Takahashi Yoichiro

Affiliation
Institute of Medicine
Official title
Professor
ORCID
0000-0003-1156-2984
Research projects
エクソーム・リピドーム解析で明かす、高度脂肪肝を伴う突然死における脂肪酸代謝異常2022 -- 2024高橋 遥一郎Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,160,000Yen
Elucidation of transcription factory that is associated with the transcriptional regulation of the ABO gene.2013-04 -- 2016-03TAKAHASHI YoichiroJapan Society for the Promotion of Science/Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B)3,120,000Yen
Investigation of DNA methylation in neural cells of the child after abuse2013-04 -- 2016-03Kominato Yosihhiko; SANO RIE; YOICHIRO TAKAHASHIJapan Society for the Promotion of Science/Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research3,510,000Yen
Integrated elucidation of the transcriptional regulatory mechanisms of human ABO blood group gene using iPS cells2014-04 -- 2017-03Kominato YosihhikoJapan Society for the Promotion of Science/Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)13,390,000Yen
ABO遺伝子の発現量変動の解明と、薬剤刺激による血液型抗原量の制御2016-04 -- 2017-03高橋 遥一郎日本学術振興会/科学研究費助成事業 若手研究(B)3,900,000Yen
Development of a method to investigate cause of death related to fatty acid oxidation disorder2015-04 -- 2018-03Kubo RiekoJapan Society for the Promotion of Science/Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)4,940,000Yen
Development of a biomarker for clarifying the antemortem experiences using DNA methylation of the NR3C1 promoter region in brains from pediatric victims of physical abuse2016-04 -- 2019-03Kominato YoshihikoJapan Society for the Promotion of Science/Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research3,770,000Yen
Elucidating the association between a polymorphism associated with increased risk for schizophrenia and expression of the DRD2 gene, based on the data of postmortem brain tissues2017-04 -- 2019-03高橋 遥一郎Japan Society for the Promotion of Science/JSPS Overseas Research Fellowships
Elucidating expression status of mental illness-related genes, based on single cell analysis of human-postmortem samples2019-04 -- 2022-03高橋 遥一郎; 小湊 慶彦; 窪 理英子; 早川 輝; 佐野 利恵Japan Society for the Promotion of Science/Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)4,290,000Yen
ABO遺伝子は何のためにあるのか―ABO遺伝子研究の新たな展開と法医学的応用―2020-04 -- 2023-03佐野 利恵; 高橋 遥一郎; 早川 輝; 窪 理英子日本学術振興会/科学研究費助成事業 基盤研究(C)3,900,000Yen
more...
Career history
2010-04 -- 2012-03茨城県厚生農業協同組合連合会総合病院土浦協同病院初期臨床研修医
2015-08 -- 2017-03東京都監察医務院非常勤監察医
2017-04 -- 2019-03Lieber Institute for Brain Development, Johns Hopkins UniversityResearch Fellow
2012-04 -- 2019-10Gunma University助教
2019-11 -- 2022-05Gunma University講師
2019-08 -- (current)東京都監察医務院非常勤監察医
2022-06 -- (current)University of TsukubaDepartment of Legal Medicine, Faculty of MedicineProfessor
Academic background
2004-04 -- 2010-03University of Tsukuba 医学専門学群 医学類
2012-04 -- 2015-03Gunma University Graduate School of Medicine 医科学
Degree
2015-03-24博士(医学)群馬大学大学院
Academic societies
-- (current)生物学的精神医学会
-- (current)神経病理学会
-- (current)法医病理学会
-- (current)Japanese Society of Legal Medicine
-- (current)Japanese Society for DNA Polymorphism Research
Honors & Awards
2023-04-23日本医学会総会奨励賞法医解剖を端緒とした医学研究と社会への還元
2022-11-18日本DNA多型学会優秀研究賞
2021-10-01北関東医学会奨励賞遺伝子検査と画像検査を導入した新しい法医実務の展開
2019-06-12日本法医学会学術奨励賞死後脳研究を礎として精神疾患の分子基盤解明を目指す
2015-11-20日本DNA多型学会優秀研究賞
2015-06-27Vox Sanguinis Best Paper Prize 2014 (Jean Julliard Prize )
2015-03-07Highest Award for Excellent Program at Social Contribution Facilitation Seminar
2015-02-04DEAN'S AWARD for Excellent Research Activity
2015-02-04DEAN'S AWARD for Excellent Presentation at Seminar for Presentation and Discussion
2014-11-28日本DNA多型学会優秀研究賞
2013-12-14ベストティーチャー石井賞
2012-11-09日本DNA多型学会優秀研究賞
2012-09-28北関東医学会総会優秀発表賞
Articles
Conference, etc.
