付き学術雑誌・国際会議論文
著書
会議発表等
  • Effects of Cognitive Consistency in Microtask Design with only Auditory Information
    Zhong Ying; Matsubara Masaki; Kobayashi Makoto; Morishima...
    International Conference on Human-Computer Interaction 2020/2020-07-19--2020-07-24
  • A System for Worldwide COVID-19 Information Aggregation
    Aizawa Akiko; Bergeron Frederic; Chen Junjie; Cheng Fei; ...
    NLP COVID-19 Workshop, The 58th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2020)/2020-07-09--2020-07-10
  • 木構造に基づく認知的音楽理論とその展開
    松原 正樹
    音学シンポジウム2020/2020-06-06--2020-06-07
  • 料理レシピの内容と構成が書き手の負担と読み手の効用に与える影響の研究
    香川 璃奈; 松原 正樹; 宮田 玲; 馬場 雪乃; 山肩 洋子
    人工知能学会第26回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会/2021-03-08--2021-03-08
  • MicroTask Assignment Strategy Considering the Skill Improvement of Both Humans and AI
    Nakayama Takumi; Matsubara Masaki; Morishima Atsuyuki
    iConference 2021 Student Symposium/2021-3-19
  • 視線情報に基づいたクラウドワークの品質評価
    名和駿; Rabiul Islam Md.; Vargo Andrew; 岩田 基; 松原正...
    2021年電子情報通信学会総合大会/2021-3-9--2021-3-12
  • 呼吸音データを用いた睡眠時無呼吸症候群の検知の試み
    津本紗希; 堀江和正; 松原正樹; 佐藤誠; 北川博之; 歳森敦; ...
    第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2021)/2021-03-01--2021-03-02
  • ヒューマンコンピュテーションを利用した自然災害被災写真の位置情報の推定手法
    金承彦; 松原正樹; 森嶋 厚行
    第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2021/2021-03-01--2021-03-03
  • 人とAIの能力向上を共に目指したマイクロタスク割り当て手法
    中山拓海; 松原正樹; 森嶋 厚行
    第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2021)/2021-03-01--2021-03-03
  • Usability of Audio Matrix Microtasks for Screen Reader Users
    Ying Zhong; Matsubara Masaki; Kobayashi Makoto; Morishima...
    The 36th Annual CSUN Assistive Technology Conference (CSUN) 2021/2021-3-8--2021-3-12
  • Effects of Question Type Presentation on Raised Questions in a Video Learning Framework
    Izumi Hinako; Matsubara Masaki; Watanabe Chiemi; Morishim...
    iConference 2021/2021-3-17--2021-3-31
  • 二重過程理論による説明可能なAI開発手法の提案
    内田 輝; 松原 正樹; 若林 啓; 森嶋 厚行
    第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム/2021-03-01--2021-03-03
  • Analysis of Crowdsourced Multilingual Keywords in the Futaba Digital Archive: Lessons Learned for Better Metadata Collection
    Kawakami Mari; Sakaguchi Tetsuo; Shirai Tetsuya; Matsubar...
    The 22nd International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries (ICADL 2020)/2020-11-30--2020-12-1
  • Human-in-the-loop Approach towards Dual Process AI Decisions
    Uchida Hikaru; Matsubara Masaki; Wakabayashi Kei; Morishi...
    The 2020 IEEE Workshop on Human-in-the-loop Methods and Human Machine Collaboration in Big Data (IEEE HMData2020)/2020-12-11--2020-12-11
  • Analysis of Hand-drawn Maps of Places in Natural Disaster Pictures
    Kim Seungun; Matsubara Masaki; Morishima Atsuyuki
    The 2020 IEEE Workshop on Human-in-the-loop Methods and Human Machine Collaboration in Big Data (IEEE HMData2020)/2020-12-11--2020-12-11
  • A Survey of Visually Impaired Workers in Japanese and US Crowdsourcing Platforms
    Zhong Ying; Kobayashi Makoto; Matsubara Masaki; Morishima...
    The eighth AAAI Conference on Human Computation and Crowdsourcing (HCOMP2020)/2020-10-26--2020-10-29
  • Passerby Crowdsourcing: Workers' Behavior and Data Quality Management
    Iwamoto Eiichi; Matsubara Masaki; Ota Chihiro; Nakamura S...
