現在地

黒田 卓哉(クロダ タクヤ; Kuroda, Takuya)

所属
筑波大学
職名
助教
eメール
 
研究室
T-ACT推進室
研究分野
臨床心理学
教育心理学
研究キーワード
先延ばし
職歴
2018-10 -- (現在)土浦協同病院付属看護専門学校 非常勤講師「カウンセリング」
2015-04 -- (現在)茨城大学 保健管理センター 非常勤講師(健康相談)
2015-04 -- 2018-01放送大学学園 大学院修士全科生教育支援者
2014-04 -- 2016-03茨城キリスト教大学 非常勤講師「心理学研究法I・II」
2014-04 -- 2016-03茨城県教育委員会 筑西市 スクールカウンセラー(兼緊急スクールカウンセラー)
2014-01 -- 2016-03茨城県牛久市教育センター「きぼうの広場」 適応指導 非常勤職員
2013-04 -- 2016-03石下紫峰高校 非常勤講師「こころの不思議」
2013-04 -- 2015-09筑波学院大学 非常勤講師「情報基礎A」
2010-04 -- 2014-03茨城県牛久市牛久市立第三中学校 スクールアシスタント
学歴
2011-04 -- 2016-03筑波大学大学院 人間総合科学研究科3年制博士課程 ヒューマン・ケア科学専攻単位取得満期退学
2009-04 -- 2011-03筑波大学大学院 人間総合科学研究科博士前期課程 心理専攻修了
2005-04 -- 2009-03筑波大学 第二学群 人間学類(心理学専攻)卒業
取得学位
2011-03修士(心理学)筑波大学大学院
免許資格等
2013-04臨床心理士(財団法人日本臨床心理士資格認定協会)
所属学協会
2018-04 -- (現在)日本心理臨床学会
2016-06 -- (現在)日本学生相談学会
2012-05 -- (現在)日本応用心理学会
2012-05 -- (現在)日本教育心理学会
2010-02 -- (現在)日本心理学会
論文
  • 先延ばしにつながる意思決定に影響する行動選択肢への評価
    黒田卓哉
    応用心理学研究/42(3)/pp.194-208, 2017-3
  • 大学生における典型的先延ばし場面.
    黒田卓哉; 望月聡
    筑波大学心理学研究/(46)/pp.97-106, 2013-08
  • 行動選択における遅延傾向と意思決定の関連(人格,ポスター発表)
    黒田卓哉; 望月聡
    日本教育心理学会総会発表論文集/(54)/p.493, 2012-11
  • なぜ“しなければならない行動”がなされないのか? ―先延ばし,自己制御,意思決定の観点から―.
    黒田卓哉; 望月聡
    筑波大学心理学研究/(43)/pp.83-95, 2012-02
会議発表等
  • 「しないことリスト」は先延ばしの堰となるか?
    黒田 卓哉; 望月 聡
    日本心理学会第81回大会/2017-09-20--2017-09-22
  • 行動の選択肢に対する認知・感情・実行レベルの評価が行動選択に及ぼす影響
    黒田卓哉; 望月聡
    日本心理学会第74回大会/2010-9-20--2010-9-22
  • 意図的に先延ばす者たち
    黒田卓哉; 望月聡
    日本心理学会第78回大会/2014-09-10--2014-09-12
  • 先延ばし現象における意思決定要因と認知的方略の関連.
    黒田 卓哉; 望月 聡
    日本心理学会第77回大会/2013-09-19--2013-09-21
  • 行動選択における遅延傾向と意思決定の関連.
    黒田卓哉; 望月聡
    日本教育心理学会第54回総会/2012-11-23--2012-11-25
  • “リア充”の使用実態とそこに込められた感情.
    黒田卓哉; 望月聡
    日本心理学会第76回大会/2012-09-11--2012-09-13
  • “しなければならない行動”が阻害されるとき―状況,競合する選択肢―.
    黒田卓哉; 望月聡
    日本心理学会第75回大会/2011-09-15--2011-09-17
担当授業科目
2019-10 -- 2019-12みんなで創ろう「つくばアクションプロジェクト」筑波大学
2019-04 -- 2019-07みんなで創ろう「つくばアクションプロジェクト」筑波大学
2018-10 -- 2018-12みんなで創ろう「つくばアクションプロジェクト」筑波大学
2018-04 -- 2018-07みんなで創ろう「つくばアクションプロジェクト」筑波大学
2016-04 -- 2016-07みんなで創ろう「つくばアクションプロジェクト」筑波大学 学生生活課
授業以外の教育活動
2018-10 -- 2018-12大学院共通科目「ザ・プレゼンテーション」プレゼンター筑波大学 教育イニシアティブ機構
2017-02 -- 2017-02第11回学生支援フォーラム東京工業大学
2016-04 -- (現在)各学群・学類「フレッシュマンセミナー」出張講義筑波大学 各学群・学類
2017-10 -- 2017-12大学院共通科目「ザ・プレゼンテーション」プレゼンター筑波大学 教育イニシアティブ機構
2016-10 -- 2016-12大学院共通科目「ザ・プレゼンテーション」プレゼンター筑波大学 教育イニシアティブ機構
2016-04 -- (現在)T-ACTコンサルタント筑波大学 T-ACT推進室
一般講演
  • KODOMO-ACT(K-ACT)プロジェクト 始動!!
    黒田 卓哉
    いばらき子ども大学/2019-07-07--2019-11-30
  • 若者の力を取り入れよう!~若者の市民活動参加を考える~
    黒田 卓哉
    もりや市民大学/2016-07-05--2016-08-16
学内管理運営業績
2016-04 -- (現在)T-ACT推進室室員,専任教員
2016-04 -- (現在)学生生活支援室室員
その他の活動
2017-02 -- 2017-02高崎商科大学における研修会 研修テーマ:学生の主体的な取り組みを促進するプラットフォームのあり方とは? 場所:高崎商科大学 高崎商科大学の教職員を対象に,上記テーマでの研修会を行った。具体的には,筑波大学に特有の学生支援である「つくばアクションプロジェクト」(以下,T-ACT)の取り組みと,それによる教育効果・支援効果を解説した。それらを通じて,学生の主体的な活動を促進することによるポジティブな効果をもたらすための制度設計について,研修を行った。

(最終更新日: 2019-08-19)