現在地

松井 崇(マツイ タカシ; Matsui, Takashi)

face
所属
体育系
職名
助教
eメール
 
研究分野
スポーツ科学
研究キーワード
運動生化学、運動生理学、スポーツ神経科学、脳内エネルギー論、脳グリコーゲン、乳酸、運動持久性、認知機能、柔道
研究課題
持久性運動時の生体防御を担う中枢疲労形成の神経機構:脳グリコーゲン由来乳酸の役割2019 -- 2022松井 崇日本学術振興会/基盤研究(B)17,030,000円
持久性運動時の生体防御を担う中枢疲労形成の 神経機構:脳グリコーゲン由来乳酸の役割2019 -- 2022日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)
運動持久性における視床下部グリコーゲンの役割:新規持久性向上策の提案2016 -- 2019松井 崇日本学術振興会/若手研究(A)20,670,000円
意欲と身心パフォーマンスを共に育む次世代運動プログラム2016-06 -- (現在)征矢英昭日本学術振興会/科学研究費補助金 新学術領域研究
運動持久性における視床下部グリコーゲンの役割:新規持久性向上策の提案2016-04 -- (現在)松井 崇日本学術振興会/科学研究費補助金 若手研究(A)
身心の活力を増進する最適運動条件の橋渡し研究:意欲と認知をともに高める脳機構2015-04 -- (現在)征矢英昭日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)
運動時の脳グリコゲン代謝を支える分子基盤の解明2012-04 -- 2015-03松井 崇日本学術振興会/科学研究費補助金 特別研究員奨励費SPD
走運動による脳グリコゲン代謝とその生理的意義2010-04 -- 2012-03松井 崇日本学術振興会/科学研究費補助金 特別研究員奨励費DC2
運動持久性に対する脳グリコゲンの役割2010-04 -- 2011-03松井 崇上月スポーツ・教育財団/スポーツ研究助成事業
職歴
2015-03 -- (現在)筑波大学 体育系 助教
2015-01 -- 2017-02スペイン国立カハール研究所 客員研究員
2012-04 -- 2015-03新潟医療福祉大学 健康科学部 日本学術振興会特別研究員SPD
学歴
2009-04 -- 2012-03筑波大学大学院 人間総合科学研究科 体育科学専攻修了
2007-04 -- 2009-03筑波大学大学院 体育研究科 スポーツ科学専攻修了
2003-04 -- 2007-03筑波大学 体育専門学群卒業
取得学位
2012-03博士(体育科学)筑波大学
免許資格等
2008-03高等学校教諭専修免許状保健体育科
2008-03中学校教諭専修免許状保健体育科
所属学協会
2012 -- (現在)日本武道学会
2007-04 -- (現在)日本体育学会
2007-04 -- (現在)日本体力医学会
2007-04 -- (現在)日本運動生理学会
2010-04 -- (現在)米国生理学会
2010-04 -- (現在)北米神経科学会
2010-04 -- (現在)米国スポーツ医学会
2010-04 -- (現在)欧州スポーツ科学会
受賞
2018-09第32回筑波大学河本体育科学研究奨励賞
2018第32回筑波大学河本体育科学研究奨励賞
2017-01筑波大学若手教員奨励賞
2014-04米国生理学会 神経科学部門賞
2013-07英国生理学誌 若手研究者賞
2012-09日本体力医学会 大塚スポーツ医科学特別賞
2012-09日本体力医学会 若手研究者奨励賞
2010-09日本体力医学会大会 若手研究者奨励賞
2010-06米国スポーツ医学会 国際学生賞
論文
著書
  • Part3 脳腸相関と食品「カロテノイドー天然由来のアスタキサンチン」
    征矢 英昭; 陸 瞕洙; 小泉 光; 松井 崇
    「脳腸相関」, pp.152-157, 2018-9
  • 第9章 脳から考える運動の限界〜中枢性疲労の分類と要因〜
    松井 崇
    運動と疲労の科学, 大修館書店, pp.365-393, 2018
  • 運動時には脳も疲れるの?
