Koda Yuta

Affiliation
Institute of Pure and Applied Sciences
Official title
Assistant Professor
ORCID
0000-0003-1724-2359
URL
Research fields
Polymer chemistry
Polymer/Textile materials
Research keywords
Polymer Chemistry
Biomaterials
Functional Polymers
Precision Polymerization
Research projects
新規創成食品素材ナノ粒子化L-セリンによる加齢性認知症予防戦略の統合研究2024-04 -- 2027-03Shigeki FuruyaJapan Society of for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
新奇分子の薬理作用機序解明を可能にする薬物送達システムの確立と炎症疾患治療2022-07 -- 2025-03甲田優太JSPS/Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Research (Exploratory)6,500,000Yen
機能不全に陥った代謝の人為的矯正を可能にするアミノ酸と短鎖脂肪酸基盤高分子自己組織化薬の開発2022-04 -- 2023-02甲田優太公益財団法人 日本科学協会/2022年度笹川科学研究助成690,000Yen
新しい高分子抗酸化薬を用いた酸化ストレス低減によるがん治療2021-11 -- 2023-03甲田優太公益財団法人 小笠原敏晶記念財団/小笠原敏晶記念財団一般研究助成4,400,000Yen
サイトカインストームを制御する分子組織化抗酸化薬の設計と評2021-12 -- 2024-03長崎幸夫AMED/新興・再興感染症研究基盤創生事業(多分野融合研究領域)
温度応答性非天然オリゴアミノ糖の合成と機能発現制御2020 -- 2021甲田 優太Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Early-Career Scientists4,160,000Yen
新しいイオン開環重合による非天然アミノ多糖の精密合成と特性解析2017-04 -- 2020-03甲田優太Japan Society for the Promotion of Science/Grants-in-Aid for Scientific Research4,420,000Yen
機能基集積星型ポリマーによる革新的機能空間の構築2012-04 -- 2015-03甲田優太Japan Society for the Promotion of Science/人材育成事業 特別研究員(DC1)3,000,000Yen
Career history
2020-03 -- (current)University of TsukubaDepartment of Material Sciences, Graduate School of Pure and Applied SciencesAssistant Professor
2018-04 -- 2020-02Osaka City UniversityDepartment of Applied Chemistry and Bioengineering, Graduate School of EngineeringResearch Assistant Professor
2017-04 -- 2018-03Kyoto UniversityDepartment of Polymer Chemistry, Graduate School Of EngineeringReseacher
2015-04 -- 2017-03Kyoto UniversityJST-ERATO Akiyoshi BioNano TransporterProgram-Specific Research Fellow
2012-04 -- 2015-03Kyoto UniversityDepartment of Polymer Chemistry, Graduate School Of EngineeringResearch Fellow of Doctoral Course
2013-10 -- 2013-12University of California, Los AngelesVisiting Graduate Student
Academic background
2012-04 -- 2015-03Kyoto University Graduate School Of Engineering Department of Polymer Chemistry
2010-04 -- 2012-03Kyoto University Graduate School of Engineering Department of Polymer Chemistry
2006-04 -- 2010-03Kyoto University Faculty of Engineering Department of Chamical Engineering
Degree
2015-03Ph. D. (Dr. Eng., Kyoto Univ.)Kyoto University
Academic societies
2023-11 -- (current)The Japan Society of Hepatology
2023-07 -- (current)高分子学会 医用高分子研究会
2022-08 -- (current)The Materials Research Society of Japan
2022-05 -- (current)老化促進モデルマウス(SAM)学会
2020-07 -- (current)THE JAPAN SOCIETY OF DRUG DELIVERY SYSTEM
2020-07 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF CARBOHYDRATE RESEARCH
2020-07 -- (current)Japanese Society for Amino Acid Sciences (JSAAS)
2020-07 -- (current)SOCIETY FOR FREE RADICAL RESEARCH JAPAN
2020-05 -- (current)The Japanese Society for Biomaterials
2018-10 -- (current)THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN
more...
