Moon Changyun

Affiliation
Institute of Humanities and Social Sciences
Official title
Associate Professor
Research fields
Japanese linguistics
Research keywords
言語学
音韻論
音声学
Research projects
言語の音調体系と音楽の知覚能力の相互作用に関する通言語的検証2023-12 -- 2026-03文 昶允公益財団法人ヒロセ財団/研究助成1,000,000Yen
母語の音調体系が音楽の認知能力に与える影響2021-07 -- 2023-08文 昶允公益財団法人村田学術振興財団/村田学術振興財団 2021年度研究助成1,930,000Yen
Empirical research on Japanese truncation mechanism through sound symbolism2021-04 -- 2025-03文 昶允JSPS/Grant for Japanese young investigators4,290,000Yen
CEFRの文脈化と日本語・日本語教育研究への応用2021-04 -- 2025-03小野 正樹JSPS/基盤研究B16,380,000Yen
日本語における短縮外来語の形成とその仕組み2020-04 -- 2021-03文 昶允Japan Society of for the Promotion of Science/900,000Yen
短縮語形成の音韻的メカニズムに関する実験的・対照言語学的研究2019-08 -- 2023-03文 昶允Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費補助金 研究活動スタート支援2,860,000Yen
複合外来語の短縮過程に見られる現代日本語の音韻特性2017-04 -- 2019-03文 昶允Japan Society of for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for JSPS Fellows1,700,000Yen
Career history
2023-12 -- (current)筑波大学人文社会系准教授
2019-04 -- 2023-11筑波大学人文社会系助教
2021-04 -- 2022-03国立国語研究所 音声研究班 プロジェクト研究員
2017-04 -- 2019-03筑波大学人文社会系日本学術振興会特別研究員(DC2)
Academic background
2013-04 -- 2019-03筑波大学 人文社会科学研究科 文芸・言語専攻
2008-03 -- 2011-08韓国外国語大学 教育大学院
Degree
2019-03博士(言語学)筑波大学
2015-03修士(言語学)筑波大学
2011-08修士(教育学)韓国外国語大学
Licenses and qualifications
2011-08中等学校正教師資格証(日本語教育)
Academic societies
2022-04 -- (current)Japan-Korea International Academic Society
2019-07 -- (current)EAJS ヨーロッパ日本研究協会
2019-03 -- (current)The Japanese Language Association of Korea
2016-04 -- (current)The Society for Japanese Linguistics
2016-04 -- (current)韓国日本言語文化学会
2015-04 -- (current)THE LINGUISTIC SOCIETY OF JAPAN
2015-04 -- (current)韓国日語日文学会
2015-04 -- (current)THE SOCIETY FOR TEACHING JAPANESE AS A FOREIGN LANGUAGE
2013-04 -- (current)PHONETIC SOCIETY OF JAPAN
2012-04 -- (current)筑波大学日本語日本文学会
more...
Honors & Awards
2023-03優良賞
2021-12韓國日語日文學會学術賞 優秀論文賞
2021-11新村出研究奨励賞
2021-03IAJS Research Posters Competition AY2020 Best Award
2019-03筑波大学人文社会科学研究科 優秀博士論文賞
2018-10筑波大学日本語日本文学会 学会奨励賞
2015-06筑波大学人文社会科学研究科 優秀修士論文発表賞
2008-02韓国外国語大学 学長表彰
Articles
Books
  • The Mechanism of Loanword Truncation in Japanese
    文 昶允
    ひつじ書房, 2021-02
Conference, etc.
  • Developing Japanese Language Learning Content for the Japan Virtual Campus Platform
    Vanbaelen Ruth; Masaki Ono; Hironori Sekizaki; Cade B...
    The 13th International Symposium on Japanese Language Education and Japanese Studies “Embracing Diversities, Igniting Potentials”/2023-11-17--2023-11-18
  • JV-Campus:筑波大学のオンライン日本語教材の開発
    関崎 博紀; ブッシュネル ケード; 伊藤 秀明; 岩崎 拓也; 小野 正樹; チョーハン アヌブティ...
