五十嵐 泰正(イガラシ ヤスマサ)

所属
人文社会系
職名
教授
ORCID
0000-0001-9018-8198
研究室
人文社会科学研究科棟A417
研究分野
社会学
研究キーワード
まちづくり
コミュニティ形成
福島第一原発事故からの復興
都市
グローバル化
観光
東京
都市農業
研究課題
道路利活用を事例としたタクティカル・アーバニズムの社会学的な再検討2022-04 -- 2025-03五十嵐泰正日本学術振興会/文部科学研究費補助金基盤研究(C)1,820,000円
貸しビルオーナーの社会学のための予備的研究2019 -- 2021五十嵐 泰正日本学術振興会/基盤研究(C)1,950,000円
生産者と消費者の認識論的切断の克服のための多角的研究−−主に労働と地域の視点から2015 -- 2017五十嵐 泰正日本学術振興会/基盤研究(C)2,730,000円
地域を起点とした移動と定着の現代的諸相に関する研究2011 -- 2013日本学術振興会/若手研究(B)1,690,000円
グローバル化時代の都市における「多様性」の諸相と「まちづくり」の比較研究2008 -- 2010日本学術振興会/若手研究(B)2,470,000円
重層的なヒトの国際移動と、都市コミュニティ・アイデンティティの再編成2004 -- 2006日本学術振興会/特別研究員奨励費1,100,000円
元「不法」就労外国人の主観的意味世界の経年的研究(おもにパキスタン人を事例として)1998 -- 2006/
ポスト産業社会における人の国際移動と階層構造の再編成1999 -- 2011/
都市の「多様性」とまちづくりの比較研究 -- (現在)/
職歴
2021-12 -- (現在)筑波大学人文社会系教授
2010-07 -- 2021-11筑波大学大学院人文社会科学研究科准教授
2007-04 -- 2010-07筑波大学大学院人文社会科学研究科講師
2004-04 -- 2007-03日本学術振興会特別研究員(PD)
2001-04 -- 2003-03日本学術振興会特別研究員(DC2)
学歴
1996-04 -- 1998-03東京大学 総合文化研究科 国際社会科学専攻
1999-09 -- 2001-07バーミンガム大学 社会科学研究科 カルチュラル・スタディーズ学科
1998-04 -- 2004-03東京大学 総合文化研究科 国際社会科学専攻
取得学位
2021-03博士(社会学)筑波大学
2001-07修士(カルチュラルスタディーズ)バーミンガム大学
1998-03修士(学術)東京大学
免許資格等
2006-10専門社会調査士
所属学協会
2008-05 -- (現在)移民政策学会
2011-09 -- (現在)日本都市社会学会
1998 -- (現在)日本社会学会
1998 -- (現在)日本移民学会
1998 -- (現在)地域社会学会
2002 -- (現在)関東都市学会
2004 -- 2008アジア太平洋移民研究ネットワーク
2008 -- 2013日本観光研究学会
受賞
2021-10日本都市学会賞(奥井記念賞)
論文
  • 上野と言う街――商店街から考える
    五十嵐 泰正
    Saison Express/2023(12)/pp.24-27, 2023-11
  • 移住支援のトップランナーが語る、これからの日本に必要な「まちづくり」とは? ──振興だけじゃなく、今こそ「縮退」の議論を
    小松理虔; 伊藤綾; 五十嵐 泰正
    Posse = ポッセ/(54)/pp.30-45, 2023-08
  • フードロスと人間の使い捨て
    藤原辰史; 今野晴貴; 五十嵐 泰正; 森進生
    Posse = ポッセ/53/pp.18-40, 2023-04
  • 2022年度春季大会 ディスカッション
    平井太郎; 米本清; 藤原直哉; 五十嵐 泰正; 後藤好邦
    関東都市学会年報/24/pp.81-87, 2023-03
  • パンデミックからの復興とは?――「自粛できない」街・上野からの報告
    五十嵐 泰正
    関東都市学会年報/24/pp.61-69, 2023-03
  • 夜の街とのオルタナティブな関わりを目指して
    五十嵐 泰正; 中島直人; 永野真義
    新建築.online, 2023-03
  • 書評:松宮朝著『かかわりの循環――コミュニティ実践の社会学』
    五十嵐 泰正
    社会学評論/73(3)/pp.31-33, 2022-12
  • 福島第一原子力発電所の処理水と風評被害に関する取り組みへの展望
    村上道夫; 五十嵐 泰正
    リスク学研究/32(1)/pp.25-29, 2022-09
  • The Round-Table project in Kashiwa: a dialogue to reconcile consumers and farmers in the Tokyo suburbs after the Fukushima accident
    Igarashi Y.
