現在地

村田 光司(ムラタ コウジ; Murata, Koji)

所属
図書館情報メディア系
職名
助教
ORCID
0000-0003-1216-8735
研究分野
図書館情報学・人文社会情報学
アジア史・アフリカ史
ヨーロッパ史・アメリカ史
研究キーワード
歴史学
ビザンツ学
古文書学
アーカイブズ学
西洋史
ビザンツ史
研究課題
[研究分担者]古代末期~中世におけるTlos市領域の流通インフラと農耕・居住区域の復元2019-04 -- 2023-03浦野聡日本学術振興会/科学研究費・基盤研究(B)
[研究分担者]前近代海域ヨーロッパ史の構築:河川・島嶼・海域ネットワークと政治権力の生成と展開2019-04 -- 2023-03小澤実日本学術振興会/科学研究費・基盤研究(A)
[研究代表者]亡命期ビザンツ帝国の外交から見た13世紀ユーラシア世界2019-04 -- 2023-03村田光司日本学術振興会/科学研究費・若手研究
[研究代表者]中央アジア出土東ローマ帝国貨幣の基礎的調査2019-04 -- 2021-03村田光司公益財団法人りそなアジア・オセアニア財団/調査研究助成
[研究代表者]亡命期ビザンツ帝国(1204-1261年)における海軍組織の研究2019-04 -- 2020-02村田光司公益財団法人日本科学協会/笹川科学研究助成
[研究代表者]ビザンツ帝国後期における役人文書の総合的研究2016-04 -- 2019-03村田光司日本学術振興会/科学研究費・特別研究員奨励費
[研究協力者]古代・中世地中海世界における宗教空間と社会変動-トロス遺跡聖堂遺構の発掘調査2012-04 -- 2017-03浦野聡日本学術振興会/科学研究費・基盤研究(B)
[研究代表者]後期ビザンツ帝国における行政文書の再類型化に向けた基礎的研究2015-04 -- 2016-02村田光司公益財団法人日本科学協会/笹川科学研究助成
[研究代表者]後期ビザンツ帝国における皇帝文書と統治実践2012-04 -- 2015-03村田光司日本学術振興会/科学研究費・特別研究員奨励費
職歴
2021-03 -- (現在)筑波大学 図書館情報メディア系 助教
2017-04 -- 2021-03愛知大学 文学部 非常勤講師
2019-04 -- 2021-02名古屋大学 高等研究院/大学院人文学研究科 特任助教
2018-10 -- 2019-03名古屋大学 教養教育院 非常勤講師
2018-10 -- 2019-03三重大学 教養教育院 非常勤講師
2016-04 -- 2019-03大阪市立大学 都市文化研究センター 研究員
2016-04 -- 2019-03日本学術振興会 (受入先:大阪市立大学) 特別研究員PD
2017-04 -- 2018-03立教大学 文学部 兼任講師
2017-04 -- 2018-03愛知学院大学 文学部 非常勤講師
2016-10 -- 2017-03静岡大学 教育学部 非常勤講師
学歴
2012-04 -- 2016-03名古屋大学大学院 文学研究科
2013-10 -- 2014-09パリ第4大学
2010-04 -- 2012-03名古屋大学大学院 文学研究科
2006-04 -- 2010-03名古屋大学 文学部
取得学位
2017-12博士(歴史学)名古屋大学
免許資格等
2007-11基本情報技術者(経済産業省)
所属学協会
2021-03 -- (現在)Japanese Association for Digital Humanities
2012-04 -- (現在)史学会
2012-04 -- (現在)日本オリエント学会
2011-04 -- (現在)日本西洋史学会
2011-04 -- (現在)日本ビザンツ学会
2010-04 -- (現在)西洋中世学会
査読付き学術雑誌・国際会議論文
その他の論文・記事
  • [新刊紹介]Dimiter Angelov, The Byzantine Hellene: The Life of Emperor Theodore Laskaris and Byzantium in the Thirteenth Century
    村田光司
    西洋中世研究/(12)/pp.146-147, 2020-12
  • [新刊紹介]アンナ=コムニニ著(相野洋三訳)『アレクシアス』(悠書館、2019年)
    村田光司
    史学雑誌/129(12)/p.88, 2020-12
  • キルギス共和国出土ローマ・東ローマ帝国貨幣と模倣貨
    村田光司
    Heritex/3/pp.386-395, 2020-04
  • Surviving between East and West: An exiled Byzantine Empire in the thirteenth-century Eurasian context
    Koji Murata
    IAR Letter/18/pp.15-16, 2020-03
  • [書評]高田英樹(編訳)『原典 中世ヨーロッパ東方記』
    村田光司
    史苑/80(2)/pp.214-226, 2020-03
  • [コラム]ローマ帝国の痕跡を東に求めて
    村田光司
    あおぎり(名古屋大学文学部・人文学研究科同窓会)/(17)/p.24, 2020-01
  • [新刊紹介]Eleanor Dickey, Learning Latin the Ancient Way: Latin Textbooks from the Ancient World
    村田光司
    西洋中世研究/(11)/pp.174-175, 2019-12
  • [新刊紹介]Dimitri Korobeinikov, Byzantium and the Turks in the Thirteenth Century, Oxford, Oxford University Press, 2014
    村田光司
    西洋中世研究/10/pp.243-244, 2018-12
  • トロス司教座聖堂発掘報告(2016)―出土貨幣及び封鉛について
    村田光司
    史苑/78(2)/pp.85-97, 2018-04
