現在地

西野 由高(ニシノ ヨシタカ; Nishino, Yoshitaka)

face
所属
筑波大学
職名
教授
研究分野
原子力学
反応工学・プロセスシステム
研究キーワード
製品開発マネージメント
企業戦略
職歴
2017-04 -- 2020-03(株)日立製作所 エネルギーセクタ CTO(最高技術責任者)
2016-04 -- 2017-03(株)日立製作所 技術戦略室 室長
2014-04 -- 2015-03(株)日立製作所 日立研究所(兼)テクノロジーイノベーション統括本部 所長(兼)統括本部長
2012-04 -- 2014-03(株)日立製作所 日立研究所 機械研究センター センター長
2009-10 -- 2012-03(株)日立製作所 電力システム社 原子力開発センター センター長
2003-04 -- 2009-09(株)日立製作所 エネルギー環境システム研究所 予防保全プロジェクト 部長
1994-08 -- 2003-03(株)日立製作所 電力電機開発研究所 主任研究員
1992-10 -- 1993-09米国エネルギー省 アルゴンヌ国立研究所 化学部 客員研究員
1990-02 -- 1994-08(株)日立製作所 エネルギー研究所 研究員
1985-04 -- 1990-02(株)日立製作所 日立研究所 研究員
学歴
2013-06 -- 2013-08スタンフォード大学(米国) ビジネススクール エグゼクティブ コース修了
1984-04 -- 1985-03北海道大学 大学院 工学研究科博士課程 応用化学専攻中退
1982-04 -- 1984-03北海道大学 大学院 工学研究科 応用化学専攻修了
1978-04 -- 1982-03北海道大学 工学部 応用化学科卒業
取得学位
2013-8SEPスタンフォード大学(米国)
1992-5博士(工学)東京大学
1984-3工学修士北海道大学
免許資格等
1991-7第一種放射線取扱主任者
1986-7危険物取扱者乙種4類
所属学協会
1985-10 -- (現在)日本原子力学会
2012-07 -- (現在)日本機械学会
1982-06 -- (現在)化学工学会
査読付き学術雑誌・国際会議論文
  • Hydrazine and Hydrogen Co-injection to Mitigate Stress Corrosion Cracking of Structural Matrials in Boiling Water Reactors, (III) Effect of Adding Hydrazine on Zircaloy-2 Corrosion
    Nishino Yoshitaka; Hidetoshi Karasawa Kazushige Ishida Yo...
    Journal of Nuclear Science and Technology, 2006-10
  • Initial Oxidation of zirconium and Zircaloy-2 with oxygen and water vapor at room temperature
    Nishino Yoshitaka; Alan R Krauss Yuping Lin Dieter Gruen
    Journal of Nuclear Materials/228/pp.346-353, 1996
  • Formation and dissolution of oxide film on zirconium alloys in 288℃ pure water under γ-ray irradiation
    Nishino Yoshitaka; Masao Endo Eishi Ibe Takayoshi Yasuda
    Journal of Nuclear Materials/ 248/pp.292-298, 1997
  • Deposition of Nickel and Cobalt Ions with Iron Crud on Heated Stainless Steel Surface under Nucleate Boiling Water
    Nishino Yoshitaka; Yamato Asakura Toshio Sawa Shunsuke Uc...
    Journal of Nuclear Science and Technology/28/pp.848-857, 1991-9
  • Magnetic Measurements of NiFe2O4 Formation from Iron Hydroxides and Oxide in High Temperature Water
    Nishino Yoshitaka; Toshio Sawa Katsuya Ebara Hisao Itoh
    Journal of Nuclear Science and Technology/26(2)/pp.357-363, 1989-2
  • Rection Rates of Amorphous Iron Hydroxide with Nickel and Cobalt Ions in High Temperature Water
    Nishino Yoshitaka; Toshio Sawa Katsumi Ohsumi Hisao Itoh
    Journal of Nuclear Science and Technology/26(12)/pp.1121-1129, 1989-12
  • Deposition of Nickel and Cobalt Ions on Heated Surface under Nucleate Boiling Water
    Nishino Yoshitaka; Yamato Asakura Makoto Nagase Shunsuke ...
    Journal of Nuclear Science and Technology/26(12)/pp.1112-1120, 1989-12
  • Studies of Thin-film Growth, Adsorption, and Oxidation by In-situ, Real-time, and E-situ Ion Beam Analysis
    Nishino Yoshitaka; Yuping Lin A.R.Krauss O.Auciello Y. Ni...
    Journal of Vacuum Science Technology/4/p.A12, 1994-7
  • 水化学管理高度化の実績と将来課題
    西野 由高; 石榑顕吉、酒井利明、牧野一郎、瀧口英樹、笠原和...
    日本原子力学会誌/41(8)/pp.842-852, 1999-8
  • 高温水中でのγ-FeOOHの脱水反応と水酸化ニッケルとの複合化反応
    西野 由高; 沢俊雄、伊藤久雄
    化学工学論文集/15(2)/pp.357-363, 1989-2
  • 高温水中での水酸化鉄粒子からのニッケルフェライト生成速度
    西野 由高; 沢俊雄、江原勝也、高橋燦吉
    化学工学論文集/16(1)/pp.108-115, 1990-1
  • 高温水中での鉄の水酸化物および酸化物粒子とニッケルの複合化挙動―鉄の化学形態の影響と鉄水酸化物の脱水反応速度
    西野 由高; 沢俊雄、江原勝也、伊藤久雄
    化学工学論文集/15(2)/pp.276-283, 1989-2
その他の論文・記事
  • 非凝縮性ガスを含む水蒸気の凝縮伝熱
    西野 由高
    北海道大学工学部研究報告/(122)/pp.29-39, 1984

(最終更新日: 2020-05-08)