Yamada Takeshi

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Assistant Professor
Research fields
Gastroenterology
Research keywords
臨床腫瘍学
Cancer stem cell
Research projects
IBD上皮病態を基軸とした免疫チェックポイント阻害薬関連腸炎の病態解明2022-04 -- 2025-03山田武史/2022年度 基盤研究(C)(一般)3,300,000Yen
免疫チェックポイント阻害薬(ICI)による腸炎に対するサラゾスルファピリジンの有効性・安全性を評価する探索的臨床試験2021-11 -- 2024-06筑波大学附属病院/先進的医療推進支援制度
光を用いた新しい便潜血反応法の開発2017-08 -- 2020-03山田武史一般財団法人 住環境財団/8,000,000Yen
癌性腹水に対するパクリタセキセル+ラムシルマブ療法の有用性2016-04 -- (current)/
血清p53抗体とfield of cancerization2017-04 -- (current)/
肝癌幹細胞モデルの確立とソラフェニブ標的細胞集団の同定2013-04 -- 2015-03/
早期胃癌LVIの臨床病理学的リスク因子の解析2012-04 -- 2014-03/
Career history
2021-04 -- (current)つくば臨床医学研究開発機構 コンサルテーション室室長
2018-04 -- 2021-03つくば臨床医学研究開発機構コンサルテーション室副室長
2018-04 -- (current)筑波大学医学医療系臨床研究地域イノベーション学講師
2016-04 -- 2018-03筑波大学附属病院光学医療診療部病院講師
2014-04 -- 2016-03筑波大学附属病院臨床研究推進センター病院講師
2012-04 -- 2014-03筑波大学附属病院クリニカルアシスタント
2011-04 -- 2012-03筑波大学附属病院クリニカルフェロー
2005-04 -- 2011-03筑波大学附属病院レジデント
Academic background
2012-06 -- 2015-03理化学研究所細胞材料開発室
2011-10 -- 2012-01Ottawa Hospital Research Institute
2011-04 -- 2015-03筑波大学大学院 人間総合科学研究科疾患制御医学専攻
1999-04 -- 2005-03筑波大学 医学専門学群
Degree
2015-3博士(医学)筑波大学
2005-3学士(医学)筑波大学
Licenses and qualifications
2021-04日本肝臓学会指導医
2019-04日本臨床腫瘍学会指導医
2017-12日本内科学会総合内科専門医
2016-9難病指定医
2016-6日本臨床薬理学会特別指導医
2015-3日本肝臓専門医
2014-12日本消化器内視鏡学会専門医
2014-4日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
2014-1日本消化器病学会専門医
2011-9日本内科学会認定内科医
more...
Academic societies
2020-09 -- (current)日本膵臓学会
2019-03 -- (current)日本胆道学会
2017-04 -- (current)American Society of Clinical Oncology
2016-02 -- (current)西日本がん研究機構
2015-10 -- (current)日本臨床薬理学会
2012-09 -- (current)日本癌学会
2011-10 -- (current)日本肝臓学会
2008-03 -- (current)日本臨床腫瘍学会
2008-03 -- (current)日本消化器内視鏡学会
2008-02 -- (current)日本消化器病学会 (関東地方会評議員)
more...
Articles
Books
  • 第12章 薬剤を探す
    山田 武史; 坂東 裕子; 関根 郁夫
    がんゲノム医療 結果報告書の読み方と患者への伝え方~エキスパートパネルの実際~/株式会社医学と看護社/pp.82-86, 2020-05
  • Collagenous sprueの特徴と内視鏡所見
    山田 武史; 金子剛; 溝上裕士
    INTESTINE/日本メディカルセンター社/pp.548-553, 2017-11
  • Collagenous colitisの臨床病理学的特徴
    山田 武史; 溝上裕士
    消化器・肝臓内科/科学評論社/pp.465-472, 2017
  • 大腸癌治療ガイドライン医師用2016年版(大腸癌研究会)の概略
    山田 武史; 兵頭一之介
    大腸がんPerspective/メディカルレビュー社/pp.246-254, 2017
  • 研究者を研究不正から守る~筑波大学附属病院の取組み
    山田 武史; 百 賢二; 鶴嶋英夫; 荒川義弘
    薬剤学/pp.247-250, 2016
  • 肝癌に対する腫瘍融解ウイルス療法
    山田 武史
    次世代のがん治療薬・診断のための研究開発/技術情報協会/pp.307-313, 2016-2
  • CALGB/SWOG 80405試験を読み解く(Deep understanding of CALGB/SWOG 80405 trial)
    山田 武史; 森脇俊和
    がん分子標的治療/メディカルレビュー社/pp.124-126, 2015
  • 消化器癌に対する分子標的治療の今後の展望
    山田 武史; 森脇俊和; 兵頭一之介
    消化器の臨床/ヴァン・メディカル社/pp.578-585, 2010
  • 大腸癌に対する化学療法Up-to-date -分子標的治療薬の位置付けとQOL向上の工夫-
    山田 武史; 森脇俊和; 兵頭一之介
    消化管Network/朝日新聞社/pp.6-8, 2009
Conference, etc.