    RADIOPROTECTION/57(3)/pp.209-215, 2022-08
  • 随想 静寂と喧騒の記憶
    五十嵐 泰正
    TASC MONTHLY/559/pp.3-3, 2022-7
  • 書評:栗田知宏著『ブリティッシュ・エイジアン音楽の社会学――交渉するエスニシティと文化実践』
    五十嵐 泰正
    移民研究年報/28/pp.124-126, 2022-06
  • 書評:惠羅さとみ著『建設労働と移民―日米における産業再編成と技能』
    五十嵐 泰正
    移民政策研究/14/pp.206-207, 2022-05
  • 文化実践の場としての路上の意義と可能性―柏駅前ダブルデッキにおけるストリートミュージシャンのグループを事例として
    松山礼華; 五十嵐 泰正
    日本都市学会年報/55/pp.119-128, 2022-05
  • Freedom from stigma in Fukushima
    Murakami Michio; Igarashi Yasumasa
    Journal of Radiological Protection/42(2)/pp.024501-024501, 2022-03
  • 書評:伊藤泰郎・崔博憲編著『日本で働く―外国人労働者の視点から』
    五十嵐 泰正
    PRIME/pp.154-157, 2022-03
  • 都市社会学者はアーバニストたりうるか?
    五十嵐 泰正
    建築討論, 2021-11
  • 専門知と地域の人々のあいだで――放射線リスクコミュニケーションの経験から
    五十嵐 泰正; 安東量子
    『年報社会学論集』/(34)/pp.45-53, 2021-07
  • Discharge of Treated Water from Fukushima into the Ocean: Freedom from the Curse
    Murakami Michio; Igarashi Yasumasa; Ochi Sae
    Science (eLetter), 2021-05
  • 福島からCOVID-19を、COVID-19から福島を考える
    村上道夫; 小林智之; 越智小枝; 後藤あや; 五十嵐 泰正
    リスク学研究/30(4)/pp.1-8, 2021-05
  • COVID-19パンデミックとオーバーツーリズム ―東京都台東区の計量調査から―
    五十嵐 泰正
    地域社会学会年報/33/pp.39-53, 2021-05
  • (座談会)「移動の時代」が終わった先に何があるのか?――欧州・豪州の現状から未来を展望する
    五十嵐 泰正
    POSSE/47/pp.40-50, 2021-03
  • Manga-based risk communication for the COVID-19 pandemic: a case study of storytelling that incorporates a cultural context
    Igarashi Yasumasa; Mizushima Nozomi; Yokoyama Hiromi M.
    JCOM-JOURNAL OF SCIENCE COMMUNICATION/19(7:2::SI), 2020-12
  • The structuralization of risk communication work and objectives in the aftermath of the Fukushima nuclear disaster
    Honda Kaori; Igarashi Yasumasa; Murakami Michio
    INTERNATIONAL JOURNAL OF DISASTER RISK REDUCTION/50, 2020-11
  • 「風評」被害という問題設定の再考
    五十嵐 泰正
    環境情報科学/49(3)/pp.34-40, 2020-10
  • 目指せ上野エリアの「回遊性アップ」 芸大生と地元旦那衆の異色コラボが生み出したものとは?
