現在地

飯田 義彦(イイダ ヨシヒコ; Iida, Yoshihiko)

所属
芸術系
職名
准教授
研究分野
自然共生システム
環境農学(含ランドスケープ科学)
地理学
生物資源保全学
研究キーワード
ランドスケープ保全
生物季節
生物文化多様性
生態系サービス
気候リスク
持続可能性
地域研究
国際連携
里山里海
都市緑地
研究課題
日本列島における採集林の成立要因と変遷に関する地理学的研究2020-04 -- (現在)藤岡悠一郎日本学術振興会/科学研究費/基盤研究B19,860,000円
トチノキ巨木林の分布と成立要因に関する地理学的研究:文化景観としての評価に向けて2018-04 -- (現在)藤岡悠一郎国土地理協会/第18回学術研究助成900,000円
ユーラシア地域をまたぐユネスコエコパーク大学教育プログラムの共同開発2018-06 -- 2019-03金沢大学国際機構日本ユネスコ国内委員会/政府開発援助ユネスコ活動費補助金 持続可能な開発目標(SDGs)達成に貢献するユネスコ活動の普及・発展のための交流・協力事業5,000,000円
ユネスコ人間と生物圏(MAB)計画における実務者交流を促進するアジア型研修プラットフォームの創出事業2016-04 -- 2017-03白山ユネスコエコパーク協議会日本ユネスコ国内委員会/政府開発援助ユネスコ活動費補助金5,500,000円
留学生のための地域交流型体験カリキュラムの開発2016-04 -- 2017-03Aida Mammadova金沢大学/COC事業地域志向教育研究費360,000円
社会・生態システムの統合化による自然資本・生態系サービスの予測評価2016-04 -- (現在)武内和彦環境省/出資金による受託研究/環境研究総合推進費
里山生態系におけるトチノキ巨木林の立地環境と社会・生態的機能の解明2015-04 -- 2016-03藤岡悠一郎日本生命財団/研究助成120,000円
宮津・竹の学校20152015-04 -- 2016-03特定非営利法人地球デザインスクール(代表:水野哲雄)京都府/地域力再生プロジェクト支援事業交付金3,000,000円
市民生活における自然環境共生の知見と身近な生物相の実態評価2013-04 -- 2014-03京都大学景観生態保全論/環境デザイン学研究室(代表:柴田昌三)大学コンソーシアム京都/未来の京都創造研究事業 指定課題2,000,000円
滋賀県朽木におけるトチノキ巨木林をめぐる地域変容―山村の資源利用ネットワークの発達と山域の環境変化に着目して―2012-04 -- 2013-03水野一晴財団法人福武学術文化振興財団/歴史学・地理学助成1,000,000円
職歴
2020-04 -- (現在)筑波大学 芸術系(世界遺産学学位プログラム・自然保護寄附講座) 准教授
2019-06 -- 2020-03公益財団法人京都市都市緑化協会 緑環境専門員
2018-07 -- 2020-03金沢大学 環日本海域環境研究センター 連携研究員
2018-04 -- (現在)金沢大学 国際機構 非常勤講師
2014-05 -- 2018-09国際連合大学サステイナビリティ高等研究所 いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット リサーチ・アソシエイト
1995-03 -- 2003-03陸上自衛隊 第一教育団(一般陸曹候補学生前期課程/1995-03--1995-08)、航空学校霞ケ浦分校(一般陸曹候補学生後期課程/1995-08--1995-12)、中央管制気象隊気象班(気象陸士~気象陸曹/1995-12--2003-03) 陸上自衛官
学歴
2010-04 -- 2015-03京都大学大学院 地球環境学舎 地球環境学専攻 博士後期課程修了
2009-04 -- 2010-03京都大学大学院 アジア・アフリカ地域研究研究科 グローバル地域研究専攻 博士一貫課程中退
2006-04 -- 2009-03京都大学大学院 地球環境学舎 環境マネジメント専攻 修士課程修了
2002-04 -- 2006-03東京都立大学 理学部 地理学科(2部)卒業
1996-04 -- 2001-03横浜国立大学 経営学部 経営学科(夜間主コース)卒業
取得学位
2015-03博士(地球環境学)京都大学
2009-03修士(地球環境学)京都大学
2006-03学士(理学)東京都立大学
2001-03学士(経営学)横浜国立大学
免許資格等
2012-08高等学校教諭 1 種免許状(商業) (東京都教育委員会)
2007-12高等学校教諭 1 種免許状(地理歴史) (東京都教育委員会)
2007-12高等学校教諭 1 種免許状(理科) (東京都教育委員会)
2007-12中学校教諭 1 種免許状(理科) (東京都教育委員会)
2006-03学芸員(東京都立大学単位取得)
2006-03測量士補(国土地理院)
2006-03修習技術者〔 地球・資源およびその関連分野 〕( JABEE 認定) )(東京都立大学)
2002-122 級カラーコーディネーター(東京商工会議所)
2001-05基本情報技術者(経済産業省)