  • ペムブロリズマブ投与後に広範な胃粘膜障害を認め鑑別に苦慮したサイトメガロウィルス胃病変の一例
    鈴木 英雄; 山田武史; 秋山慎太郎; 森脇俊和; 奈良坂俊明; 坂本琢; 土屋輝一郎; 武石岳大; 松山政史; 澤藤拓; 小林真理...
    第367回日本消化器病学会関東支部例会/2021-12-11
  • 免疫関連有害事象腸炎に対するサラゾスルファピリジンの治療経験
    鈴木 英雄; 山田武史; 森脇俊和; 奈良坂俊明; 土屋輝一郎; 小林真理子; 石川直樹; 山本祥之
    第12回日本炎症性腸疾患学会学術集会/2021-11-26
  • RAS status in ctDNA during chemotherapy for RAS mutant colorectal cancer: A retrospective study
    Moriwaki Toshikazu; 悠也 萩原; 祥之 山本; 怜 野本; 拓 澤藤; 壮馬 福田; 智史 ...
    第19回日本臨床腫瘍学会学術集会/2022-02-17--2022-02-17
  • Real World Data on Immune Checkpoint Inhibitors as Later Line Treatment for Esophageal Cance
    上山俊介; 山田武史; 辻美季; 菅谷明徳; 浜野由花子; 廣瀬優; 新里悠輔; 小林真理子; 山本祥之; 森脇俊和; 土屋輝一郎
    第19回日本臨床腫瘍学会(P42-2)/2022-2-17--2022-2-19
  • Efficacy and safety of cabozantinib in patients with advanced hepatocellular carcinoma: a retrospective analysis
    澤藤 拓; 山田武史; 長谷川直之; 高橋一広; 祥之 山本; 森脇俊和; 秋山慎太郎; 小林真理子; 土屋輝一郎
    JSMO 2022/2022-2-17--2022-2-19
  • 蛍光イメージングフローサイトメトリーによる血中循環腫瘍細胞の検出
    松村 洋貴; 沈 之為; 三上 秀治; 磯崎 瑛宏; 袁 丹; 楠本 佳香; 西川 真子; 山田 武史; 上田 文...
    化学とマイクロ・ナノシステム学会第44回研究会/2021-11-09--2021-11-11
  • 筑波大学附属病院における診療科ヒアリングによる臨床研究推進の試み
    山田 武史; 佐々木敦子; 杉井 成志; 高嶋泰之; 町野 毅; 松阪 諭; 鶴嶋 英夫; 丸尾 和司; 石井 亮太...
    ARO協議会 第8回学術集会/2021-09-10--2021-09-11
  • カペシタビンによる全消化管粘膜脱落および重篤な消化管出血を救命し得たdihydropyrimidine dehydrogenase (DPD)欠損症の1例
    鈴木 英雄; 宮崎鈴菜; 萩原悠也; 山本祥之; 辻実季; 福田智史; 福田壮馬; 小野田翼; 鈴木宏清; 丹下善隆; 新里悠輔; 小...
    第365回日本消化器病学会関東支部例会/2021-07-10--2021-07-10
  • ペムブロリズマブによる免疫関連有害事象(irAE)大腸炎に対してサラゾスルファピリジンが著効した1例
    鈴木 英雄; 石川直樹; 山田武史; 小林真理子; 山本祥之; 森脇俊和; 土屋輝一郎
    第365回日本消化器病学会関東支部例会/2021-07-10--2021-07-10
  • 大腸癌に合併したS.bovisによる感染性心内膜炎の一例
    鈴木 英雄; 辻 実季; 山本 祥之; 森脇 俊和; 山田 武史; 丹下 善隆; 萩原 悠也; 福田 智史
    第364回日本消化器病学会関東支部例会/2021-04-24
  • 致死的pulmonary tumor thrombotic microangiopathy (PTTM)を合併した胃癌に対して化学療法が有効であった一例
    鈴木 英雄; 宇野 広隆; 福田 壮馬; 辻 実希; 福田 智史; 小野田 翼; 萩原 悠也; 鈴木 宏清; 丹下...
