Kawanishi Kunio

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Assistant Professor
ORCID
0000-0003-3502-3467
Sex
Male
KAKEN ID
00578750
Office
Department of Experimental Pathology
Phone
029-853-3944
Research fields
Kidney internal medicine
Pathological medical chemistry
Experimental pathology
Research keywords
Experimental Pathology
Nephrology
Glycobiology
Sialic Acid
Research projects
腎臓・病理・糖鎖の3医学を結集したオミクス解析による癌・希少疾患のバイオマーカー開発プラットフォーム2022-05 -- 2023-03川西 邦夫Japan Science and Technology Agency (JST)/START 大学・エコシステム推進型 大学推進型
透析腎癌の診断を可能にする新規糖鎖バイオマーカーの開発2022-04 -- 2023-03Kunio KawanishiJapan Agency for Medical Research and Development/橋渡し研究プログラム シーズA
質量解析とLVSEMによる希少腎疾患の新規分子マーカー検索2021-05 -- 2022-03川西邦夫腎生検LVSEM研究会/腎生検LVSEM研究会助成研究/
新規バイオマーカーの確立を目指した透析腎癌の包括的糖鎖解析2021-04 -- 2022-03川西邦夫・久野敦/2021年度つくば産学連携強化プロジェクト「筑波大学・産総研・農研機構・茨城大学 合わせ技ファンド」
透析腎癌に特異的な糖鎖組織マーカーの確立をめざした臨床病理学的検討2020-06 -- 2021-05川西邦夫TIA連携プログラム探索推進事業「かけはし」2020/
Investigation of the role of host aging and local environment in invasive pneumococcal disease2020-06 -- 2023-03Masaya YamaguchiJapan Agency for Medical Research and Development (AMED)/
発生・幹細胞・腎骨髄連関を軸に考える高齢ドナー腎臓の若返りの試み:国際共同研究2019-10 -- 2022-03臼井丈一日本学術振興会/国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))/
LVSEMによる後天性嚢胞腎と透析腎癌の糖鎖構造解析2019-11 -- 2020-10川西邦夫腎生検LVSEM研究会/腎生検LVSEM研究会助成研究
後天性嚢胞腎を対象とした腎不全におけるシアル酸修飾とKdn蓄積の意義について2019-04 -- 2023-03川西邦夫Japan Society of for the Promotion of Science/
透析腎癌と非透析腎癌における新規糖鎖バイオマーカーの探索2019-06 -- 2020-05川西邦夫TIA連携プログラム探索推進事業「かけはし」2019/
more...
Career history
2006-04 -- 2008-03信州大学付属病院 (JA長野松代総合病院含む)Junior resident
2008-04 -- 2013-03Tokyo Women's Medical UniversityDepartment of Medicine, Kidney CenterSenior resident
2012-06 -- 2014-03Tokyo Women's Medical UniversityG-COE(日本学術振興会)若手研究員
2013-04 -- 2018-03Tokyo Women's Medical UniversitySurgical PathologyResearch Associate
2015-04 -- 2016-03Universtity of California, San DiegoGlycobiology Research and Training CenterVisiting Scholar
2016-04 -- 2018-09University of California, San DiegoGlycobiology Research and Training CenterPostdoctoral Scholar
2017-07 -- 2018-09American Heart AssociationPostdoctoral Fellow
2018-10 -- 2021-03University of TsukubaKidney and Vascular Pathology, Faculty of MedicineTenure Track Assistant Professor
2021-04 -- (current)University of TsukubaDepartment of Experimental Pathology, Faculty of MedicineTenure Track Assistant Professor
Academic background
2000-04 -- 2006-03Toyama Medical and Pharmaceutical University Faculty of Medicine Department of Medicine
2009-04 -- 2013-03Tokyo Women's Medical University Graduate School of Medical Science Nephrology
Degree
2006-03Bachelor of MedicineFaculty of Medicine, Toyama Medical and Pharmaceutical University
2013-02Doctor of PhilosophyTokyo Women's Medical University
Licenses and qualifications
2006-04M.D.
