Doki Kosuke

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Associate Professor
Research projects
がん治療における抗体医薬品の治療薬物モニタリング法の構築2022 -- 2024土岐 浩介Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,160,000Yen
アミオダロンの血清リポタンパク質への分布を考慮した副作用モニタリング法の構築2019 -- 2021土岐 浩介Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,290,000Yen
新規経口抗凝固薬の血中薬物濃度を指標とした個別投与設計法の構築2016 -- 2018土岐 浩介Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Young Scientists(B)3,900,000Yen
Career history
2009-05 -- 2014-10筑波大学附属病院病院講師
2014-11 -- 2020-08筑波大学医学医療系講師
2020-09 -- (current)Associate Professor
Academic background
-- 2000-03北海道薬科大学 薬学部 生物薬学科
-- 2002-03北海道薬科大学 薬学研究科 臨床薬学
-- 2007-03筑波大学 人間総合科学研究科 疾患制御医学
Degree
2002-03修士(臨床薬学)北海道薬科大学
2007-03博士(医学)筑波大学
Licenses and qualifications
2000-06薬剤師
2007-01日本医療薬学会 医療薬学専門薬剤師
2010-01日本臨床薬理学会認定薬剤師
2010-12日本医療薬学会 医療薬学指導薬剤師
2013-01日本臨床薬理学会指導薬剤師
Academic societies
-- (current)THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN
-- (current)JAPANESE SOCIETY OF PHARMACEUTICAL HEALTH CARE AND SCIENCES
-- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS
-- (current)THE JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF XENOBIOTICS
-- (current)日本TDM学会
-- (current)THE JAPANESE CIRCULATION SOCIETY
Honors & Awards
2007日本TDM学会 平成19年度 海老原賞
2012日本TDM学会 第29回日本TDM学会・学術大会 最優秀演題賞
2013日本臨床薬理学会 第34回日本臨床薬理学会学術総会 優秀演題賞
2015日本TDM学会 第32回日本TDM学会・学術大会 優秀演題賞(口演)
2017-09日本薬学会 平成29年度日本薬学会関東支部奨励賞
2020臨床薬理研究振興財団 第13回 臨床薬理研究振興財団 研究大賞
Articles
Books
  • 【薬にまつわる疑問に答える】薬にまつわる疑問 薬 治験の現状はどうなっていますか?
    土岐浩介; 本間 真人
    薬局 2022年3月増刊号 Vol.73 No.4 お薬立ちBOOK/東京医学社/pp.407-428, 2022-09
  • 22 不整脈
    土岐浩介; 本間 真人
    薬局 2022年3月増刊号 Vol.73 No.4 お薬立ちBOOK/pp.407-428, 2022-03
  • 薬学演習,Ⅰ医療薬学・臨床薬学  第1章、問8・19〜8・26、発展問題1,2,26
    細野 智美; 神林 泰行; 土岐 浩介; 本間 真人
    スタンダード薬学シリーズⅡ9/東京化学同人, 2020-10
  • 大動脈疾患、末梢動脈・静脈疾患、弁膜症
    土岐 浩介
    臨床薬学テキストシリーズ 循環器/腎・泌尿器/代謝/内分泌/中山書店/pp.84-101, 2020-01
  • 臨床上重要な薬剤の実践的DDIマネジメント:メトトレキサート
    土岐 浩介
    医療現場のための薬物相互作用リテラシー/南山堂/pp.161-167, 2019-08
  • 治療薬物モニタリング(TDM)
    Doki Kosuke
    標準薬剤学 改訂第4版/南江堂, 2017-04
  • 治療薬物モニタリング各論 循環器用薬
    土岐 浩介
    個別化医療を目指した臨床薬物動態学/廣川書店/pp.238-254, 2016-03
Conference, etc.
  • 血中ミコフェノール酸濃度測定におけるLM1010の性能評価 Dimension Xpandとの比較
    吉田 慧悟; 土岐 浩介; 小西 久美; 橋本 直明; 臼井 丈一; 高橋 一広; 山縣 邦弘; 小田 竜也; 本...