Honors & Awards
2024-05日本酸化ストレス学会 学術奨励賞
2023-12第36回日本酸化ストレス学会関東支部会 優秀発表賞
2023-11第45回バイオマテリアル学会大会 ハイライト発表
2023-11第7回茨城テックプラングランプリ NOK Dream Journey賞
2023-07第52回医用高分子シンポジウム 医用高分子Rising Star講演賞
2022-12第35回日本酸化ストレス学会関東支部会 優秀発表賞
2022-05第71回高分子学会年次大会 広報委員会パブリシティ賞
2021-052020年度高分子研究奨励賞
2014-05Poster Award for Students
2012-12Young Scientist Poster Award (IPC2012)
2012-03修士論文優秀発表賞
Articles
Conference, etc.
  • Design of Poly(cysteine)-Based Polymer Self-Assembling Drugs for the Chemotherapy of Nonalcoholic Steatohepatitis
    Koda Yuta; Nagasaki Yukio
    12th Word Biomaterials Congress (WBC2024)/2024-05-26--2024-05-31
  • ポリシステイン自己組織化薬の代謝機能不全関連脂肪肝炎に対する治療効果と分子設計の影響の解明
    甲田 優太; 長崎 幸夫
    第53回 医用高分子シンポジウム/2024-07-23--2024-07-24
  • Poly(cysteine)-Based Self-Assembling Nanoparticle without Hydrophobic Functionalization on Thiol Groups of Side Chains toward the Efficient Suppression of Tumor Growth
    Nishimoto Reo; Koda Yuta; Nagasaki Yukio
    第40回 日本DDS学会学術集会/2024-07-09--2024-07-11
  • Pharmacokinetic Study of Cysteine Released from Self-Assembled Poly(cysteine)-Based Nanoparticles
    Kosaka Yuna; Koda Yuta; Nagasaki Yukio
    第40回 日本DDS学会学術集会/2024-07-09--2024-07-11
  • Antioxidant Chemotherapy Using Poly(cysteine)-Based Nanoparticles against Metabolic Dysfunction-Associated Steatohepatitis
    Koda Yuta; Nagasaki Yukio
    第40回 日本DDS学会学術集会/2024-07-09--2024-07-11
  • 新規ポリシステイン型ナノ粒子がシステインの毒性を低減し、NASHを改善する
    甲田 優太; 長崎 幸夫
    第60回日本肝臓学会総会/2024-06-13--2024-06-15
  • ポリシステイン基盤高分子抗酸化薬による非アルコール性脂肪肝炎における炎症抑制効果
    甲田 優太; 長崎 幸夫
    第73回高分子学会年次大会/2024-06-05--2024-06-07
  • システイン徐放型抗酸化ナノ粒子による代謝機能不全関連脂肪肝炎の治療効果
    甲田 優太; 長崎 幸夫
    第77回 日本酸化ストレス学会、第23回 日本NO学会 合同学術集会/2024-05-17--2024-05-19
  • 非アルコール性脂肪肝炎の抗酸化治療を実現するポリシステイン基盤ナノ粒子の分子設計
    甲田 優太; 長崎 幸夫
    第45回日本バイオマテリアル学会大会/2023-11-06--2023-11-07
  • 創薬の新時代を切り拓く高分子精密創薬化学
    甲田 優太
    第7回茨城テックプラン/2023-11-04--2023-11-04
  • 高い抗酸化能を目指したチオール基含有ポリシステイン自己組織化薬の開発と抗がん治療への応用
    西本 零央; 甲田 優太; 長崎 幸夫
    第53回 医用高分子シンポジウム/2024-07-23--2024-07-24
  • 抗酸化能向上を目指した未修飾チオール基含有ポリシステイン抗酸化薬の設計と抗がん治療検討
    西本 零央; 甲田 優太; 長崎 幸夫
    第40回 日本DDS学会学術集会/2024-07-09--2024-07-11
  • システインの持続的供給を目指したポリシステイン自己組織化ナノ粒子の薬物動態評価
    幸坂優奈; 甲田 優太; 長崎 幸夫
    第40回 日本DDS学会学術集会/2024-07-09--2024-07-11
  • アセトアミノフェン誘発急性肝障害に対するポリオルニチン型ナノ粒子治療薬の設計と評価
    媛媛 丁; Koda Yuta; バビータ シャスニ; 直輝 武田; シュグワン チョウ; 直樹 田中...
