現在地

久保田 茂希(クボタ シゲキ; Kubota, Shigeki)

所属
医学医療系
職名
助教
ORCID
0000-0003-4455-4585
性別
男性
eメール
 
研究課題
腕神経叢損傷患者に対する上肢ロボットを用いた新たなバイオフィードバック療法2017-03 -- 2019-03久保田茂希整形災害外科学研究助成財団 /研究助成金(アルケア奨励賞受賞)1,000,000円
腕神経叢損傷に対する新開発上肢ロボットを用いた画期的リハビリテーション2017 -- 2019久保田 茂希日本学術振興会/若手研究(B)4,160,000円
取得学位
2015-03博士(医学)筑波大学
論文
会議発表等
  • 足関節HALの開発および即時効果の検討
    清水 如代; 門根 秀樹; 久保田 茂希; 羽田 康司; 山崎 正志
    第53回日本脊髄障害医学会/2018-11-22--2018-11-23
  • 慢性期脊髄損傷に伴う四肢・両下肢完全麻痺症例における heterotopic triggered HAL(T-HAL)法の開発
    清水 如代; 門根 秀樹; 久保田 茂希; 安部 哲哉; 國府田 正雄...
    第33 回日本整形外科学会基礎学術集会/2018-10-11--2018-10-12
  • 術後長期が経過した慢性期脊髄障害患者に対する両脚型HALを用いた機能回復治療
    久保田茂希; 門根秀樹; 清水如代; 安部哲哉; 国府田正雄; 菅...
    第33回日本整形外科学会基礎学術総会/2018-10-11--2018-10-12
  • 手根管症候群に対する装具療法に生活指導を加えた介入の短期効果
    久保匡史; 原友紀; 久保田茂希; 羽田康司; 濱口豊太
    第52回作業療法学術集会/2018-09-07--2018-09-09
  • Voluntary elbow extension-flexion training using single joint hybrid assistive limb (HAL) for spastic cerebral palsy patients
    Shimizu Yukiyo; Kadone Hideki; Kubota Shigeki; Ueno Tomoy...
    12th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (ISPRM 2018)/2018-07-08--2018-07-12
  • Robotic rehabilitation training with a newly developed upper limb single-joint Hybrid Assistive Limb (HAL-SJ) for elbow flexor reconstruction after brachial plexus injury
    S Kubota; Y Shimizu; H Kadone; Y Hara; T Kubo; N Ochiai; ...
    12th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (ISPRM 2018)/2018-07-08--2018-07-12
  • Hybrid assistive limb (HAL) treatment for patients with severe thoracic myelopathy caused by ossification of the posterior longitudinal ligament (OPLL) in postoperative acute phase
    Kubota S; Shimizu Y; Kadone H; Abe T; Mutsuzaki H; Hada Y...
    12th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (ISPRM 2018)/2018-07-08--2018-07-12
  • Hetrotopic triggered HAL method for patients with complete quadriplegia
    Y Shimizu; H Kadone; S Kubota; K Suzuki; T Abe; T Ueno; Y...
    12th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (ISPRM 2018)/2018-07-08--2018-07-12
  • 重度歩行障害を呈する頚・胸椎後縦靱帯骨化症術後急性期におけるロボットスーツHALを用いた治療
    久保田茂希; 安部哲哉; 清水如代; 門根秀樹; 船山 徹; 国府田...
    第91回日本整形外科学会学術総会/2018-05-24--2018-05-27
  • 四肢・両下肢完全麻痺症例における対側上肢筋活動を利用した随意的HAL歩行
    清水 如代; 門根 秀樹; 久保田 茂希; 安部 哲哉; 上野 友之; ...
    第91回日本整形外科学会学術総会/2018-05-24--2018-05-27
  • 重度脊髄障害を呈した胸椎後縦靱帯骨化症に対する術後HAL訓練の効果
    安部哲哉; 久保田茂希; 藤井賢吾; 三浦紘世; 長島克弥; 熊谷 ...
    第47回日本脊椎脊髄病学会学術集会/2018-04-12--2018-04-14
  • 頚椎OPLL術後の脊髄萎縮に伴う慢性増悪に対するロボットリハビリテーション
    安部哲哉; 久保田茂希; 藤井賢吾; 三浦紘世; 長島克弥; 熊谷 ...
