現在地

宮前 友策(ミヤマエ ユウサク; Miyamae, Yusaku)

face
所属
生命環境系
職名
准教授
ORCID
0000-0002-8102-4391
性別
男性
科研費番号
30610240
URL
eメール
 
研究分野
ケミカルバイオロジー
生物分子化学
生物有機化学
研究キーワード
ケミカルバイオロジー、メディシナルケミストリー、天然物化学
研究課題
PPARγリガンドの細胞内合成を光で制御するオプトケミカルツールの開発2020-04 -- 2023-03宮前友策日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(C)4,290,000円
乳オリゴ糖の機能に関する研究2018-03 -- 2021-02宮前友策/協和発酵バイオ株式会社との共同研究6,560,000円
内在性リガンドを模倣する新規共有結合性PPARγアゴニストの創製と作用機構解明2017-04 -- 2020-03宮前友策日本学術振興会/科学研究費補助金 若手(B)4,160,000円
リガンド及び光照射により制御可能なタンパク質分解システムの構築2015-09 -- 2016-08宮前友策京都大学/若手人材海外派遣事業 スーパージョン万プログラム 研究者派遣プログラム4,808,000円
テトランドリンをバイオプローブとしたオートファジー経路による脂肪滴分解機構の解明2014-04 -- 2017-03宮前友策日本学術振興会/科学研究費補助金 若手(B)3,770,000円
天然由来オートファジー制御化合物の探索及び作用機構の解明2011-04 -- 2013-03宮前友策日本学術振興会/科学研究費補助金 研究活動スタート支援2,990,000円
食品由来の新規亜鉛吸収促進因子の探索およびその応用性の検討2015-04 -- 2018-03神戸大朋日本学術振興会/平成25年度科学研究費補助金 基盤研究(B) 分担
大豆含有因子による亜鉛欠乏改善効果に関する食品科学的研究2014-05 -- 2015-04宮前友策タカノ農芸化学研究助成財団/若手研究者部門500,000円
特異な脂肪細胞分化を誘導する核内受容体リガンドの遺伝子発現機構解析2013-12 -- 2015-03宮前友策(財)農芸化学研究奨励会/第41回農芸化学研究奨励金500,000円
糖尿病創薬を目指した植物由来dual functional agonistの開発2012-10 -- 2013-09宮前友策独立行政法人科学技術振興機構/平成26年度研究成果展開事業研究成果最適展開支援プログラムA-STEPフィージビリティスタディステージ探索タイプ1,690,000円
職歴
2016-09 -- (現在)筑波大学 生命環境系 准教授
2015-10 -- 2016-08Stanford University Department of Chemical and Systems Biology Visiting Scholar
2011-04 -- 2016-08京都大学 大学院生命科学研究科統合生命科学専攻 助教
学歴
-- 2011-03筑波大学 大学院生命環境科学研究科 生命産業科学専攻修了
-- 2006-03筑波大学 第二学群 生物資源学類卒業
取得学位
2011-03博士(農学)筑波大学
所属学協会
2015 -- (現在)アメリカ化学会
2014 -- (現在)International Chemical Biology Society
2012 -- (現在)日本ケミカルバイオロジー学会
2008 -- (現在)日本農芸化学会
2007 -- (現在)新規素材探索研究会
受賞
2018-07平成30年度卓越研究員候補者
2017-07平成29年度卓越研究員候補者
2011-04笹川科学研究奨励賞
2009-07日本動物細胞工学会2009年度大会優秀ポスター賞
2009-06新規素材探索研究会奨励賞
論文
  • Food-Derived Compounds Apigenin and Luteolin Modulate mRNA Splicing of Introns with Weak Splice Sites
    Kurata Masashi; Fujiwara Naoko; Fujita Ken-Ichi; Yamanaka...
    iScience/22/pp.336-+, 2019-11
  • Stimulation of insulin secretion by acetylenic fatty acids in insulinoma MIN6 cells through FFAR1
    Nishino Katsutoshi; Uesugi Haruka; Hirasawa Akira; Ohtera...