    第363回日本消化器病学会関東支部例会/2021-02-27
  • 食道癌に対する FOLFOX を用いた化学放射線療 法の有効性と安全性を評価する後ろ向き研究
    廣瀬 優; 山田 武史; 廣嶋 悠一; 鈴木 宏清; 新里 悠輔; 山本 祥之; 森脇 俊和; 櫻井 英幸; 溝上...
    18th Japanese Society of Medical Oncology Meeting/2021-02-18--2021-02-21
  • Relationship between duration of treatment with bevacizumab and proteinuria in metastatic col- orectal cancer
    悠輔 新里; 森脇俊和; 実季 辻; 智史 福田; 壮馬 福田; 悠也 萩原; 翼 小野田; 宏清 鈴木; 善隆 ...
    18th Japanese Society of Medical Oncology Meeting/2021-02-18--2021-02-21
  • Update analysis of phase Ib study of FOLFOXIRI plus ramucirumab as first-line therapy for patients with metastatic colorectal cancer
    Yamada Takeshi
    ESMO Asia Congress 2017/2017-11-18
  • 再発癌への治療戦略:放射線治療
    石川 仁; 廣嶋 悠一; 森脇 俊和; 山本 祥之; 山田 武史; 久倉 勝治; 小川 光一; 櫻井 英幸
    第74回日本食道学会学術集会/2020-12-10--2020-12-11
  • Retrospective analysis for efficacy and safety of nivolumab in advanced gastric cancer patients (pts) with malignant ascites.
    Sugaya Akinori; Ueyama Shunsuke; Suzuki Hirosumi; Yamada ...
    2020 Gastrointestinal Cancers Symposium/2020-1-23--2020-1-23
  • 筑波大学における特定臨床研究の促進策の現状と課題
    山田 武史
    ARO協議会 第7回学術集会/2019-09-28
  • A phase II study of FOLFOXIRI plus bevacizumab (Bmab) as initial chemotherapy for patients (pts) with untreated metastatic colorectal cancer (mCRC): TRICC1414 (Be TRI).
    Yamada Takeshi; Nishina T; Nasu J; Matsumoto T; Yuasa Y; ...
    ASCO-GI 2020/2020-01-23--2020-01-25
  • 胸部食道癌に対する術前化学療法+食道切除vs陽子線併用化学放射線療法の検討
    小川光一; 久倉勝治; 石川仁; 野中哲生; 山本祥之; 山田武史; 明石義正; 小田 竜也
    第73回日本食道学会学術集会/2019-6-6--2019-6-7
  • Role of Glasgow prognostic score in chemo-naive patients with advanced biliary tract cancer and good performance status
    Moriwaki T.; Hasegawa N.; Yamamoto Y.; Yamada T.; Kanai ...
    European-Society-for-Medical-Oncology (ESMO) Asia Congress/2019-11-22--2019-11-24
  • Retrospective analysis for efficacy and safety of nivolumab in advanced gastric cancer patients with malignant ascites
    Suzuki Hirosumi; Yamada Takeshi; Hagiwara Yuuya; Ikeda T...
    Annual Meeting of the Japanese-Society-of-Medical-Oncology (JSMO)/2019-07-18--2019-07-20
  • Chemotherapy for metastatic appendiceal signet ring cell carcinoma: a case study of 4 patients
    廣瀬優; 森脇 俊和; 伊藤喜美; 小野田翼; 杉山雄太郞; 鈴木宏清; 永渕美帆; 池田貴文; 新里悠輔; 山田武史; 山本祥之; ...
    第16回日本消化管学会総会学術集会/2020-02-07--2020-02-07
  • Nivolumab療法を免疫関連有害事象のため中止後、抗腫瘍効果が長期間維持された胃癌の1例
    八田 幸乃; 森脇 俊和; 廣瀬優; 伊藤 嘉美; 小野田 翼; 杉山雄太郎; 永渕美帆; 鈴木 宏清; 新里 悠輔; ...
    第29回茨城がん学会/2019-12-22--2019-12-22
  • Role of Glasgow prognostic score in chemo-naïve patients with advanced biliary tract cancer and good performance status
    森脇 俊和; 長谷川直之; 山本祥之; 山田武史; 金井 雅史; 小林 省吾; 江口 英利; 瀬尾 智; 武冨 紹信; ...
    JSCO 57th Annual Meeting 2019/2016-10-24--2019-10-26
  • 仮性動脈瘤胆道穿破の2症例
    山浦正道; 福田 邦明; 森健作; 廣瀬優; 佐藤雅志; 遠藤壮登; 山田武史; 長谷川直之; 石毛和紀; 兵頭一之介; 溝上裕士
    第54回日本胆道学会学術集会/2018-09-27--2018-09-28
  • more...
