現在地

福重 瑞穂(フクシゲ ミズホ; Fukushige, Mizuho)

face
所属
医学医療系
職名
助教
URL
研究室
臨床試験・臨床疫学研究室
研究分野
疫学・予防医学
寄生虫学(含衛生動物学)
研究キーワード
顧みられない熱帯病
住血吸虫症
メタアナリシス
職歴
2017-09 -- (現在)筑波大学 医学医療系 助教
2016-10 -- 2017-08筑波大学 国際室 海外広報担当
2010-04 -- 2012-08筑波大学 国際室 ホーチミン事務所担当
2009-04 -- 2010-03筑波大学 医学系支援室 ホーチミン事務所担当
学歴
2012-09 -- 2016-11University of Edinburgh, College of Medicine and Veterinary Medicine, Edinburgh Medical School: Biomedical Sciences修了
2007-04 -- 2009-03筑波大学 人間総合科学研究科 フロンティア医科学専攻修了
2003-04 -- 2007-03琉球大学 理学部 海洋自然科学科 生物系卒業
取得学位
2016-11PhDUniversity of Edinburgh
査読付き学術雑誌・国際会議論文
会議発表等
  • 相対握力と1年後の新規高血圧発症との関連
    保木本崇弘; Chrispin Manda; 福重瑞穂; 我妻 ゆき子
    第29回日本疫学会学術総会/2019-01-30--2019-02-01
  • 甲状腺超音波検査実施状況調査および検査終了後の情報発信手段の検討
    内藤舜斗; 我妻 ゆき子; 福重瑞穂
    第77回日本公衆衛生学会総会/2018-10-24--2018-10-26
  • Handgrip strength, prediabetes, type 2 diabetes and hypertension among adults in Malawi
    Chrispin Manda; Fukushige Mizuho; Crampin Mia; 我妻 ゆき子
    Tsukuba Global Science Week 2018/2018-09-20--2018-09-22
  • Lifestyle patterns associated with hyperglycemia among adults in Mito, Japan
    Manda Chrispin Mahala; Fukushige Mizuho; Wagatsuma Yukiko
    日本国際保健医療学会第33回東日本地方会/2018-07-07--2018-07-07
  • The effects of praziquantel treatment for schistosomiasis: a systematic review and meta-analysis
    Fukushige M.; Mutapi F.; Woolhouse M.E.J.
    Public Health and Stem Cell Therapy Symposium 2018/2018-03--2018-03
  • Identifying factors that influence cure rates during schistosomiasis treatment with praziquantel: a systematic review and meta-analysis.
    Fukushige M.; Mutapi F.; Woolhouse M.E.J
    the British Society for Parasitology spring meeting/2016
  • Changes in antibody isotype levels after schistosomiasis chemotherapy: a systematic review and meta-analysis.
    Fukushige M.; Mutapi F.; Woolhouse M.E.J.
    the British Society for Parasitology spring meeting/2015
  • A meta-analysis of experimental studies of radiation attenuated schistosome vaccines in the animal model.
    Fukushige M.; Mitchell K.M.; Bourke C.C.; Woolhouse M.E.J...
    Tsukuba Global Science Week/2015
  • Preliminary results of the one-year follow-up study using Neem oil ad a prevention against visceral leishmaniasis in Bangladesh.
    Fukushige M.; Alam M.S.; Haque R; Wagatsuma Y.
    the International Congress of Tropical Medicine and Malaria/2008
担当授業科目
2018-04 -- 2018-06国際感染症学筑波大学
2018-04 -- 2018-06疫学概論筑波大学
2018-04 -- 2018-06社会医学概論筑波大学
2018-06 -- 2018-06M4クリニカル・クラークシップI社会医学実習筑波大学
2018-09 -- 2018-09Phase II臨床実習医療概論IVアドヴァンストコース「国際疾病対策と疫学的アプローチ」筑波大学
2018-09 -- 2018-09地球規模課題と国際社会:感染症・保健医療問題筑波大学
2018-04 -- 2019-02医科学セミナーVI(疫学・生物統計学)筑波大学
2018-04 -- 2019-02外国人医学者とのコミュニケーション演習筑波大学
2018-10 -- 2018-12疫学特論筑波大学
2018-10 -- 2018-12臨床試験論筑波大学
学内管理運営業績
2018-04 -- (現在)フロンティア医科学専攻広報委員会委員
2018-04 -- (現在)医学医療系国際連携委員会委員

(最終更新日: 2019-01-29)