Kinoshita Yohei

Affiliation
Institute of Systems and Information Engineering
Official title
Assistant Professor
ORCID
0000-0002-5085-6566
URL
Email
=<.,126+,7$L$7L5,6.O768.8%$O$&O-3
Research fields
Solid earth and planetary physics
Meteorology/Physical oceanography/Hydrology
Research keywords
small surface displacement
Space Geodesy
Synthetic Aperture Radar
Crustal deformation
Meso-Scale Meteorology
Research projects
RESTEC 2023年度研究助成「中央構造線で地震は起こるか? -高精度InSAR解析による中央構造線断層帯の運動様式の解明-」2023-07 -- 2024-03木下 陽平一般財団法人リモート・センシング技術センター/第2回(2023年度)RESTEC研究助成1,000,000Yen
JAXA委託研究「2023年度 ALOS-4データ利用検討のための時系列干渉SAR解析の高度化等に関する研究」2023-07 -- 2024-02木下 陽平国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構/974,070Yen
2023 年 5 月 5 日の地震を含む能登半島北東部陸海域で継続する地震と災害の総合調査2023-08 -- 2024-03平松 良浩日本学術振興会/科学研究費(特別研究促進費)416,000Yen
能登半島北東部において継続する地震活動に関する総合調査2022-08 -- 2023-03平松 良浩JSPS/科学研究費(特別研究促進費)634,400Yen
GNSS観測と気象モデリングの融合による先進的InSAR大気補正手法の開発2021-04 -- 2024-03Yohei KinoshitaJapan Society of for the Promotion of Science/Grants-in-Aid for Scientific Research: Young Scientists4,160,000Yen
SAR気象学 : InSARデータからの気象情報の抽出と地殻変動研究への応用2013-04 -- 2015-03木下陽平Japan Society of for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for JSPS Fellows1,800,000Yen
Career history
2013-04 -- 2015-03Japan Society for the Promotion of ScienceFaculty of Science, Hokkaido UniversityResearch Fellowship for Young Scientists
2015-04 -- 2015-05The University of TokyoFaculty of EngineeringAcademic support staff
2015-06 -- 2017-03The University of TokyoFaculty of EngineeringProject Researcher
2017-04 -- 2019-03Remote Sensing Technology Center of Japan (RESTEC)Research and Development DepartmentResearcher
2019-04 -- (current)University of TsukubaFaculty of System and Information EngineeringAssistant Professor
Academic background
2002-04 -- 2005-03Hokkaido Sapporo Teine High School General course
2005-04 -- 2009-03Hokkaido University Faculty of Science Earth and Planetary Sciences
2009-04 -- 2011-03Hokkaido University Faculty of Science Natural History Sciences(Master course)
2011-04 -- 2014-03Hokkaido University Faculty of Science Natural History Sciences(Doctral course)
Degree
2014-03Ph.D. in ScienceHokkaido University
Licenses and qualifications
2007-4普通自動車第1種免許
2008-10Licence for Weather Forecast
Academic societies
2022-07 -- (current)SEISMOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN
2017-04 -- (current)THE REMOTE SENSING SOCIETY OF JAPAN
2015-04 -- (current)THE JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY AND WATER RESOURCES
2010-07 -- (current)American Geophysical Union
2009-04 -- (current)Japan Geoscience Union
2009-04 -- (current)METEOROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN
2009-04 -- (current)THE GEODETIC SOCIETY OF JAPAN
Articles
Conference, etc.
