Yoshida Masahito

Affiliation
Institute of Pure and Applied Sciences
Official title
Associate Professor
ORCID
0000-0002-0252-7637
Sex
Male
Birth date
1978-09
KAKEN ID
80511906
URL
Email
I$v*v} +&:IEx}z$C+*,",wvCvxC!'
Office
化学域 生物有機化学研究分野
Phone
029-853-4526
Research fields
Biomolecular chemistry
Drug development chemistry
Chemical pharmacy
Bio-related chemistry
Synthetic chemistry
Research keywords
Bioorganic Chemistry
Total Synthesis
Natural Products
Cyclopeptide
Cyanobacteria
Research projects
次世代農薬の開発を目指した天然環状ペプチドの構造活性相関研究と供給効率化2024-04 -- (current)吉田将人/2024年度つくば産学連携強化プロジェクト 「筑波大学・産総研 合わせ技ファンド」1,000,000Yen
骨吸収抑制剤の開発を指向した環状ペプチド天然物を鋳型とする創薬化学研究2023-12 -- 2024-11吉田将人公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団/1,000,000Yen
可逆的V-ATPase阻害機構の解明に向けた環状ペプチドプローブの創製と応用2022-04 -- 2025-03吉田将人日本学術振興会/基盤研究(B)17,420,000Yen
構造生物化学と定量解析を駆使した滑膜肉腫発生機構の解明と創薬2022-04 -- 2025-03岩崎憲治日本学術振興会/基盤研究(B)2,100,000Yen
環状ペプチド天然物が示す可逆的阻害機構の解明を指向した高活性分子プローブの創製2021-11 -- 2022-11吉田将人住友財団/住友基礎科学研究助成1,000,000Yen
難培養性シアノバクテリア由来新規天然有機化合物の探索・合成展開による創薬基盤構築2021-10 -- 2025-03吉田将人Japan Society of for the Promotion of Science/Fostering Joint International Research (B)18,980,000Yen
可逆的V-ATPase阻害機構の解明に基づく新規生物活性分子の創出2021-09 -- 2022-03吉田将人University of Tsukuba/令和3年度シーディングプログラム5,000,000Yen
生物活性天然物の量的合成法の確立2021-06 -- 2022-03吉田将人/産総研共同研究1,500,000Yen
強力な海洋産抗腫瘍性物質が引き起こすタンパク質間相互作用の解析と応用2020-04 -- 2023-03木越 英夫日本学術振興会/基盤研究(B)600,000Yen
有用生物活性ペプチド天然物の全合成と生物有機化学への展開2020-01 -- 2021-09吉田将人公益財団法人内藤記念科学振興財団/内藤記念科学奨学金・研究助成3,000,000Yen
more...
Career history
2006-04 -- 2006-05ChemGenesis Inc.Postdoctoral fellow
2006-05 -- 2008-03Max-Planck Institute of Molecular PhysiologyPostdoctoral fellow
2008-04 -- 2011-03Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Tohoku UniversityCOE fellow
2011-04 -- 2018-05Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Tohoku UniversityAssistant Professor
2018-06 -- (current)Faculty of Pure and Applied Sciences, University of TsukubaAssociate Professor
2022-04 -- (current)筑波大学テーラーメイドQOLプログラム開発研究センター(兼任)
2023-02 -- (current)産業技術総合研究所客員研究員(兼任)
2024-04 -- (current)筑波大学地中海・北アフリカ研究センター 協力教員(兼任)
Academic background
1997-04 -- 2001-03Tokyo Institute of Technology Department of Applied Chemistry, Faculty of Engineering
2001-04 -- 2003-03東京工業大学大学院 Department of Applied Chemistry, Graduate School of Science and Technology
2003-04 -- 2006-03Tokyo Institute of Technology Department of Applied Chemistry, Graduate School of Science and Technology
Degree
2001-03Bachelor of EngineeringTokyo Institute of Technology
2003-03Master of EngineeringTokyo Institute of Technology
2006-03Doctor of EngineeringTokyo Institute of Technology
Licenses and qualifications
2022-04危険物取扱者甲種
Academic societies
2001-04 -- (current)Chemical Society of Japan
2008-09 -- (current)THE SOCIETY OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY
2008-10 -- (current)THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN
2010-04 -- (current)THE JAPANESE PEPTIDE SOCIETY
Honors & Awards
2011-02有機合成化学協会ロンザジャパン研究企画賞
2014-12日本薬学会東北支部奨励賞
2016-10日本ペプチド学会奨励賞
2018-11-05日本薬学会化学系薬学部会賞
2019-03-17若い世代の特別講演会 講演証
Articles
Conference, etc.