    第38回日本TDM学会・学術大会/2022-05-21--2022-05-22
  • ベバシズマブの腹水移行について検討した大腸癌腹膜転移の1症例
    金子 卓也; 土岐 浩介; 山田 武史; 新里 悠輔; 本間 真人
    第38回日本TDM学会・学術大会/2022-05-21--2022-05-22
  • 体外式膜型人工肺の離脱前後におけるバンコマイシンの治療薬物モニタリングを行った小児の一症例
    大坪 愼; 榎本 有希; 渡辺 雄介; 細野 智美; 土岐 浩介; 井上 貴昭; 本間 真人
    第38回日本TDM学会・学術大会/2022-05-21--2022-05-22
  • 甲状腺癌および肝細胞癌患者における血中レンバチニブ濃度の個体間および個体内変動
    渡辺 雄介; 土岐 浩介; 関根 郁夫; 山田 武史; 山本 祥之; 長谷川 直之; 福田 邦明; 原 尚人; 本...
    第38回日本TDM学会・学術大会/2022-05-21--2022-05-22
  • 循環器薬治療とTDM:Beyond the Guidelines 循環器薬のTDMに関するガイドライン発刊後の新たな知見 アミオダロンを例として
    橋本 直明; 土岐 浩介; 本間 真人
    第38回日本TDM学会・学術大会/2022-05-21--2022-05-22
  • 血中レンバチニブ濃度と手足症候群の重症度の関連を認めた1症例
    渡辺 雄介; 土岐 浩介; 関根 郁夫; 原 尚人; 本間 真人
    第34回日本内分泌外科学会総会/2022/6/23--2022/6/25
  • ダビガトランの臨床試験適格基準を用いたアブレーション患者の出血リスク評価
    高嶋 泰之; 大平 美波; 土岐 浩介; 本間 真人
    日本薬学会第142年会/2022-3-25--2022-3-28
  • 化学療法レジメンの見直しによる薬剤投与時間の短縮効果
    関 健吾; 中嶋 夏海; 樫村 彩香; 馬場 瀬里奈; 大平 愼; 竹内 徹也; 金子 宜令; 渡邊 雅明; 関根...
    2021茨城がんフォーラム/2021-10-24--2021-10-24
  • 筑波大学附属病院におけるコロナ禍での薬学実務実習(第2報)
    神林 泰行; 向 祐志; 中島 正人; 細野 智美; 土岐 浩介; 本間 真人
    日本病院薬剤師会関東ブロック第51回学術大会/2021-8-28--2021-8-29
  • 筑波大学附属病院におけるコロナ禍での薬学実務実習
    神林 泰行; 向 祐志; 中島 正人; 細野 智美; 土岐 浩介; 本間 真人
    日本薬学会第141年会/2021-3-26--2021-3-29
  • 薬剤師レジデント初期研修プログラム-抗がん剤調製技術の習得 について-(第5報)
    永谷 明久; 飯田 賢; 中川 京; 瀧澤 聡; 武川 紗也; 早坂 あすか; 渡邊 雅明; 土岐 浩介; 細野 ...
    第10回日本薬剤師レジデントフォーラム/2021-3-14--2021-3-14
  • 筑波大学附属病院における薬剤師レジデント初期研修プログラム(第6報):院内製剤の調製を中心に
    武川 紗也; 早坂 あすか; 落合 美伽; 永谷 明久; 飯田 賢; 土岐 浩介; 小西 久美; 細野 智美; 本間真人
    第10回日本薬剤師レジデントフォーラム/2021-3-14--2021-3-14
  • 筑波大学附属病院薬剤師レジデントプログラム(第6報)-レジデント学習会における学習目標の達成状況-
    大平 千陽; 田上 雄也; 山崎 玖瑠美; 永谷 明久; 武川 紗也; 土岐 浩介; 細野智美; 本間真人
    第11回日本薬剤師レジデントフォーラム/2021-11-6--2021-11-6
  • 筑波大学附属病院における薬剤師レジデント初期研修プログラム(第7報):院内製剤の調製および治療薬物モニタリングについて
    田上 雄也; 武川 紗也; 永谷 明久; 金子 卓也; 橋本 直明; 土岐 浩介; 小西 久美; 細野智美; 本間真人
    第11回日本薬剤師レジデントフォーラム/2021-11-6--2021-11-6
  • 薬剤師レジデント初期研修プログラム-抗がん剤調製技術の習得 について-(第6報)
    山﨑 玖瑠美; 大平 千陽; 田上 雄也; 永谷 明久; 中川 京; 瀧澤 聡; 飯田 賢; 武川 紗也; 渡邊 ...
