現在地

西田 梢(ニシダ コズエ; Nishida, Kozue)

所属
生命環境系
職名
特任助教
研究分野
環境影響評価
環境動態解析
地球宇宙化学
層位・古生物学
研究キーワード
同位体地球科学
古生物学
クランプトアイソトープ
実験生物学
バイオミネラリゼーション
電子顕微鏡
生物源炭酸塩
炭素同位体比
酸素同位体比
国際標準物質
研究課題
微量炭酸塩安定同位体比分析技術を活用した魚類の水温/体温履歴復元手法の開発2020 -- 2022-03西田 梢日本学術振興会/科研費 挑戦的研究(萌芽)6,500,000円
革新的同位体分析システムを活用した古生物の行動生態復元への挑戦2020-07 -- 2021-03西田 梢筑波大学/令和2年度第一回筑波大学研究基盤支援プログラム(Bタイプ)1,000,000円
生物源炭酸塩の安定同位体比研究:未活用データの環境指標化と高度水温指標の検討2017-04 -- 2020-03西田梢Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)/科学研究費 特別研究員奨励費4,420,000円
革新的同位体分析システムの開発による”絶対水温計”の確立と応用研究への挑戦2017-04 -- 2020-03西田梢Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)/科学研究費若手研究B4,160,000円
T/J境界絶滅からK/Pg境界絶滅までアンモナイト類の生活史の個体発生変化と進化2019-01 -- 2022-01守屋和佳Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)/国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
IRMSによる微小領域安定同位体比分析:境界領域への深化と絶対変動解析への展開2016-04 -- 2021-03石村豊穂Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)/科学研究費 基盤研究B
極微小領域の耳石安定同位体比分析技術の応用による魚類回遊履歴の超高解像度解析2018-04 -- 2020-03石村豊穂Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)/科研費 新学術領域・公募研究
The development of new environmental proxy of biogenic carbonate: applying the new analytical method of clumped isotopes2019-01 -- 2019-06西田梢Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)/若手研究者交流事業(スイス枠)
炭酸塩殻の化学組成分析による白亜紀アンモナイト類、オウムガイ類の基礎代謝の推定2018-04 -- 2019-03田近周東京地学協会/東京地学協会 調査・研究等助成金
生物源炭酸塩の安定同位体組成を用いた海洋酸性化指標の評価研究2016-04 -- 2017-03西田梢深田地質研究所/深田地質研究助成400,000円
職歴
2020-04 -- (現在)筑波大学 生命環境系 特任助教
2017-04 -- 2020-03茨城工業高等専門学校 国際創造工学科 学術振興会特別研究員PD
2016-07 -- 2017-03茨城工業高等専門学校 物質工学科 研究員
2016-04 -- 2016-06東京大学総合研究博物館 特任研究員
2015-04 -- 2016-03国立研究開発法人産業技術総合研究所 地質情報研究部門 産総研特別研究員
2013-04 -- 2016-03東京大学総合研究博物館 研究事業協力者
2013-04 -- 2015-03独立行政法人産業技術総合研究所 地質情報研究部門 産総研特別研究員
2010-12 -- 2013-03独立行政法人産業技術総合研究所 地質情報研究部門 技術研修生
2010-05 -- 2013-03東京大学 GCOE Research Assistant
2008-04 -- 2010-03独立行政法人産業技術総合研究所 地質情報研究部門 技術研修生
学歴
2010-04 -- 2013-03東京大学 大学院理学系研究科
2008-04 -- 2010-03横浜国立大学 大学院環境情報学府
2004-04 -- 2008-03横浜国立大学 教育人間科学部
取得学位
2013-03博士(理学)東京大学
所属学協会
2008 -- (現在)日本古生物学会
2011 -- (現在)日本地球化学会
2017 -- (現在)American Geophysical Union
2010 -- (現在)バイオミネラリゼーション研究会
2013 -- (現在)日本地質学会
2013 -- (現在)日本サンゴ礁学会
2010 -- (現在)日本地球惑星科学連合
受賞
2020-09日本地球化学会 奨励賞生物源炭酸塩の同位体地球科学・実験生物学の高度化による環境生態指標の評価研究
2019-09学生優秀ポスター賞
2013-062013年論文賞
2012-01優秀ポスター賞
査読付き学術雑誌・国際会議論文
その他の論文・記事
  • 水産有用種への海洋酸性化影響 (総特集 バイオミネラリゼーションと石灰化 : 遺伝子から地球環境まで)
    林 正裕 山本 雄三 諏訪 僚太 吉川 貴志 渡邉 裕介 西田 梢 ...
