現在地

日野原 伸生(ヒノハラ ノブオ; Hinohara, Nobuo)

所属
計算科学研究センター
職名
助教
URL
研究分野
素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
研究キーワード
二重ベータ崩壊
原子核密度汎関数理論
原子核構造理論
研究課題
有限振幅法を用いた原子核密度汎関数理論による二重ベータ崩壊行列要素計算2020 -- 2021日野原 伸生日本学術振興会/科学研究費助成事業(科学研究費補助金) 新学術領域研究(研究領域提案型)2,340,000円
原子核密度汎関数理論による中性子過剰不安定核の対相関の研究2020 -- 2023日野原 伸生日本学術振興会/科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 基盤研究(C)(一般)4,290,000円
中性子ー陽子対密度汎関数の最適化2020 -- 2022日野原 伸生日本学術振興会/国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A))8,190,000円
生成座標法による二重ベータ崩壊原子核行列要素の評価2017 -- 2018日野原 伸生日本学術振興会/科学研究費助成事業(科学研究費補助金) 新学術領域研究(研究領域提案型)2,600,000円
中性子ー陽子対相関・対凝縮の解明2016-04 -- 2020-03日野原 伸生日本学術振興会/科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 若手研究(B)3,770,000円
原子核の大振幅変形共存ダイナミクスの微視的研究2009-04 -- 2011-10日野原 伸生理化学研究所/基礎科学特別研究員研究費3,000,000円
時間依存する平均場理論に基づく原子核の変形共存現象の微視的記述2006-04 -- 2008-03日野原 伸生日本学術振興会/科学研究費補助金 特別研究員奨励費1,900,000円
職歴
2014-06 -- (現在)筑波大学 計算科学研究センター 助教
2012-02 -- 2014-05テネシー大学ノックスビル校 物理学天文学専攻 博士研究員
2011-10 -- 2014-05ノースカロライナ大学チャペルヒル校 物理学天文学専攻 博士研究員
2009-04 -- 2011-10理化学研究所 仁科加速器研究センター 基礎科学特別研究員
2008-04 -- 2009-03京都大学 基礎物理学研究所 非常勤研究員
2006-04 -- 2008-03日本学術振興会 特別研究員 (DC2)
学歴
2005-04 -- 2008-03京都大学 大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 博士後期課程修了
2003-04 -- 2005-03京都大学 大学院理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 修士課程修了
1999-04 -- 2003-03京都大学 理学部卒業
取得学位
2008-03博士(理学)京都大学
2005-03修士(理学)京都大学
所属学協会
2005-03 -- (現在)日本物理学会
受賞
2012-03第6回日本物理学会若手奨励賞(第13回核理論新人論文賞)Physical Review C 82, 064313 (2010)
論文
著書
会議発表等
  • Skyrme型密度汎関数へのアイソベクトル型中性子ー陽子対相関の導入
    日野原 伸生; Javid Sheikh; Jacek Dobaczewski; Witold Naza...
    日本物理学会第75回年次大会(現地開催中止)/2020-03-16--2020-03-19
  • Neutron-proton pairing in nuclear density functional theory
    Hinohara Nobuo
    NSCL Theory Seminar/2020-01-14--2020-01-14
  • Isovector pairing energy density functional and pairing collective motion
    Hinohara Nobuo
    Microscopic Approaches to Nuclear Structure and Reactions/2019-11-12--2019-11-15
  • FAM-QRPA calculation for double-beta decay nuclear matrix elements
    Hinohara Nobuo
    11th symposium on Discovery, Fusion, Creation of New Knowledge by Multidisciplinary Computational Sciences/2019-10-15--2019-10-15
  • Isovector pairing and nuclear mass
    Hinohara Nobuo
    China-Japan Collaboration Workshop on “Nuclear Mass and Life for Unraveling Mysteries of R-process”/2019-10-10--2019-10-12
  • 有限振幅法を用いた2ニュートリノ二重ベータ崩壊原子核行列要素の計算
    日野原 伸生
    日本物理学会2019年秋季大会/2019-09-17--2019-09-20
  • 二重ベータ崩壊原子核行列要素の核構造計算
    日野原 伸生
    ELPHセミナー/2019-09-12--2019-09-12
  • Isovector neutron-proton pairing condensation in proton-rich unstable nuclei
    Hinohara Nobuo
    The 5th workshop on many-body correlations in microscopic nuclear model (Sado2019)/2019-09-05--2019-09-06
