現在地

木下 陽平(キノシタ ヨウヘイ; Kinoshita, Yohei)

face
所属
システム情報系
職名
助教
ORCID
0000-0002-5085-6566
eメール
 
研究分野
固体地球惑星物理学
気象・海洋物理・陸水学
研究キーワード
衛星測地学
メソスケール気象学
合成開口レーダー
研究課題
SAR気象学 : InSARデータからの気象情報の抽出と地殻変動研究への応用2013-04 -- 2015-03木下陽平日本学術振興会/科学研究費補助金 特別研究員奨励費1,800,000円
職歴
2013-04 -- 2015-03日本学術振興会 (所属)北海道大学大学院理学院 特別研究員
2015-04 -- 2015-05東京大学 大学院工学系研究科 学術支援専門職員
2015-06 -- 2017-03東京大学 大学院工学系研究科 特任研究員
2017-04 -- 2019-03一般財団法人リモート・センシング技術センター 研究開発部 研究員
2019-04 -- (現在)筑波大学 システム情報系 助教
学歴
2002-04 -- 2005-03北海道札幌手稲高校 普通科卒業
2005-04 -- 2009-03北海道大学 理学部 地球惑星科学科卒業
2009-04 -- 2011-03北海道大学 理学院 自然史科学専攻博士前期課程修了
2011-04 -- 2014-03北海道大学 理学院 自然史科学専攻博士後期課程修了
取得学位
2014-03博士(理学)北海道大学
免許資格等
2007-4普通自動車第1種免許
2008-10気象予報士
所属学協会
2017-04 -- (現在)日本リモートセンシング学会
2015-04 -- (現在)水文・水資源学会
2010-07 -- (現在)アメリカ地球物理学連合
2009-04 -- (現在)日本地球惑星科学連合
2009-04 -- (現在)日本気象学会
2009-04 -- (現在)日本測地学会
査読付き学術雑誌・国際会議論文
その他の論文・記事
会議発表等
  • Progress for detecting surface displacement associated with 2018 Boso SSE by ALOS-2 ScanSAR interferometry
    木下 陽平; 二村 忠弘; 古田 竜一
    JpGU-AGU Joint Meeting 2020/2020-07-12--2020-07-19
  • Detecting surface displacement associated with the 2018 slow slip event off Boso peninsula by use of Sentinel-1 InSAR with atmospheric correction
    木下 陽平; 二村 忠弘; 古田 竜一
    AGU fall meeting 2019/2019-12-09--2019-12-13
  • 大気遅延補正を適用したSentinel-1 InSARによる2018年房総半島沖SSEに伴う地表面変位の検出
    木下 陽平; 二村 忠弘; 古田 竜一
    日本測地学会第132回講演会/2019-10-29--2019-10-31
  • Detecting surface displacement associated with the 2018 slow slip event around Boso peninsula by use of Sentinel-1 InSAR with atmospheric correction
    木下 陽平; 二村 忠弘; 古田 竜一
    SLOWEQ2019/2019-09-21--2019-09-23
  • InSARでSSEシグナルは検出できるか? -2018年房総半島沖SSEを例として-
    木下 陽平; 二村 忠弘; 古田 竜一
    スロー地震学・若手異分野交流会/2019-07-18--2019-07-18
  • Detecting surface displacement accosiated with the 2018 slow slip event around Boso peninsula by use of Sentinel-1 InSAR with atmospheric correction
    木下 陽平; 二村 忠弘; 古田 竜一
    Japan Geoscience Union 2019 Meeting/2019-05-26--2019-05-30
担当授業科目
2019-10 -- (現在)微積分2筑波大学システム情報系
2019-04 -- (現在)都市環境評価論筑波大学システム情報系
2019-10 -- (現在)都市計画マスタープラン実習筑波大学システム情報系
2020-04 -- (現在)地球規模課題(GI)演習 I: 持続可能でレジリエントな都市の計画筑波大学システム情報系
2020-04 -- (現在)都市リスクマネジメント論筑波大学システム情報系
2020-04 -- (現在)災害リスク・レジリエンス論筑波大学システム情報系
2019-10 -- (現在)レジリエント都市計画演習筑波大学システム情報系
2020-04 -- (現在)リスク・レジリエンス工学概論筑波大学システム情報系
2020-04 -- (現在)リスク・レジリエンス工学基礎筑波大学システム情報系
2020-04 -- (現在)リスク・レジリエンス工学修士特別演習Ⅰ筑波大学システム情報系
授業以外の教育活動
2020-04 -- (現在)卒業研究指導筑波大学システム情報系
一般講演
  • 合成開口レーダー干渉法(InSAR)とは? -概要と利用事例-
    木下 陽平
    山口県衛星データ解析技術研究会/2018-08-09--2018-08-09
学協会等委員
2020-04 -- (現在)日本測地学会JpGUプログラム委員
2018-06 -- (現在)日本リモートセンシング学会JpGU小委員会 / 委員
学内管理運営業績
2020-04 -- (現在)社会工学域スポーツデイ実行委員会委員
2020-04 -- (現在)リスク・レジリエンス工学学位プログラムカリキュラム委員会委員
2020-04 -- (現在)リスク・レジリエンス工学学位プログラム学生・教員連絡会担当担当
2019-04 -- 2020-03リスク工学専攻グループ演習担当担当
2019-04 -- 2020-03リスク工学専攻紀要担当担当
2019-11 -- (現在)リスク工学専攻総務委員会委員
2019-04 -- 2020-03社会工学類教育図書委員委員
2019-04 -- (現在)リスク工学専攻広報委員会委員
2019-04 -- (現在)社会工学域広報委員会委員
その他の活動
2017-04 -- (現在)日本地球惑星科学連合大会(JpGU) "SAR"セッション コンビーナー
2015-04 -- (現在)InSAR地殻変動コミュニティ"PIXEL" コアメンバー
2015-04 -- (現在)水文・水資源学会若手研究者コミュニティ"WACCA" メンバー

(最終更新日: 2020-08-11)