Sugiura Kiyomi

Affiliation
Institute of Health and Sport Sciences
Official title
Junior Assistant Professor
Email
C02$&2/|I(&6,*&I$#@OK2I102(2}|I| I'-
Research fields
Sports science
Research keywords
陸上競技
コーチング
Research projects
日本における背面跳びの技術指導に関する一考察2020-09 -- 2021-07杉浦 澄美日本コーチング学会/研究助成(学生助成)100,000Yen
Career history
2022-07 -- (current)筑波大学体育系特任助教
2022-04 -- (current)茨城大学全学教育機構非常勤講師
Academic background
2018-04 -- 2020-03筑波大学大学院 人間総合科学研究科 体育学専攻
2014-04 -- 2018-03筑波大学 体育専門学群
Degree
2020-03修士(体育学)筑波大学
Articles
  • Development of a Method for Predicting the Maturity Offset for Peak Height Velocity Suitable for Japanese Youth
    Murayama Ryoichi; Kigoshi Kiyonobu; Sugiura Kiyomi
    International Journal of Sport and Health Science/21(0)/pp.1-8, 2023
  • Study on the introduction and deployment of Fosbury Flop technique in Japan:
    杉浦 澄美; 大林 太朗; 村山 凌一; 木越 清信
    The Japan Journal of Coaching Studies/36(2)/pp.145-157, 2023-03-20
  • 日本トップレベルの女子走高跳競技者における踏切動作のキネマティクス的特徴
    柴田 篤志; 杉浦 澄美; 苅山 靖; 清水 悠; 奥野 哲也; 澤田 尚吾; 小山 宏之
    Bulletin of studies in athletics of JAAF/15/pp.251-256, 2020-03
  • 小中学生における短距離走能力の発達傾向からみた疾走速度と疾走動作との関係
    村山 凌一; 杉浦 澄美; 木越 清信
    Research Quarterly for Athletics/(123)/pp.13-21, 2020-12
  • 世界および日本トップレベル男女走高跳競技者の記録発達の特徴
    犬井 亮介; 柴田 篤志; 山元 康平; 村山 凌一; 杉浦 澄美; 福地 修也; 木越 清信
    Research Quarterly for Athletics/(123)/pp.22-31, 2020-12
  • 日本トップレベルの女子走高跳競技者における踏切動作のキネマティクス的特徴
    杉浦 澄美; 柴田 篤志; 小山 宏之; 長澤 涼介
    Bulletin of studies in athletics of JAAF/14/pp.191-196, 2019-03
  • 助走付きハードルジャンプにおける鉛直速度獲得に関与する動作要因
    杉浦 澄美; 岩間 圭祐; 小野 誠司; 木塚 朝博; 木越 清信
    Research Quarterly for Athletics/(120)/pp.17-26, 2020-03
  • 女子走高跳における鉛直速度の獲得に影響をおよぼす踏切局面の技術的要因
    杉浦 澄美; 柴田 篤志; 小山 宏之; 尾縣 貢; 木越 清信
    Japan Journal of Physical Education, Health and Sport Sciences/66/pp.827-839, 2021-12
Conference, etc.
  • 走高跳競技者の特異的な跳躍能力の評価法の提案
    杉浦 澄美; 木越 清信
    日本陸上競技学会 第19回大会/2021-02-23--2021-02-23
  • 走高跳の踏切における「バー方向への倒れ込み」動作の検討-女子走高跳競技者1名の事例をもとに-
    杉浦 澄美; 木越 清信
    日本陸上競技学会 第20回大会/2022-02-23--2022-02-23
  • 日本における背面跳の技術指導の変遷に関する一考察
    杉浦 澄美; 木越 清信
    日本コーチング学会 第33回学会大会/2022-03-01--2022-03-02

(Last updated: 2024-03-06)