現在地

木山 幸輔(キヤマ コウスケ; Kiyama, Kosuke)

所属
人文社会系
職名
助教
研究室
筑波大学人文社会系棟木山幸輔宛 メール連絡先などはresearchmapをご覧ください。また私は大学院では英語での政治哲学・公共哲学関連授業の担当のみで、指導資格・研究生受入資格を有しません。認定されるとしても博士前期課程のみで2022年度からと思います。
研究分野
政治学
基礎法学
哲学・倫理学
研究キーワード
公共哲学
人権の哲学
開発の倫理学
法哲学
応用倫理学
政治哲学
政治理論
グローバル・スタディーズ
援助政策
国際開発
研究課題
人権の基礎としての人間性に関する研究:福利・地位・人権保障主体2021 -- 2025木山 幸輔日本学術振興会/若手研究4,550,000円
人権の基礎としての人間性に関する研究:福利・地位・人権保障主体2021-04 -- 2026-03木山幸輔独立行政法人 日本学術振興会/科学研究費補助金 若手研究
Oxford-Uehiro-St Cross Visiting Scholarship2015-10 -- 2016-09Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics, University of Oxford/
グローバルな正義論と人権構想―道徳的考慮の基礎と負担原理の探求―2013-04 -- 2015-09日本学術振興会/科学研究費補助金特別研究員奨励費
人権の哲学を基礎とした開発の倫理学へ向けて2016-10 -- 2017-03東京大学/東京大学博士課程研究遂行協力制度
人権基底的な開発倫理学の構築:人権の根本的価値依拠形態と援助構想の規範理論的研究2017-04 -- (現在)日本学術振興会/科学研究費補助金 特別研究員奨励費
2016-01 -- (現在)東京大学/卓越大学院試行プログラム(東京大学)(2016年度)
職歴
2020-04 -- (現在)明治大学経営学部 兼任講師
2019-04 -- (現在)埼玉医科大学 医学教育センター 非常勤講師
2020-03 -- (現在)筑波大学 人文社会系 助教
2017-04 -- 2020-02日本学術振興会 特別研究員PD
2017-04 -- 2020-02同志社大学 研究開発推進機構 研修員
2018-05 -- 2018-10University of Stirling the Division of Law and Philosophy, Faculty of Arts and Humanities Visiting Scholar
2015-10 -- 2016-09the Faculty of Philosophy, University of Oxford Oxford Uehiro Centre for Practical Ethics Oxford-Uehiro-St Cross Visiting Scholar
2013-04 -- 2015-09日本学術振興会 特別研究員DC1
学歴
2013-04 -- 2017-03東京大学 総合文化研究科
2015-10 -- 2016-09University of Oxford Recognised Student, the Faculty of Philosophy
2011-04 -- 2013-03東京大学 総合文化研究科
2011-02 -- 2011-04University of Stirling School of Education
2007-04 -- 2011-03早稲田大学 政治経済学部
取得学位
2019-12博士(学術)東京大学
所属学協会
-- (現在)日本倫理学会
-- (現在)応用哲学会
-- (現在)国際開発学会
-- (現在)日本法哲学会
-- (現在)社会思想史学会
-- (現在)日本政治学会
-- (現在)政治思想学会
受賞
2021-03第11回東京大学南原繁記念出版賞
2014-05政治思想学会研究奨励賞
2013-05日本学生支援機構第一種奨学金返還免除認定(修士課程の業績に対して)
査読付き学術雑誌・国際会議論文
  • 人権から開発を再考する:尊厳・デモクラシーへの人権・政治的決定の位置
    木山 幸輔
    国際開発学会第 31 回全国大会報告論文集, 2020-12
  • Human Rights Based on Human Dignity: Defence and Elaboration through an Examination of Andrea Sangiovanni’s Critique