  • Isovector pairing and nuclear mass
    Hinohara Nobuo
    RIBF Week 2019/2019-09-02--2019-09-04
  • Neutron-proton pairing in nuclear density functional theory
    Hinohara Nobuo
    Nuclear Physics Symposium “Challenges in theory of heavy nuclei”/2019-07-17--2019-07-20
  • Efficient QRPA calculation for two-neutrino double-beta decay nuclear matrix element
    Hinohara Nobuo
    Matrix Elements for the Double beta decay Experiments (MEDEX'19)/2019-05-27--2019-05-31
  • Pairing rotation and pairing energy density functional
    Hinohara Nobuo
    Nuclear Structure and Dynamics (NSD2019)/2019-05-13--2019-05-17
  • 二重ベータ崩壊原子核行列要素と中性子ー陽子対相関
    日野原 伸生
    京都大学大学院理学研究科・物理学第二教室・原子核理論セミナー/2019-04-17--2019-04-17
  • 原子核対相関と観測量
    日野原 伸生
    NITEP研究会「微視的理論でつなぐ散乱観測量と核構造」/2019-03-28--2019-03-28
  • 原子核密度汎関数理論における和則に関するThoulessの定理
    日野原 伸生
    日本物理学会第74回年次大会/2019-03-14--2019-03-17
  • 原子核密度汎関数の決定と関連する実験データ
    日野原 伸生
    RIBF若手放談会:エキゾチック核物理の将来/2019-02-18--2019-02-20
  • Finite-amplitude method for double-beta decay
    Hinohara Nobuo
    Tsukuba-CCS workshop on “microscopic theories of nuclear structure and dynamics”/2018-12-10--2018-12-12
  • Energy-weighted sum rule for nuclear density functional theory
    Hinohara Nobuo
    13th International Conference on Nucleus-Nucleus Collisions (NN2018)/2018-12-04--2018-12-08
  • Binding-energy differences of even-even nuclei and pairing correlation
    Hinohara Nobuo
    13th International Conference on Nucleus-Nucleus Collisions (NN2018)/2018-12-04--2018-12-08
  • Nuclear density functional theory for description of collective excitation
    Hinohara Nobuo
    10th China-Japan Joint Nuclear Physics Symposium (CJNP2018)/2018-11-18--2018-11-23
  • 二重ベータ崩壊原子核行列要素計算の現状
    日野原 伸生
    「宇宙の歴史をひもとく地下素粒子原子核研究」京大・A班共催 二重ベータ崩壊若手研究会/2018-11-08--2018-11-09
  • 二重ベータ崩壊と中性子ー陽子対の非線形ダイナミクス
    日野原 伸生
    第5回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題成果報告会/2018-11-02--2018-11-02
  • Double-beta decay nuclear matrix element using finite-amplitude method
    Hinohara Nobuo; Engel Jonathan
    5th Joint Meeting of the APS Division of Nuclear Physics and the Physical Society of Japan/2018-10-23--2018-10-27
  • Nuclear density functional theory for collective excitation
    Hinohara Nobuo
    5th Joint Meeting of the APS Division of Nuclear Physics and the Physical Society of Japan/2018-10-23--2018-10-27
  • Application of finite-amplitude method for nuclear collective motion
    Hinohara Nobuo
    PKU-CUSTIPEN workshop on "Low-Energy Nuclear Dynamics and Effective Nuclear Interactions"/2018-09-17--2018-09-19
担当授業科目
2019-10 -- 2020-02卒業研究筑波大学
2019-04 -- 2019-08卒業研究筑波大学
2019-04 -- 2019-08計算物理学2筑波大学
2018-04 -- 2018-08計算物理学2筑波大学
2016-12 -- 2016-12物理学セミナー筑波大学

(最終更新日: 2020-04-21)