2000-11初級システムアドミニストレータ (通商産業省)
所属学協会
2016-03 -- (現在)日本景観生態学会
2014-12 -- (現在)「野生生物と社会」学会
2013-10 -- (現在)環境情報科学センター
2010-06 -- (現在)日本緑化工学会
2010-06 -- (現在)日本地理学会
2009-10 -- (現在)日本造園学会
受賞
2018-06都市景観大賞「景観まちづくり活動・教育部門」(優秀賞)「宮津・竹の学校」
2015-09平成26年度日本緑化工学会(研究奨励賞)「奈良県吉野山のヤマザクラ集団に関する生物季節学的研究」
2011-11日本造園学会学生小論文コンクール(優秀賞)「2050年の造園と日本を占う:『造縁』という態度」
2009-10平成21年度日本造園学会関西支部賞「ウマスギゴケのターフ上面における水分挙動からみるコケ庭の微気候保全」
2008-05建設コンサルタンツ協会懸賞論文(佳作)「街の美しさは足元から」
査読付き学術雑誌・国際会議論文
その他の論文・記事
  • ユネスコエコパークを通じた国際連携活動の実践:「学び合い」の意義と可能性
    飯田 義彦
    Japan InfoMAB/44/pp.3-14, 2021-03
  • 金沢のランドスケープと生物文化多様性:水・食・工芸
    飯田 義彦
    金沢大学人間社会研究域地域政策研究ニューズレター/114/p.4, 2019-03
  • 生物多様性保全型の緑化目標の提示に向けた植生情報の書誌的検討:石川県を事例に
    飯田 義彦
    日本緑化工学会誌/44(1)/pp.241-244, 2018
  • 金沢市ホタル生息調査 30 年からみる水辺環境の造園修景への視座
    飯田 義彦
    造園修景いしかわ2016/19/pp.4-9, 2017-03
  • 緑の回廊‐森の都・金沢をつなぐ緑地
    飯田 義彦
    自然人/50/pp.26-27, 2016-09
  • 白山麓のトチノキ
    飯田 義彦
    自然人/50/p.42, 2016-09
  • Development of educational fieldwork activities for the International Students: Case of awareness raising in biocultural diversity of kanazawa City
    Mammadova Aida; Iida Yoshihiko
    Research Bulletin/19/pp.89-106, 2016-03
  • 〔日本緑化工学会賞(研究奨励賞)〕奈良県吉野山のヤマザクラ集団に関する生物季節学的研究:受賞にあたって
    飯田 義彦
    日本緑化工学会誌/41(2)/pp.298-299, 2015
  • 〔新博士紹介〕奈良県吉野山のヤマザクラ集団における生物季節学的研究
    飯田 義彦
    日本緑化工学会誌/40(4)/pp.574-575, 2015
  • How can non-residents manage past community-based forestry? -A case study in two regions living with giant Japanese horse chestnut trees in Tamba Highland, Japan-
    飯田 義彦
    IUFRO 2013 Joint Conference of 3.08 & 6.08 Future Directions of Small-scale and Community-based Forestry Proceedings/pp.470-479, 2014
  • 滋賀県朽木地域の山地谷頭部斜面における微地形と土壌硬度の計測
    飯田 義彦; 手代木 功基
    日本緑化工学会誌/40(1)/pp.175-178, 2014
  • 花数調査によるサクラ類の活力度評価について―奈良県吉野山のヤマザクラを事例とした考察
    今西 純一; 奥川 裕子; 金 鉉埈; 飯田 義彦; 森本 幸裕
    樹木医学研究/16(4)/pp.164-166, 2012-10
  • 2050年の造園と日本を占う:『造縁』という態度
    飯田 義彦
    平成23年度日本造園学会全国大会学生小論文コンクール入賞作品集/pp.2-2, 2011-11
  • 日本造園学会COP10学生会議の取り組み報告
    飯田 義彦; 深町 加津枝
    日本造園学会グローバルランドスケープ通信第15回, 2011-01
  • 熊野古道のシークエンス景観に対する歩行者の着眼点と撮影注視動機
    飯田 義彦; 落合知帆
    都市計画報告集/8(2)/pp.92-95, 2009-08
  • ヤマザクラの根系分布と樹木活力度および土壌硬度の関係
    今西 純一; 奥川 裕子; 飯田 義彦; 金 鉉埈; 森本 幸裕; 山中...