  • [新刊紹介]Cécile Morrison & Georg-D. Schaaf, Byzance et sa monnaie (IVe-XVe siècle), Paris: Lethielleux, 2015
    村田光司
    西洋中世研究/9/pp.189-190, 2017-12
  • [翻訳]キャサリン・ホームズ「変容するビザンツ?グローバルヒストリーの時代におけるビザンツ研究の新潮流(600-1500年)」
    村田光司 澤実
    思想/(1118)/pp.87-107, 2017-06
  • [研究動向]ロシア・ビザンツ(2016年の歴史学界 回顧と展望 ヨーロッパ中世)
    村田光司
    史学雑誌/126(5)/pp.320-322, 2017-05
  • コンスタンティノス7 世ポルフュロゲネトス 『帝国統治論』第9 章:研究動向と訳註
    居阪僚子 村田光司 仲田公輔
    史苑/77(2)/pp.228-199, 2017-03
  • [新刊紹介]Maria Nystazopoulou-Pelekidou, Byzantine diplomatike: Ta engrafa ton demosion leitourgon, Thessaloniki, Ekdoseis Banias, 2014
    村田光司
    西洋中世研究/8/pp.279-280, 2016-12
  • Towards a typology of Byzantine Cartularies: The Case of the Lembiotissa Cartulary
    Koji Murata
    Archives and Records of Medieval Europe. Proceedings of the 9th Korean-Japanese Symposium on Medieval History of Europe/pp.99-112, 2016-05
  • [新刊紹介] Anthony Kaldellis, Byzantine Readings of Ancient Historians: Texts in Translation, with Introductions and Notes, Routledge, 2015
    村田光司
    西洋中世研究/7/p.182, 2015-12
  • トロス司教座聖堂発掘報告(2014)―出土貨幣及び封緘について
    村田光司
    史苑/75(2)/pp.346-355, 2015-03
  • [翻訳] プロコピオス『秘史』翻訳と註(3)
    橋川裕之 村田光司
    早稲田大学高等研究所紀要/7/pp.41-70, 2015-03
  • [新刊紹介] Alexander Beihammer et al. (eds.), Court Ceremonies and Rituals of Power in Byzantium and the medieval Mediterranean: comparative perspectives, Leiden, Brill, 2013
    村田光司
    西洋中世研究/6/p.216, 2014-12
  • [新刊紹介] Lisa Bénou, Pour une nouvelle histoire du droit byzantine. Théorie et pratique juridiques au XIVe siècle, Paris, Association Pierre Belon, 2011
    村田光司
    西洋中世研究/6/p.217, 2014-12
  • トロス司教座聖堂発掘報告(2013)―出土貨幣及び封緘について
    村田光司
    史苑/74(2)/pp.158-167, 2014-03
  • [翻訳] プロコピオス『秘史』翻訳と註(2)
    橋川裕之 村田光司
    早稲田大学高等研究所紀要/6/pp.77-97, 2014-03
  • [新刊紹介] Andrew Peacock and Sara Nur Yıldız (eds.), The Seljuks of Anatolia: Court and Society in the Medieval Middle East, London-New York, I. B. Tauris, 2013
    村田光司
    西洋中世研究/5/p.189, 2013-12
  • [翻訳] シュテファン・エスダース「コンスタンス2世(641-668年)、サラセン人、西欧部族国家――地中海世界大戦期の政治と軍事、および経済と財政の連関に関する試論――」
    村田光司
    西洋中世研究/5/pp.86-122, 2013-12
  • [翻訳] プロコピオス『秘史』翻訳と註(1)
    橋川裕之 村田光司
    早稲田大学高等研究所紀要/5/pp.81-108, 2013-03
著書
  • Roman and Byzantine Coin Finds from the Basilica
    Murata Koji
    The City Basilica of Tlos, Koç University Press, pp.221-226, 2020-10
  • Byzantine Lead Seals from the Basilica
    Murata Koji
    The City Basilica of Tlos, Koç University Press, pp.227-230, 2020-10
  • ビザンツ帝国後期における皇帝文書の形式・機能・伝来
    村田光司
    2017-12
  • Quelques observations sur la relation et la signification des chrysobulles en faveurs du monastère de Brontochion à Mystras
    Murata Koji
    Entre texte et histoire : Études d’histoire médiévale offertes au professeur Shoichi Sato, De Boccard, pp.209-226, 2015-11