    五十嵐 泰正
    アーバンライフメトロ, 2020-08
  • さらに表示...
著書
  • 「倫理的な食」の陥穽を越えて
    五十嵐 泰正
    日常のかたち――美学・建築・文学・食/筑波大学出版会/pp.339-361, 2023-04
  • 流動化する現代の都市の多様性―東京都台東区上野地区の事例から―
    五十嵐 泰正
    筑波大学大学院, 2021-03
  • 対談:事件は平和な街で起きる
    本橋信宏; 五十嵐 泰正
    東京裏23区/大洋図書/pp.279-291, 2019-12
  • 上野新論――変わりゆく街、受け継がれる気質
    五十嵐 泰正
    せりか書房, 2019-12
  • 「商売の街」の形成と継承
    五十嵐 泰正
    社会が現れるとき/東京大学出版会, 2018-03
  • 原発事故と「食」--市場・コミュニケーション・差別
    五十嵐 泰正
    中央公論新社, 2018-02
  • 『脱原発の哲学』を読む
    佐藤嘉幸; 田口卓臣; 小出裕章; 西山雄二; 渡名喜庸哲; 岩田渉; 五十嵐泰正; 早尾貴紀; 本間信和; 木村周平
    読書人, 2017-10
  • 移民ディアスポラ研究4 「グローバル人材」をめぐる政策と現実
    五十嵐 泰正
    明石書店, 2015-05
  • 第6章 〈討議〉海外就職の可能性
    五十嵐 泰正
    移民・ディアスポラ研究4 「グローバル人材」をめぐる政策と現実/明石書店, 2015-04
  • 序章 グローバル化の最前線が問いかける射程
    五十嵐 泰正
    移民・ディアスポラ研究4 「グローバル人材」をめぐる政策と現実/明石書店, 2015-04
  • 常磐線中心主義
    五十嵐 泰正; 開沼博; 大山昌彦; 小松理虔; 稲田七海; 安藤光義; 沼田誠; 帯刀治
    河出書房新社, 2015-03
  • 「おもてなし」が社会をブラック化する
    五十嵐 泰正
    ブラック企業vsモンスター消費者/ポプラ社/pp.121-173, 2014-02
  • ニューカマーとオールドカマーのせめぎあい
    五十嵐 泰正
    人の移動事典/丸善出版/pp.304-305, 2013-11
  • 文化の商品化としての国際観光
    五十嵐 泰正
    国際文化関係史研究/東京大学出版会/pp.255-275, 2013-04
  • よくわかる都市社会学
    五十嵐 泰正; 中筋直哉; ほか39名
    ミネルヴァ書房, 2013-04
  • みんなで決めた安心のかたち ポスト3.11の地産地消をさがした柏の1年
    五十嵐 泰正; 「安全・安心の柏産柏消」円卓会議
    みんなで決めた安心のかたち ポスト3.11の地産地消をさがした柏の1年/亜紀書房, 2012-12
  • 「下町/山の手」「ウォーターフロント」「ドーナツ化現象」
    五十嵐 泰正
    現代社会学事典/弘文堂, 2012-11
  • 移民・ディアスポラ研究2 東日本大震災と外国人
    鈴木江里子; 大村昌枝; 李善姫; 五十嵐泰正; 小林真生; 大曲由起子; 明石純一; 憑超; 陸曉峰; 佐々木てる; 崔勝久; 松岡洋...
    明石書店, 2012-02
  • 新版キーワード地域社会学
    地域社会学会編; +五十嵐 泰正
    ハーベスト社, 2011-05
  • 叢書グローバル・ディアスポラ 第2巻 東南・南アジアのディアスポラ
    首藤もと子; 古屋博子; 小ヶ谷千穂; 西芳実; 小野澤正喜; 小野澤ニッタヤー; 田辺寿夫; 今藤綾子; 明石純一; イフティカル...
