現在地

菅澤 威仁(スガサワ タケヒト; Sugasawa, Takehito)

所属
医学医療系
職名
助教
研究室
臨床検査医学/スポーツ医学研究室
研究キーワード
RNA-seq ゲノムシーケンシング バイオインフォマティクス解析 変形性膝関節症 (OA)  動物OAモデル 関節炎 μCT スポーツ医学 糖尿病 NASH 脂肪肝 メタボリックシンドローム 
研究課題
血糖値の変動に応じた機能的インスリン分泌を可能とするAAVベクターの構築と1型糖尿病モデルに対する治療効果の検討-1型糖尿病の根治を目指して-2021-06 -- 2022-03菅澤威仁認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワーク/
クライオセラピーにおける分子メカニズムの探索2019-06 -- 2023-03菅澤威仁日本学術振興会/科学研究費助成事業 (KAKEN) 若手研究 (B)
リキッドバイオプシーを用いた非侵襲的な遺伝子ドーピングの革新的な検出法開発2020-04 -- 2022-03竹越一博日本学術振興会/科学研究費助成事業 (KAKEN) 基盤研究 (B)
大手製薬企業との共同研究2019-04 -- 2020-05竹越一博/
大手検査会社からの受託研究2019-04 -- 2020-03竹越一博/
複合性局所疼通症候群1(CRPS1)モデルに対するクライオセラピーの効果 -オミックス解析を用いた検証-2018-04 -- 2019-03菅澤威仁ミズノスポーツ振興財団/2018年度 スポーツ学等研究助成
協会委託事業マッサージ療法のエビデンス研究2017-04 -- 2018-03藤井亮輔全国病院理学療法協会/
受賞
2018-05功績賞
2013-05功労賞
査読付き学術雑誌・国際会議論文
その他の論文・記事
著書
  • クライオセラピーの正しい方法と効果を知る
    菅澤威仁 時野谷勝幸
    コーチングクリニック, ベースボール・マガジン社, 2018-07
会議発表等
  • 柔道短期合宿期間中の唾液中ヒトヘルペスウイルス6型およびコルチゾールの変動と関連性
    平岡 拓晃; 玉井伸典; 清水和弘; 星大輔; 竹越一博; 渡部厚一...
    日本体力医学会大会/2020-09-24--2020-09-26
  • 柔道整復学研究における生化学的解析
    菅澤威仁
    柔道整復基礎医科学シンポジウム/2013-12-15
担当授業科目
2021-04 -- 2021-08スポーツ医学セミナーII筑波大学
2021-10 -- 2022-02スポーツ医学セミナーII筑波大学
一般講演
  • マッサージ療法のエビデンスについて
    菅澤威仁
    全国病院理学療法協会北海道支部/東洋療法研修試験財団合同秋期理学療法研修会/1900
  • 細胞レベルでみた理学療法のメカニズムと科学的根拠
    菅澤威仁
    全国病院理学療法協会埼玉県支部 50周年記念式典 特別講演/2014-05-11
  • マッサージが生体に及ぼす影響-科学的根拠に基づいて-
    菅澤威仁
    全国病院理学療法協会東京都支部研修会/2014-10-19
  • 異なる温度の冷却刺激がミトコンドリア機能および抗酸化能に及ぼす影響
    菅澤威仁
    筑波大学数理物質系 物質工学域 バイオマテリアルズミニシンポジウム/2016-01-01
  • 協会委託事業マッサージ療法のエビデンス研究
    菅澤威仁
    全国病院理学療法協会 第66回日本理学療法学会 指定演題/2017-05-21
学協会等委員
2020-04 -- 9999-01全国病院理学療法協会 埼玉県支部理事 (組織担当)
2017-04 -- 2020-03全国病院理学療法協会 埼玉県支部学術局長
2009-04 -- 2010-03全国病院理学療法協会 埼玉県支部常任理事

(最終更新日: 2021-06-14)