現在地

安孫子 ユミ(アビコ ユミ; Abiko, Yumi)

所属
医学医療系
職名
助教
研究室
環境生物学研究室
研究分野
放射線・化学物質影響科学
環境・衛生系薬学
研究課題
親電子ストレスの可逆性担保における活性イオウ分子の意義2020 -- 2023安孫子 ユミ日本学術振興会/基盤研究(C)4,290,000円
環境化学物質による健康リスク軽減に寄与するニンニク中活性イオウ分子の探索2018 -- 2018安孫子ユミ浦上食品・食文化振興財団/3,000,000円
環境中親電子物質複合曝露による健康リスク2018 -- 2018安孫子ユミ上原記念生命科学財団/上原記念生命科学財団研究奨励金2,000,000円
環境中キノン体によるレドックスシグナル伝達と高求核性イオウ化合物によるその制御2017 -- 2019安孫子 ユミ日本学術振興会/若手研究(B)4,160,000円
食品中活性イオウ分子の同定とその環境ストレス軽減作用の検討2016 -- 2017安孫子 ユミ一般財団法人フォーデイズ自立支援協会/500,000円
食生活を介した健康リスクを軽減する植物由来活性イオウ含有低分子2016 -- 2017安孫子 ユミ公益財団法人食生活研究会/1,000,000円
キノン体による化学修飾を介した芳香族炭化水素受容体の活性化:新機構の提案2015 -- 2016安孫子 ユミ日本学術振興会/若手研究(B)4,030,000円
職歴
2014-06 -- (現在)筑波大学 医学医療系 助教
2014-04 -- 2014-05筑波大学 博士研究員
2012-04 -- 2014-03日本学術振興会 特別研究員
学歴
2010 -- 2013筑波大学大学院 人間総合科学研究科 生命システム医学専攻
2008 -- 2010筑波大学大学院 生命環境科学研究科 環境科学専攻
取得学位
2010-03修士(環境科学)筑波大学大学院
2013-07博士(医学)筑波大学大学院
免許資格等
2008-01健康食品管理士
2008-05臨床検査技師免許
所属学協会
2011-03 -- (現在)日本毒性学会
-- (現在)日本薬学会
-- (現在)日本毒性学会
2013 -- (現在)Society of Toxicology
受賞
2016-06田邊賞
2016-05Young Investigator Award
2015-08研究奨励賞
2015-07若手優秀発表賞
2014-08第8回櫻井賞
2014-02若手優秀発表賞
2013-11奨励賞
2011-10実行委員長賞
2013Society of Toxicology Graduate Student Travel Award
論文
著書
会議発表等
  • 親電子物質(E )-2-alkenal 類を含有する C. sativum L. 抽出液による Nrf2 活性化と細胞中ヒ素濃度の減少.
    安孫子 ユミ; 青木 はな子; 岡田 美幸; 溝河 真衣; 熊谷 嘉人
    フォーラム2020:衛生薬学・環境トキシコロジー/2020-09
  • 親電子物質複合曝露によるKeap1/Nrf2システムの活性化および毒性の亢進
    青木はな子; 安孫子ユミ; 小野瀬祐輔; 熊谷 嘉人
    第47回日本毒性学会学術年会/2020-07
  • Persulfide and polysulfide species in plants to detoxify methylmercury.
    Y Abiko; Y Katayama; Kumagai Yoshito
    IUTOX 15th International Congress of Toxicology/2019-07
  • Phase-zero reaction as a primary defense systeme against electrophilic stress in out of cell: Involvement of reactive persulfides.
    M Akiyama; T Unoki; E Warabi; Y Shinkai; Y Abiko; I Ishii...
    1st International Conference on Persulfide and Sulfur Metabolism in Biology and Medicine/2019-09
  • The obligatory role of the S-sulfuration in reversibility of PTP1B activity.
    Y Abiko; Luong Nho C.; Fukuto Jon M.; Y Funato; H Miki; D...
    1st International Conference on Persulfide and Sulfur Metabolism in Biology and Medicine/2019-09
  • S-Sulfuration of Cys215 is required for reversibility of PTP1B activity.
    Kumagai Yoshito; Y Abiko; Luong Nho Cong
    The Society for Redox Biology and Medicine's 26th Annual Conference (SfRBM 2019)/2019-11
  • 1,4-Naphthoquinone-mediated activation of PTEN/Akt/CREB signaling and cytotoxicity are negatively regulated by sodium tetrasulfide.
    R Hirose; Y Abiko; Shinkai; Kumagai Yoshito
    The Society for Redox Biology and Medicine's 26th Annual Conference (SfRBM 2019)/2019-11
  • 環境中親電子物質エクスポソームのモデル化: 親電子物質複合曝露によるKeap1/Nrf2 システム活性化の相加相乗的な変動.
    青木はな子; 小野瀬祐輔; 安孫子ユミ; 熊谷 嘉人
    フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー/2019-09
  • 環境中親電子物質エクスポソームのモデル化:1,4-NQ 依存的なPTP1B/EGFRシグナル活性化における1,2-NQ 複合曝露影響.
    安孫子ユミ; 黒澤航軌; 山川寛人; 熊谷 嘉人
    フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー/2019-09
