Sakaguchi Aya

Affiliation
Institute of Pure and Applied Sciences
Official title
Professor
URL
Other affiliation
福島大学 環境放射能研究所連携研究員
理化学研究所 客員研究員
Research keywords
stable/radio-isotope, environmental dynamics, chemical speciation, environmental radioactivity, radiochemistry, geochemistry
Research projects
長半減期核分裂生成核種テクネチウム-99 モニタリング手法の開発2024-03 -- 2026-03坂口 綾公益財団法人 日立財団/2023年度(第55回)倉田奨励金2,260,000Yen
長半減期放射性セシウム135を加速器質量分析法により超高感度で検出する試み2021-04 -- 2023-04笹公和Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費補助金(萌芽)
環境中エキゾチックアクチノイドにもたらす新展開-人工放射性核種ネプツニウム2021-04 -- 2025-03坂口 綾Japan Society of for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
別府湾堆積物の人新世境界模式地選定に向けたキーマーカーデータセットの構築2021-04 -- 2024-03加 三千宣Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
次世代宇宙素粒子実験実現のための有機物中RI測定の超高感度化2021-04 -- 2023-03市村 晃一Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
環境中人工放射性ネプツニウム同位体測定のためのスパイク製造2020-04 -- 2023-03坂口 綾JSPS/二国間共同事業
カザフスタンのウラン鉱山周辺地域における安全環境確保に向けた取り組み2020-04 -- 2022-03坂口 綾独立行政法人科学技術振興機構/持続可能開発目標達成支援事業(B)29,640,000Yen
高マトリクス試料中の極微量放射性核種測定法確立―地下宇宙研究への応用2020-04 -- 2022-03坂口 綾Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas (Research in a Proposed Research Area)5,200,000Yen
放射能環境動態研究2019-04 -- 2023-03坂口 綾Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan/放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点事業2,500,000Yen
福島原発関連アーカイブ2019-04 -- 2023-03坂口 綾Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan/放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点事業3,700,000Yen
more...
Career history
2023-04 -- (current)筑波大学数理物質系/放射線・アイソトープ地球システム研究センター 教授
2014-06 -- 2023-03筑波大学数理物質系 アイソトープ環境動態研究センター准教授
2013-04 -- 2014-05広島大学理学研究科 地球惑星システム学准教授
2009-04 -- 2013-03広島大学理学研究科 地球惑星システム学助教
2008-09 -- 2009-03広島大学原爆放射線医科学研究所助教
2007-04 -- 2008-08日本学術振興会特別研究員SPD
Academic background
2004-04 -- 2007-03金沢大学 自然科学研究科
Degree
2007-3D. Sci.
Licenses and qualifications
2017放射線取扱主任者第一種
2000-12危険物取扱甲種
Academic societies
2022 -- (current)日本化学会
2014 -- (current)喜界島サンゴ礁科学研究所
2016-04 -- (current)Oceanochemistry Foundation
2009 -- (current)日本地球惑星連合
2002 -- (current)THE JAPAN SOCIETY OF NUCLEAR AND RADIOCHEMICAL SCIENCES
2005 -- (current)GEOCHEMICAL SOCIETY OF JAPAN
2005 -- (current)プラズマ分光分析研究会
Honors & Awards
2017-04-22海洋化学奨励賞
2012-9日本放射化学会 奨励賞
Articles
Books
  • Difference in the Solid-Water Distributions of Radiocesium in Rivers in Fukushima and Chernobyl
    Takahashi Yoshio; Sakaguchi Aya; Fan Qiaohui; Tanaka Kaz...
    Behavior of Radionuclides in the Environment I/Springer, Singapore/pp.115-150, 2020-02
  • Isotopic Signatures of Actinides in Environmental Samples Contaminated by the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident,
    Sakaguchi Aya; Steinhauser. Georg
    Nuclear Emergencies-A holistic Approach to Preparedness and Response/SPRINGER-VERLAG SINGAPORE PTE LTD/pp.151-161, 2019-8
  • Difference in the Solid-Water Distributions of Radiocesium in Rivers in Fukushima and Chernobyl.
    Yoshio Takahashi; Sakaguchi Aya; Fan Qiaohui; Tanaka Kazu...