    Biochemical and biophysical research communications/522(1)/pp.68-73, 2019-11
  • Importance of the Proximity and Orientation of Ligand-Linkage to the Design of Cinnamate-GW9662 Hybrid Compounds as Covalent PPARγ Agonists
    Utsugi Yuki; Kobuchi Hirona; Kawamura Yukio; Atito Ahmed ...
    Molecules (Basel, Switzerland)/24(10), 2019-05
  • Inhibition of mRNA maturation by compounds which have a flavonoid skeleton
    1) Kurata M.; Morimoto M.; Kawamura Y.; Mursi A. I. F.; M...
    Biochemistry and Molecular Biology, 2017-03
  • The isoflavone fraction from soybean presents mRNA maturation inhibition activity
    Kurata M Murata Y Momma K Fouad Ali Mursi I Takahashi M M...
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2017-03
  • Structure-Activity Relationship of Phenylethanoid Glycosides on the Inhibition of Amyloid β Aggregation
    Kidachi Eri; Kurisu Manami; Miyamae Yusaku; Hanaki Mizuho...
    Heterocycles/92(11)/pp.1976-1982, 2016
  • 核内受容体PPARγのユニークな特性と新奇リガンド開発への新展開
    宮前 友策; 永尾 雅哉
    化学と生物/54(11)/pp.791-793, 2016
  • Tetrandrine induces lipid accumulation through blockade of autophagy in a hepatic stellate cell line
    Miyamae Yusaku
    Biochemical and Biophysical Research Communications/477/pp.40-46, 2016-08
  • Soybean extracts increase cell surface Zip4 abundance and cellular zinc levels: a potential novel strategy to enhance zinc absorption by ZIP4-targeting
    Miyamae Yusaku
    Biochemical Journal/472/pp.183-193, 2015
  • Structure-activity relationship of phenylethanoid glycosides on the inhibition of amyloid β aggregation
    Kidachi Eri; Kurisu Manami; Miyamae Yusaku; Hanaki Mizuho...
    Heterocycles/92/pp.1976-1982, 2016
  • Identification of a new-type of covalent PPARγ agonist using a ligand-linking strategy
    Miyamae Yusaku
    ACS Chemical Biology/10/pp.2794-2804, 2015-10
  • Induction of Hepatocyte Growth Factor Production in Human Dermal Fibroblasts by Caffeic Acid Derivatives
    Kurisu Manami; Nakasone Rie; Miyamae Yusaku; Matsuura Dai...
    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN/36(12)/pp.2018-2021, 2013-12
  • Identification of 6-octadecynoic acid from methanol extract of Marrubium vulgare L. as a peroxisome proliferator-activated receptor γ agonist
    Miyamae Yusaku
    Biochemical and Biophysical Research Communications/440/pp.204-209, 2013
  • Cooperative functions of ZnT1, metallothionein and ZnT4 in the cytoplasm are required for full activation of tissue non-specific alkaline phosphatase in the secretory pathway
    Miyamae Yusaku
    PLoS One/8/p.e77445, 2013
  • Promoting effects on hepatocyte growth factor production of daphnane diterpenoids from Daphne odora
    Miyamae Yusaku
    Heterocycles/87/pp.1087-1092, 2013
  • Induction of hepatocyte growth factor production in human dermal fibroblasts by caffeic acid derivatives
    Miyamae Yusaku
    Biological & Pharmaceutical Bulletin/36/pp.2018-2021, 2013
  • Protective effects of caffeoylquinic acids on the aggregation and neurotoxicity of 42-residue amyloid β protein
    Miyamae Yusaku
    Bioorganic & Medicinal Chemistry/20/pp.5844-5849, 2012
  • Establishment of the monitoring system which modulates the mRNA processing
    Miyamae Yusaku
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry/76/pp.1248-1251, 2012
  • 3,4,5-tri-O-caffeoylquinic acid inhibits amyloid β-mediated cellular toxicity on SH-SY5Y cells through the upregulation of PGAM1 and G3PDH
    Miyamae Yusaku; Han Junkyu; Sasaki Kazunori; Terakawa Mik...
