Iwasaki Kenji

Affiliation
Life Science Center for Survival Dynamics, Tsukuba Advanced Research Alliance (TARA)
Official title
Professor
ORCID
0000-0002-3808-8904
URL
Office
Iwasaki Project
Research fields
Structural biochemistry
Tumor biology
Bio-related chemistry
Research keywords
intrinsically disordered proteins
Synovial Sarcoma
Chromosome
cryo-EM
Research projects
生命科学と創薬研究に向けた相関構造解析プラットフォームによる支援と高度化2022-04 -- 2027-03Masataka YamamotoJapan Agency for Medical Research and Development (AMED)/生命科学・創薬研究支援基盤事業(筑波大配分額)136,516,000Yen
創薬等ライフサイエンス研究のための相関構造解析プラットフォームによる支援と高度化2017 -- 2021Masataka YamamotoAMED/BINDS1,584,992,909Yen
構造生物化学と定量解析を駆使した滑膜肉腫発生機構の解明と創薬2022 -- (current)岩崎 憲治Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(B)14,680,000Yen
最先端測定技術によるEwing肉腫の原因となる融合タンパク質の構造化学2022 -- 2023岩崎 憲治Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Challenging Research (Exploratory)6,500,000Yen
最適化氷包埋試料作製のための試料調製支援2020-04 -- 2022-03Kenji IwasakiJapan Agency for Medical Research and Development (AMED)/創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業929,090,909Yen
最先端測定技術によるEwing肉腫の原因となる融合タンパク質の構造化学2022-06 -- 2024-03Kenji IwasakiMEXT/科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)6,500,000Yen
構造生物化学と定量解析を駆使した滑膜肉腫発生機構の解明と創薬2022-04 -- 2025-03Kenji IwasakiMEXT/Grant-in-Aid for Scientific Research (B)17,290,000Yen
新規大動脈解離マウスモデルを用いたマルファン症候群等類縁疾患の大動脈解離発症機序の解明2021-06 -- 2024-03柳沢裕美Japan Agency for Medical Research and Development (AMED)/日本医療研究開発機構研究費/難治性疾患実用化研究事業6,000,000Yen
滑膜肉腫の原因となるSS18-SSX相互転座融合遺伝子翻訳産物の創薬構造解析2020-07 -- 2022-03岩崎 憲治MEXT/Grant-in-Aid for Challenging Research (Exploratory)6,500,000Yen
天然3D結晶型光センサーオルガネラのアーキテクチャー2019-04 -- 2022-03Kenji IwasakiMEXT/科学研究費助成事業 基盤研究(B)17,680,000Yen
more...
Academic background
1988-04 -- 1992-03Kyoto University Department of Science Chemistry
Degree
1992-03学士京都大学
1994-03修士京都大学大学院
1998-03PhDOsaka University
Academic societies
2021-07 -- (current)The Molecular Biology Society of Japan
2022-07 -- (current)The Japanese Pharmacological Society
2022-02 -- (current)THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN
2019-10 -- (current)The Chem-Bio Informatics Society
2020-01 -- (current)PROTEIN SCIENCE SOCIETY OF JAPAN
2011-01 -- (current)THE BIOPHYSICAL SOCIETY OF JAPAN
2000-05 -- (current)THE JAPANESE BIOCHEMICAL SOCIETY
2003-09 -- (current)The Japanese Society of Microscopy
Honors & Awards
