現在地

川西 邦夫(カワニシ クニオ; Kawanishi, Kunio)

face
所属
医学医療系
職名
助教
ORCID
0000-0003-3502-3467
性別
男性
科研費番号
00578750
eメール
 
研究室
腎・血管病理学講座
電話
029-853-3938
研究分野
腎臓内科学
病態医化学
実験病理学
研究キーワード
腎臓病学
糖鎖医学
腎不全
シアル酸
研究課題
発生・幹細胞・腎骨髄連関を軸に考える高齢ドナー腎臓の若返りの試み:国際共同研究2019-10 -- 2022-03臼井丈一日本学術振興会/国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))/
LVSEMによる後天性嚢胞腎と透析腎癌の糖鎖構造解析2019-11 -- 2020-10川西邦夫腎生検LVSEM研究会/腎生検LVSEM研究会助成研究
後天性嚢胞腎を対象とした腎不全におけるシアル酸修飾とKdn蓄積の意義について2019-04 -- 2023-03川西邦夫日本学術振興会/若手研究/
透析腎癌と非透析腎癌における新規糖鎖バイオマーカーの探索2019-06 -- 2020-05川西邦夫TIA連携プログラム探索推進事業「かけはし」/
後天性嚢胞腎におけるNGSを用いた網羅的遺伝子発現解析2019-06 -- 2020-03川西邦夫平成30年度公益社団法人日本透析医会研究助成/
Human-Specific Inflammatory Mechanism for Acceleration of Atherosclerosis by Red Meat Consumption2017-07 -- 2018-09Kunio Kawanishiアメリカ心臓協会/Postdoctoral Fellowship
腹膜再生における血管新生の形態機能解析2012-06 -- 2014-03川西邦夫日本学術振興会/東京女子医科大学グローバルCOE
職歴
2006-04 -- 2008-03信州大学付属病院 (JA長野松代総合病院含む) 初期研修医
2008-04 -- 2013-03東京女子医科大学 第四内科(腎臓内科) 医員(医療錬士)
2012-06 -- 2014-03東京女子医科大学 G-COE(日本学術振興会)若手研究員
2013-04 -- 2018-03東京女子医科大学 病理診断科 助教
2015-04 -- 2016-03Universtity of California, San Diego Glycobiology Research and Training Center Visiting Scholar
2016-04 -- 2018-09University of California, San Diego Glycobiology Research and Training Center Postdoctoral Scholar
2017-07 -- 2018-09American Heart Association Postdoctoral Fellow
2018-10 -- (現在)筑波大学 医学医療系 腎・血管病理学 テニュアトラック助教
学歴
2000-04 -- 2006-03富山医科薬科大学 医学部 医学科卒業
2009-04 -- 2013-03東京女子医科大学大学院 医学研究科 内科学第四(腎臓内科)修了
取得学位
2006-03学士(医学)富山医科薬科大学
2013-02博士(医学)東京女子医科大学
免許資格等
2006医籍登録
2009-09日本内科学会認定内科医
2012-04日本透析医学会専門医
2013-04日本腎臓学会腎臓専門医
2013-12指導医(医政発第031808号に基づく指導医講習会修了)
所属学協会
-- (現在)
2006-09 -- (現在)日本内科学会
2008-09 -- (現在)日本腎臓学会
2008-09 -- (現在)日本透析医学会
2013-04 -- (現在)日本病理学会
2013-12 -- (現在)日本腎病理協会
2016-01 -- (現在)American Heart Association
2016-05 -- (現在)American Society of Nephrology
2017-10 -- (現在)International Society of Nephrology
-- (現在)
受賞
2018-02International Society of Nephrology Frontiers YI Travel Grants
2018-04AAP/ASCI/APSA Joint Meeting Travel Award
2018-04AAP/ASCI/APSA Joint Meeting Best Poster Award
査読付き学術雑誌・国際会議論文
その他の論文・記事
著書
  • 【尿細管間質障害-最新の知見】尿細管間質障害の病因・病態(解説/特集)
    川西 邦夫; 長田 道夫
    腎と透析, pp.165-170, 2019-08
  • 病理からアプローチする腎移植マネジメント
    川西 邦夫; 木村 健二郎; 力石 辰也; 小池 淳樹; 柴垣 有吾; ...