    Cytotechnology/63(2)/pp.191-200, 2011
  • Pycnalin, a new α-glucosidase inhibitor from Acer pycnanthum
    Miyamae Yusaku
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin/59/pp.672-675, 2011
  • Structure-activity relationship of caffeoylquinic acids on the accelerating activity on ATP production
    Miyamae Yusaku
    Chemical & Pharmaceutical Bulletin/59/pp.502-509, 2011
  • 生合成酵素遺伝子導入によるニチニチソウアルカロイドの変換
    宮前 友策
    ファルマシア, 2009-09
  • 3,5-di-O-caffeoylquinic acid on SH-SY5Y cells and SAMP8 mice through the up-regulation of PGK1
    Miyamae Yusaku
    Neuroscience/169/pp.1039-1045, 2010
  • Hirseins A and B, daphnane diterpenoids from Thymelaea hirsuta that inhibit melanogenesis on B16 melanoma cells
    Miyamae Yusaku
    Journal of Natural Products/72/pp.938-941, 2009
  • Effect of Mediterranean medicinal plant extracts on melanogenesis regulation
    Miyamae Yusaku
    Journal of Arid Land Studies/19/pp.387-390, 2009
著書
  • Identification of 6-Octadecynoic Acid, a Rare Acetylenic Fatty Acid, from a Methanol Extract of Marrubium vulgare L. As a Peroxisome Proliferator-Activated Receptor γ Agonist
    宮前 友策
    Sustainable North African Society: Exploring Seeds and Resources for Innovation, Nova Science Publishers, pp.49-58, 2014
会議発表等
  • オートファジー制御化合物テトランドリンの蛍光標識体合成と細胞内局在観察
    高橋 知暉; 東海 芙美子; 礒田 博子; 繁森 英幸; 宮前 友策
    第62回天然有機化合物討論会/2020-09-22--2020-09-24
  • 植物由来ポリフェノール化合物による神経細胞保護作用
    繁森 英幸; 宮前友策; 栗栖真奈美; 中曽根理絵; 松浦大輔; 金...
    第38回日本認知症学会 学術集会/2019-11-07--2019-11-09
  • 脱ユビキチン化酵素の切断活性を利用した細胞内標的タンパク質発現制御法の構築
    宮前 友策; 宇津木優樹; 礒田博子; Ling-Chun Chen; Thomas J...
    日本農芸化学会2020年度大会/2020-03-25--2020-03-28
  • 細胞内局在観察を志向したテトランドリン蛍光標識化合物の合成とオートファジー阻害活性評価
    高橋知暉; 東海芙美子; 礒田博子; 繁森英幸; 宮前 友策
    日本農芸化学会2020年度大会/2020-03-25--2020-03-28
  • フラグメントユニットの近接性と配向性が異なる共有結合型PPARγリガンドの合成と活性評価
    宇津木優樹; 小渕裕菜; 河村幸雄; 永尾雅哉; 礒田博子; 宮前 ...
    日本農芸化学会2020年度大会/2020-03-25--2020-03-28
  • 脱ユビキチン化酵素の切断活性を利用した細胞内標的タンパク質発現制御法の構築
    宮前 友策; 宇津木優樹; 礒田博子; Ling-Chun Chen; Thomas J...
    日本農芸化学会2020年度大会/2020-03-25--2020-03-28
  • リガンド結合ポケットの特性を利用した新規共有結合性PPARγアゴニストの創製と生物活性評価
    宮前 友策; 宇津木優樹; 大寺杏奈; 小渕裕菜; 吉田光多郎; 大...