2009-09Certified Physician by The Japanese Society of Internal Medicine
2012-04Certified specialist by The Japanese Society for Dialysis Therapy
2013-04Board Certified Nephrologist of the Japanese Society of Nephrology
2013-12指導医(医政発第031808号に基づく指導医講習会修了)
Academic societies
-- (current)
2006-09 -- (current)THE JANPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE
2008-09 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF NEPHROLOGY
2008-09 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY FOR DIALYSIS THERAPY
2013-04 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF PATHOLOGY
2013-12 -- (current)Japanese Renal Pathology Society
2016-01 -- (current)American Heart Association
2016-05 -- (current)American Society of Nephrology
2017-10 -- (current)International Society of Nephrology
2020-07 -- (current)日本糖質学会
more...
Honors & Awards
2018-02ISN Frontiers Young Investigators Travel Grants
2018-04AAP/ASCI/APSA Joint Meeting Travel Award
2018-04AAP/ASCI/APSA Joint Meeting Best Poster Award
2020-08The 63th Annual Meeting of the Japanese Society of Nephrology Best Abstract Award
2021-091st East Asia Renal Pathology Conference International Travel Award
2021-09第11回分子腎臓フォーラム優秀賞
2021-12筑波大学次世代アントレプレナー育成事業「EDGE-NEXT」メンター賞
Articles
Books
  • Exploring comprehensive glycan profiles of acquired cystic kidney disease associated renal cell carcinoma to establish a new diagnostic biomarker
    Kawanishi Kunio
    Impact, 2021-06
  • Human evolutionary loss of Neu5Gc accelerates atherosclerosis
    川西 邦夫
    Human evolutionary loss of Neu5Gc accelerates atherosclerosis/医歯薬出版株式会社/pp.672-673, 2020-08
  • 第4部 非腫瘍性・全身性疾患への応用 3. 糸球体腎炎
    川西 邦夫; 長田 道夫; 原 重雄
    免疫組織化学 実践的な診断・治療方針決定のために/pp.307-313, 2020-04
  • 【尿細管間質障害-最新の知見】尿細管間質障害の病因・病態(解説/特集)
    川西 邦夫; 長田 道夫
    腎と透析/pp.165-170, 2019-08
  • 病理からアプローチする腎移植マネジメント
    川西 邦夫; 木村 健二郎; 力石 辰也; 小池 淳樹; 柴垣 有吾; 白井 小百合
    病理からアプローチする腎移植マネジメント/メジカルビュー社, 2015-03
  • 【腹膜透析2014】中性液の価値を問う 形態と機能へのインパクト 中性液の腹膜病理 変化((解説//特集))
    川西 邦夫; 本田 一穂
    腎と透析/pp.52-53, 2014-08
  • A Case of BK Polyomavirus Nephropathy with Infected Bowman's Capsule Epithelial Cells
    川西 邦夫; 本田 一穂; 清水 朋一; 田邉 一成; 小田 秀明; 西川 俊郎
    A Case of BK Polyomavirus Nephropathy with Infected Bowman's Capsule Epithelial Cells/Tokyo Women's Medical University/pp.E289-294, 2014-03
  • Clliiniicall nephrrollogyy 腎不全 腹膜細胞シートの開発と治療応用((解説))
    川西 邦夫; 新田 孝作; 大和 雅之; 岡野 光夫
    Annual Review腎臓 2014/pp.272-277, 2014-01
  • 【移植腎病理::実践的な移植腎病理診断のために】細胞性拒絶の診断 実践的診断法((解 説//特集))
    川西 邦夫; 本田 一穂
    腎と透析/pp.657-662, 2013-11
  • Morphology and function of peritoneal damage induced by peritoneal dialysis
    本田 一穂; 川西 邦夫
    Morphology and function of peritoneal damage induced by peritoneal dialysis/医歯薬出版/pp.773-778, 2011-11
Conference, etc.