    病理からアプローチする腎移植マネジメント, メジカルビュー社, 2015-03
  • 【腹膜透析2014】中性液の価値を問う 形態と機能へのインパクト 中性液の腹膜病理 変化((解説//特集))
    川西 邦夫; 本田 一穂
    腎と透析, pp.52-53, 2014-08
  • 糸球体ボウマン囊上皮にウイルス感染細胞を認めたBKウイルス腎症の1例 (病理診断科 西川俊郎教授退任記念特別号)
    川西 邦夫; 本田 一穂; 清水 朋一; 田邉 一成; 小田 秀明; 西...
    糸球体ボウマン囊上皮にウイルス感染細胞を認めたBKウイルス腎症の1例 (病理診断科 西川俊郎教授退任記念特別号), 東京女子医科大学学会, pp.E289-294, 2014-03
  • Clliiniicall nephrrollogyy 腎不全 腹膜細胞シートの開発と治療応用((解説))
    川西 邦夫; 新田 孝作; 大和 雅之; 岡野 光夫
    Annual Review腎臓 2014, pp.272-277, 2014-01
  • 【移植腎病理::実践的な移植腎病理診断のために】細胞性拒絶の診断 実践的診断法((解 説//特集))
    川西 邦夫; 本田 一穂
    腎と透析, pp.657-662, 2013-11
  • 腹膜傷害の形態と機能の接点 : 病理からのメッセージ (AYUMI 腹膜透析療法の新展開)
    本田 一穂; 川西 邦夫
    腹膜傷害の形態と機能の接点 : 病理からのメッセージ (AYUMI 腹膜透析療法の新展開), 医歯薬出版, pp.773-778, 2011-11
会議発表等
  • 高齢発症のimmunotactoid glomerulopathyによるネフローゼ症候群の一例
    秋山知希; 甲斐平康; 金子修三; 森戸直記; 臼井丈一; 斎藤知...
    第49回日本腎臓学会東部学術大会/2019-10-04--2019-10-05
  • Endothelial Cell Injury Can Be Significant in Cases of Membranoproliferative Glomerulonephritis with Monoclonal IgG Deposition
    Anri Sawada; Kawanishi Kunio; Sekiko Taneda; Shohei Fuchi...
    American Society of Nephrology, Kidney Week 2019/2019-11-07
  • Loss of Ubiquitin-Specific Protease 40 in Podocyte Enhances Kidney Injury
    Naoaki Mikami; Taiji Matsusaka; Tanaka Eriko; Kawanishi K...
    American Society of Nephrology, Kidney Week 2019/2019-11-07--2019-11-07
  • Proliferative glomerulonephritis with monoclonal IgG deposits(PGNMID)における糸球体血管内皮障害の検討
    川西 邦夫; 澤田 杏理; 種田 積子; 奥見 雅由; 服部 元史; 田...
    第65回日本病理学会秋期特別総会/2019-11-07--2019-11-08
  • 移植腎に腫瘤性病変を呈し診断に難渋したアデノウイルス腎症の一例
    渡邉 めぐみ; 金子 修三; 高橋 真由美; 田原 敬; 角田 亮也...
    第 5 回 腎移植内科研究会 学術集会/2019-10-6--2019-10-6
  • 高齢発症のimmunotactoid glomerulopathyによるネフローゼ症候群の一例
    秋山 知希; 甲斐 平康; 金子 修三; 森戸 直記; 臼井 丈ー...
    第49回日本腎臓学会東部学術大会/2019-10-04--2019-10-05
  • 特発性MPGNの経過観察中に感染を契機として腎所見が増悪し、再腎生検から治療に結びついた一例
    石橋 駿; 本村 鉄平; 加瀬田 幸司; 臼井 丈ー; 川西 邦夫; 長...