  • 滑膜肉腫治療を目指したHDAC2特異的阻害剤の研究
    広川 貴次; 権藤花奈; 吉田将人; 平尾 巧; 木越英夫; 竹中聡; 岩崎憲治
    第94回日本薬理学会年会/2022-11-30--2022-12-03
  • ヒト胎盤栄養膜細胞(BeWo細胞)におけるクレアチンプロドラッグ輸送機構の解明
    網藤惇; 稲垣舞; 吉田 将人; 土井隆行; 立川正憲
    日本薬学会第143年会/2023-03
  • Metacridamide類の全合成
    吉田 将人; 大越 裕飛; 木越 英夫
    日本薬学会第143年会/2023-03
  • プローブ合成を指向したAplyronine Aの合成研究
    鈴木麻戸香; 吉田 将人; 木越 英夫
    日本化学会第103春季年会/2023-03
  • Pargamicin A誘導体の合成と生物活性
    稲葉哲也; 渋谷優子; 五十嵐雅之; 吉田 将人; 木越 英夫
    日本化学会第103春季年会/2023-03
  • 細胞毒性環状デプシペプチドDestruxin Eの誘導体合成と生物活性評価
    小嶋汐音; 吉田 将人; 木越 英夫
    日本化学会第103春季年会/2023-03
  • 海洋産環状デプシペプチドBouillonamideの合成研究
    竹澤寧々; 吉田 将人; 木越 英夫
    日本化学会第103春季年会/2023-03
  • 環状デプシペプチドLagunamide Cの合成研究
    萩元 海月; 吉田 将人; 木越 英夫
    日本化学会第103春季年会/2023-03
  • p53-Hdm2相互作用阻害活性を示すSiladenoserinol Aの誘導体合成と生物活性評価
    笹岡浩平; 羽野航平; 人羅勇気; 塚本佐知子; 吉田 将人; 木越 英夫
    日本化学会第103春季年会/2023-03
  • Synthesis and biological evaluation of cytotoxic cyclodepsipeptide trichomide D
    Masahito Yoshida; Tomoya Matsushita; Shinji Kondo; Hiroko...
    The 59th Japanese Peptide Synposium/2022-11
  • 絶対立体配置の決定に向けたJBIR-141の全合成研究
    八十島浩太郎; 吉田 将人; 新家一男; 土井隆行
    日本薬学会第142年会/2022-03
  • オキサゾリン・N-ニトロソヒドロキシルアミン・3-アシルテトラミン酸を含有するJBIR-141の全合成研究
    八十島浩太郎; 吉田 将人; 河原哲平; 橋本拓哉; 新家一男; 土井隆行
    第64回天然有機化合物討論会/2022-09
  • 抗菌活性環状ペプチドPargamicin Aの全合成による構造決定と活性評価
    稲葉哲也; 渋谷優子; 五十嵐雅之; 吉田 将人; 木越 英夫
    第64回天然有機化合物討論会/2022-09
  • 抗菌活性環状ペプチドPargamicin Aの全合成
    吉田 将人; 稲葉哲也; 渋谷優子; 五十嵐雅之; 木越 英夫
    第48回反応と合成の進歩シンポジウム/2022-11
  • 滑膜肉腫治療のためのHDAC2阻害剤研究
    権藤 花奈; 広川 貴次; 吉田 将人; 平尾 匠; 木越 英夫; 竹中 聡; 岩崎 憲治
    第96回日本薬理学会年会/2022-11-30--2022-12-3
  • 絶対立体配置の決定に向けたJBIR-141の全合成研究
    八十島 浩太郎; 吉田 将人; 新家 一男; 土井 隆行
    日本薬学会第142年会/2022-03-25
  • 細胞毒性環状デプシペプチドTrichomide Dの全合成および構造改訂
    吉田 将人; 松下 朝哉; 木越 英夫
    日本薬学会第142年会/2022-03-25
  • 細胞毒性天然環状デプシペプチドLagunamide Cの全合成研究
    萩元 海月; 吉田 将人; 木越 英夫
    日本化学会 第102春季年会/2022-03-23
  • 細胞毒性環状デプシペプチドTrichomide Dの全合成および構造改訂
    松下 朝哉; 吉田 将人; 木越 英夫
    日本化学会 第102春季年会/2022-03-23
  • 抗菌活性環状ペプチドPargamicin A の合成研究
    稲葉 哲也; 吉田 将人; 木越 英夫
    日本化学会 第102春季年会/2022-03-23
  • 細胞毒性PKS-NRPSハイブリッド天然物Metacridamide Aの全合成研究
    大越 裕飛; 吉田 将人; 木越 英夫
    日本化学会 第102春季年会/2022-03-23
  • 抗菌活性環状ペプチドHytramycin Vの全合成と活性評価
    稲葉哲也; 石崎仁將; 五十嵐雅之; 吉田 将人; 木越英夫
    創薬懇話会2021/2021-06-24--2021-06-25
