現在地

新宅 勇一(シンタク ユウイチ; Shintaku, Yuichi)

face
所属
システム情報系
職名
助教
eメール
 
研究分野
機械材料・材料力学
研究キーワード
計算力学
破壊力学
研究課題
繰り返し大変形を受ける溶接構造物の残存耐荷力評価のための材料剛性の低下からき裂進展までをシームレスに接続したシミュレーション手法の確立2019-04 -- 2020-03新宅 勇一日本溶接協会/2019年次世代を担う研究者助成事業
地震動を経験した鋼構造物の残存耐荷力評価のためのシミュレーションモデルの構築2018-04 -- 2020-03新宅 勇一日本鉄鋼協会/鉄鋼研究振興助成
災害リスク評価のためのマルチステージ破壊シミュレーション手法の開発2016 -- 2019寺田 賢二郎日本学術振興会/科学研究費基盤研究(A)
高性能・高寿命モータの開発のための総合評価シミュレーション2016 -- 2017新宅 勇一筑波大学/筑波大学システム情報系若手融合研究プロジェクト
金属材料の組織設計のための微視的メカニズムに基づくき裂進展解析手法の開発2016 -- 2018新宅 勇一筑波大学/筑波大学研究基盤プログラム
材料強度発現のメカニズム解明のための金属組織を考慮したマルチスケールき裂進展 解析2017 -- 2019新宅 勇一日本学術振興会/科学研究費補助金4,420,000円
マルチスケール非線形破壊力学モデルと多重化学物理連成解析手法の構築2014-04 -- 2016-03新宅 勇一日本学術振興会/科学研究費補助金 特別研究員奨励費1,900,000円
職歴
2014-04 -- 2016-03日本学術振興会 特別研究員DC2
学歴
2013-04 -- 2016-03東北大学 工学部 土木工学専攻卒業
取得学位
2016-03博士(工学)東北大学
所属学協会
2018-08 -- (現在)日本機械学会
2018-04 -- (現在)日本鉄鋼協会
2013-04 -- (現在)日本計算工学会
受賞
2018-052017年度 日本計算工学会博士論文賞
2018-05接合科学共同利用・共同研究賞
2017-06平成28年度建設工学研究奨励賞
2017-06JSCESスカラーシップアワード(2017年度)
2017-05日本計算工学会論文 2016年度論文賞
2016-03東北大学総長賞
論文
著書
  • JSCES学生サマーキャンプ2016報告
    松本 拓哉; 横山 優太; 新宅 勇一
    日本計算工学, 日本計算工学会, pp.31-32, 2017-01
  • COMPLAS2017参加報告
    新宅 勇一
    日本計算工学, 日本計算工学会, pp.31-32, 2018-01
  • 地震動を受けた溶接構造物の残存耐荷力を評価するための数値シミュレーションの開発
    新宅 勇一
    一般社団法人 建設工学研究振興会 年報, 一般社団法人 建設工学研究振興会, pp.11-14, 2018-04
会議発表等
  • A Paris law-based Cohesive Zone Model for Fatigue Crack Growth Simulations
    Akiyuki Takahashi; Fujiwara Takaki; Yuichi Shintaku
    International Conference on Computational & Experimental Engineering and Science
  • 結合力埋込型損傷構成則による弾塑性き裂進展解析
    新宅 勇一
    日本鉄鋼協会 第177回春季講演大会
  • Cohesive-traction embedded elasto-plastic damage model with kinematic hardening under cyclic loading
    Soejima Katsuya; Shintaku Yuichi; Tsutsumi Seiichiro; Ter...
    2018 International Workshop on Computational Science and Engineering Applications
  • Gurson model embedding cohesive zone model with dependence on temperature for ductile-brittle transition
    Kagimura Takuya; Shintaku Yuichi
    2018 International Workshop on Computational Science and Engineering Applications
  • Crack propagation simulation in polycrystalline metals with cohesive zone model depending on hydrogen concentration
    Ishibashi So; Shintaku Yuichi
    2018 International Workshop on Computational Science and Engineering Applications
  • 温度依存性を考慮した結合力モデルおよび Gurson モデルによる延性・脆性破壊シミュレーション
    鍵村拓也; 新宅 勇一
    日本機械学会第31回計算力学講演会