    日本緑化工学会誌/35(1)/pp.182-185, 2009-08
  • 街の美しさは足元から
    飯田 義彦
    社団法人建設コンサルタンツ協会主催平成19年度懸賞論文(学生論文部門)『みなさんが暮らす日本の街は美しいですか?』, 2008
著書
  • 東山区内の観光地等における野生鳥獣出没等調査及び野生鳥獣被害防止対策研修会運営業務実施報告書
    飯田 義彦; 高柳敦; 貫名涼; 柴田昌三; 小島玉雄
    京都獣害対応研究会, 2020-03
  • 日本庭園の個性をとらえる−世相・デザイン・都市環境からの学び−
    飯田 義彦
    金沢の庭園がつなぐ人と自然 持続可能なコモンズへの挑戦, 国際連合大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット, pp.73-75, 2019-07
  • 金沢のランドスケープと生物文化多様性:水・食・工芸
    飯田 義彦
    国際シンポジウム報告書「都市景観をグリーンインフラから考える-金沢市における活動と協働」, 金沢大学地域政策研究センター, pp.29-33, 2019-03
  • 山林資源の利用1-「山村遺産」としての炭焼き窯跡
    飯田 義彦
    朽木谷の自然と社会の変容, 海青社, pp.87-100, 2019-03
  • 山林資源の利用2-用材と木地を生んだ針広混交林
    飯田 義彦
    朽木谷の自然と社会の変容, 海青社, pp.101-110, 2019-03
  • 現場からの報告3 白山-協議会による管理運営
    中村真介; 高崎英里佳; 飯田 義彦
    ユネスコエコパーク-地域の実践が育てる自然保護, 京都大学学術出版会, pp.271-289, 2019-03
  • 文化創造するグリーンインフラ-金沢の用水網の多用途性
    飯田 義彦
    グリーンインフラによる都市景観の創造-金沢からの「問い」, 公人の友社, pp.62-73, 2019-03
  • ユーラシア地域をまたぐユネスコエコパーク大学教育プログラムの共同開発事業成果報告書
    飯田 義彦; ママドヴァ アイーダ
    金沢大学国際機構, 2019-02
  • Biosphere Reserves for Future Generations: Educating diverse human resources in Japan, Russia and Belarus
    Mammadova Aida; Iida Yoshihiko
    Kanazawa University, 2018-07
  • 地図から学ぶ北陸の里山里海のみかた
    飯田 義彦
    国際連合大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット, 2018-06
  • 「ホタル生息調査」が語りかけるもの
    飯田 義彦
    金沢ホタルマップ30年のあゆみ, 国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット, p.2, 2017-11
  • 新たな森の産業創造―石川県の林業事業者の挑戦
    飯田 義彦
    森林環境2017, pp.102-111, 2017-03
  • ユネスコ人間と生物圏(MAB)計画における実務者交流を促進するアジア型研修プラットフォームの創出事業成果報告書
    Iida Yoshihiko; 中村真介
    白山ユネスコエコパーク協議会, 2017-02
  • Policies and Actions on Biocultural Diversity for Sustainable Communities
    Iida Yoshihiko
    United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability Operating Unit Ishikawa/Kanazawa, 2016-10
  • 白山ユネスコエコパーク―ひとと自然が紡ぐ地域の未来へ―
    飯田 義彦; 中村真介
    国際連合大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット, 2016-05
  • 宮津市の持続可能な竹林資源管理に向けた視点と課題の検討
    飯田 義彦
    『宮津・竹の教科書 2015』, pp.38-41, 2016-03
  • 金沢の生物文化資源を読み解く
    Iida Yoshihiko
    石川-金沢 生物文化多様性圏:豊かな自然と文化創造をつなぐ いしかわ金沢モデル, UNU-IAS OUIK, pp.32-37, 2015-05
  • 竹を通じて世界とつながる-世界竹機構と自治体の取組み-
    飯田 義彦
    宮津・竹の教科書 2014, NPO法人地球デザインスクール, pp.8-11, 2015-03
  • 奈良県吉野山のヤマザクラ集団に関する生物季節学的研究
    飯田 義彦
    京都大学学位論文, 2015-03
  • 滋賀県朽木の巨樹に関する文化・生態調査
    飯田 義彦
    花博記念協会助成事業成果発表会 花と自然のフォーラム2014 in Mishima 報告書, pp.29-32, 2015-03
  • 市民生活における自然環境共生の知見と身近な生物相の実態評価