  • 抗菌活性環状ペプチドHytramycin類の合成研究
    稲葉哲也; 吉田 将人; 木越英夫
    第62回天然有機化合物討論会/2020-09-22--2020-09-24
  • Structure-Activity Relationship Studies on Biologically Active Natural Products Based on Total Synthesis
    Yoshida Masahito
    A3 Young Scienctist Meeting/2021-02-22
  • Total synthesis of hytramycin V, a cyclic peptide antibiotic
    Inaba Tetsuya; Yoshida Masahito; Kigoshi Hideo
    The 57th Japanese Peptide Symposium/2020-11-09
  • more...
Intellectural property rights
  • 環状デプシペプチド化合物
    土井 隆行; 吉田 将人; 増田 裕一; 恩田 勇一
  • 2ーヒドロキシベンズアルデヒド化合物、これを含有するコラーゲン細胞外分泌阻害剤および医薬品組成物
    永田 和宏; 伊藤 進也; 夏目 徹; 土井 隆行; 吉田 将人
Teaching
2023-10 -- 2024-02Research in Nano Chemistry IIAUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research in Nano Chemistry IBUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Organic Chemistry IVBUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research in Organic Chemistry IIIAUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Bioorganic Chemistry VBUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Bioorganic Chemistry VAUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Nano Chemistry IIBUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research in Bioorganic Chemistry IIIBUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Seminar in Organic Chemistry IBUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Organic Chemistry IBUniversity of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2019-01 -- 2020-03筑波大学GFEST筑波大学
2019-08 -- (current)1日体験化学教室University of Tsukuba
Professional activities
2015-07 -- (current)天然物談話会世話人
2020-02 -- 2022-01有機合成化学協会編集委員会 委員
2019-12 -- 2020-03日本化学会第100春季年会プログラム編成委員会 委員
2017-04 -- 2019-03THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPANトピックス小委員会 委員
2016-12 -- 2017-03THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN第137年会プログラム編成委員会 委員
2016-02 -- 2018-02THE SOCIETY OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY東北支部 庶務幹事
University Management
2022-04 -- (current)全学教育課程委員会委員
2021-04 -- (current)高圧ガス・ゾーン管理者(自然C棟)
2020-04 -- (current)化学類カリキュラム委員会委員
2020-04 -- 2022-03化学類運営委員会委員
2020-04 -- 2022-03化学域運営委員会委員
2020-04 -- 2021-03化学類2年生担任
2019-04 -- 2020-03自然C棟ドラフト管理責任者
2019-04 -- 2020-03化学類1年生クラス担任

(Last updated: 2024-04-26)