    Behavior of Radionuclides in the Environment I-Function of Prticles in Aquatic System/pp.115-150, 2020-1
  • Understanding the Migration Behaviour of Radiocaesium at the Molecular Scale
    takahashi yoshio; tanaka kazuya; Sakaguchi Aya
    Environmental Contamination from the Fukushima Nuclear Disaster/pp.191-196, 2019-9
  • 随想 月刊海洋号外 海洋システムの謎に挑む化学―蒲生俊敬教授退職記念号―
    坂口 綾
    月刊海洋号外 海洋システムの謎に挑む化学―蒲生俊敬教授退職記念号―/海洋出版株式会社, 2018-05
  • 第 18 回「環境放射能」研究会
    坂口 綾
    放射化学/日本放射化学会/pp.11-13, 2017-09
  • サンゴ礁研究ハイライトReconstruction of the temporal distribution of 236U/238U in the Northwest Pacific Ocean using a coral core sample from the Kuroshio Current area
    坂口 綾
    日本サンゴ礁学会ニュースレター/日本サンゴ礁学会/pp.6-6, 2017-08
  • サンゴコアを用いた黒潮海流域における海水中236U/238U同位体比復元
    坂口 綾; 野村知哉; Peter Steier; 山川茜; 渡邊剛; 山野博哉
    サンゴ礁科学研究-Ⅱ-喜界島サンゴ礁科学研究所設立記念号-/海洋出版株式会社/pp.111-117, 2017-04
  • 同位体からみる環境地球化学
    坂口 綾
    地球のしくみを理解する, 2015-10
  • 原子レベルの視点から見た放射性セシウムの挙動
    高橋嘉夫; 田中万也; 坂口 綾
    原発事故環境汚染 福島第一原発事故の地球科学的側面/東京大学出版会/pp.142-148, 2014-11
  • 環境放射能
    坂口 綾
    地球と宇宙の化学事典, 2012
  • ウラン系列核種を利用した年代測定-堆積物への応用例-
    坂口 綾
    デジタルブック最新第四紀学, 2010
Conference, etc.
  • 海水中の極微量人工放射性核種 237Np の定量法検討
    榊枝優真; 中島朗久; 永井歩 夢; 細川浩由; 横山明彦; 羽場宏光; 南部明弘; 重河優大; 鄭建; 瀬古典...
    2023年度日本地球化学会 第70回年会/2023/09/20--2023/09/24
  • ジグリコールアミド酸型配位子保持リポソーム系におけるEu吸着挙動と化学量論の解明
    清水 壮太; 山﨑 信哉; 坂口 綾; 高久 雄一; 末木 啓介
    日本放射化学会第67回討論会/2023/09/21--2023/09/23
  • 電気化学的手法を用いた環境水中のヨウ化物イオンの選択的定量法の開発
    坂口 綾
    日本放射化学会第67回討論会/2023/09/21--2023/09/23
  • 別府湾の堆積物を用いた表層環境へのI-129導入史の復元
    史 志圓; 加 三千宣; 笹 公和; 松村 万寿美; 高橋 努; 高久 雄一; 山﨑 信哉; 坂口 綾
    日本放射化学会第67回討論会/2023/09/21--2023/09/23
  • 海水中の極微量99Tc高感度分析法の開発
    高見 佳; 鍋山 雄樹; 初川 雄一; 塚田 和明; 浅井 雅人; 末木 啓介; 山崎 信哉; 高久...
    日本放射化学会第67回討論会/2023/09/21--2023/09/23
  • 海水循環トレーサー利用に向けた海水中の237Np分析法の確立
    榊󠄀枝 優真; 中島 朗久; 永井 歩夢; 細川 浩由; 横山 明彦; 羽場 宏光; 南部 明弘; ...
    日本放射化学会第67回討論会/2023/09/21--2023/09/23
  • 加速器質量分析装置を用いた210Pbの測定法の検討
    高橋 穂高; 笹 公和; 高橋 努; 松村 万寿美; 高久 雄一; 山﨑 信哉; 末木 啓介; Fr...
    日本放射化学会第67回討論会/2023/09/21--2023/09/23
  • 232Th+7Li核反応におけるα線放出生成物の定量
    細川 浩由; 永井 歩夢; 榊枝 優真; 干場 香湖; 南部 明弘; 重河 優大; 羽場 宏光; 坂...