    The ACM Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing 2019 (UbiComp2019)/2019-09-11--2019-09-13
  • Collecting and Organizing Citizen Opinions: A Dynamic Microtask Approach and Its Evaluation
    Matsubara Masaki; Matsuda Yuhei; Kuzumi Ryouhei; Koizumi ...
    iConference 2020/2020-03-23--2020-03-26
  • 聴覚障害者の音楽認知特性およびトップダウン処理支援による音楽トレーニング
    松原 正樹
    情報処理学会第10回アクセシビリティ研究会(AAC-10)/2019-08-23--2019-08-24
  • Computational Detection of Local Cadence on Revised TPS
    Matsubara Masaki; Ishiwa Yuki; Uehara Yui; Tojo Satoshi
    International Conference on Computer Simulation of Musical Creativity 2018 (CSMC2018)/2018-08
  • Collaborative study of interactive seismic array sonification for data exploration and public outreach activities
    Matsubara Masaki; Morimoto Yota; Uchide Takahiko
    Interactive sonification workshop/2016-12-14
  • Loudness information interacts with SMARC effect
    Matsubara Masaki; Ohkimoto Miyu; Sowa Eileen; Sadakata Ma...
    The 6th Conference of the Asia-Pacific Society for the Cognitive Science of Music/2017-08-25--2017-08-27
  • 楽譜色付けによるオーケストラ聴取のメタ認知支援システム
    松原 正樹
    可視化情報シンポジウム/2014-07--2014-07
知的財産権
  • きこえの診断装置,診断方法,及びプログラム
    湯野 悠希; 松原 正樹; 寺澤 洋子; 田原 敬; 平賀 瑠美
作品
  • CROCUS: Dataset of Musical Performance Critique
    Masaki Matsubara; 辻功; 平野剛; Rina Kagawa
  • 東京2020公式応援ビート“2020beat”
    松原 正樹
担当授業科目
2019-07 -- 2019-08情報メディア演習B図書館情報メディア研究科
2014-11 -- 2015-02プログラミング実習2情報学群情報メディア創成学類
授業以外の教育活動
2014-08 -- 2014-08第35回数理の翼夏季セミナー認定NPO法人数理の翼
2011-08 -- 2011-08第32回数理の翼夏季セミナー認定NPO法人数理の翼
2007-08 -- 2007-08第28回数理の翼夏季セミナー認定NPO法人数理の翼
2006-08 -- 2006-08第27回数理の翼夏季セミナー認定NPO法人数理の翼
一般講演
  • Computational analysis of hierarchical structure in music and its cognitive reality
    Matsubara Masaki
    McGill University SIMSSA seminar/2017-06-22--2017-06-22
  • 高齢者の生活行動パターン
    Matsubara Masaki
    高齢社会と図書館講演会/2016-08-24--2016-08-24
  • ピッコロ・ヴァイオリンのこれまでとこれからの展望
    松原 正樹
    カワイ・サウンド技術・音楽振興財団 研究助成受賞者講演会/2013-11--2013-11
学協会等委員
2021-04 -- 2022-05日本電子情報学会『 Data Engineering and Information Management 』小特集編集委員会 編集委員
2020-10 -- (現在)第20回情報科学技術フォーラム研究専門委員会担当委員
2020-10 -- (現在)第20回情報科学技術フォーラムプログラム委員会 E分野委員
2020-10 -- (現在)第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2021)プログラム副委員長
2020-10 -- 2020-12The 4th IEEE Workshop on Human-in-the-Loop Methods and Future of Work in BigDataProgram committee
2020-06 -- (現在)情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP編集委員会委員
2019-10 -- (現在)The 15th International Symposium on Computer Music Multidisciplinary ResearchOrganizing committee
2019-10 -- 2019-12The 3rd IEEE Workshop on Human-in-the-loop Methods and Human Machine Collaboration in BigDataProgram committee
2019-10 -- 2020-09第19回情報科学技術フォーラム研究専門委員会担当委員
2019-10 -- 2020-08ヒューマンインタフェース学会「人間と人工知能の協調」特集号編集委員
学内管理運営業績
2014-04 -- 2017-06図書館情報メディア系計算機運用委員会
2014-04 -- 2017-06情報メディア創成学類施設・計算機運用委員会
その他の活動
2016-11 -- 2016-11一般市民向けサウンドスケープワークショップ:「つくばの音を聴こう!」の開催

(最終更新日: 2021-09-03)