    Kiyama Kosuke
    Journal of Global Studies/9/pp.1-24, 2019-03
  • 人権の哲学の対立において自然本性的構想を擁護する:チャールズ・ベイツによる批判への応答
    木山幸輔
    法と哲学/(4)/pp.43-94, 2018-06
  • J・ラズの人権構想の検討:人権の哲学の対立において
    木山幸輔
    法哲学年報/(2016号)/pp.202-213, 2017-11
  • 社会実験とリバタリアン・パターナリズムは世界の貧困を救う?:援助の新潮流に関する政治理論的一考察
    木山幸輔
    年報政治学(特集:政治理論と実証研究の対話)/2015-I/pp.170-190, 2015-06
  • グローバル世界における人権の導出:自然法アプローチと尊厳構想へ向かって
    木山幸輔
    政治思想研究/(14)/pp.201-233, 2014-05
その他の論文・記事
  • 持続的開発目標(SDGs)の規範的基礎の検討
    木山 幸輔
    国際開発学会第18回春季大会発表論文集/pp.191-207, 2017-06
  • 開発に関する哲学対話:オープンダイアローグと哲学カフェを交えた90分
    木山 幸輔
    国際開発学会第 21 回春季大会ヴァーチャル開催報告論文集/pp.341-344, 2020-06
  • 受賞のことば(第11回東京大学南原繁記念出版賞発表)
    木山 幸輔
    UP/pp.59-59, 2021-03
  • ナッジに満ちた世界で、ナッジの多様な理解を示す:個々のナッジの意味を理解し評価するために、読むべき一冊(那須耕介・橋本努編(2020)『ナッジ!?:自由でお節介なリバタリアン・パターナリズム』勁草書房)
    木山 幸輔
    図書新聞/pp.5-5, 2020-10
  • 訳者解題(チャールズ・R・ベイツ「実践から理論へ」)
    木山 幸輔
    思想/pp.100-102, 2020-06
  • 実践から理論へ (グローバル・ジャスティス)
    ベイツ チャールズ・R; 木山 幸輔
    思想/(1155)/pp.100-117, 2020-07
  • RCT至上主義とその問題:E・デュフロと開発経済学の潮流について
    木山幸輔
    同志社グローバル・スタディーズ/8/pp.93-113, 2018-03
  • 血染めの石油の公共哲学:L・ウェナーと石油依存の道徳的意味
    木山幸輔
    相関社会科学/26/pp.65-71, 2018-03
  • これからの援助の話をしよう :開発の心的態度を問い直し、援助の政治性を考える
    木山幸輔
    相関社会科学/(25)/pp.71-77, 2016-03
  • 世界的貧困とグローバル世界:因果を追うこと、世界の情況を確かめること
    木山幸輔
    相関社会科学/(24)/pp.113-119, 2015-03
  • 世界的貧困に応答するポスト開発思想?:「ローカル」の内部と外部
    木山幸輔
    相関社会科学/(23)/pp.69-75, 2014-03
  • 世界的貧困への応答としてのグローバルな正義:正義の存立、共同体、人権、援助へのアプローチ
    木山幸輔
    修士学位論文/pp.1-157, 2013-03
著書
  • 人権の哲学:自然本性的構想及び二元的理論の擁護とその含意
    木山幸輔
    2019-12
  • 第12章 功利主義と支配
    木山幸輔
    支配の政治理論, 社会評論社, pp.182-196頁, 2018-12
  • 第4章 ロールズと人権
    木山幸輔
    ロールズを読む, ナカニシヤ出版, pp.73-95頁, 2018-10
会議発表等
  • 若手による開発研究セッション:開発における研究と実践を越境する
    木山 幸輔
    国際開発学会第 22 回春季大会/2021-06-12--2021-06-12
  • 開発に関する哲学対話:オープンダイアローグと哲学カフェを交えた90分
    木山 幸輔
    国際開発学会第 21 回春季大会/2020-06
  • 人権から開発を再考する:尊厳・デモクラシーへの人権・政治的決定の位置
    木山 幸輔
    国際開発学会第31回全国大会/2020-12
  • グローバル関係における人権の描き方:因果追跡、責任主体、侵害・達成の回路
    木山幸輔