会議発表等
  • 三次元デジタルアーカイブによるギリシャ・ビザンティン聖堂遺跡群の研究資源化
    樋口諒; 村田 光司
    日本デジタル・ヒューマニティーズ学会「人文学のための情報リテラシー」第1回研究会/2021-03-10--2021-03-10
  • エーゲ海域ビザンツ修道院と海賊行為
    村田光司
    第8回海域ヨーロッパ研究会/2021-02-20
  • 中央アジアにおけるビザンツ型ブラクテアトの伝播・類型・機能
    村田 光司
    ワークショップ「前近代中央アジアにおける文化の交流と非交流」/2021-01-23
  • アポロニア(アルバニア)のマリア修道院聖堂に描かれたビザンツ「皇帝文書」の年代と機能
    村田光司
    第3回 前近代におけるメディアとコミュニケーション研究会/2020-01-26
  • Comment to "Monasteries, Ships and Islands in Byzantium"
    Koji Murata
    Dr. E. Mitsiou's Lecture: Monasteries, Ships and Islands in Byzantium (Rikkyo University)/2019-11-16
  • Political Corruption and Anticorruption in Thirteenth-Century Byzantium
    Koji Murata
    Dissidence and Persecution in Byzantium: 20th Australasian Association for Byzantine Studies Conference/2019-07-20
  • コンスタンティノープルをめぐる教皇庁とヨアンネス3世バタツェスの交渉
    村田光司
    第17回日本ビザンツ学会大会(駒澤大学)/2019-03-26
  • ビザンツ帝国後期における皇帝文書の類型と利用
    村田光司
    東洋大学人間科学総合研究所公開研究会「首都における権力の比較史」(東洋大学)/2019-03-24
  • 13世紀におけるビザンツ修道院アーカイブズの形成過程
    村田光司
    第68回日本西洋史学会大会(広島大学)/2018-05-20
  • “Discourteous” Correspondence between Gregory IX and John III Vatatzes over the Latin Empire of Constantinople
    Koji Murata
    Medieval Papacy: Governance, Communication, Cultural Exchange (Rikkyo University, Tokyo, Japan)/2017-02-19
  • State Intervention in the Monastic Archives under the early Palaiologoi: the Case of Patmos
    Koji Murata
    The 23rd International Congress of the Byzantine Studies (Belgrade, Serbia)/2016-08-26
  • Documents of the Laskarid Emperors in Byzantine Archives
    Koji Murata
    Workshop: Decoding the Historical Sources on Byzantium (Rikkyo University, Japan)/2016-07-23
  • Towards a Typology of Byzantine Cartularies: The Case of the Lembiotissa Cartulary
    Koji Murata
    Archives and Records of Medieval Europe. The 9th Japanese-Korean Symposium on Medieval History of Europe (Seoul National University, South Korea)/2016-05-02
  • ミストラスのブロントヒオン修道院聖堂に描かれたビザンツ皇帝の文書について
    村田光司
    史学会第112回大会(東京大学本郷キャンパス)/2014-11-01
  • 13世紀ビザンツ帝国における皇帝文書の形式・機能論的研究
    村田光司
    第18回ワークショップ西洋史・大阪(大阪大学)/2013-05-01
  • レンボ修道院文書集成の編纂目的について
    村田光司
    日本ビザンツ学会第11回大会(早稲田大学)/2013-03-01
  • 13世紀ビザンツにおける皇帝文書と帝国統治
    村田光司
    関西ビザンツ史研究会例会(京都教育文化センター)/2011-11-01
  • 共同皇帝セオドロス2世ラスカリスの「プロスタグマ」をめぐる諸問題―ニケーア期における皇帝文書・帝国文書局・人的紐帯―
    村田光司
    日本ビザンツ学会第9回大会(立命館大学)/2011-09-01
  • 13世紀ビザンツ帝国における指令文書
    村田光司
    西洋中世学会若手支援セミナー(慶應義塾大学)/2011-08-01
担当授業科目
2021-10 -- 2021-12アーカイブズ筑波大学
2021-10 -- 2021-12ArchivesUniversity of Tsukuba
2021-10 -- 2021-12テクスト解釈-2筑波大学
2021-10 -- 2021-12アーカイブズの利用筑波大学
2021-04 -- 2021-07アーカイブズの構築筑波大学
学内管理運営業績
2021-04 -- (現在)知識情報・図書館学類広報委員会委員

(最終更新日: 2021-10-09)