現在地

CHAUHAN ANUBHUTI(チョーハン アヌブティ; Chauhan, Anubhuti)

所属
人文社会系
職名
助教
eメール
 
研究分野
言語学
日本語教育
研究キーワード
他動性
第二言語習得
日本語教育学
研究課題
Learnability of Japanese case particle wo – From the perspective of predicate transitivity–2019-11 -- 2020-11チョーハン アヌブティ全国語学教育学会(JALT)/
学歴
2012-04 -- 2017-07筑波大学 人文社会科学研究科 文芸言語専攻修了
2010-04 -- 2012-03筑波大学 人文社会科学研究科 国際地域研究専攻修了
2008-04 -- 2010-03筑波大学 人文社会科学研究科 (国費研究生)修了
2006-08 -- 2008-07Jawaharlal Nehru University School of Language, Literature and Culture Studies Center for Japanese, Korean and North East Asian Studies修了
2004-08 -- 2006-07Jawaharlal Nehru University School of Language, Literature and Culture Studies Center for Japanese, Korean and North East Asian Studies修了
取得学位
2017-07博士(言語学)筑波大学
2012-03修士(国際学)筑波大学
2009Master of PhilosophyJawaharlal Nehru University
2006Master of ArtsJawaharlal Nehru University
所属学協会
2019-05 -- (現在)ヨーロッパ日本研究協会(EAJS)
2019-03 -- (現在)全国語学教育学会(JALT)
2017-04 -- (現在)日本語教育学会
査読付き学術雑誌・国際会議論文
その他の論文・記事
  • ヒンディー語を母語とする日本語学習者における格助詞「を」と「に」の習得
    CHAUHAN ANUBHUTI
    サマルカンド国立外国語大学『第9回国際学術会議 文明のクロスロード-言語・文化・社会の様相-予稿集』, 2012-03
  • Information Structure and the Comprehension of Non-Canonical Word Orders in Japanese
    Miyatnoto Edson T.; Yoshida Junna; Kohita Ryosuke; Seki S...
    筑波応用言語学研究/(21), 2014-11
会議発表等
  • Learnability of Japanese Case Particle ‘Wo’
    Chauhan Anubhuti
    46th Annual International Conference on Language Teaching and Learning & Educational Materials Exhibition/2020-11-16--2020-11-24
  • Acquisition of the Japanese object case particle wo by adult Hindi speakers: Testing the transitivity scale of two-place predicates
    Chauhan Anubhuti
    International Conference on Language Learning & Teaching (Icollt 2015)/2015-10-1--2015-10-3
  • Transitive and intransitive expressions in Japanese and Hindi - from the perspective of DO-language and BECOME-language
    Chauhan Anubhuti
    The 3rd EAJS Conference/2019-09-14--2019-09-15
  • ヒンディー語を母語とする日本語学習者における格助詞「を」と「に」の習得
    CHAUHAN ANUBHUTI
    第9回文明のクロスロード-言語・文化・社会の様相 :国際学術会議/2012-03
  • ヒンディー語を母語とする日本語学習者における格助詞「を」と「に」の習得について
    CHAUHAN ANUBHUTI
    2012年度日本語教育国際研究大会/2012-08
担当授業科目
2021-04 -- (現在)プロジェクト演習1B国際日本研究学位プログラム
2021-04 -- (現在)プロジェクト演習2A国際日本研究学位プログラム
2020-10 -- (現在)日本語教育研究概論国際日本研究学位プログラム
2020-10 -- (現在)日本語教育実践研究Ⅲ国際日本研究学位プログラム
2020-10 -- (現在)日本語教育実践研究Ⅰ国際日本研究学位プログラム
2020-04 -- (現在)日本語教育実践研究Ⅱ国際日本研究学位プログラム
2020-04 -- (現在)集中日本語D000ACEGLOC
2020-04 -- (現在)補講日本語4文法-2A/BCEGLOC
2020-04 -- (現在)補講日本語7文法-2A/BCEGLOC
2020-04 -- (現在)日本語教育原論国際日本研究学位プログラム
授業以外の教育活動
2016-07 -- 2016-08Japanese language module (「Intransitive verbs & Transitive verbs」in『Japanese Grammar: an overview』) for an e-learning projectMinistry of Human Resource Development, Government of India and National Council of Educational Research and Training
学内管理運営業績
2021-03 -- (現在)CEGLOC 社会貢献委員会委員
2021-03 -- (現在)CEGLOC 危機管理委員会委員
2021-03 -- (現在)国際日本研究学位プログラム 修士学位論文委員会委員
2021-03 -- (現在)国際日本研究学位プログラム オリエンテーション・ガイダンス委員会委員
2020-04 -- (現在)CEGLOC 研究推進・FD委員会副委員長
2020-04 -- (現在)CEGLOC センターホームページ管理委員会(広報委員会)委員
2020-04 -- (現在)国際日本研究学位プログラム ネットワーク・広報委員会委員

(最終更新日: 2021-08-19)