  • 腎臓・病理・糖鎖の3医学を結集したオミクス解析による癌・希少疾患のバイオマーカー開発プラットフォーム
    川西 邦夫; 岡谷 千晶; 佐藤 隆; 坂上 弘明; 久野 敦; 加藤 光保
    第39回分子病理学研究会/2022-07-08--2022-07-09
  • アミロイド類似線維性腎疾患における DNAJB9のインパクト
    川西 邦夫; 鈴木 智; 遠藤 知美; 康 徳東; 小川 弥生; 清水 章
    第20回日本腎病理協会研究会/2022-01-09
  • 腎臓・病理・糖鎖の三医学を結集した新規バイオマーカー探索
    川西 邦夫
    茨城県発技術シーズ オンラインマッチング会2022/2022-03-01
  • CKD におけるマンノース代謝を再考する
    川西 邦夫
    CKD Seminar/2021-12-15
  • 糖鎖医学に根ざした透析腎癌のバイオマーカー探索
    川西 邦夫; 岡谷 千晶; 藤田 晋一郎; 村谷 匡史; 佐藤 隆; 加藤 光保; 梶 裕之; 久野 敦
    第11回腎不全研究会/2021-11-20
  • 糖鎖医学と病理学の融合による透析腎癌の新規バイオマーカー開発
    川西 邦夫; 加藤 光保; 岡谷 千晶; 久野 敦
    第5回茨城テックプラングランプリ最終選考会/2021-11-06
  • 糖鎖医学からみた動脈硬化と腎不全〜シアル酸分子種解析からのアプローチ〜
    川西 邦夫
    第13回東京腎炎セミナー/2021-09-07
  • Evolutionary selection of human sialic acids and human-specific disease.
    川西 邦夫
    第94回日本生化学会大会/2021-11-03--2021-11-05
  • Glycopathological Profiling of Acquired Cystic Disease Associated Renal Cell Carcinoma
    川西 邦夫
    The 1st East-Asian Renal Pathology Conference/2021-09-02
  • シアル酸生物学からみた後天性嚢胞腎随伴性腎細胞癌の新規バイオマーカー開発
    川西 邦夫; 岡谷 千晶; 藤田 晋一郎; 村谷 匡史; 佐藤 隆; 加藤 光保; 梶 裕之; 久野 敦
    第11回分子腎臓フォーラム/2021-09-18
  • 希少腎研究におけるLVSEMの活用ーFibrillary腎炎におけるDNAJB9陽性領域のLVSEM観察
    川西 邦夫
    第5回腎生検LVSEM研究会/2021-11-27
  • 腎病理企画「判断がむずかしい管外病変」
    川西 邦夫
    第51回日本腎臓学会東部学術大会/2021-09-25--2021-09-26
  • 新規バイオマーカーの確立を目指した 透析腎癌の包括的糖鎖解析
    川西 邦夫
    第65回日本腎臓学会学術集会/2022/06/10--2022/06/12
  • オートファジー選択的基質p62/Sqstm1の細胞質−核間シャトリング異常はポドサイト障害を引き起こす
    蕨栄治; Ning Baoshuo; 布施谷清香; 臼井 俊明; 森戸直記; 柳川徹; 水野聖哉; 川西邦夫; 高橋智
    第6回ポドサイト研究会/2022-03-26--2022-03-26
  • Magnitude of DNAJB9 in Fibrillary glomerulonephritis
    川西 邦夫; 康 徳東; 渡邊 幸秀; 広川 貴次; 加藤 光保; 遠藤 知美; 鈴木 智; 小川 弥生; 清水 章
    The 111th Annual Meeting of the Japanese Society of Pathology/2022/04/14--2022/04/16
  • 筑波大学・東京理科大学における大学間連携IPEのオンライン化の試み
    前野貴美; 高屋敷明由美; 前野哲博; 安梅 勅江; 川西邦夫; 鈴木立紀
    第14回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会/2021-11-6--2022/11/30
  • 皮膚病変を主体とした再発性ANCA陰性小型血管炎の一例
    野村惣一朗; 臼井丈一; 原 聖; 平井健太; 高柳ひかり; 石橋 駿; 石井龍太; 角田亮也; 藤田亜紀子; 臼井俊明; 森戸直...