  • Maschine learning allows estimating chronological age of bloodstains using spectrophotometer
    関 智弘; Hsiao Yi-Yang; 石澤不二雄; 菅野 幸子; 高橋遥一郎
    第107次日本法医学会学術全国集会/2023-06-07--2023-06-09
  • NeedlExTM-GC-MSを用いた生体組織中の燃焼生成ガスの分析による死因判断への応用
    Hsiao Yi-Yang; 関 智弘; 石澤不二雄; 菅野 幸子; 高橋遥一郎
    第107次日本法医学会学術全国集会/2023-06-07--2023-06-09
  • 明治期日本における近代ドイツ法医学の受容過程に関する一考察
    菅野 幸子; 石澤不二雄; 関 智弘; Hsiao Yi-Yang; 高橋遥一郎
    第107次日本法医学会学術全国集会/2023-06-07--2023-06-09
  • 法医解剖を端緒とした医学研究と社会への還元
    高橋 遥一郎
    第31回日本医学会総会/2023-04-21--2023-04-23
  • サル赤血球上のABO式血液型抗原発現がABO遺伝子第1イントロンの分子進化により規定される-ABO式組織型はいつどのように血液型になったか-
    福田 治紀; 佐野 利恵; 窪 理英子; 大石 高生; 宮部 貴子; 兼子 明久; 高橋 遥一郎; 早川 輝; 矢...
    第31回DNA多型学会学術集会/2022-11-17--2022-11-18
  • 自身のキャリアの回顧的な意味づけ
    高橋 遥一郎
    第31回DNA多型学会学術集会/2022-11-17--2022-11-18
  • 特徴的な死後CT画像を呈したベンジン嚥下症例
    徳江 浩之; 佐野 利恵; 早川 輝; 高橋 遥一郎; 福田 治紀; 小湊 慶彦; 対馬 義人
    第91回日本法医学会学術関東地方集会/2022-10-08--2022-10-08
  • 法医解剖を端緒とした死後脳研究
    高橋 遥一郎
    2022年度日本アルコール・薬物依存関連学会合同学術総会/2022-09-08--2022-09-10
  • 法医解剖を端緒とした精神疾患の死後脳研究
    高橋 遥一郎
    第49回日本毒性学会学術年会/2022-06-30--2022-07-02
  • 特徴的な多発性脳梗塞巣を認めた自殺の一剖検例
    高橋 遥一郎; 早川 輝; 佐野 利恵; 福田 治紀; 窪 理英子; 小湊 慶彦
    第63回日本神経病理学会総会学術研究会/2022-06-24--2022-06-26
  • 腹部への鈍的外傷によりS状結腸部分拡張部の破裂を来した小児の1例
    福田 治紀; 佐野 利恵; 高橋 遥一郎; 早川 輝; 窪 理英子; 武井 宏行; 粟田 さち子; 徳江 浩之; ...
    第106次日本法医学会学術全国集会/2022-06-08--2022-06-10
  • 腫瘍マーカーCA19-9による癌診断の精度向上に必須なFUT3遺伝子の迅速検査法
    佐野 利恵; 矢澤 伸; 窪 理英子; 高橋 遥一郎; 早川 輝; 福田 治紀; 大川 貴史; 小湊 慶彦
    第106次日本法医学会学術全国集会/2022-06-08--2022-06-10
  • 法医解剖における 組織透明化手法の有用性
    高橋 遥一郎; 早川 輝; 佐野 利恵; 福田 治紀; 窪 理英子; 徳江 浩之; 小湊 慶彦
    第106次日本法医学会学術全国集会/2022-06-08--2022-06-10
  • 法医学分野で有用なAi‐CT画像作成のポイント.
    武井 宏行; 平澤 聡; 早川 輝; 高橋 遥一郎; 佐野 利恵; 小湊 慶彦
    第19回法医画像勉強会/第17回群馬Ai研究会/2021-03-13
  • 死後CT仮想内視鏡の有用性の検討.