    日本放射化学会第67回討論会/2023/09/21--2023/09/23
  • 環境中の極微量放射性核種測定法の開発とその応用
    坂口 綾
    プラズマ分光分析研究会 第121回講演会/2024/03/22--2024/03/22
  • 6 MVタンデム加速器質量分析装置を用いた難測定核種の検出技術開発の現状
    笹 公和; 高橋 努; 松村万寿美; 吉田哲郎; 椎根大輔; 高橋穂高; 坂口 綾
    2024年第71回応用物理学会春季学術講演会/2024-03-26--2024-03-28
  • Heavy-metal Tolerance in Phragmites australis at Mill tailings Pond and Chemical Functions of Endophytic Fungi Involved in Heavy-metal Accumulation
    大熊 美結; 盧 星燕; 谷内 美月; 中本 幸弘; 土肥 輝美; 香西 直文; 福山 賢仁; 綱嶋...
    日本生態学会第71回全国大会/2024-03-16--2024-03-21
  • モルタル中の14CO2の浸透
    木下 哲一; 中島 均; 鳥居 和敬; 佐々木 勇気; 半沢 守; 坂口 綾; 末木 啓介
    日本原子力学会2023年秋の大会/2023-09-06--2023-09-08
  • 超高純度 硫酸ガドリニウム・8水和物中 226Ra濃度の高速測定
    細川 佳志; 榊枝 優真; 中西 史美; 日野 陽太; 猪目 祐介; 坂口 綾; 高久 雄一; 池田 一得; 関...
    日本物理学会第78回年次大会/2023-09-18
  • 大気中からのヨウ素129降下量調査(2022年度)
    松村 万寿美; 笹 公和; 松中 哲也; 高橋 努; 坂口 綾; 末木 啓介
    アイソトープ協会 放射線安全取扱部会年次大会/2023-10-26--2023-10-27
  • SK-Gd実験のための硫酸ガドリニウム・8水和物の不純物測定
    細川 佳志; 市村 晃一; 榊枝 優真; 坂口 綾; 高久 雄一
    日本物理学会2022年秋季大会/2022/9/6--2022/9/8
  • Purification of calcium chloride for development of high purity calcium fluoride
    坂口 綾; 坂上 陽俊; 伏見 賢一; 硲 隆太; 今川 恭四郎; 岸田 有美子; 小寺 健太; 黒澤 俊介; 高...
    日本物理学会2023年春季大会/2023/3/22--2023/3/25
  • 125Iトレーサーを用いた電気化学的手法によるヨウ化物イオンの回収・定量法の検討
    中村 司; 山﨑 信哉; 坂口 綾; 末木 啓介
    日本放射化学会第66回討論会/2022-09-21--2022-09-23
  • 6MVタンデム加速器を用いた長半減期放射性セシウム135の加速器質量分析法の開発
    笹 公和; 椎根 大輔; 高橋 努; 松村 万寿美; 坂口 綾
    日本加速器学会 第19回年会/2022-10-18--2022-10-21
  • 筑波大学6 MVタンデム加速器質量分析装置における多核種AMSと応用研究の現状
    笹 公和; 高橋 努; 松村 万寿美; 松中 哲也; 坂口 綾; 末木 啓介
    第23回AMSシンポジウム/2022-12-01--2022-12-02
  • 加速器質量分析法による長半減期放射性セシウム135の高感度検出試験
    笹 公和; 椎根 大輔; 高橋 努; 松村 万寿美; 坂口 綾
    2023年第70回応用物理学会春季学術講演会/2023-03-15--2023-03-18
  • 次世代宇宙素粒子物理学実験、KamLAND2-Zen実験のための、有機物中の極微量放射性元素の高感度測定の開発・研究
    倉澤 真帆; 高久 雄一; 榊枝 優真; 坂口 綾; 他KamLAND-Zen Collaboration
    日本物理学会 2022年秋季大会/2022/09/06--2022/09/08
  • Research and development of high-sensitive measurement of trace amount of radioactive elements in organic materials for KamLAND2-Zen
    Kurasawa M.; Kishimoto Y.; Ichimura K.; Takaku Y.; Sakaki...
    国際会議UGAP2022/2022/6/13--2022/6/15
  • 環境中の極微量アクチノイド測定とその応用
    坂口 綾
    第82回分析化学討論会/2022/5/14--2022/5/15
  • 加速器質量分析による環境中のアクチノイド測定とその応用
    坂口 綾
    QST環境放射能研究ワークショップ「福島に関連する放射性核種の計測技術法と環境放射線研究の今後の展開」/2022/8/4--2022/8/4
  • Determination of ultra-trace radionuclides in gadolinium sulphate by ICP-MS
    Sakaguchi Aya
    Unraveling the History of the Universe and Matter Evolution with Underground Physics 2022/2022/6/13--2022/6/15
  • more...