    柴田 昌三; 飯田 義彦; 小田 龍聖; 東口 涼; 新野 彬子; 脱 ...
    2013年度「未来の京都創造研究事業」研究成果報告書, pp.3-29, 2014-05
  • 竹を活かした野生動物共生の風景づくり
    飯田 義彦
    宮津・竹の教科書 2013, NPO法人地球デザインスクール, pp.16-17, 2014-03
  • 100年後の姿 個別詳細内容説明
    飯田 義彦
    平成24 年度「京都のまちの将来像」作成業務報告書, pp.33-43, 2013-02
  • 平成24 年度「京都のまちの将来像」作成業務報告書
    飯田 義彦
    2013-02
  • 現状と課題
    飯田 義彦
    平成24 年度「京都のまちの将来像」作成業務報告書, pp.9-17, 2013-02
会議発表等
  • Situation of Biosphere Reserves under the COVID-19 Pandemic in Japan and Recommendations on Learning for “Biosphere Normal”
    Iida Yoshihiko
    Biosphere Reserves Innovation for a New Sustainability: SeaBRnet Responses to the Covid-19 Pandemic/2020-07-06--2020-07-06
  • 石川県白山麓におけるトチノキ巨木の分布と生育地の景観タイプ
    飯田 義彦; 手代木 功基; 藤岡 悠一郎
    2019年度日本地理学会秋季学術大会/2019-09-21--2019-09-23
  • 滋賀県高島市朽木の共有林に存在するトチノキ巨木林の立地環境
    手代木 功基; 藤岡 悠一郎; 飯田 義彦
    2019年度日本地理学会秋季学術大会/2019-09-21--2019-09-23
  • 日本列島におけるトチノキ巨木林の分布と成立要因(予察)
    藤岡 悠一郎; 手代木 功基; 飯田 義彦; 伊藤 千尋; 八塚 春名
    2019年度日本地理学会秋季学術大会/2019-09-21--2019-09-23
  • Country report from Japan : JBRN’s educational collaboration and Kanazawa University’s cases
    Iida Yoshihiko; Mammadova Aida
    The 12th Southeast Asian Biosphere Reserves Network (SeaBRnet) Meeting/2019-03-26--2019-03-28
  • Forest Business Creation in Satoyama: Proposing a Community Industry Model
    Iida Yoshihiko
    2018 ICLEE(International Consortium of Landscape and Ecological Engineering) 9th Conference/2018-11-26--2018-11-29
  • Conservation and utilization of urban landscape in Kanazawa
    Iida Yoshihiko
    The Korea-China-Japan Joint Workshop on Urban Ecosystem Studies/2018-10-07--2018-10-09
  • 生物多様性保全型の緑化目標の提示に向けた植生情報の書誌的検討:石川県を事例に
    飯田 義彦
    第49回日本緑化工学会大会/2018-09-15--2018-09-17
  • Biocultural diversity and diversity of local development: A case from Kanazawa-Ishikawa’s experiences
    Iida Yoshihiko
    International Forum Series to Commemorate One-Year Anniversary of the 1st Asian Conference on Biocultural Diversity, International Forum Series 2 “Discussing the Feasibility of Collaborative Relationships Between East Asian Countries to Conserve Biocultural Diversity for Future Generations”/2017-10-15
  • 歴史都市の「グリーンインフラ」:金沢市の用水網が有する多様な生態系サービス
    飯田 義彦
    日本緑化工学会・日本景観生態学会・応用生態工学会3学会合同大会ELR2017 NAGOYA/2017-09-22--2017-09-25
  • Situation and challenges of biodiversity education implementation of schools in Noto GIAHS, Japan
    Iida Yoshihiko; Koyama Sayako; Koji Shinsaku; Ito Koji; N...