    第47回日本脊椎脊髄病学会学術集会/2018-04-12--2018-04-14
  • 対立指と対立肢位の違いによる短母指外転筋の電気 - 機械変換効率
    久保 匡史; 門根 秀樹; 久保田 茂希; 原 友紀; 清水 如代; 上...
    第2回リハビリテーション医学会秋季学術大会/2018-11-02--2018-11-04
  • 下肢麻痺者の立位移動を支援するパーソナルモビリティ Qolo による起立着座動作補 助効果の検討と改良開発
    門根 秀樹; 清水 如代; 久保田 茂希; パエズ ディエゴ; 上野 ...
    第2回リハビリテーション医学会秋季学術大会/2018-11-02--2018-11-04
  • 痙性両麻痺を伴う脳性麻痺症例に対する上肢単関節 HAL による肘屈曲伸展分離訓練 の実施可能性
    清水 如代; 門根 秀樹; 久保田 茂希; 上野 友之; 羽田 康司; ...
    第2回リハビリテーション医学会秋季学術大会/2018-11-02--2018-11-04
  • 脊椎脊髄損傷疾患に対する最新リハビリテーション医療 4.慢性期脊髄損傷に対する HAL を用いた訓練 ―heterotopic Triggered HAL (T-HAL)法を中心に―
    清水 如代; 門根 秀樹; 久保田茂希; 安部 哲哉; 上野 友之; ...
    日本リハビリテーション医学会第55回学術集会/2018-06-28--2018-07-01
  • 膝単関節 HAL による伸展運動補助効果に関する考察:健常被験者における筋電図学的検討
    相馬裕一郎; 清水 如代; 門根 秀樹; 久保田茂希; 菅谷 久; 羽...
    日本リハビリテーション医学会第55回学術集会/2018-06-28--2018-07-01
  • Feasibility and Efficacy of Heterotopic Triggered HAL method for patients with complete Quadriplegia or Paraplegia due to chronic spinal cord injury
    Shimizu Yukiyo; Kadone Hideki; Kubota Shigeki; Suzuki Ken...
    日本リハビリテーション医学会第55回学術集会/2018-06-28--2018-07-01
  • Clinical assessment of stand-up and sit-down motion assist by personal standing mobility Qolo in people with spinal cord injury
    Kadone Hideki; Shimizu Yukiyo; Kubota Shigeki; Paez Diego...
    日本リハビリテーション医学会第55回学術集会/2018-06-28--2018-07-01
  • 脊髄硬膜動静脈瘻に伴う完全対麻痺に対する HAL 治療経験−上肢をトリガーとして−
    山内 駿介; 清水 如代; 門根 秀樹; 渡邉 大貴; 久保田茂希; ...
    日本リハビリテーション医学会第55回学術集会/2018-06-28--2018-07-01
  • Enhancement of gait coordination through robotic therapy in myelopathy patients with residual motor disturbances after decompression surgery
    Puentes Sandra; Kadone Hideki; Kubota Shigeki; Abe Tetsuy...
    13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (ISPRM 2019)/2019-06-9--2019-06-13
  • 緩徐間接伸長の末梢神経に対する影響に関する研究-伸長速度の違いにおける電気生理学的変化と絞輪部の形態変化について
    久保田 茂希
    第22回日本整形外科学会基礎学術集会/2007-10
  • リウマチに対するロボットスーツHALを使用した次世代リハビリテーション
    久保田 茂希
    リウマチケア研究会/2014-11
  • 運動器疾患におけるロボットリビリテーション―作業療法士の視点から―
    久保田 茂希
    茨城県立医療大学同窓会セミナー/2019-02-24--2019-02-24
  • 術後慢性期頚椎OPLLの歩行機能再増悪症例に対するロボットリハビリテーションの効果の検討
    久保田 茂希
    第52回日本脊髄障害医学会/2017-10
学協会等委員
2019-06 -- 2019-06第56回日本リハビリテーション医学会学術集会プログラム委員
2018-06 -- 2018-06第55回日本リハビリテーション医学会学術集会プログラム委員
2018-04 -- 2020-03日本作業療法学会第5期演題審査委員
その他の活動
2016-04 -- 2017-03労災疾病臨床研究事業費補助金 研究分担者 (研究代表者:山崎正志、研究課題名:脳脊髄損傷による中枢性運動機能障害に対するロボットスーツHALを用いた機能回復治療法の有効性試験と地域連携機能回復治療プログラムの構築に関する研究)
2016-04 -- 2019-04労災疾病臨床研究事業費補助金 研究分担者 (研究代表者:安部哲哉、研究課題名:腰痛予防対策指針策定に向けた重量物取り扱い,介護・看護作業における装着型ロボットの腰部負担軽減効果および作業省力化に関する研究)

(最終更新日: 2019-05-14)