    第61回天然有機化合物討論会/2019-09-11--2019-09-13
  • 脱ユビキチン化酵素の切断機構を利用した細胞内標的タンパク質発現制御法の開発
    宮前 友策; 宇津木優樹; 礒田博子; Ling-Chun Chen; Thomas J...
    日本ケミカルバイオロジー学会第14回年会/2019-06--2019-06
  • Biological evaluation of cinnamate-GW9662 hybrid compounds as a novel class of covalent PPARγ agonist
    宇津木優樹; 小渕裕菜; 河村幸雄; Atito Ahmed Salahelden Ab...
    JAACT2018/2018-11--2018-11
  • Identification of a New Type of Covalent PPARγ Agonist Using a Ligand-Linking Strategy
    宮前 友策; 大寺杏奈; 吉田光多郎; 前嶋一宏; 秋田徹; 垣塚彰...
    JAACT2018/2018-11--2018-11
  • 新規共有結合性PPARγアゴニストの構造活性相関及び推定結合様式の解析
    宇津木優樹; 小渕裕菜; 河村幸雄; Ahmed Salahelden Aboelham...
    2018年度日本農芸化学会関東支部大会/2018-10--2018-10
  • 植物由来カフェ酸誘導体による神経細胞保護作用
    繁森 英幸; 宮前 友策; 栗栖 真奈美; 木立 恵利; 谷野 伸...
    日本農芸化学会関東支部2018年度支部大会/2018-10-13--2018-10-13
  • オートファジー阻害剤テトランドリンの作用機序の解析
    宮前 友策、西藤 有希奈、臼井 健郎、増田 誠司、神戸 大朋、...
    日本農芸化学会2018年度大会/2018-03-15--2018-03-18
知的財産権
  • PDE5A Destabilizing Domains
    Thomas J. Wandless; Ling-Chun Chen; 宮前友策
担当授業科目
2020-04 -- 2021-03農林生物学基礎実験生物資源学類
2020-04 -- 2021-03農林生物学実験生物資源学類
2020-04 -- 2021-03食品機能学生物資源学類
2020-04 -- 2021-03創薬化学概論ライフイノベーション学位プログラム
2020-04 -- 2021-03創薬トランスレーショナルサイエンス(科目コーディネーター)ライフイノベーション学位プログラム
2020-04 -- 2021-03ライフイノベーションチーム型演習(科目コーディネーター)ライフイノベーション学位プログラム
2020-04 -- 2021-03ライフイノベーション実習(科目責任者)ライフイノベーション学位プログラム
2020-04 -- 2021-03創薬概論(科目コーディネーター)ライフイノベーション学位プログラム
2019-04 -- 2020-03食品機能学生物資源学類
2019-04 -- 2020-03有機化学・ケミカルバイオロジーライフイノベーション学位プログラム
一般講演
  • リガンド結合ポケットの特性を利用した新規共有結合性PPARγアゴニストの創製
    宮前 友策
    筑波大学 天然物化学セミナー特別講演会/2017-12-19--2017-12-19
学協会等委員
2020-03 -- (現在)MDPIGuest editor of Special Issue in Molecules
2019-10 -- (現在)MDPICo-guest editor of Special Issue in Applied Sciences
2018-01 -- 2018-11JAPANESE ASSOCIATION FOR ANIMAL CELL TECHNOLOGYJAACT2018 Tsukuba Organizing Committee/Secretary
学内管理運営業績
2019-04 -- (現在)ライフイノベーション学位プログラム学位論文審査委員会委員長
2016-09 -- (現在)ライフイノベーション学位プログラム運営委員会委員
2018-04 -- (現在)ライフイノベーション学位プログラム財務委員会委員
2016-09 -- 2019-03ライフイノベーション学位プログラム学位論文審査委員会委員
2016-10 -- (現在)博士(ライフサイエンス等)学位論文審査委員会委員
2016-10 -- (現在)修士(ライフサイエンス等)学位論文審査委員会委員

(最終更新日: 2020-07-29)