    The 4th Conference of ERAHS/2017-07-11--2017-07-14
  • Roles and challenges of local implementation for UNESCO science program: A case of Japanese Biosphere Reserves
    Iida Yoshihiko
    The 10th Southeast Asia Biosphere Reserves Network (SeaBRnet) Meeting:“Interaction among UNESCO Programmes toward the Sustainable Development of Biosphere Reserves”/2017-05-16--2017-05-17
  • 金沢市伝統的建造物群保存地区(卯辰山麓・東山ひがし)における都市景観の変化
    イヴァールス フアン パストール; 飯田 義彦
    平成28年度 日本造園学会中部支部大会/2016-11-20
  • 金沢市ホタル調査の実施体制とその社会的意義
    飯田 義彦
    平成28年度 日本造園学会中部支部大会/2016-11-20
  • Development of the integrated education fieldworks for the biocultural diversity: Learning from the rural areas of Ishikawa prefecture
    Mammadova Aida; Iida Yoshihiko
    1st Asian Conference on Biocultural Diversity/2016-10-27--2016-10-29
  • Involving local people in Asian biosphere reserves: From the case study of Mount Hakusan Biosphere Reserve
    Nakamura Shinsuke; Iida Yoshihiko; Gyamtsho Phenden; Jusm...
    1st Asian Conference on Biocultural Diversity/2016-10-27--2016-10-29
  • Current status and issues of environmental education related to biodiversity at schools within Noto GIAHS
    Koyama Sayako; Iida Yoshihiko; Koji Shinsaku; Ito Koji; N...
    1st Asian Conference on Biocultural Diversity/2016-10-27--2016-10-29
  • Multi-dimensional interactions for biocultural diversity: Making a new pathway through UNU-IAS OUIK’s activities
    Iida Yoshihiko
    1st Asian Conference on Biocultural Diversity/2016-10-27--2016-10-29
  • Evaluation of the role of traditional small businesses on creating cultural food diversity in Kanazawa, Japan
    Iida Yoshihiko
    Valuing and Evaluating Creativity for Sustainable Regional Development (VEC) conference/2016-09-11--2016-09-14
  • Education for the creative cities: Raising awareness on urban challenges through fieldwork activities for international students
    Mammadova Aida; Iida Yoshihiko
    Valuing and Evaluating Creativity for Sustainable Regional Development (VEC) conference/2016-09-11--2016-09-14
  • Ishikawa-Kanazawa Biocultural Region: A local platform of different sectors and an academic network fostering creativity
    Nagai Mikiko; Iida Yoshihiko; Uchida Naomi; Shikida Asami
    Valuing and Evaluating Creativity for Sustainable Regional Development (VEC) conference/2016-09-11--2016-09-14