  • Atmospheric noise mitigation in SAR interferometry: current state of progress
    Kinoshita Yohei
    The 14th SEGJ International Symposium/2021-10-18
  • 衛星SAR時系列解析による能登半島群発地震に伴う地殻変動
    木下 陽平
    科学研究費助成事業(特別研究促進費)「能登半島北東部において継続する地震活動に関する総合調査 」研究集会/2023-03-13--2023-03-13
  • Incorporating global atmospheric model products into the InSAR atmospheric delay model based on GNSS observations
    Kinoshita Yohei
    AGU Fall Meeting 2022/2022-12-15--2022-12-15
  • 衛星測地技術InSARの気象学への応用とデータ同化へ向けての取り組み
    木下 陽平; 松沢 啓太
    気象研究所データ同化談話会/2022-12-08--2022-12-08
  • 悪条件下において SSM を適用する際のフィルターについて
    長岡 頌悟; 高田 陽一郎; 木下 陽平
    2022年度 東京大学地震研究所共同利用(研究集会:課題番号 2022-W-08)「高頻度 SAR 観測時代の幕開け」/2022-12-05--2022-12-05
  • PSInSAR による地すべり前の地表面変位と降雨に関する研究
    Liu Yixuan; 木下 陽平
    2022年度 東京大学地震研究所共同利用(研究集会:課題番号 2022-W-08)「高頻度 SAR 観測時代の幕開け」/2022-12-05--2022-12-05
  • ALOS-2 を用いた中央構造線での地震間変位速度場検出の試み
    下妻 康平; 木下 陽平
    2022年度 東京大学地震研究所共同利用(研究集会:課題番号 2022-W-08)「高頻度 SAR 観測時代の幕開け」/2022-12-05--2022-12-05
  • 能登半島北東部での地震活発化に伴う地表面変位の Sentinel-1 時系列解析による検出
    木下 陽平
    2022年度 東京大学地震研究所共同利用(研究集会:課題番号 2022-W-08)「高頻度 SAR 観測時代の幕開け」/2022-12-05--2022-12-05
  • Sentinel-1強度画像を用いた深層学習による土砂移動検出アルゴリズムの開発
    伊藤 奎政; 木下 陽平
    日本リモートセンシング学会 第73回(令和4年度秋季)学術講演会/2022-11-29--2022-11-29
  • InSAR可降水量のデータ同化が降水再現性に与える影響の評価:令和2年7月豪雨を対象として
    松沢 啓太; 木下 陽平
    日本気象学会2022年度秋季大会/2022-10-26--2022-10-26
  • 能登半島北部で2020年末から活発化した地震活動に伴う地殻変動のSentinel-1 SAR時系列解析による検出
    木下 陽平
    日本地震学会2022年度秋季大会/2022-10-25--2022-10-25
  • 全球大気再解析ERA5とGNSSを用いたハイブリッドInSAR大気遅延補正モデル開発の試み
    木下 陽平
    日本測地学会第138回講演会/2022-10-06--2022-10-06
  • ALOS-2 を用いた地震間地殻変動の検出:悪条件下での電離層擾乱への対応
    長岡頌悟; 高田陽一郎; 木下 陽平
    日本測地学会第138回講演会/2022-10-06--2022-10-06
  • 2020年末から開始した能登半島での継続的微小地殻変動のSentinel-1 SAR時系列解析による検出
    木下 陽平
    JpGU2022/2022-05-22--2022-06-03
  • Slow-Moving Landslide Monitoring at Jichang Based on Sential-1 Time Series Analysis
    Liu Yixuan; 木下 陽平
    JpGU2022/2022-05-22--2022-06-03
  • InSAR時系列解析を用いたメガシティでの地盤沈下による災害リスク評価
    下妻康平; 木下 陽平
    JpGU2022/2022-05-22--2022-06-03
  • Sentinel-1強度画像を用いた機械学習および深層学習による土砂移動の検出の試み
    伊藤奎政; 木下 陽平
    JpGU2022/2022-05-22--2022-06-03
  • GNSS観測を用いた日本でのL-band InSAR PWVの推定とその精度評価
    松沢啓太; 木下 陽平
    JpGU2022/2022-05-22--2022-06-03
  • Transient small displacement since the end of 2020 at Noto peninsula, Japan, revealed by Sentinel-1 InSAR time series analysis
    Kinoshita Yohei
    EGU General Assembly 2022/2022-05-23--2022-05-27
  • Progress of developing InSAR atmospheric delay correction model based on GNSS ZTD and Its gradient
    Kinoshita Yohei
    AGU Fall Meeting 2021/2021-12-13--2021-12-17
  • GNSSと数値気象モデルの水平風データを融合したInSAR大気遅延モデルの開発
    木下 陽平
    日本測地学会第136回講演会/2021-11-17--2021-11-19
  • 日本におけるGNSS観測との比較によるL-band InSAR可降水量測定の誤差評価
    松沢啓太; 木下 陽平
    日本リモートセンシング学会第71回学術講演会/2021-11-15--2021-11-16
  • Sentinel-1強度画像を用いた機械学習による土砂移動の検出の試み
    伊藤奎政; 木下 陽平
    日本リモートセンシング学会第71回学術講演会/2021-11-15--2021-11-16
  • Developing InSAR atmospheric delay model by combining GNSS ZTD with ZTD gradient and numerical weather model
    Kinoshita Yohei
    JAXA PI workshop 2021/2021-11-09--2021-11-12
  • Progress of Slip distribution estimation on 2018 Boso SSE based on InSAR observations
    Kinoshita Yohei
    International Joint Workshop On Slow Earthquake 2021/2021-09-14--2021-09-16
  • more...