2020-022020 BEST FACULTY MEMBER構造生物学分野の第一人者として、Natureに国際共同研究の成果を1編発表した他、Nature Structural & Molecular Biology誌等を含む計6編を著名な国際学術誌に発表しており、極めて優れた成果を挙げている。研究代表者として「天
Articles
Books
  • クライオ電顕の原理と日本の現状
    岩崎 憲治
    医学のあゆみ「特集クライオ電顕が解き明かす神経変性疾患のメカニズム」/医歯薬出版/pp.1111-1114, 2022-12
  • 参考資料3 筑波大学におけるクライオ電子顕微鏡支援
    岩崎 憲治; 原田 彩佳; 難波 啓一; 加藤 貴之; 牧野 文信
    クライオ電子顕微鏡ハンドブック/株式会社エヌ・ティー・エス, 2023-01
  • 2 クライオ電子顕微鏡で弱い相互作用の複合体構造を解析するための戦略
    岩崎 憲治
    創薬研究のための相互作用解析パーフェクト/実験医学別冊/pp.296-302, 2021-12
  • 構造生命科学による創薬への挑戦
    岩崎 憲治
    医歯薬出版株式会社, 2021-08
  • 2DHybrid Analysis
    Matsumoto Atsushi; Iwasaki Kenji
    INTEGRATIVE STRUCTURAL BIOLOGY WITH HYBRID METHODS/SPRINGER INTERNATIONAL PUBLISHING AG/pp.181-196, 2018
  • I部2章タンパク質複合体の直接観察
    光岡薫 岩崎憲治 藤吉好則
    注目のプロテオミクスの全貌を知る!最新手法とその応用成果/羊土社/pp.103-109, 2002-12
  • 細胞内の分子を電子顕微鏡で見る
    岩崎憲治
    Bionics/オーム社/pp.38-43, 2005-11
  • クライオ電子顕微鏡単粒子解析法を用いたウイルス構造解析
    宮崎直幸 岩崎憲治 大村敏博
    VIRUS REPORT/医薬ジャーナル社/pp.52-61, 2009-01
  • タンパク質の電子顕微鏡観察:電子顕微鏡イメージング/原子モデリング原子モデリング/他
    岩崎憲治; 光岡薫; 安永卓生
    タンパク質をみる-構造と挙動/化学同人/pp.197-225, 2009-08
  • 新たな産業分野, 学問領域をひらく電子顕微鏡技術
    森博太郎 岩崎憲治 木本浩司 山崎裕一郎 長我部信行 佐藤貢
    日立評論/pp.13-16, 2012-02
  • 膜タンパク質構造研究のための技術 
    岩崎憲治
    化学同人/pp.180-186, 2013-10
  • ここまで進んだ3-D電顕
    岩崎憲治 宮崎直幸
    ニューサイエンス/pp.5-6, 2014-08
  • ノーベル賞を読み解く 化学賞「構造解析のためのクライオ電子顕微鏡の開発」
    岩崎憲治
    化学/pp.12-16, 2017-12
  • クライオ単粒子解析法におけるハード面での進歩
    岩崎憲治
    実験医学/pp.1305-1311, 2018-05
Conference, etc.
  • 抗ボツリヌス毒素中和抗体の毒素中和機構解明に向けた結晶構造解析
    廣田 小太郎; 原田 彩佳; 片平 じゅん; 幸田 知子; 岩崎 憲治
    2023年度量子ビームサイエンスフェスタ/2024-03-05--2024-03-07
  • 核内天然変性タンパク質に対する構造ベース創薬
    岩崎 憲治
    第97回日本薬理学会シンポジウム/2023-12-14--2023-12-16
  • 創薬を目指した病因性天然変性タンパク質の解析
    岩崎 憲治
    顕微鏡学会九州支部会/2023-12-09--2023-12-09
  • 分子動力学シミュレーションによるがん原因融合タンパク質SS18-SSXのC末端結合領域とヌクレオソームの相互作用解析
    小淵 里恵; 段 炼; Kowit Hengphasatporn; 重田 育照; 谷 一寿; 鈴木 理...
    第46回日本分子生物学会年会/2023-12-06--2023-12-08
  • 天然変性タンパク質の部分構造解析
    渋谷 綾音; 谷 一寿; 高橋 花南; 堀越 直樹; 宮ノ入 洋平; 吉永 匡希; 小淵 里恵; 原...
    生理研研究会2023年度大会/2023-11-28--2023-11-29
  • クライオ電顕による小分子酵素の構造解析を目指して
    松本 夏弥; 原田 彩佳; 石場 智彬; 廣田 小太郎; 岩崎 憲治
    生理研研究会2023年度大会/2023-11-28--2023-11-29
  • 新規LDH阻害剤の開発を目指して
    松澤 里純; 原田 彩佳; 石場 智彬; 廣田 小太郎; 岩崎 憲治
    生理研研究会2023年度大会/2023-11-28--2023-11-29
  • 産業利用に向けた国産クライオ電子顕微鏡施設の立ち上げと創薬研究
    岩崎 憲治
    BINDSシンポジウム2023/2023-11-16--2023-11-16
  • 新規坑Hisタグ抗体HisMab-1の抗体技術への応用
    星里和; 人見菜月; 金子美華; 加藤幸成; 岩崎 憲治; 有森貴夫; 原田彩佳
    第96回日本生化学会大会/2023-10-31--2023-11-2
  • 天然変性タンパク質が滑膜肉腫発生の原因となる仕組み
    韓 叡佳; 堀越直樹; 高橋花南; 谷一寿; 宮ノ入洋平; 中本佳歩; 古寺哲幸; Kowit Hengpha...