  • Linking locals to the global network-From the discussions at the UNESCO Global Geoparks Celebration Forum-
    Nakamura Shinsuke; Iida Yoshihiko; Saito Seiichi
    Japan Geoscience Union MEETING2016/2016-05-22--2016-05-26
  • Evolving socioecological policy formulation and field dialogue for sustainable development: A role of inhouse scientist of UNU-IAS OUIK, Ishikawa, Japan
    Iida Yoshihiko
    Japan Geoscience Union MEETING2016/2016-05-22--2016-05-26
  • 滋賀県高島市朽木全域におけるトチノキ巨木の分布とその特徴
    手代木 功基; 藤岡 悠一郎; 飯田 義彦
    2016年日本地理学会春季学術大会/2016-03-21--2016-03-23
  • Participatory conservation activities involving local stakeholders and international network in Mount Hakusan Biosphere Reserve
    Iida Yoshihiko
    The 4th World Congress of Biosphere Reserves/2016-03-14--2016-03-17
作品
  • 地図から学ぶ北陸の里山里海のみかた,屋外インスタレーション作品(地図展示)
    飯田 義彦
  • 世界の里山写真展,屋外インスタレーション作品(組写真)
    飯田 義彦
  • 涼し水,写真・四つ切サイズ(254 mm × 305 mm)
    飯田 義彦
担当授業科目
2020-10 -- 2021-02World Heritage and Sustainability(世界遺産と持続可能性)筑波大学
2020-11 -- 2020-11World Heritage and International Cooperation (世界遺産と国際協力)筑波大学
2020-11 -- 2020-11World Heritage and International Cooperation(世界遺産と国際協力)筑波大学
2020-12 -- 2020-12International Conventions for Heritage Conservation(国際条約論)筑波大学
2020-11 -- 2020-11International Cooperation for Environment筑波大学
2020-09 -- 2020-09Project Practice in World Heritage(世界遺産演習)筑波大学
2020-09 -- 2020-09Project Practice in World Heritage筑波大学
2020-09 -- 2020-09Project Practice in Natural Heritage筑波大学
2020-10 -- 2021-02自然保護セミナー筑波大学
2020-10 -- 2021-02長期インターンシップ筑波大学
授業以外の教育活動
2020-10 -- 2021-03地球科学福井県立大学学術教養センター
2020-04 -- 2021-03ユネスコジオパークとエコパーク金沢大学国際機構
2019-10 -- 2020-03地球科学福井県立大学学術教養センター
2019-08 -- 2019-10地域経営のための公共哲学北陸先端科学技術大学院大学
2019-06 -- 2019-06流域・沿岸域統合管理学京都大学
2019-04 -- 2020-03ユネスコジオパークとエコパーク金沢大学国際機構
2018-09 -- 2019-03地球科学福井県立大学学術教養センター
2018-08 -- 2018-10地域経営のための公共哲学北陸先端科学技術大学院大学
2018-05 -- 2018-05流域・沿岸域統合管理学京都大学
2018-04 -- 2018-09リサーチプロジェクトI北陸大学経済経営学部
一般講演
  • UNESCO Biosphere Reserve講義1 世界の生物多様性とユネスコエコパーク(生物圏保存地域)
    飯田 義彦
    金沢大学:日本-カザフスタンSDGs研修コース~ユネスコエコパークをプラットフォームとするSDGs達成に向けたユースのかかわり~/2021-02-04--2021-02-04
  • UNESCO Biosphere Reserve講義2 事例:日本のユネスコエコパーク(生物圏保存地域)
    飯田 義彦
    金沢大学:日本-カザフスタンSDGs研修コース~ユネスコエコパークをプラットフォームとするSDGs達成に向けたユースのかかわり~/2021-02-04--2021-02-04
  • 国連機関での情報発信や国際連携活動の紹介
    飯田 義彦