    Matsui Takashi
    もっとなっとく 使えるスポーツサイエンス, 講談社, pp.146-147, 2017-04
  • 第13章 有酸素性・無酸素性エネルギー系のトレーニング
    松井 崇
    運動生理学大事典:健康・スポーツ現場で役立つ理論と応用, pp.365-393, 2017
  • パフォーマンスのスポーツ神経科学:柔道競技力における脳の役割を探る
    Matsui Takashi
    実践柔道論, メディアパル社, pp.182-200, 2017-03
  • 脳腸相関と食品 「カロテノイド‐天然由来のアスタキサンチン」
    征矢 英昭; 松井 崇; 陸彰泳; 小泉光
    臨床栄養臨時創刊号(5月) vol.128 No.6, pp.835-840, 2016-05
  • 筑波大学に着任して〜任期付き新任助教の戯言〜
    Matsui Takashi
    茗柏, pp.21-24, 2016-04
  • Chapter 15 Brain glycogen decrease and supercompensation with prolonged exhaustive exercise.
    Matsui Takashi
    Social Neuroscience and Public Health: Foundations of the Emerging Discipline, Springer Publishers, pp.253-264, 2013
会議発表等
  • Sleep Disordered Breathing Among Judo Players
    M Satoh; C Suzuki; T Ando; A Ando; Y Suzuki; T Monma; F T...
    International Judo Medical Symposium 2019/2019-08-24
  • 脳グリコーゲン:運動が高める持久性と認知機能の共通神経機構候補
    松井 崇
    第92回日本内分泌学会/2019-05
  • Hippocampal glycogen loading inhancing pattern separation:Involvement of hippocampal neuroplasticity
    Soya Mariko; Lui Yu-Fan; Grenier Francois; Matsui Takashi...
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • Dopaminergic activity-dependent astrocytic glycogenolysis producing lactate in the exercising hippocampus
    松井 崇
    International Institute for Integrative Sleep Medicine Symposium/2018-12
  • Thiamine tetrahydrofurfuryldisulfide promotes voluntary locomotor activity through dopaminergic activation in the medial prefrontal cortex
    Saiki Masato; Soya Mariko; Matsui Takashi; Naruto Takehir...
    Society for Neuroscience2018/2018-11-03--2018-11-07
  • 筑波大学スポーツ研究イノベーション拠点形成プロジェクト(SRIP)における次世代集中力強化対策事業
    松井 崇
    ハイパフォーマンススポーツ会議/2018-10
  • 海馬におけるドーパミン作動性グリコーゲン分解と乳酸産生:初代培養アストロサイトを用いた検討
    松井 崇
    第73回日本体力医学会大会/2018-09
  • 海馬グリコーゲンローディングはパターン分離能を高める
    松井 崇
    第73回日本体力医学会大会/2018-09
  • フルスルチアミンは前頭前野D1受容体を介して自発運動を促進する
    松井 崇
    第73回日本体力医学会大会/2018-09
  • 身体活動性を高めるフルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)の新たな作用:前頭前皮質ドーパミンの関与
    松井 崇; 才記 壮人; 征矢 茉莉子; 樫部智美; 島 孟留; ...
    第2回NIPS-ARIHHP共同ワークショップ ヒューマン・ハイ・パフォーマンスの実現を目指した次世代健康スポーツ科学と神経科学の融合・統合/2018-08-09--2018-08-10
  • 身体活動性を高めるフルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)の新たな作用:前頭前皮質ドーパミンの関与
    松井 崇; 才記 壮人; 征矢 茉莉子; 樫部 智美; 島 孟留;...