    第51回日本腎臓学会東部学術大会/2021-09-25--2021-09-26
  • 血漿交換を含む集学的治療が奏効した顕微鏡的多発血管炎の一例
    原 聖; 高橋真由美; 藤田亜紀子; 川西邦夫; 甲斐平康; 森戸直記; 間瀬かおり; 斎藤知栄; 臼井丈一; 山縣 邦弘
    第51回日本腎臓学会東部学術大会/2021-09-25--2021-09-26
  • ネフローゼ症候群,腎不全の精査を契機に診断し得たPOEMS症候群の1例
    石橋 駿; 金子修三; 石井龍太; 角田亮也; 臼井俊明; 藤田亜紀子; 甲斐平康; 森戸直記; 間瀬かおり; 臼井丈一; 斎藤知栄...
    第51回日本腎臓学会東部学術大会/2021-09-25--2021-09-26
  • 高度糸球体内皮細胞障害を呈し、診断に難渋した膜性腎症の一例
    中島 健太郎; 角田 亮也; 藤田 亜紀子; 金子 修三; 甲斐 平康; 森戸 直記; 臼井 丈一; 斎藤 知栄...
    第50回日本腎臓学会東部学術大会/2020-09-26--2020-09-27
  • 免疫チェックポイント阻害薬投与中に急性腎障害を呈した3症例の臨床病理学的検討
    佐賀 信之; 川西 邦夫; 金子 修三; 臼井 丈一; 山縣 邦弘; 長田 道夫
    第50回日本腎臓学会東部学術大会/2020-09-26--2020-09-27
  • Glycopathological profiling of acquired cystic disease associated renal cell carcinoma
    川西 邦夫; 岡谷 千晶; 藤田 晋一郎; 村谷 匡史; 佐藤 隆; 梶 裕之; 久野 敦
    The 110th Annual Meeting of the Japanese Society of Pathology/2021-04-22--2021-04-24
  • シンポジウム10「透析腎癌」糖鎖解析からみえた透析腎癌の特徴
    川西 邦夫
    The 50th Eastern Regional Meeting of the Japanese Society of Nephrology/2020-09-26--2020-09-27
  • 腎病理企画1「病態を考えるための腎病理11のレッスン3」 感染のエピソードはあるが感染関連腎炎としていいのかどうか?
    川西 邦夫
    The 50th Eastern Regional Meeting of the Japanese Society of Nephrology/2020-09-26--2020-09-27
  • Glycan profile of acquired cystic disease associated renal cell carcinoma using lectin microarray systems
    Kawanishi Kunio
    the 63rd Annual Meeting of the Japanese Society of Nephrology/2020-08-19--2020-08-21
  • more...
Teaching
2022-10 -- 2022-12Cell Systemology (Cell Biology)University of Tsukuba.
2022-09 -- 2022-09Introduction to the Interprofessional Medical CoordinationUniversity of Tsukuba.
2022-12 -- 2022-12Care ColloquiumUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2022-12Human Pathology and OncologyUniversity of Tsukuba.
2022-05 -- 2022-06Practice of HistopathologyUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Training and Career DevelopmentUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Training and Career DevelopmentUniversity of Tsukuba.
2022-05 -- 2022-08Technology for Medical ScienceUniversity of Tsukuba.
2022-11 -- 2023-02HistopathologyUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Frontier of Clinical Laboratory ScienceUniversity of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2020-04 -- (current)医療科学類クラス担任
2019-08 -- 2019-08第15回腎病理夏の学校日本腎病理協会
Talks
  • 細線維性糸球体腎炎とイムノタクトイド糸球体症の病理学的特徴の多施設検討
    川西 邦夫; 鈴木 智; 康 徳東; 小川 弥生; 上杉 憲子; 清水 章
    第19回 日本腎病理協会研究会/2021-03-27--2021-03-27
Professional activities
2021-07 -- (current)Japanese Renal Pathology Society委員
2020-04 -- (current)日本腎臓学会 基礎研究推進小委員会委員
University Management
2020-04 -- (current)フロンティア医科学学位プログラム教育国際連携委員会委員
2020-04 -- (current)医学学位プログラム国際化推進委員会委員
2019-04 -- (current)医療科学類カリキュラム委員会委員
Other activities
2020-09 -- 2020-09第50回日本腎臓学会東部学術大会 事務局長 会期: 2020年9月26日(土)~27日(日) 会場: つくば国際会議場
2016-01 -- (current)Pleura and Peritoneum, Editorial Board Member

(Last updated: 2022-08-22)