    筑波大学自然保護寄付講座海外留学支援オンラインワークショップ/2020-07-13--2020-07-13
  • 白山ユネスコエコパークと地域連携
    飯田 義彦
    白山ユネスコエコパーク地域づくり交流会/2020-01-26--2020-01-26
  • 山林資源の利用史からみる山村文化の創造-用材と木地を生んだ里山の針広混交林-
    飯田 義彦
    日本山の科学会2019年秋季研究大会(川崎) 公開ミニシンポジウム「山の科学―人と自然」/2019-10-26--2019-10-26
  • 生物文化多様性と森の産業創造
    飯田 義彦
    令和元年度やまびこ会勉強会「世界的視点から求められる石川の森林・林業」(SDGs/生物文化多様性)/2019-08-25--2019-8-25
  • グリーンインフラと地域文化の創造
    飯田 義彦
    第12回雨水ネットワーク全国大会2019in福岡 あめ庭カフェ話題提供/2019-08-23--2019-08-23
  • 生物季節学からみた里山の風景
    飯田 義彦
    角間里山ゼミ/2019-05-27--2019-05-27
  • ユーラシア地域をまたぐユネスコエコパーク大学教育プログラムの共同開発
    飯田 義彦; ママドヴァ アイーダ
    第8回白山ユネスコエコパーク協議会白山ユネスコエコパーク活動報告会/2019-05-13--2019-05-13
  • グリーンインフラの文化的側面:金沢の用水網の多用途性
    飯田 義彦
    第10回グリーンインフラ研究会/2019-04-23--2019-04-23
  • 第12回東南アジアユネスコエコパークネットワーク会議報告
    飯田 義彦
    白山ユネスコエコパーク協議会/2019-04-19--2019-04-19
  • 平成30年度ユネスコ活動費補助金事業成果報告
    飯田 義彦
    白山ユネスコエコパーク協議会/2019-03-07--2019-03-07
  • 屋久島・口永良部島BR管理運営計画住民説明会参加報告
    飯田 義彦
    白山ユネスコエコパーク協議会/2019-01-23--2019-01-23
  • 白山ユネスコエコパークの管理運営計画と取組
    飯田 義彦
    屋久島・口永良部島ユネスコエコパーク 口永良部島未来会議第2回/2018-12-25--2018-12-25
  • 金沢のランドスケープと生物文化多様性:水・食・工芸
    飯田 義彦
    国際シンポジウム「都市景観をグリーンインフラから考える-金沢市における活用と協働-」/2018-08-31--2018-08-31
  • 生物多様性の問題とその対応: 4つの危機と生態系サービスの考え方
    飯田 義彦
    第3回全国ユース環境活動発表大会 国連大学サステイナビリティ高等研究所所長賞(和歌山県立田辺高等学校生物部)/2018-08-01--2018-08-01
  • Establishment of local development model led by Asian rural society: Perspectives from thematic meetings of the 1st Asian Conference of Biocultural Diversity
    Iida Yoshihiko
    持続可能性科学とGIAHS-Twinningによる能登とイフガオの持続発展」~サステイナビリティ科学が目指すレジリエントな持続型社会と能登、イフガオGIAHS~/2018-02-05--2018-02-05
  • An Overview of Globally Important Agricultural Heritage Systems (GIAHS)
    Iida Yoshihiko
    2017 GIAHS study tour in Ishikawa (for Sabah state, Malaysia), Lecture on GIAHS/2017-12-11--2017-12-11
  • 能登地域における生物多様性保全・活用の現状と課題
    飯田 義彦
    世界農業遺産若手実践者の相互交流会/2017-11-9--2017-11-9
  • Biocultural diversity and diversity of local development: A case from Kanazawa-Ishikawa’s experiences
    Iida Yoshihiko
    International Forum Series to Commemorate One-Year Anniversary of the 1st Asian Conference on Biocultural Diversity, International Forum Series 2 “Discussing the Feasibility of Collaborative Relationships Between East Asian Countries to Conserve Biocultural Diversity for Future Generations”/2017-10-15--2017-10-15
  • トチノキ巨木林の生態系サービスと山村の地域づくり
    飯田 義彦