    月刊地球 = Chikyu monthly : カラー版/39(1)/pp.5-11, 2017-01
  • 2014年度自然観察会「地層と化石の観察会 : 霞ヶ浦周辺の化石産地を訪ねて」
    西田 梢; 中島 礼; 矢部 淳
    GSJ地質ニュース = GSJ chishitsu news/4(3)/pp.75-80, 2015-03
  • 軟体動物の貝殻の多様性 (総特集 バイオミネラリゼーションと石灰化 : 遺伝子から地球環境まで(2)) -- (サンゴ・貝類のゲノミクスと構造)
    佐々木 猛智; 西田 梢; 佐藤 圭
    月刊地球/36(1)/pp.21-28, 2014-01
  • 二枚貝類の貝殻微細構造形成への水温の影響 (総特集 バイオミネラリゼーションと石灰化 : 遺伝子から地球環境まで(2)) -- (サンゴ・貝類のゲノミクスと構造)
    西田 梢 鈴木 淳 石村 豊穂
    月刊地球/36(1)/pp.29-34, 2014-01
  • 「地質の日」イベント開催報告
    吉田清香 芝原暁彦 兼子尚知 住田達哉 澤井祐紀 宮内 渉 酒井...
    GSJ地質ニュース/2(8)/pp.254-255, 2013-08
著書
  • 白亜紀炭酸塩殻の化学組成分析による白亜紀アンモナイト類,オウムガイ類の基礎代謝の推定
    田近周; 西田 梢
    地学雑誌, 東京地学協会, p.N65, 2019-12
  • 二枚貝類の貝殻微細構造形成に水温が与える影響
    西田 梢
    2013-03
会議発表等
  • 生物源炭酸塩の同位体地球科学・実験生物学の高度化による環境生態指標の評価研究
    西田 梢
    日本地球化学会 受賞講演会/2020-9-15--2020-9-15
  • Unraveling the Secrets Recorded in the Chemistry of Bivalve Shells
    Schöne Bernd R; Schnabel E; Höche N; Murakami-Sugihara N;...
    Goldschmidt 2020/2020-06-21--2020-06-26
  • Measurement of stable carbon and oxygen isotope ratios of individual otoliths of early developmental stage Japanese anchovy and sardine with the MICAL3c microscale stable isotope analytical system
    Nishida Kozue; Yasu Ayaka; Nanjyo Nobuaki; Takahashi Moto...
    Goldschmidt 2020/2020-06-21--2020-06-26
  • 酸性化条件下における二枚貝殻の酸素・炭素同位体応答
    西田梢; 林正裕; 鈴木淳; 佐藤瑞穂; 野尻幸宏
    日本地質学会/2016-09--2016-09
  • マサバ耳石の酸素同位体分析による環境履歴推定
    樋口富彦; 石村豊穂; 上村泰洋; 白井厚太朗; 進藤花; 西田梢;...
    水産海洋学会/2017-11--2017-11
  • 放射性炭素同位体および炭素安定同位体による二枚貝類の殻・軟体部の炭素源の推定と海洋酸性化影響の評価
    西田梢; Yue Chin CHEW; 横山祐典; 鈴木淳; 宮入陽介; 平林頌...
    日本地球化学会/2016-09--2016-09
  • 耳石酸素安定同位体比を用いたマサバの成育環境推定
    伊藤進一; 上村泰洋; 樋口富彦; 石村豊穂; 進藤花; 西田梢; ...
    水産海洋学会/2017-11--2017-11
  • 貝類の炭酸塩殻の酸素・炭素安定同位体比分別への海洋酸性化影響
    西田梢; 林正裕; 名越丹理; 川幡穂高; 鈴木淳
    日本古生物学会/2016-01--2016-01
  • 二枚貝の貝殻微細構造形成に水温の与える影響―アカガイを例に―
    西田梢; 鈴木淳; 石村豊穂; 磯野良介; 林正裕; 渡邉裕介; 山...
    日本地球化学会/2013-09--2013-09
  • 海洋酸性化の生物影響―1:ウバガイ稚貝の成長に与える影響
    林正裕; 岸田智穂; 箕輪康; 渡邉裕介; 西田梢; 鈴木淳
    日本水産学会春季大会/2015-03--2015-03
  • 飼育実験による海洋酸性化のアカガイの殻形成に与える影響の評価
    西田梢; 岸田智穂; 林正裕; 渡邉裕介; 山本雄三; 堀田公明; ...