    世界各地の社会的要請に対応可能な日本語教育シンポジウム/2023-09-25--2023-09-25
  • 複合語短縮における重音節の連続について
    文 昶允; 熊谷 学而
    Phonological Association in Kansai/2023-07-29
  • 複合語由来の短縮語形成について ―日本語・韓国語・中国語を対象とした実態調査に基づいて―
    文 昶允
    韓国日語日文学会 2023年度夏季国際学術大会/2023-06-17--2023-06-17
  • Influence of native accent system on pitch perception: A discrimination task with two Japanese dialects
    HUANG Chuyu; Moon Changyun
    24th International Congress on Acoustics/2022-10-24--2022-10-28
  • The Effect of Japanese Pitch Accent System on Musical Cognitive Ability
    Moon Changyun; Huang Chuyu; Hashimoto Daiki
    Speech Prosody 2022/2022-05-23--2022-05-26
  • 方言と音楽 ー音楽的知覚に対する音調パターンの影響ー
    文 昶允; 黄 竹佑; 橋本 大樹
    対照言語学プロジェクト音声研究(プロソディー)班 研究発表会/2021-06-11--2021-06-11
  • 日本語のル言葉の形態的変異について 
    文 昶允
    韓國日本言語文化學會 2021年度 春季国際シンポジウム 指定討論者/2021-05-15--2021-05-15
  • 接尾辞「-方」の音調変異にみる語長と母方言の影響
    那須 昭夫; 今田 水穂; 文 昶允; 田川 拓海
    第16回音韻論フェスタ/2021-03-08--2021-03-09
  • 複合語由来の短縮語データベースと短縮語形の分布
    文 昶允
    韓国日語日文学会2020年度冬季国際学術学会/2020-12-19
  • 短縮語形成における特殊モーラの振る舞い
    文 昶允
    東アジア若手研究者国際学術フォーラムー依存と融合:日本研究の新たな展望ー/2020-11-21
  • 複合外来語に由来する短縮語の形成メカニズムに関する研究
    文 昶允
    韓国日語日文学会2020年度秋季学術大会(次世代研究者発表)/2020-10-24
  • Exploring sound-symbolic associations of cuteness and softness in Japanese and Korean
    Gakuji Kumagai; Moon Changyun
    The 28th Japanese/Korean linguistics Conference/2020-09-07--2020-09-20
  • 共通語中心の言語研究から類型論的研究への転換ー母音融合に現れる地域間バリエーションを通してー
    文 昶允
    韓国日語日文学会 2020年度夏季オンライン国際シンポジウム 指定討論者/2020-07-25--2020-08-08
  • A1レベル向けオンライン日本語発話例検索サービス「にほんごアベニュー」について
    日暮康晴、馬雯雯、Petra Jaklin、Karina Kalimullina、Sabik Yergul、文昶...
    第二回国際学術学会 教育現場における日本語/2020-03-12--2020-03-14
  • Hierarchy of Special Morae in Japanese: Evidence from Loanword Compound Truncation
    Moon Changyun
    NINJAL International Conference on Phonetics and Phonology 2019/2019-12-13--2019-12-15
  • 短縮語形のジェネレーションギャップとその意味するところ
    文 昶允
    東アジア若手研究者合同研究フォーラム 令和時代の日本研究 ―平成から令和へ―/2019-11-30
  • What Phonological Factors Affect the Formation of Loanwords Compound Truncation in Japanese?
    Moon Changyun
    The 3rd European Association for Japanese Studies/2019-09-14--2019-09-15
  • An emoticon is well worth a few empathetic words
    Juan Pablo Rodriguez Gomez Tomoko Iizuka Edson T. Miyam...
    The 33rd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation/2019-09-13--2019-09-15
  • Markedness in Loanwords The Case of Compound Truncation in Japanese
    Moon Changyun; Kumagai Gakuji
    Generative Linguistics in the Old World in Asia 12 in Seoul and Seoul International Conference on Generative Grammar 21/2019-08-06--2019-08-09
  • 世代差にみられる短縮語形の指向性―後部要素の2モーラ目に長音を含む複合外来語の場合―
    文 昶允
    韓国日本語学会春季国際学術大会/2019-03
  • 子音の調音位置と有声性に関するOCP制約―複合外来語に由来する短縮現象を中心に―
    文 昶允
    韓国日語日文学会2018年度冬季国際学術大会/2018-12
  • The Influence of OCP on Word Truncation: A Study of Modern Japanese Abbreviation of Compound Loanword Nouns with Long Vowels
    Moon Changyun
    The 25th Japanese/Korean linguistics Conference/2017-10
  • 複合外来語の短縮形を決定する要因―音声学的な知見に基づいて―
    文 昶允
    韓国日語日文学会2017年度夏季国際学術大会/2017-04
  • OCP違反を誘発する素性の類似性について
    文 昶允
    東京音韻論研究会/2016-12
  • more...
Teaching
2023-04 -- 2023-08Research Program Development 11University of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Research Program Development 9University of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Project Seminar 2University of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Project Seminar 2University of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Comprehensive Japanese 1 BUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Comprehensive Japanese 2 BUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2023-12Program Seminar in Japanese Language Pedagogy 1BUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-06Program Seminar in Japanese Language Pedagogy 1AUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Research Program Development 4University of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Project Seminar 4University of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2020-08 -- 2020-08筑波大学人文社会系 高大連携事業「全国高校『探究』キャンプONLINE」
2020-04 -- 2021-03日本研究拠点形成短期留学プログラム
Professional activities
2023-09 -- 2025-08韓国言語研究学会国際交流理事
2023-04 -- (current)The Phonological Society of Japan理事
2022-04 -- (current)日韓国際学術学会理事
2019-06 -- (current)筑波大学日本語日本文学会評議員
University Management
2023-04 -- (current)人文社会系研究推進室推進委員
2022-04 -- (current)CEGLOC センターホームページ管理委員会(広報委員会)委員長
2022-04 -- 2023-03国際日本研究学位プログラム 学生キャリア支援・FD推進委員会委員長
2021-04 -- (current)人文社会系社会連携推進室推進委員
2021-04 -- 2023-04国際日本研究学位プログラム オリエンテーション・ガイダンス委員会委員長
2020-04 -- (current)国際日本研究学位プログラム 修士学位論文委員会
2020-04 -- (current)国際日本研究学位プログラム カリキュラム委員会
2019-04 -- (current)CEGLOC 授業評価委員会
2019-05 -- 2020-03国際日本研究 リレーセッション 世話人
Other activities
2020 -- 2021シンポジウム「未来志向の日本語教育」実施委員副長
2020 -- 2020「社会的要請に対応可能な日本語教師養成の拠点形成」キックオフシンポジウム実行委員

(Last updated: 2024-02-08)