    第30回巨木を語ろう全国フォーラム石川・金沢大会 パネルディスカッション「地域文化に深くかかわる巨樹・巨木林の役割について」/2017-09-30--2017-09-30
  • 国連大学の取組と「生態系サービス」
    飯田 義彦
    第2回全国ユース環境活動発表大会 国連大学サステイナビリティ高等研究所所長賞(兵庫県立御影高等学校環境科学部生物班)スタディツアー/2017-08-01--2017-08-01
  • 白山ユネスコエコパークの意義と今後の可能性~環白山の視点から
    飯田 義彦
    白山開山1300年記念「山の日」シンポジウム in 郡上 つなげよう悠久の歴史に息づく白山の自然と文化~未来につなぐ白山ユネスコエコパーク~/2017-07-07--2017-07-07
  • 10th SeaBRnet Meeting(第10回東南アジアユネスコエコパークネットワーク会合) 参加報告
    飯田 義彦
    白山ユネスコエコパーク協議会/2017-06-29--2017-06-29
  • 石川県の自然文化資源活用の取組とその評価
    飯田 義彦
    金沢大学「能登里山里海マイスター」育成プログラム 里山里海再生学講座「世界農業遺産『能登の里山里海』の活用と未来への継承」/2017-06-03--2017-06-03
学協会等委員
2020-01 -- (現在)日本景観生態学会編集委員会
2018-08 -- 2020-03日本緑化工学会第15期評議員
2018-04 -- 2019-03日本緑化工学会第15期大会特集号編集委員
2016-06 -- 2018-03日本緑化工学会第14期評議員
2015-12 -- 2018-03日本緑化工学会第14期編集委員
2019-07 -- (現在)京都獣害対応研究会事務局長
2019-05 -- (現在)白山ユネスコエコパーク協議会学術部会委員
2019-04 -- (現在)日本MAB計画支援委員会委員
2016-12 -- (現在)白山ユネスコエコパーク協議会事務局アドバイザー
2010-10 -- (現在)京都大学地球環境学舎同窓会幹事
その他の活動
2021-03 -- 2021-03【助言等活動】白山ユネスコエコパーク協議会:第3回白山ユネスコエコパーク協議会学術部会,白山ユネスコエコパーク協議会学術部会員,オンライン会議,2021年3月2日
2020-03 -- 2020-03【助言等活動】白山ユネスコエコパーク協議会:第2回白山ユネスコエコパーク協議会学術部会,白山ユネスコエコパーク協議会学術部会員,白山市松任文化会館401会議室,2020年3月26日
2020-02 -- 2020-02【助言等活動】白山手取川ジオパーク推進協議会:令和元年度臨時総会,助言活動,白山市民交流センター「はくさんホール」5階 大会議室,石川県白山市,2020年2月20日
2020-01 -- 2020-01【国際会議・ワークショップ等】白山ユネスコエコパーク協議会:白山ユネスコエコパーク地域づくり交流会「つなげよう・ふかめよう白山の”わ”(環&和)」,共同コーディネーター兼講師兼ディスカッションコーディネーター,荘川総合センター,岐阜県高山市,2020年1月26日
2019-09 -- 2019-09【助言等活動】白山手取川ジオパーク推進協議会:日本ジオパーク再認定現地審査支援,現地対応助言サポート,石川県白山市,2019年9月16日-18日
2019-07 -- 2019-07【国際交流等国内活動】金沢大学国際機構:令和元年度ロシア文化交流プログラム「白山ユネスコエコパーク研修コース」(金沢大学学生対象),講師(流域から考える都市の持続性),白山ユネスコエコパーク,白山国立公園センター2階研修室,石川県白山市白峰,2019年7月13日
2019-07 -- 2019-07【国際交流等国内活動】金沢大学国際機構:令和元年度ロシア文化交流プログラム「日本庭園とお茶から学ぶ日本文化」(ロシア・カザン連邦大学学生対象),講師(金沢の日本庭園),心蓮社・西家庭園・兼六園,石川県金沢市,2019年7月3日-4日【英語】
2019-05 -- 2019-05【助言等活動】石川県立自然史資料館:オープンミュージアム・トーク広場「みんなでつくる地域のミュージアム」,助言活動,石川県立自然史資料館2階研修室,石川県金沢市,2019年5月18日
2018-11 -- 2018-11【助言等活動】国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所:世界農業遺産(GIAHS)人材育成事業「GIAHS認定等に向けた国内招へい研修」(エチオピア,ウガンダ),助言活動,ホテルメトロポリタン2階会議室(夕鶴),東京都豊島区,2018年11月16日【英語】
2018-09 -- 2018-09【国際交流等海外活動】金沢大学国際機構:ユーラシア地域をまたぐユネスコエコパーク大学教育プログラムの共同開発(平成30年度政府開発援助ユネスコ活動費補助金事業:白山ユネスコエコパーク協議会,特定非営利活動法人白山しらみね自然学校,国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット共同実施),共同コーディネーター兼講師,ロシア・カザン市,ベラルーシ・ミンスク市,2018年9月16日-22日

(最終更新日: 2021-06-22)