現在地

全 孝静(ジョン ヒョジョン; Jeon, Hyojung)

所属
医学医療系
職名
助教
研究課題
子宮内胎仔への造血幹細胞移植による新規異種間血液キメラマウスの作製2021-04 -- 2023-03全 孝静独立行政法人日本学術振興会/若手研究4,550,000円
ヒト血液キメラマウス作製への新たな戦略~経胎盤移植法の実証2020-05 -- 2021-04全 孝静筑波大学/研究基盤支援プログラム(Aタイプ)1,000,000円
経胎盤移植系を用いた血液キメラマウスの作製2019-04 -- 2020-04全 孝静上原記念生命科学財団/研究奨励金2,000,000円
経胎盤移植系を用いた造血免疫系ヒト化マウスモデルの作製2017-04 -- 2019-03全 孝静独立行政法人日本学術振興会/特別研究員奨励費1,700,000円
職歴
-- (現在)筑波大学 医学医療系 トランスボーダー医学研究センター 助教
2018-04 -- 2019-03日本学術振興会 特別研究員 PD
2017-04 -- 2018-03日本学術振興会 特別研究員 DC2
学歴
2014-04 -- 2018-03筑波大学 人間総合科学研究科 生命システム医学専攻
取得学位
2018-03-23博士(医学)筑波大学
所属学協会
-- (現在)日本分子生物学会
-- (現在)日本実験動物学会
査読付き学術雑誌・国際会議論文
著書
  • 造血幹細胞の増幅培養技術
    全 孝静; 山﨑 聡
    細胞, 2021-05
会議発表等
  • MAFB変異部位の違いによる巣状分節性糸球体硬化症の発症メカニズムの相違
    臼井俊明; 森戸直記; 金井真帆; 綱川祐貴; 濱田理人; 全 孝静...
    第64回日本腎臓学会学術総会/2021-06-18--2021-06-20
  • ANALYSIS OF A MOUSE MODEL FOR MCTO DUE TO THE MUTATION OF MAFB TRANSACTIVATION DOMAIN
    Usui Toshiaki; Morito Naoki; Tsunakawa Yuki; Jeon Hyojung...
    EDTA/ERA
  • ポドサイト特異的転写因子MAFBの変異による巣状分節性糸球体硬化症の発症メカニズムの検討
    臼井 俊明; 森戸 直記; 金井 真帆; 綱川 祐貴; 全 孝静; 濱田...
    第5回ポドサイト研究会/2021-03-06--2021-03-06
  • Analysis of the disease-model mouse for MCTO nephropathy
    Usui Toshiaki; Morito Naoki; Tsunakawa Yuki; Hyojung Jeon...
    The 10th Chronic Kidney Disease Frontier Meeting/2021-02-28--2021-02-28
  • MAFB転写活性化領域の変異疾患であるMCTOモデルマウス作製とその解析
    臼井 俊明; 森戸 直記; 綱川 祐貴; 全 孝静; 濱田 理人; ...
    第63回日本腎臓学会学術総会/2020-08-19--2020-08-21
  • ANALYSIS OF A MOUSE MODEL FOR MCTO DUE TO THE MUTATION OF MAFB TRANSACTIVATION DOMAIN
    Usui Toshiaki; Naoki Morito; Tsunakawa Yuki; Hyojung Jeon...
    the 57th ERA-EDTA Congress/2020-06-06--2020-06-09
知的財産権
  • 非ヒト動物及びその製造方法
    全 孝静
  • 非ヒト動物及びその製造方法
    全 孝静
担当授業科目
-- (現在)医科学専門語学Ⅱ筑波大学

(最終更新日: 2021-08-16)