    福田 治紀; 佐野 利恵; 早川 輝; 高橋 遥一郎; 窪 理英子; 小湊 慶彦
    第19回法医画像勉強会/第17回群馬Ai研究会/2021-03-13
  • 刺創における、損傷と成傷器の関係性の描出にCTフュージョン画像を用いた一例.
    高橋 遥一郎; 佐野 利恵; 早川 輝; 福田 治紀; 武井 宏行; 徳江 浩之; 小湊 慶彦
    第19回法医画像勉強会/第17回群馬Ai研究会/2021-03-13
  • RUNX1 mutation in a patient with myelodysplastic syndrome and decreased erythrocyte expression of blood group A antigen.
    Hayakawa A; Sano R; Takahashi Y; Fukuda H; Yokohama A; Ha...
    The 36th International congress of the International Society of Blood Transfusion (ISBT)/2020-12-12--2020-12-16
  • ABO遺伝子エンハンサーはOBP2B遺伝子発現を活性化する.
    佐野 利恵; 福田 治紀; 高橋 遥一郎; 早川 輝; 窪 理英子; 小湊 慶彦
    日本DNA多型学会第29回学術集会/2020-11-27
  • 死後画像検査の結節性硬化症における有用性の検討.
    高橋 遥一郎; 早川 輝; 佐野 利恵; 福田 治紀; 木村 聡子; 髙田 綾; 齋藤 一之; 小湊 慶彦
    第89回日本法医学会学術関東地方集会/2020-10-10
  • 死後CT仮想内視鏡を用いた消化管内検索の有用性.
    福田 治紀; 佐野 利恵; 早川 輝; 高橋 遥一郎; 窪 理英子; 小湊 慶彦
    第104次日本法医学会学術全国集会/2020-09-25
  • 死後脳研究を礎として精神疾患の分子基盤解明を目指す.
    高橋遥一郎
    第104次日本法医学会学術全国集会/2020-09-25
  • 冠状動脈起始部位・走行異常(AAOLCA-IA)に合併した、StanfordA型急性大動脈解離の一剖検例.
    早川 輝; 早川 輝; 氣賀澤 秀明; 木村 聡子; 斎藤 一之; 高橋 遥一郎; 佐野 利恵; 福田 治紀; 窪...
    第104次日本法医学会学術全国集会/2020-09-24
  • 死後変化が進行する心臓に対して死後CT血管造影検査が有用であった一例.
    高橋 遥一郎; 早川 輝; 佐野 利恵; 福田 治紀; 小湊 慶彦
    第104次日本法医学会学術全国集会/2020-09-24
  • ABO式血液型判定でみられるmixed field agglutination における血液型亜型と造血器腫瘍の違い.
    横濱 章彦; 西本 奈津美; 岩原 かなえ; 石川 怜依奈; 須佐 梢; 丸橋 隆行; 関上 智美; 早川 輝; ...
    第68回日本輸血・細胞治療学会/2020-05-29
  • ABO式血液型判定でみられるmixed field agglutinationは血液型亜型か?それとも骨髄悪性疾患か?
    佐野 利恵; 佐野 利恵; 早川 輝; 高橋 遥一郎; 窪 理英子; 小湊 慶彦
    日本DNA多型学会第28回学術集会/2019-11-28
  • more...
Teaching
2023-10 -- 2024-02Practice in Genome and Environmental Medicine IIUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Seminar in Genome and Environmental Medicine IUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Lecture and Discussion in Genome and Environmental Medicine IIUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Practice in Genome and Environmental Medicine IUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Lecture and Discussion in Genome and Environmental Medicine IUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Seminar in Genome and Environmental Medicine IIUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-05Invitation to Arts and SciencesUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-07First Year SeminarUniversity of Tsukuba.
-- (current)研究室演習筑波大学医学医療系
-- (current)人間生物学I筑波大学医学医療系
more...
Other educational activities
-- (current)死体検案研修会茨城県医師会
Professional activities
-- (current)日本DNA多型学会将来構想委員
-- (current)日本法医学会評議員
-- (current)日本法医学会日本法医学会総会100回記念誌編集委員会
University Management
-- (current)医学医療系生命医科学域運営委員会委員
-- (current)医学類学生委員会委員
Other activities
-- (current)司法解剖

(Last updated: 2023-07-10)