  • 移動硬化を考慮した結合力埋込型弾塑性損傷モデルによる構造用鋼材の耐久性評価
    副島克哉; 新宅 勇一; 堤 成一郎; 寺田 賢二郎
    日本機械学会第31回計算力学講演会
  • 繰り返し応力に伴う弾塑性挙動と疲労き裂発生寿命評価
    新宅 勇一; 寺田 賢二郎; 堤 成一郎
    大阪大学接合科学研究所 平成30年度 共同研究成果発表会
  • 水素の非定常拡散を考慮した水素助長疲労き裂の進展解析
    石橋奏; 新宅 勇一; 寺田 賢二郎; 堤 成一郎
    平成30年度 秋季全国大会
  • 水素の非定常拡散を考慮した水素助長疲労き裂の進展解析
    石橋奏; 新宅 勇一; 寺田 賢二郎; 堤 成一郎
    平成30年度 秋季全国大会
  • 主双対内点法を用いた損傷モデルによる延性破壊シミュレーション
    鍵村拓也; 新宅 勇一
    JSCES夏季学生講演会2018
  • 移動硬化を考慮した結合力埋込型弾塑性損傷モデルの提案
    副島克哉; 新宅 勇一; 堤 成一郎; 寺田 賢二郎
    JSCES夏季学生講演会2018
  • 水素脆化を受ける金属材料の疲労き裂進展解析
    石橋奏; 新宅 勇一; 寺田 賢二郎; 堤 成一郎
    JSCES夏季学生講演会2018
  • Fatigue Crack Growth Simulation Considering Crack Closure Effect
    Shinozaki Yuto; Takahashi Akiyuki; Shintaku Yuichi; Kikuc...
    The 11th International Conference on Fracture and Strength of Solid
  • Gursonモデルによる延性き裂進展解析のための非線形計画法の検討
    鍵村拓也; 新宅 勇一
    第26回茨城講演会
  • A method for seamless transition from degradation of material stiffness to formation of strong discontinuity
    Shintaku Yuichi; Tsutsumi Seiichiro; Terada Kenjiro
    13th World Congress on Computational Mechanics
  • データマイニングによるCFRP静的強度ばらつきの抑制手法について
    石橋 慶輝; 寺田 賢二郎; 平山 紀夫; 小谷 拓磨; 森口 周二; ...
    第23回計算工学講演会
  • Paris則に基づく結合力モデルを用いた2次元疲労き裂進展解析システムの構築
    藤原宇希; 高橋昭如; 新宅 勇一
    第23回計算工学講演会
  • き裂開閉口挙動を考慮した疲労き裂進展解析システムの構築
    篠崎勇人; 高橋昭如; 新宅 勇一
    第23回計算工学講演会
  • 複合硬化弾塑性モデルを用いた構造用鋼材の損傷評価と載荷パターン・応力三軸度が及ぼす影響
    副島克哉; 新宅 勇一; 堤 成一郎; 寺田 賢二郎
    第23回計算工学講演会
  • 多結晶体金属における水素拡散と水素脆化によるき裂進展の双方向弱連成解析
    石橋奏; 新宅 勇一
    第23回計算工学講演会
  • 計算材料力学によるマルチフィジックスき裂解析手法の開発
    新宅 勇一
    第13回産学連携シンポジウム
  • スイッチトリラクタンスモータにおけるモータ形状がインダクタンスに及ぼす影響
    高橋勇人; 新宅勇一; 高安亮紀; 高橋徹
    日本機械学会 第30回計算力学講演会/2017-09-16--2017-09-18
  • 結合力埋込型損傷構成則と有限被覆法を用いた不連続面進展解析の基礎的検討
    新宅 勇一; 寺田 賢二郎; 堤 成一郎
    日本機械学会第30回計算力学講演会
  • An adaptive traction approach from weak- to strong-discontinutiy by cohesive traction embedded damage-like constitutive law and finite cover method
    Shintaku Yuichi; Terada Kenjiro; Tsutsumi Seiichiro
    XIV International Conference on Computational Plasticity
担当授業科目
2020-01 -- 2020-02応用材料学筑波大学
2019-10 -- 2020-02構造エネルギー工学前期特別演習I筑波大学
2019-04 -- 2019-08構造エネルギー工学前期特別演習I筑波大学
2019-10 -- 2020-02エネルギー工学応用実験筑波大学
2019-10 -- 2020-02構造エネルギー工学後期特別演習筑波大学
2019-04 -- 2019-08構造エネルギー工学後期特別演習筑波大学
2019-10 -- 2020-02構造エネルギー工学前期特別研究I筑波大学
2019-04 -- 2019-08構造エネルギー工学前期特別研究I筑波大学
2019-10 -- 2019-12計算力学特論筑波大学
2019-10 -- 2020-02構造エネルギー工学後期特別研究筑波大学

(最終更新日: 2019-06-26)