Works
  • International Atomic Energy Agency, PT/reference material sample preparation
    Sakaguchi Aya
  • International Atomic Energy Agency, PT/reference material sampling and sample preparation
    Sakaguchi Aya; IAEA
  • International Atomic Energy Agency, PT plot sampling (2)
    坂口 綾; Sandor Tarjan
  • International Atomic Energy Agency, PT plot sampling (1)
    坂口 綾
Teaching
2023-10 -- 2024-02Research in Nano Chemistry IIAUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research in Inorganic/Analytical Chemistry IAUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research in Nano Chemistry IBUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Inorganic/Analytical Chemistry VAUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Special Exercise of Sustainable Environmental Studies I (A)University of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Nano Chemistry IIBUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Nano Chemistry IAUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Inorganic/Analytical Chemistry IIIAUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Inorganic/Analytical Chemistry VBUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Environmental Studies Practicum IUniversity of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2021-03 -- 2021-03広島県高等学校教育研究会地学部研修会広島県高等学校教育研究会
2020-10 -- 2020-10長野県立長野高等学校 模擬授業長野県立長野高等学校
2021-02 -- 2021-05Online internship
2020-11 -- 2020-11International Winter School -Approaches to Radioecology from Different Study Fields-筑波大学、ユーラシア国立大学など
2017-04 -- (current)学生指導ユーラシア国立大学
2019-10 -- 2019-10集中講義-環境放射化学ユーラシア国立大学
-- (current)高校生チャレンジキャンペーン~女子高生女子学生の理工系分野への選択~
2017-08 -- 2017-08一日体験化学教室筑波大学
2017-08 -- 2017-08夏季リケジョサイエンス合宿筑波大学
2017-09 -- 2017-09並木中等教育学校 講義筑波大学、並木中等教育学校
more...
Talks
  • 環境中の極微量アクチノイド測定とその応用
    坂口 綾
    北陸原子力懇談会/2023-03-14--2023-03-14
  • 身の回りの見えないモノからみる&見えないモノをみる―海と陸のサイエンス―
    坂口 綾
    日本放射光学会 市民公開講座/2014--2014
  • U-236グローバルフォールアウトと広島原爆黒い雨
    坂口 綾
    原爆による放射性降下物の実態解明に向けた研究報告会/2010-2--2010-2
Professional activities
2020-11 -- (current)日本学術会議地球惑星科学委員会SCOR分科会GEOTRACE小委員会委員
2020-01 -- (current)Asia-Pacific symposium on radiochemistry2025副大会長、会計
2017-04 -- (current)日本放射化学会広報
2015 -- (current)環境放射能研究会世話人
2016 -- 2018日本アイソトープ協会運営委員
2017-09 -- 2017-09日本放射化学会2017年度年会実行委員会事務局
2014 -- 2015-12放射線安全管理学会第14回学術大会実行委員会放射線安全管理学会第14回学術大会実行委員会事務局
2014-09 -- 2017THE JAPAN SOCIETY OF NUCLEAR AND RADIOCHEMICAL SCIENCES理事
2014 -- 2017National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology放射性廃棄物共通技術調査等事業(放射性核種生物圏移行評価高度化開発)・評価検討委員
2013 -- 2021-03公益財団法人 環境科学技術研究所被ばく線量評価法及び放射性核種に関する調査検討委員会・専門委員
more...
University Management
2020-04 -- (current)数理物質科学研究郡長特別補佐
2019-04 -- 2020-03数理物質科学研究科長補佐
2017 -- (current)国際規制物資管理責任者(事業所名 数理物質系)
2016-04 -- 2018-03ハラスメント委員会委員
2017-08 -- 2017-08化学グランプリ2017会場責任者
Other activities
2024-01 -- 2024-01エネルギーフォーラム No.829 2024, January P.108 インタビュー記事掲載
2017-06 -- 2017-06プレスリリース 本州近海に位置する拓洋第3海山の水深1500m~5500mの斜面に厚いコバルトリッチクラストの広がりを確認 ~成因モデルの普遍化から低コスト、高効率な調査手法の開発へ~ http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201706051100.html
2016 -- 2022JST/JICA 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム チェルノブイリ災害後の環境管理支援技術の確立 Cooling pond班班長
2016 -- 2016筑波大学ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター Role Model Book
2015-03 -- (current)環境放射能研究会 世話人
2015-03 -- 2015-03第17回AMSシンポジウム, 世話人

(Last updated: 2024-06-12)