    第60回日本肝臓学会総会/2024-06-13--2024-06-15
  • 抗酸化能向上を目指したチオール基含有ポリシステイン抗酸化薬の設計から自己組織化挙動と生体毒性評価
    西本 零央; 甲田 優太; 長崎 幸夫
    関東高分子若手研究会 学生発表会・交流会 2024/2024-03-13--2024-03-13
  • システイン徐放ナノ粒子(2): 非アルコール性脂肪肝炎における酸化ストレスと脂肪蓄積抑制効果
    甲田 優太; 長崎 幸夫
    第36回日本酸化ストレス学会関東支部会/2023-12-03--2023-12-03
  • システイン徐放ナノ粒子(1): 敗血症性ショックモデルにおける寿命延長効果
    甲田 優太; 長崎 幸夫
    第36回日本酸化ストレス学会関東支部会/2023-12-03--2023-12-03
  • システイン徐放制御に向けたポリシステインナノ粒子の開発
    幸坂 優奈; 甲田 優太; 長崎 幸夫
    第35回茨城地区「若手の会」交流会/2023-10-30--2023-10-31
  • システインの速やかな代謝と毒性を低減するポリシステイン自己組織化薬の設計と薬理活性
    甲田 優太; 長崎 幸夫
    日本アミノ酸学会第17回学術大会(JSAAS2023)/2023-09-30--2023-10-01
  • Self-Assembling Polymer Drugs with Amphiphilic Block Copolymers Based on Poly(ethylene glycol) and Poly(cysteine) for the Treatment of Nonalcoholic Steatohepatitis
    Koda Yuta; Nagasaki Yukio
    MRM2023/IUMRS-ICA2023 Grand Meeting/2023-12-11--2023-12-16
  • サプリメントの限界を突破する高分子設計戦略:ポリシステイン基盤高分子抗酸化薬の開発と薬理活性評価
    甲田 優太; 長崎 幸夫
    第35回茨城地区「若手の会」交流会/2023-10-30--2023-10-31
  • ポリシステイン高分子抗酸化薬による非アルコール性脂肪肝炎の抗酸化治療効果
    甲田 優太; 長崎 幸夫
    第72回高分子学会討論会/2023-09-26--2023-09-28
  • システイン徐放型抗酸化ナノ粒子による敗血症治療効果
    甲田 優太; 長崎 幸夫
    第39回 日本DDS学会学術集会/2023-07-27--2023-07-28
  • システイン基盤高分子抗酸化薬の開発と酸化ストレス抑制による疾患治療
    甲田 優太; 長崎 幸夫
    第52回 医用高分子シンポジウム/2023-07-25--2023-07-26
  • Anticancer Therapy Based on the Antioxidative Function of Cysteine-Based Polymer Nanoparticles
    Koda Yuta; Nagasaki Yukio
    The 13th SPSJ International Polymer Conference (IPC2023)/2023-07-18--2023-07-21
  • more...
Intellectural property rights
  • ポリ(疎水化システイン)セグメントをブロックとして含む共重合体及びその治療用途
    甲田 優太; 長崎 幸夫; シャスニ バビータ; 斉藤孝輔
  • ポリ(疎水化システイン)セグメントをブロックとして含む共重合体及びその治療用途
    甲田 優太; 長崎幸夫; シャスニ バビータ; 斉藤孝輔
  • ポリ(疎水化システイン)セグメントをブロックとして含む共重合体及びその治療用途
    甲田 優太; 長崎幸夫; シャスニ バビータ; 斉藤孝輔
  • 親水性星型ポリマーを含有するポリフルオロ化合物の捕捉剤及び当該捕捉剤を用いた捕捉方法
    澤本 光男 寺島 崇矢 甲田 優太 中村 隆之 田中 勇次
Teaching
2023-05 -- 2023-07Polymer Science IIUniversity of Tsukuba.
2022-05 -- 2022-07Polymer Science IIUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-07First Year SeminarUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-05Invitation to Arts and SciencesUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-05学問への誘い応用理工学類
2022-04 -- 2022-06ファーストイヤーセミナー応用理工学類
2021-05 -- (current)高分子科学II応用理工学類

(Last updated: 2024-05-19)