Teaching
2022-12 -- (current)腫瘍学総論医学群医学類
2019-06 -- (current)臨床研究の実践と生物統計医学群医学類
2018-10 -- (current)Practice of Clinical Pharmacologyschool of medical science
2018-10 -- (current)Lecture on Critical Path Research ManagementGraduate School of Comprehensive human sciences Majors of Medical Sciences
2018-10 -- (current)Lecture and Seminar on Research ManagementMaster's program in Medical Sciences
Other educational activities
2019-09 -- 2020-02臨床研究セミナー筑波大学附属病院地域教育センター
2019-05 -- (current)倫理講習(Level 1更新用)筑波大学附属病院
2018-11 -- (current)臨床研究に関する教育研修(Level 2)筑波大学附属病院
2016-09 -- 2016-09Tsukuba Global Science Week Student Session筑波大学
Talks
  • 消化器がんにおけるがん悪液質の現状とアナモレリンへの期待
    山田 武史
    これからのがん悪液質治療を考える/2021-3-22
  • ニボルマブを用いた胃癌治療のbest practice
    山田 武史
    Tochigi&Ibaraki Gastric Cancer Seminar on Remote/2021-3-16
  • 最適な胃癌Later lineに向けて〜治療選択とマネジメント〜
    山田 武史
    北総がんセミナー/2021-3-10
  • がん化学療法のEBMとBest practice~がん化学療法による末梢神経障害性疼痛を含めて
    山田 武史
    Cancer Total Care Web Seminar/2020-11-20
  • 神経内分泌腫瘍の必修知識
    山田 武史
    2020がんプロセミナー/2020-11-12
  • GISTの必修知識
    山田 武史
    2020がんプロセミナー/2020-11-12
  • ロンサーフの有効性と有害事象
    山田 武史
    GI Cancer On-line Seminar/2020-10-27
  • オプジーボ ワンポイントWebレクチャー
    山田 武史
    胃癌薬物療法のClinical Questionを考える~腹水貯留症例に対するNivolumab~/2020-6-2
  • 胃癌治療の変遷 化学療法から免疫チェックポイント阻害剤
    山田 武史
    第24回つくば病院薬剤師がんセミナー/2019-11-13
  • 当院における胃癌ESDの治癒切除率の検討
    山田 武史
    第83回日本消化器内視鏡学会総会/2012-5
  • 当院におけるOGIB精査以外のカプセル内視鏡施行例の検討
    山田 武史
    第5回日本カプセル内視鏡学会学術集会/2012-7
  • がん薬物療法専門医養成に果たすがんプロの役割-がんプロ学生からみた今後の課題
    山田 武史
    JSMO 2014/2014-7
  • Identification of a hepatocellular carcinoma cell line capable of monitoring the differentiation of CD13(+) CD166(-) cancer stem cells and effects of sorafenib
    Yamada Takeshi
    AACR 2015/2015-4
  • 当院におけるパクリタキセル+ラムシルマブ併用療法の現状について
    山田 武史
    第89回日本胃癌学会総会/2017-3
  • Retrospective analysis on usefulness of somatostatin receptor scintigraphy for neuroendocrine neoplasm
    Yamada Takeshi
    JSMO 2017/2017-7
  • Serum anti-p53 antibody in the early esophageal cancer
    Yamada Takeshi
    6ht Annual meeting of the Japanese Cancer Association/2017-9
Professional activities
2022-03 -- 2024-02Japanese Society of Medical Oncology (JSMO)倫理委員会 委員
University Management
2022-04 -- (current)医の倫理委員会副委員長
2021-04 -- 2022-03がんゲノム医療委員会委員
2021-04 -- 2023-03つくばヒト組織バイオバンクセンター分譲審査委員会委員
2020-09 -- 2022-03筑波大学附属病院未承認薬等臨床使用評価委員会委員
2018-04 -- (current)研究管理指導員連絡協議会運営
2015-07 -- 2016-03筑波大学附属病院 薬事委員会委員
2016-04 -- 2018-03筑波大学附属病院 医療材料選定委員会委員
2016-04 -- 2018-03筑波大学附属病院 Morbidity and Mortality(M&M)委員会委員
Other activities
2018-04 -- (current)国立大学附属病院臨床研究推進会議
2018-04 -- (current)大学病院臨床試験アライアンス
2015-04 -- 2020-03筑波大学ラグビー部 医学チームOB会副会長
2017-11 -- (current)筑波大学附属病院市民公開講座(鹿嶋市)食道がんを学ぼう
2017-01 -- (current)筑波大学附属病院市民公開講座(下妻市)食道がんを学ぼう

(Last updated: 2022-04-07)