Masuo Shunsuke

Affiliation
Faculty of Life and Environmental Sciences
Official title
Assistant Professor
Sex
Male
Birth date
1983-02
KAKEN ID
10767122
Research projects
新規なアニリン誘導体生合成経路の解明2019-04 -- 2020-03桝尾俊介野田産業科学研究所/野田産研奨励研究助成1,000,000Yen
ピラジン環の新たな生合成経路の解明2017 -- 2019桝尾 俊介Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Young Scientists(B)4,420,000Yen
Career history
2016-04 -- (current)筑波大学生命環境系助教
2015-06 -- 2016-03筑波大学生命環境系助教
2012-04 -- 2015-05筑波大学生命環境系研究員
2011-04 -- 2012-03筑波大学大学院生命環境科学研究科 生命共存科学専攻博士特別研究員 (ジョージア州立大に留学)
Academic background
2006-04 -- 2011-03筑波大学大学院 一貫制博士課程生命環境科学研究科 生命共存科学専攻
Degree
2011-03農学博士筑波大学
Articles
Conference, etc.
  • 子嚢殻形成におけるKex2切断反復タンパク質の役割
    梅村舞子; 栗岩薫; 萩原大祐; 豊留孝仁; 桝尾俊介; 高谷直樹; 矢口貴志; 渡邉哲; 亀井克彦
    糸状菌分子生物学コンファレンス/2021-11-11--2021-11-12
  • 糸状菌における細胞外膜小胞産生能の普遍性
    岩橋由佳; 浦山俊一; 桝尾俊介; 高谷直樹; 野村暢彦; 竹下典男; 豊福雅典; 萩原大祐
    糸状菌分子生物学コンファレンス/2021-11-11--2021-11-12
  • 糸状菌における細胞外膜小胞産生能の探索
    岩橋由佳; 浦山俊一; 桝尾俊介; 兼松周作; 高谷直樹; 野村暢彦; 竹下典男; 豊福雅典; 萩原大祐
    日本農芸化学会関東支部2020年度大会/2020-11--2020-11
  • 糸状菌が産生する細胞外膜小胞の特性
    岩橋由佳; 浦山俊一; 桝尾俊介; 兼松周作; 高谷直樹; 野村暢彦; 竹下典男; 豊福雅典; 萩原大祐
    第8回糸状菌若手の会WS/2020-11--2020-11
  • 土壌微生物によるリボフラビンの生分解機構の解析
    尾崎 紗代子; 金澤 拓史; 土肥 裕希; 桝尾 俊介; 高谷 直樹
    日本農芸化学会 2020年度大会/2020-03
  • マイクロデバイスを用いた新たな微生物の分離培養法の構築
    沼館 美法; 佐々 文洋; 桝尾 俊介; 土肥 裕希; 竹下 典男; 高谷 直樹
    日本農芸化学会 関東支部 2020年度大会/2020-11
  • 糸状菌が産生する細胞外膜小胞の特性
    岩橋由佳; 浦山 俊一; 桝尾俊介; 兼松周作; 高谷直樹; 野村暢彦; 竹下典男; 豊福雅典; 萩原大祐
    糸状菌分子生物学研究会若手の会 第8回WS@web/2020-11-13--2020-11-13
  • コロナチンはPseudomonas cannabina pv. alisalensisの単子葉類および双子葉類への感染における重要な病原力因子である
    坂田七海; 石賀貴子; 桝尾俊介; 石賀 康博
    令和2年度日本植物病理学会関東部会/2020-09-28--2020-09-29
  • 産業利用糸状菌における細胞外膜小胞の発見
    岩橋由佳; 浦山俊一; 桝尾俊介; 兼松周作; 高谷直樹; 野村暢彦; 竹下典男; 豊福雅典; 萩原 大祐
    2020年度日本農芸化学会大会/2020-03-26
  • Characterization of extracellular membrane vesicle in liquid culture of Magnaporthe oryzae and Aspergillus oryzae
    Urayama Syun-ichi; Iwahashi Yuka; Masuo Shunsuke; Kanemat...
    Asperfest17/2020-02-16
  • Characterization of extracellular membrane vesicle in liquid culture of Magnaporthe oryzae and Aspergillus oryzae
    Urayama Syun-ichi; Iwahashi Yuka; Masuo Shunsuke; Kanemat...
