現在地

庄子 晶子(ショウジ アキコ; Shoji, Akiko)

face
所属
生命環境系
職名
准教授
URL
eメール
 
研究室
総合研究棟A-412号室
研究分野
水圏生産科学
生態・環境
動物生理・行動
研究キーワード
汚染物質
バイオロギング
生活史
鳥類学
行動生態学
研究課題
HMM and Bayesian method for studying animal behaviour2020 -- 2020庄子晶子日本学術振興会/外国人招聘研究者
Establishing migratory strategy in sympatric Charadriiforms2020 -- 2020庄子晶子日本学術振興会/外国人招聘研究者
海鳥類の繁殖成績を決定する内的要因と人間活動の影響を評価する包括的モデルの開発2020 -- 2023庄子晶子日本学術振興会/基盤研究(B)17,940,000円
海鳥類を新たな汚染トレーサーとした環境モニタリング手法の開発2019 -- 2022庄子晶子日本学術振興会/国際共同研究強化(B))18,460,000円
長距離移動する海鳥を汚染トレーサーとする物質輸送の解明2017 -- 2018庄子晶子(株)資生堂/サイエンスグラント1,000,000円
北海道天売島で繁殖する海鳥を物質輸送者とした水銀汚染の実態と拡散状況の解明2017 -- 2018庄子晶子秋山記念生命科学振興財団/研究助成1,000,000円
長距離移動する海鳥を汚染トレーサーとした物質輸送の解明2017 -- 2020庄子晶子日本学術振興会/基盤研究(C)4,680,000円
海鳥による物質輸送の環境応答メカニズムと生態系波及効果の解明2016 -- 2019庄子晶子日本学術振興会/特別研究員研究奨励費5,200,000円
職歴
2019-04 -- (現在)筑波大学 生命環境系 准教授
2016-04 -- 2019-03北海道大学 大学院水産科学研究院 日本学術振興会特別研究員
取得学位
2015-04Doctor of Philosophy (Zoology)オックスフォード大学
所属学協会
2017-12 -- 2020-12日本生態学会
2011 -- (現在)Association for the Study of Animal Behaviour
2011 -- (現在)World Seabird Union
2006 -- (現在)Pacific Seabird Group
2006 -- (現在)日本鳥学会
査読付き学術雑誌・国際会議論文
その他の論文・記事
  • バイオロギング 鳥の背から見える景色 #20「マンクスミズナギドリが降る島で」
    庄子 晶子
    BIRDER, 2019-11
  • DIVE BEHAVIOUR OF TWO SYMPATRIC, PLANKTIVOROUS ALCIDS
    Elliott KH; Shoji A
    Laskeek Bay Conservation Society Science Report, 2010-01
  • Tracking the migration and foraging dynamics of Lundy’s Manx shearwaters
    Freeman R.; Shoji A.; Fayet A.; Dean B.; Kirk H.; Perrins...
    Annual Report of the Lundy Field Society/62/pp.101-106, 2012-01
  • Using a Video Camera to Study Colony Attendance and Feeding Rates of Crevice-nesting. Pigeon Guillemots
    Akiko Shoji
    Laskeek Bay Conservation Society Science Report/pp.46-49, 2013-01
著書
  • The Birds of North America Online (A. Poole, Ed.)
    Gaston AJ; Shoji A
    Ancient Murrelet (Synthliboramphus antiquus), Cornel University, 2010-01
会議発表等
  • 海鳥の越冬行動と水銀濃度
    庄子 晶子
    日本鳥学会/2019-09--2019-09
  • Testing the attraction of two procellariiform seabirds to DMS
    Sena Naya; Shoji Akiko; Nishizawa Bungo; Okado Jumpei; Yo...
    Pacific Seabird Annual Meeting/2020-02--2020-02
  • Black-legged kittiwake chicks show no significant behavioral response to dimethyl sulfide: an experimental study
    Sena Naya; Watanuki Yutaka; Elliott Kyle H.; Hatch Scott ...
    Pacific Seabird Annual Meeting/2020-02--2020-02
担当授業科目
2020-07 -- 2020-07保護地域・野生生物管理実習2筑波大学
2020-10 -- 2021-02系統分類・進化学研究法AII筑波大学
2020-04 -- 2020-08系統分類・進化学研究法AI筑波大学
2020-04 -- 2020-08生態学セミナーIVS筑波大学
2020-10 -- 2021-02系統分類・進化学セミナーEII筑波大学
2020-10 -- 2021-02生態学講究F筑波大学
2020-04 -- 2020-08生態学講究S筑波大学
2020-10 -- 2021-02生態学研究法IIF筑波大学
2020-04 -- 2020-08生態学セミナーIIS筑波大学
2020-04 -- 2020-08系統分類・進化学セミナーCI筑波大学
授業以外の教育活動
2019-08 -- 2020-03自然保護アウトリーチ活動大黒自然研究会
学協会等委員
2019-09 -- (現在)World Seabird UnionScience Program Committee
2018-04 -- (現在)World Seabird UnionEarly Career Scientist Committee
2017-05 -- 2019-04北海道庁北海道環境保全推進委員

(最終更新日: 2020-09-25)