  • 活性イオウ分子排出輸送機構によるレドックス制御.
    秋山雅博; 鵜木隆光; 蕨栄治; 新開泰弘; 安孫子ユミ; 石井功;...
    第92回日本生化学会大会/2019-09
  • 環境中親電子物質エクスポソームのモデル化:A431細胞における1,4-NQ依存的PTP1B/EGFRシグナル活性化に対する1,2-NQ複合曝露の影響
    黒澤 航軌; 山川 寛人; 安孫子 ユミ; 熊谷 嘉人
    第46回日本毒性学会学術年会/2019-06
  • 活性イオウ分子との反応を介したメチル水銀の解毒・排泄における反応中間体としてのイオウ付加体
    安孫子 ユミ; 片山 優助; 熊谷 嘉人
    第46回日本毒性学会学術年会/2019-06
  • Activation of Epidermal Growth Factor Receptor Signaling Through S-oxidation of Protein Tyrosine Phosphatase 1B in A431 Cells by Reactive Oxygen Species Produced from 9,10-Phenanthrenequinone
    Nho Luong Cong; Y Abiko; Kumagai Yoshito
    The 8th International Congress of Asian Society of Toxicology/2018-06
  • Persulfides and Polysulfides as Phytochemicals to Detoxify MeHg
    Abiko Y; Y Katayama; M Akiyama; Kumagai Yoshito
    The 8th International Congress of Asian Society of Toxicology/2018-06
  • マウスにおけるメチル水銀の生体内変換:活性イオウ分子で生じる代謝中間体を用いた検討
    片山優助; 安孫子ユミ; 熊谷 嘉人
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • Persulfide as a protection factor to block peroxidation of protein cysteine residue
    Luong Nho Cong; Y Abiko; Kumagai Yoshito
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • 新しいレドックス反応:パースルフィドはキノン系化合物を一電子還元する
    安孫子ユミ; 中井由実; Luong Cong Nho; Fukuto M Jon; 熊谷 ...
    フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー/2018-09
  • Protection Of Protein Tyrosine Phosphatase 1B By Persulfides Against 9,10-Phenanthrenequinone-produced Reactive Oxygen Species In Vitro
    Nho Cong LUONG; Yumi ABIKO; Yoshito KUMAGAI
    The Japanese Society of Toxicology/2018
  • グルタチオン依存的 S-トランスアリール化反応は Keap1へのtert-ブチルベンゾキノンによる化学修飾を制御する
    Abiko Yumi
    フォーラム2013 衛生薬学・環境トキシコロジー/2013
  • Corianderum sativum L.葉抽出液に含有される脂肪族親電子物質によるシグナル伝達の変動 その1:Keap1/Nrf2 システムの活性化と脂肪族親電子物質の同定
    Abiko Yumi
    第14回分子予防環境医学研究会/2015
  • Contribution of covalent modification of Keap1 to the activation of Nrf2 by tert-butylbenzoquinone, an electrophilic metabolite of butylated hydroxyanisole.
    Abiko Yumi
    The 6th Tsukuba Medical Science Research Meeting/2011
  • ブチルヒトロキシアニソールの親電子代謝物による芳香族炭化水素受容体の活性化
    Abiko Yumi
    フォーラム2011 衛生薬学・環境トキシコロジー/2011
  • 食用植物に含まれる活性イオウ分子種がメチル水銀毒性を低毒性化する
    片山 優助; 安孫子 ユミ; 秋山 雅博; 熊谷 嘉人
    日本毒性学会学術年会/2018
  • パースルフィド・ポリスルフィドとの反応を介した環境中電子受容体のレドックスサイクルで生じるチイルラジカル
    安孫子 ユミ; 中井 由実; Nho Cong LUONG; Jon M FUKUTO; 熊...
    日本毒性学会学術年会/2018
  • GSH-mediates S-Transarylation regulates covalent modification of Keap1 by tert-butylbenzoquinone
    Abiko Yumi
    The XIII International Congress of Toxicology/2013
担当授業科目
2020-10 -- 2020-12医療科学概論筑波大学
2020-04 -- 2020-08主体性演習筑波大学
2020-10 -- 2021-02主体性演習筑波大学
2020-10 -- 2021-02医学検査学フロンティア筑波大学
2020-10 -- 2021-02医療科学キャリアセミナー筑波大学
2020-04 -- 2020-08医療科学キャリアセミナー筑波大学
2020-10 -- 2020-12食料健康科学研究I筑波大学
2020-05 -- 2020-07衛生化学概論筑波大学
2019-10 -- 2020-02主体性演習筑波大学
2019-04 -- 2019-08主体性演習筑波大学
学内管理運営業績
2018 -- (現在)カリキュラム委員会委員
2017-10 -- (現在)安全委員会委員
2017-04 -- (現在)カリキュラム委員会委員
2014-07 -- (現在)低分子化合物同定・解析システム仕様策定委員会委員

(最終更新日: 2020-07-21)