Teaching
2023-04 -- 2023-08Internship B in Risk Engineering in Doctoral ProgramUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Internship B in Risk Engineering in Doctoral ProgramUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Internship (Master's Program in Service Engineering)University of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Internship (Master's Program in Service Engineering)University of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Internship B in Risk and Resilience Engineering in Master's ProgramUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Internship B in Risk and Resilience Engineering in Master's ProgramUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Project Research in Risk EngineeringUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Project Research in Risk EngineeringUniversity of Tsukuba.
2023-11 -- 2023-12Urban AnalyticsUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Advanced Project Research in Risk and Resilience EngineeringUniversity of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2021-04 -- (current)修士論文研究指導筑波大学システム情報工学研究群
2020-04 -- (current)卒業研究指導筑波大学理工学群社会工学類
Talks
  • What is Interferometric Synthetic Aperture Radar? “Concept and Applications”
    木下 陽平
    山口県衛星データ解析技術研究会/2018-08-09--2018-08-09
Professional activities
2023-07 -- (current)Japan Aerospace Exploration AgencyALOS-4 Cal/Val Science Team member
2023-04 -- (current)Earth, Planets and SpaceEarth, Planets and Space誌運営委員会 / 委員
2021-06 -- 2023-05日本測地学会評議員
2020-04 -- 2022-05THE GEODETIC SOCIETY OF JAPANJpGUプログラム委員
2019-04 -- (current)InSAR地殻変動研究グループPIXELコアメンバー
2018-06 -- (current)THE REMOTE SENSING SOCIETY OF JAPANJpGU小委員会 / 委員
University Management
2023-04 -- (current)リスク・レジリエンス工学学位プログラム総務委員会委員
2023-04 -- 2024-03リスク・レジリエンス工学学位プログラムグループPBL演習担当主担当
2021-04 -- 2022-03リスク・レジリエンス工学学位プログラム就職委員会委員
2022-04 -- 2023-03社会工学類4年生クラス担任クラス担任
2021-04 -- 2022-03社会工学類3年生担任クラス担任
2020-04 -- 2022-03社会工学域スポーツデイ実行委員会委員
2020-04 -- 2023-03リスク・レジリエンス工学学位プログラムカリキュラム委員会委員
2020-04 -- 2021-03リスク・レジリエンス工学学位プログラム学生・教員連絡会担当担当
2019-04 -- 2020-03リスク工学専攻グループ演習担当担当
2019-04 -- 2020-03リスク工学専攻紀要担当担当
more...
Other activities
2024-01 -- 2026-09日本学術会議地球惑星科学委員会IUGG分科会IAG小委員会(第25期)
2023-06 -- (current)JAXA ALOS-4 CVST(校正検証サイエンスチーム)メンバー
2017-04 -- (current)日本地球惑星科学連合大会(JpGU) "SAR"セッション コンビーナー
2015-04 -- (current)InSAR地殻変動コミュニティ"PIXEL" コアメンバー
2015-04 -- (current)水文・水資源学会若手研究者コミュニティ"WACCA" メンバー

(Last updated: 2024-01-18)