    日本古生物学会/2014-06--2014-06
  • 二枚貝の貝殻微細構造形成に水温の与える影響―アカガイを例に―
    西田梢; 鈴木淳; 石村豊穂; 磯野良介; 林正裕; 渡邉裕介; 山...
    日本地球化学会/2013-09--2013-09
  • Investigation of the relationship between salinity and stable oxygen isotope of surface seawater based on high resolution d18O mapping in Tsushima warm current area and the Sea of Japan
    ISHIMURA T; KITAJIMA S; GOTO T; MORIMOTO H; KODAMA T; NAN...
    JPGU 2018/2018-05-01
  • 化学合成二枚貝Conchocele bisectaの貝殻構造と成長線解析
    西田 梢; 中島礼; 間嶋隆一; 鈴木淳; 疋田吉識
    日本古生物学会/2008-07-01
  • 化学合成二枚貝オウナガイの貝殻構造と成長解析
    西田 梢; 中島礼; 間嶋隆一; 鈴木淳; 疋田吉識
    東京大学海洋研究所共同利用研究集会 バイオミネラリゼーションと石灰化−遺伝子から地球環境まで−/2009-04-01
  • 化学合成二枚貝オウナガイの貝殻構造
    西田 梢 中島礼 間嶋隆一 鈴木淳 疋田吉識
    地球惑星科学連合大会/2009-05-01
  • 二枚貝類の貝殻微細構造の成長段階による変化
    西田 梢; 佐々木猛智
    第5回バイオミネラリゼーションワークショップ/2010-11-01
  • アカガイの貝殻微細構造の成長段階による変化
    西田 梢; 佐々木猛智; 石村豊穂
    日本貝類学会/2011-04-01
  • アツカサガイ科の再評価:解剖、貝殻微細構造、および分子系統
    佐々木猛智; 松尾侑磨; 西田 梢; 中野智之
    日本貝類学会/2011-04-01
  • アカガイの貝殻形成の季節的変異
    西田 梢; 佐々木猛智; 石村豊穂
    東京大学海洋研究所共同利用研究集会 バイオミネラリゼーションと石灰化−遺伝子から地球環境まで−/2011-11-01
  • アカガイの貝殻微細構造の季節的変異
    西田 梢; 佐々木猛智; 石村豊穂
    第6回バイオミネラリゼーションワークショップ/2011-12-01
  • ニッコウガイ上科二枚貝の殻微細構造と系統との関係
    氏野優; 西田 梢; 佐々木猛智
    第6回バイオミネラリゼーションワークショップ/2011-12-01
  • アカガイの貝殻微細構造の水温による変化
    西田 梢; 佐々木猛智; 石村豊穂
    日本古生物学会/2012-01-01
  • ニッコウガイ上科二枚貝の殻微細構造と系統との関係
    氏野優 西田 梢 佐々木猛智
    日本古生物学会/2012-01-01
  • アカガイの貝殻微細構造形成の地理的変異
    西田 梢; 佐々木猛智; 石村豊穂
    日本貝類学会/2012-04-01
担当授業科目
2017-04 -- 2020-03環境化学概論茨城工業高等専門学校
2017-04 -- 2020-03環境保全工学茨城工業高等専門学校
学内管理運営業績
2020-04 -- (現在)環境科学専攻カリキュラム委員会委員
その他の活動
2020-05 -- 2020-05記事タイトル:「貝類の殻・軟体部形成に関与 炭素源推定と海洋酸性化影響ー「安全・安価」評価に炭素14活用」、科学新聞社、2020年5月22日付
2020-05 -- 2020-05Web記事にて紹介(http://tenbou.nies.go.jp/news/jnews/detail.php?i=29421)。 記事タイトル:「茨城高専など、新しい標識法による「海洋酸性化」影響評価実験の成果を発表」、環境展望台、2020年5月掲載
2014-08 -- 2014-08記事タイトル:「ウラホロ」貝化石発見 上越教育大グループ、世界最古6000万年前,北海道新聞,2014年8月28日付
2015-07 -- 2015-09SIサイエンス株式会社(現・昭光サイエンス株式会社)にて企業OJT研修 (産総研イノベーションスクール制度、3か月間派遣)、実施期間2015年7月~9月
2014-08 -- 2014-08記事タイトル:世界最古の新種貝化石を発見 上越教育大研究グループ,十勝毎日新聞、2014年8月23日付

(最終更新日: 2020-09-16)