    第96回日本生化学会大会/2023-10-31--2023-11-2
  • 滑膜肉腫治療を目指したHDAC2特異的阻害剤の研究
    広川 貴次; 権藤花奈; 吉田将人; 平尾 巧; 木越英夫; 竹中聡; 岩崎憲治
    第94回日本薬理学会年会/2022-11-30--2022-12-03
  • 滑膜肉腫原因タンパク質における天然変性領域SSXとDNAの相互作用様式を決定づけているアミノ酸残基
    韓叡佳; 高橋花南; 吉永匡希; 堀越直樹; 胡桃坂仁志; 竹中聡; 岩崎 憲治
    2023年度日本生化学会関東支部例会/2023-06-10
  • 新規抗Hisタグ抗体HisMab-1の結合親和性評価とウエスタンブロット法への適用
    星里和; 人見 菜月; 金子 美華; 加藤 幸成; 岩崎 憲治; 有森 貴夫; 原田 彩佳
    2023年度日本生化学会関東支部例会/2023-06-10
  • Single-particle analysis
    岩崎 憲治
    Canada-UK-Japan Joint Symposium on Toward Post DNA-Sequencing Era/2002-02-01
  • Structure of the metastable, cleaved-but unexpanded, precursor capsid of bacteriophage T4
    Kenji Iwasaki; Gregorina Campusano; Benes L. Trus; Naiqia...
    International Phage/Virus assembly conference/1999-06-08--1999-06-13
  • Morphogenesis of bacteriophage T4 capsid as studied by cryo-electron microscopy and 3D image reconstruction
    Kenji Iwasaki; Benes L. Trus; Paul T. Wingfield; Naiqian ...
    CHESAPEAKE SOCIETY of MICROSCOPY (CSM) meeting/2000-01-01
  • Morphogenesis of bacteriophage T4 capsid as studied by cryo-electron microscopy and 3D image reconstruction
    Kenji Iwasaki; Benes L. Trus; Paul T. Wingfield; Naiqian ...
    EUREM 12/2000-01-01
  • Cryo-Electron Microscopy of Clathrin Baskets with C58J, a Chimera of a J-Domain and the C-Terminal Domain of AP180, and with and without the Uncoating ATPase, Hsc70
    J. Bernard Heymann; Kenji Iwasaki; Naiqian Cheng; David ...
    18th Symposium of the Protein Society/2004-08-14--2004-08-18
  • The ATPase, Hsc70, binds in the polygonal faces of clathrin baskets as a prelude to uncoating
    J. Bernard Heymann; Kenji Iwasaki; Yang-In Yim; Naiqian ...
    The 44th Annual Meeting of the American Society for Cell Biology/2004-12-04--2004-12-08
  • Molecular dissection of the interaction between reelin an its receptor ApoER2
    Norihisa Yasui; Terukazu Nog; Mitsuharu Hattori; Kenji I...
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology/2006-06-18--2006-06-23
  • Structural basis for reelin signaling: Determination of receptor-binding site and its three-dimensional structure
    Kenji Iwasaki; Rina Nagiai; Atsushi Matsumoto; Kei Yura; ...
    Gordon Research Conference on Three Dimensional Electron Microscopy/2006-06-25--2006-06-30
  • Structural basis for reelin signaling: Determination of receptor-binding site and its three-dimensional structure
    Norihisa Yasui; Terukazu Nogi; Mitsuharu Hattori; Kenji ...
    20th Annual Symposium of The Protein Society/2006-08-05--2006-08-09
  • The pathway of conformational changes of cell adhesion protein, Integrin
    Kenji Iwasaki; Atsushi Matsumoto; Kei Yura; Tatsunori Go...
    The 16th International Microscopy Congress/2006-09-03--2006-09-08
  • Optimization of electron energy in tomography for sample conditions-development of 300kv IVEM specially designed for 3D observation
    Akio Takaoka; Ogasawara M; Tomita M; Tsuchiya N; Kenji I...
    The 16th International Microscopy Congress/2006-09-03--2006-09-08
  • Structures of the laminin-binding integrins
    Kenji Iwasaki; Naoyuki Miyazaki; Ito M; Junichi Takagi
    XXI Congress of the International Union of Crystallography/2008-08-23--2008-08-31
  • more...