    第11回日本薬剤師レジデントフォーラム/2021-11-6--2021-11-6
  • 新人薬剤部員教育システム評価(第2報):薬剤管理指導室業務
    田谷 希美; 中島 正人; 細野 智美; 土岐浩介; 本間 真人
    第32回茨城県薬剤師学術大会/2021-12-5--2021-12-5
  • 血中レンバチニブ濃度が蛋白尿の発現におよぼす影響(第3報)
    渡辺雄介; 土岐浩介; 関根郁夫; 山本祥之; 井口研子; 市岡恵美香; 都島由希子; Bando Hiroko; 原 尚人; 本間真人
    第37回日本TDM学会・学術大会/2021-05-29--2021-05-30
  • がん化学療法におけるB 型肝炎ウイルス感染スクリーニング ~スクリーニングテンプレートの活用(第4報)~
    勝山 繁佳; 大久保 真貴; 渡邊 雅明; 中島 正人; 細野 智美; 土岐 浩介; 関根 郁夫; 本間 真人
    第31回日本医療薬学会年会/2021-10-09--2021-10-10
  • ワルファリン服用患者の血液凝固能に及ぼすメチルプレドニゾロンの影響(第2報)
    大西 由莉; 土岐 浩介; 安部 沙織; 臼井 丈一; 齋藤 知栄; 辻 浩史; 森島 祐子; 山崎 浩; 松本 ...
    第31回日本医療薬学会年会/2021-10-09--2021-10-10
  • クロピドグレルとパクリタキセルの併用が白血球減少に及ぼす影響(第2報)
    竹内 徹也; 土岐 浩介; 田渕 経司; 武川 寛樹; 原 尚人; 乃村 俊史; 土屋 輝一郎; 檜澤 伸之; 佐...
    第42回日本臨床薬理学会学術総会/2021-12-09--2021-12-11
  • 高トリグリセリド血症が血清中アミオダロン濃度におよぼす影響(第2 報)
    橋本 直明; 土岐 浩介; 河野 了; 青沼 和隆; 家田 真樹; 本間 真人
    第31回日本医療薬学会年会/2021-10-9--2021-10-10
  • 血中ミコフェノール酸濃度測定におけるDimension EXL200とX-pandの性能評価:同一測定試薬を用いた測定装置間の比較
    吉田 慧悟; 土岐 浩介; 小西 久美; 臼井 丈一; 高橋 一広; 金子 修三; 小田 竜也; 山縣 邦弘; 本...
    The 37th Annual Meeting for The Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring/2021-05-29--2021-05-30
  • ワルファリン服用患者の血液凝固能に及ぼすメチルプレドニゾロンの影響
    大西由莉; 土岐浩介; 安部沙織; 臼井丈一; 齋藤知栄; 辻浩史; 森島祐子; 山﨑浩; 松本 功; 家田真樹; 玉岡晃; 檜澤伸之...
    日本病院薬剤師会関東ブロック第50回学術大会/2020-10-31--2020-11-8
  • 特発性血小板減少性紫斑病におけるエルトロンボパグの血中濃度が肝障害発現に及ぼす影響
    本間 真人; 柳町 直哉; 土岐 浩介; 小原 直; 錦井 秀和; 坂田 麻実子; 長谷川 雄一; 千葉 滋
    第41回日本臨床薬理学会学術総会/2020-12-03--2020-12-05
  • ワルファリン服用中にリファンピシンおよびアミオダロンを併用した2症例
    吉田 慧悟; 河野 了; 土岐 浩介; 橋本 直明; 家田 真樹; 青沼 和隆; 本間 真人
    第41回日本臨床薬理学会学術総会/2020-12-03--2020-12-05
  • more...
Teaching
2022-04 -- 2022-08Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2022-12Pharmaceutical SciencesUniversity of Tsukuba.
2022-05 -- 2022-08Science of Medical InformationUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2021-12Pharmaceutical SciencesUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2021-12Science of Medical InformationUniversity of Tsukuba.
more...

(Last updated: 2022-11-07)