    第2回NIPS-ARIHHP共同ワークショップ ヒューマン・ハイ・パフォーマンスの実現を目指した次世代健康スポーツ科学と神経科学の融合・統合/2018-8-9--2018-8-10
  • Hippocampal glycogen loading with exhaustive exercise enhances separation: A shortterm sports conditioning targeting memory function
    征矢 茉莉子; 劉 宇帆; 松井 崇; 征矢 英昭
    第2回NIPS-ARIHHP共同ワークショップ ヒューマン・ハイ・パフォーマンスの実現を目指した次世代健康スポーツ科学と神経科学の融合・統合/2018-08-09--2018-08-10
  • 脳グリコーゲンからみた身心の機能を担う共通神経機構
    松井 崇
    運動と脳の勉強会/2018-08
  • スポーツ神経科学で解き明かす身心に及ぼす武道の効果:柔道家の視点から
    松井 崇
    第8回武道ワールドセミナー/2018-07
  • 脳グリコーゲン:運動が高めるヒューマン・パフォーマンスの共通神経機構候補
    松井 崇
    玉川大学脳科学研究所若手の会/2018-05
  • Dopaminergic activity-dependent astrocytic glycogenolysis in exercising rat hippocampus
    Matsui Takashi; Torres-Aleman Ignacio; Soya Hideaki
    Neuroscience 2016/2017-11-12--2017-11-16
  • フルスルチアミン塩酸塩で高まる自発行動性と脳内モノアミン
    征矢 茉莉子; 才記 壮人; 松井 崇; 二宮 信二; 征矢 英昭
    第72回日本体力医学会大会/2017-09
  • Dopamine D2 receptor-mediated astrocytic glycogenolysis in the exercising hippocampus
    Matsui Takashi
    3rd Forum in Global Initiative for Sports Neurscience 2017/2017-02-27--2017-02-27
  • Hyper-Hippocampal glycogen deposit induced by preloading of exercise and high carbohydrate diet:A possible strategy to enhance function
    征矢茉莉子; 島孟留; 松井崇; 征矢 英昭
    SOCIETY FOR NEUROSCIENCE2016/2016-11-12--2016-11-18
  • 運動時の脳内糖代謝と認知機能
    Matsui Takashi
    第24回日本運動生理学会大会/2016-07-23--2016-07-24
  • Activity-dependent hippocampal glycogenolysis via dopamine D2 receptor
    Matsui Takashi
    Human High Performance International Forum 2016/2016-03
  • Brain glycogen fuels the exercising brain to maintain endurance capacity
    Matsui Takashi; Omuro Hideki; Liu Yu Fan; Shima Takeru; S...
    Neuroscience 2015/2015-10--2015-10
  • Activity-dependent hippocampal glycogenolysis during exercise: the role of dopamine
    Matsui Takashi
    2nd Forum of Global Initiative for Sports Neuroscience/2015-08
  • 男子大学柔道選手の打込における持久力トレーニングの検証─大内刈を対象として─
    窪田 友樹; 竹澤 稔裕; 増地 克之; 松井 崇; 川端 健司; 法兼...
    日本武道学会第48回大会/2015
  • Neuronal-activity-dependent hippocampal glycolysis mediated by dopamine
    Matsui Takashi; Soya Shingo; Kawanaka Kentaro; Soya Hideaki
    Experimental Biology/2014-4
知的財産権
  • 活動意欲向上剤
    松井 崇
担当授業科目
2019-10 -- 2020-02国際フォーラムII筑波大学
2019-04 -- 2019-08国際フォーラムII筑波大学
2019-07 -- 2019-08健康増進基礎論特講筑波大学
2019-10 -- 2020-02プロジェクトローテーション筑波大学
2019-04 -- 2019-08プロジェクトローテーション筑波大学
2019-10 -- 2020-02国際ディベート合宿I筑波大学
2019-04 -- 2019-08国際ディベート合宿I筑波大学
2019-10 -- 2020-02健康スポーツ科学研究演習II筑波大学
2019-04 -- 2019-08健康スポーツ科学研究演習II筑波大学
2019-10 -- 2020-02健康スポーツ科学研究演習I筑波大学
授業以外の教育活動
2017 -- (現在)Sport for Tomorrow ブラジル人柔道家への講義筑波大学
2016-04 -- 2018-03日本学術振興会特別研究員DC2の受入筑波大学
2015-04 -- (現在)体育科学専攻 次世代健康スポーツ科学学位プログラム メンター教員筑波大学
学協会等委員
2018 -- (現在)4) 国際脳研究機構(IBRO)2019年大邱(韓国)大会 日本開催サテライト実行委員会 委員
学内管理運営業績
2019-04 -- (現在)体育専門学群 入試委員会 WG委員
2019-04 -- (現在)体育学専攻 インターンシップ運営・検討委員会委員
2019-04 -- (現在)体育系 情報化推進委員会委員
2018-04 -- (現在)ARIHHP セミナー運営委員会委員
2017-04 -- (現在)体育系 研究推進委員会委員
2016-04 -- (現在)体育科学専攻 HHP学位プログラム委員会副委員長
2016-04 -- (現在)体育科学専攻 教育・研究促進委員会委員
2016-04 -- (現在)体育科学専攻 入試委員会委員
2015-12 -- (現在)スポーツ研究イノベーション拠点形成事業(SRIP)(スポーツ庁委託事業)部門責任者
2015-07 -- (現在)ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター運営委員会委員
その他の活動
2017-01 -- (現在)日本オリンピック委員会(JOC) 柔道競技強化スタッフ(情報・戦略、医・科学)
2017-01 -- (現在)全日本柔道連盟 強化委員会 科学研究部

(最終更新日: 2019-08-21)