Intellectural property rights
  • 炭素同素体表面が改質された物質の製造方法,炭素同素体表面に官能基が導入された物質の製造方法,クライオ電子顕微鏡用グリッドの製造方法,有機物質,クライオ電子顕微鏡用グリッド
    岩崎 憲治
  • 炭素同素体表面が改質された物質の製造方法,炭素同素体表面に官能基が導入された物質の製造方法,クライオ電子顕微鏡用グリッドの製造方法,有機物質,クライオ電子顕微鏡用グリッド
    岩崎 憲治
Teaching
2023-10 -- 2024-02Research in Nano Chemistry IIAUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research in Nano Chemistry IBUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Structural Biology and Chemistry VAUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Interdisciplinary Chemistry IBUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research in Interdisciplinary Chemistry IIIAUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Nano Chemistry IIBUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research in Nano Chemistry IAUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research in Nano Chemistry IIBUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research in Interdisciplinary Chemistry IVAUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Seminar in Nano Chemistry IBUniversity of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2020-05 -- 2020-05集中講義「生体触媒分子論」東京大学大学院
2021-05 -- 2021-05集中講義「ライフエンジニアリング特別講義第三」東京工業大学
Talks
  • クライオ電子顕微鏡単粒子解析効を奏するとき
    岩崎 憲治
    高エネルギー加速器研究機構 第1回2022年度物構研コロキウム/2022-4-18--2022-4-18
  • クライオ電子顕微鏡の現状および今後の課題等について
    岩崎憲治
    講演会/2017-01-30
  • 阪大・蛋白質研究所における電顕解析
    岩崎憲治
    プロテイン・モール関西第23回情報交流セミナー/2017-02-24
  • 実用化された最新クライオ電顕技術 〜創薬への応用〜
    岩崎憲治
    第11回関西ライフサイエンス・リーディングサイエンティストセミナー/2017-03-09
  • クライオ電子顕微鏡技術の最先端
    岩崎憲治
    第64回日本生化学会近畿支部例会/2017-05-27
  • クライオ電子顕微鏡による近原子分解能解析の仕組み
    岩崎憲治
    北海道大学薬学研究院セミナー/2017-05-30
  • 自動クライオ電顕撮影による高速近原子分解能解析〜ボルタ位相板の進展〜
    岩崎憲治
    第55回日本生物物理学会年会ランチョンセミナー/2017-09-19
  • クライオ電子顕微鏡の基本原理と飛躍する可能性
    岩崎憲治
    22世紀先端研究セミナー/2017-12-14
  • 蛋白質研究所の電子顕微鏡について
    岩崎憲治
    「ライフサイエンスの革新を目指した構造生命科学と先端的基盤技術」研究領域・第10回領域会議/2017-12-21
  • クライオ電子顕微鏡による近原子分解能解析
    岩崎憲治
    TARA Seminar/2017-12-26
  • Cryo-EM revolution
    岩崎憲治
    筑波大学医学セミナー/2018-02-07
  • 創薬に向けた最先端のクライオ電子顕微鏡施設とその取り組み
    岩崎憲治
    JASIS2018/2018-09-05
Professional activities
2023-06 -- 2025-05The Japanese Society of Microscopy理事
2021-10 -- 2022-06PROTEIN SCIENCE SOCIETY OF JAPANA program committee member of The 22nd Annual Meeting of the Protein Science Society of Japan
2020-04 -- 2021-06The Japanese Society of Microscopy医学・生物系プログラム委員長
2011-01 -- 2012-12THE BIOPHYSICAL SOCIETY OF JAPAN学会誌編集委員
2015-04 -- 2019-03The Japanese Society of Microscopy関西支部幹事
2007-04 -- 2011-03The Japanese Society of Microscopy関西支部幹事
2019-04 -- 2021-03The Japanese Society of Microscopy代議員
2017-04 -- 2018-03The Japanese Society of Microscopy代議員
2013-04 -- 2015-03The Japanese Society of Microscopy代議員
2017-06 -- 2019-05The Japanese Society of Microscopy理事
more...
University Management
2023-04 -- 2025-03Advisor to the President
Other activities
-- (current)井上 豪,浅原 時泰,大久保 敬,岩崎 憲治,宮崎 直幸,廣瀬 未果,中川 敦史,高木 淳一,土井 健史,安達 宏昭: 炭素同素体表面が改質された物質の製造方法,炭素同素体表面に官能基が導入された物質の製造方法,クライオ電子顕微鏡用グリッドの製造方法,有機物質,クライオ電子顕微鏡用グリッド 特願2019-061938(2020/03/27 出願)

(Last updated: 2024-01-09)