    15th European Conference on Fungal Genetics/2020-02-17
  • 空間的・代謝的相互作用を介した細菌-糸状菌の新規相利共生戦略
    久知良桃花; Gayan Abeysinghe; 桝尾俊介; 萩原 大祐; 高谷直樹; 野村暢彦; 尾花望; 竹下典男
    第19回糸状菌分子生物学コンファレンス/2019-11-06
  • Aspergillus属菌における細胞外膜小胞の探索
    岩橋由佳; 浦山俊一; 桝尾俊介; 兼松周作; 高谷直樹; 野村暢彦; 竹下典男; 豊福雅典; 萩原 大祐
    第19回糸状菌分子生物学コンファレンス/2019-11-06
  • イネいもち病菌における細胞外膜小胞の探索と性状解析
    浦山俊一; 岩橋由佳; 桝尾俊介; 兼松周作; 森山裕充; 高谷直樹; 野村暢彦; 竹下典男; 豊福雅典; 萩原 大祐
    第19回糸状菌分子生物学コンファレンス/2019-11-06
  • ファイトアレキシン合成酵素遺伝子PAD3の時空間的機能解析
    岩本瑞生; 桝尾俊介; 野村暢彦; 別役重之
    日本植物学会第82回大会/2019-09-17--2019-09-17
  • 親和性・非親和性Pseudomonas syringae pv. tomato DC3000接種時のシロイヌナズナにおけるファイトアレキシン合成部位の比較
    岩本瑞生; 桝尾俊介; 野村暢彦; 別役 重之
    平成31年度 日本植物病理学会大会/2019-03-18--2019-03-20
  • 空間的・代謝的な相互作用を介した細菌と真菌の新たな相利共生戦略
    久知良桃花; Gayan Abeysinghe; 桝尾俊介; 萩原 大祐; 高谷直樹; 野村暢彦; 尾花 望; 竹下典男
    2019年度日本農芸化学会/2019-03-24--2019-03-27
  • 菌糸ネットワークを介した糸状菌と細菌の相互作用の解析
    久知良桃花; Gayan Abeysinghe; 桝尾俊介; 萩原 大祐; 高谷直樹; 野村暢彦; 尾花 望; 竹下典男
    糸状菌分子生物学コンファレンス/2018-11-15--2018-11-16
  • 微生物の物質生産に適した化学環境条件の網羅的探索
    内田圭裕; 桝尾俊介; 高谷直樹; YING BEIWEN
    超異分野学会2019/2019-03-08--2019-03-08
  • ピラジン化合物の生合成経路
    桝尾 俊介
    第5回 糸状菌若手の会WS
  • 芳香族アミンの発酵生産プラットフォームを活用したポリマー生産
    高谷 直樹; 金子 達雄; 桝尾 俊介
    日本農芸化学会2018年度大会
  • Pseudomonas fluorescens SBW25株のピラジン生合成経路
    桝尾 俊介; 生井 智仁; 津田 祐介; 高谷 直樹
    日本農芸化学会2018年度大会
  • ニトロ還元酵素の解析と芳香族アミン生産への利用
    川﨑 志慧; 桝尾 俊介; 皆川 一; 高谷 直樹
    日本農芸化学会2018年度大会
  • 組換え大腸菌の代謝改変による4-アミノフェニルアラニンの発酵生産
    川口 秀夫; 若井 桂子; 桝尾 俊介; 高谷 直樹; 近藤 昭彦
    日本農芸化学会2018年度大会
  • 糸状菌由来の新規ペルオキシダーゼの探索
    北村 優佳; 桝尾 俊介; 竹下 典男; 高谷 直樹
    第17回糸状菌分子生物学コンファレンス
  • more...
Intellectural property rights
  • 4-amino cinnamic acid production method using enzyme
    桝尾 俊介
  • Method for producing aniline derivative by fermentation from carbon source
    小西 一誠; 高谷 直樹; 桝尾 俊介
Teaching
2021-10 -- 2022-02Seminar in Life and Agricultural SciencesUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Seminar in Life and Agricultural SciencesUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Dissertation in Applied Microbiology IIUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Dissertation in Applied Microbiology IIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar in Applied Biochemistry IFUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2021-12Fundamental Chemistry LaboratoryUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar in Applied Biochemistry IIFUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Seminar in Applied Biochemistry ISUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2021-12Fundamental Chemistry LaboratoryUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Dissertation in Applied Microbiology IUniversity of Tsukuba.
more...

(Last updated: 2020-07-16)