    新学術領域研究「グローバル関係学」第3回若手研究者報告会/2019-12-22
  • Dualistic Theory as the Ground for Human Rights :An Investigation in Political Philosophy
    Kosuke Kiyama
    韓国政治学会( Korean Political Science Association)年例学術大会(冬季大会)/2019-12-07
  • 人権の基底的価値:二元論、一元論でも多元論でもなく
    木山幸輔
    若手人権問題研究会第7回合同セミナー/2019-11-15
  • Neither Monism nor Pluralism: Defence of Dualism as the Ground for Human Rights
    Kosuke Kiyama
    Dignity, Democracy, Diversity: XXIX IVR(法哲学・社会哲学国際学会連合) World Congress/2019-07-08
  • Three Theories of a Human Right to Democracy
    Kosuke Kiyama
    The 11th International Conference on Applied Ethics/2018-12-16
  • デモクラシーへの人権の論証に関する予備的考察
    木山幸輔
    第10回応用哲学会年次大会/2018-04-08
  • RCT至上主義者は何を語るべきなのか:開発経済学の潮流について
    木山幸輔
    国際開発学会第28回全国大会ポスターセッション/2017-11-25
  • 持続的開発目標(SDGs)の規範的基礎の検討
    木山幸輔
    国際開発学会第18回春季大会/2017-06-03
  • 人権の哲学の対立において自然本性的構想を擁護する:Ch.ベイツによる批判の検討
    木山幸輔
    現代規範理論研究会/2017-03-11
  • The Philosophy of Human Rights and Rawls's Law of Peoples
    Kiyama Kosuke
    The 10th International Conference on Applied Ethics/2016-10-29
  • グローバル世界と人権理論:干渉、諸人民の法、自然法アプローチ
    木山幸輔
    政治思想学会第21回研究会/2014-05-25
担当授業科目
2021-06 -- (現在)国際公共政策論筑波大学国際公共政策学位プログラム(修士課程)(オムニバス講義の1回)
2021-05 -- (現在)法交渉学III筑波大学社会学類法学主専攻(オムニバス講義の1回)
2021-06 -- (現在)法学の最前線筑波大学社会学類法学主専攻(オムニバス講義の1回)
2021-05 -- 2021-07政治哲学入門埼玉医科大学医学教育センター
2021-05 -- 2021-07哲学対話をつくる:対話手法と哲学実践埼玉医科大学医学教育センター
2021-04 -- 2021-06法学概論筑波大学社会学類
2021-04 -- 2021-06フレッシュマン・セミナー筑波大学社会学類
2021-04 -- 2021-05学問への誘い筑波大学社会学類
2021-04 -- 2021-06法哲学筑波大学社会学類法学主専攻
2020-09 -- 2021-02公共思想論明治大学経営学部
授業以外の教育活動
2020-10 -- 2020-10国際社会と法哲学
学協会等委員
2011-04 -- 2015-03雑誌『相関社会科学』編集委員編集委員長(2013年4月-2014年4月第23号編集)
学内管理運営業績
2021-04 -- (現在)筑波大学国際公共政策専攻 ダイバシティ・アクセシビリティ担当教員
2021-04 -- (現在)筑波大学国際公共政策学位プログラム キャリア支援担当教員会議構成員
2021-04 -- (現在)学生担当教員会議委員(社会学類選出)
2021-04 -- (現在)筑波大学社会学類ダイバーシティ・アクティビティ担当教員
2021-04 -- (現在)筑波大学社会学類 クラス担任委員
2021-04 -- (現在)筑波大学医学系医の倫理委員
2020-04 -- 2022-03茨城県弁護士会懲戒予備委員
2020-04 -- 2022-03筑波大学人文社会系研究倫理審査委員会会議委員

(最終更新日: 2021-09-20)