    第49回日本腎臓学会東部学術大会/2019-10-04--2019-10-05
  • 糸球体濾過による力学的負荷は障害ポドサイトを剥離に進展させる
    佐賀 信之; 井藤 奈央子; 坂本 和雄; 川西 邦夫; 松阪 泰...
    第62回日本腎臓学会学術総会/2019-06-21--2019-06-23
  • ポドサイト障害におけるボウマン嚢壁側上皮細胞の遊走メカニズム
    井藤 奈央子; 坂本 和雄; 佐賀 信之; 川西 邦夫; 長田 道夫
    第62回日本腎臓学会学術総会/2019-06-21--2019-06-23
  • 腎生検病理診断に必要な臨床情報
    佐賀 信之; 井藤 奈央子; 坂本 和雄; 川西 邦夫; 長田 道夫
    第62回日本腎臓学会学術総会/2019-06-21--2019-06-23
  • ポドサイト障害におけるボウマン嚢壁側上皮細胞の遊走メカニズム
    井藤 奈央子; 坂本 和雄; 佐賀 信之; 川西 邦夫; 長田 道夫
    第54回日本小児腎臓病学会学術集会/2019-06-07--2019-06-08
  • Human species-specific loss of the CMP-N-acetylneuraminic Acid Hydroxylase fuels atherosclerosis development via intrinsic and extrinsic mechanisms.
    Kawanishi Kunio
    AAP/ASCI/APSA Joint Meeting/2018-04-20--2018-04-22
  • Human species-specific loss of the CMP-N-acetylneuraminic acid hydroxylase fuels atherosclerotic development via intrinsic and extrinsic mechanism
    Kawanishi Kunio
    NextGen Seminar Program, 21th San Diego Glycobiology Symposium/2018-03-08--2018-03-08
  • Human Loss of CMP-N-acetylneuraminic Acid Hydroxylase and N-glycolylneuraminic acid Cause Atherosclerotic Cardiovascular Disease Risk via Multiple Mechanism
    Kawanishi Kunio
    International Society of Nephrology Frontiers Meeting/2018-02-22--2018-02-25
  • Monoclonal IgG Deposits on Tubular Basement Membrane in Renal Allograft: Is This Significant for Chronic Allograft Injury?
    Aawada Anri; Kawanishi Kunio; Taneda Sekiko; Masayoshi Ok...
    American Society of Nephrology, Kidney Week 2017/2017-11-04
  • Free And Bound Serum Sialic Acid Profiling Of End Stage Renal Disease Patients
    Kawanishi Kunio
    American Society of Nephrology Annual Meeting/2016-11-15--2016-11-20
  • BK virus nephropathy after kidney transplantation: a significance of intrarenal urinary reflux
    Kawanishi Kunio
    2nd International Renal Pathology Conference/2015-03-04--2015-03-07
  • Peritonea Cell Sheet Engineering Suppress Abdominal Adhesion and Inflammatory Angiogenesis in Rat Model
    Kawanishi Kunio
    American Society of Nephrology Annual Meeting/2012-10-30--2012-11-04
  • Neutral Solution Suppresses Peritoneal Sclerosis but Promotes Angiogenesis in PD Peritoneum
    Kawanishi Kunio
    American Society of Nephrology Annual Meeting/2010-11-16--2010-11-21
担当授業科目
2019-10 -- 2020-02主体性演習筑波大学
2019-04 -- 2019-08主体性演習筑波大学
2019-10 -- 2020-02病理組織学実習筑波大学
2019-09 -- 2019-09多職種連携医療学概論筑波大学
2019-04 -- 2019-07病理組織学筑波大学
2019-04 -- 2019-07医科学英語論文講読の基礎筑波大学
2018-10 -- 2018-10M3_機能・構造と病態II_9腎・泌尿系医学群医学類
2018-10 -- 2019-02病理組織学実習医学群医療医科学類
その他の活動
2016-01 -- (現在)Pleura and Peritoneum, Editorial Board Member

(最終更新日: 2020-02-21)