    明石書店, 2010-12
  • 社会学入門
    塩原良和; 竹ノ下弘久ほか; +五十嵐 泰正
    弘文堂, 2010-11
  • 『労働再審② 越境する労働と〈移民〉』
    五十嵐泰正; 明石純一; 安里和晃; 大久保武; 上林千恵子; 平野雄吾; 津崎克彦; 川嶋久美子; 濱口桂一郎
    大月書店, 2010-11
  • フラット・カルチャー――現代日本の社会学
    遠藤知巳; 西野淑美; 中村由佳; 若林幹夫; 宇城輝人; 田中大介; 平井太郎; 深澤進; 青山賢治; 加島卓; 貞包英之; 阿部勘一...
    せりか書房, 2010-10
  • 社会学事典
    日本社会学会社会学事典刊行委員会編; +五十嵐 泰正
    丸善, 2010-06
  • 多文化社会の〈文化〉を問う――共生・コミュニティ・メディア
    岩渕功一 原 知章 塩原良和 五十嵐泰正 川端浩平 清水知子 林 香里 伊藤 守
    青弓社, 2010-06
  • さらに表示...
会議発表等
  • 路上空間の「アーバニズム」を求めるのは誰か――台東区上野地区における事例から
    五十嵐 泰正
    日本都市学会第68回大会/2022-10-30--2022-10-30
  • パンデミックからの復興とは?―「自粛できない」街・上野からの報告
    五十嵐 泰正
    関東都市学会2022年度春季大会シンポジウム/2022-05-29--2022-05-29
  • 「風評」被害の現状とALPS処理水放出の社会的影響への対応―社会科学の視点
    五十嵐 泰正
    第493回福島医学会学術研究集会シンポジウム ALPS処理水と風評被害について知る/2021-12-19--2021-12-19
  • 文化実践の場としての路上の可能性と課題―柏市中心市街地におけるストリートミュージシャンたちを事例として―
    松山礼華; 五十嵐 泰正
    日本都市学会第68回大会/2021-10-24--2021-10-24
  • 資源エネルギー庁から公表された風評被害対策に対する社会科学者からの見解
    五十嵐 泰正
    ANFURDウェービナー「東京電力HD福島第一原子力発電所ALPS処理水の処分に関する見解」/2021-06-12--2021-06-12
  • 指定コメント
    五十嵐 泰正
    2020年度関西学院大学先端社会研究所シンポジウム ハイモビリティな社会の生活秩序 ―不要不急の移動/必要至急の移動―/2021-01-30--2021-01-30
  • 「みんなで決める場」と「みんなが話せる場」のあいだ
    五十嵐 泰正
    『テーマ部会B ワークショップ時代の統治と社会記述―まちづくり・ワークショップ・専門家―』、関東社会学会第68回大会/2020-12-13--2020-12-13
  • マンガ作品『ちはやふる』を媒介としたコミュニケーション実践
    五十嵐 泰正; 水島希; 横山広美
    科学技術社会論学会第19回年次研究大会/2020-12-06--2020-12-06
  • (パネリストとして登壇)セッション 2.3 被災地の将来に関するフォーラム
    五十嵐 泰正
    ICRP 原子力事故後の復興に関する国際会議――福島及びこれまでの事故から学ぶ放射線防護の教訓/2020-12-02--2020-12-02
  • 社会的リスクトレードオフをめぐる視座――原発事故/パンデミック――
    五十嵐 泰正
    日本リスク学会第33回年次大会/2020-11-21--2020-11-21
  • 都市的なるものが直撃された後に、戻るべきものと変えるべきもの――インバウンドが「蒸発」した台東区の事例から
    五十嵐 泰正
    地域社会学会オンラインシンポジウム/2020-11-14--2020-11-14
  • 指定コメント②
    五十嵐 泰正
    『福島第一原子力発電所事故後のPublic Understanding(科学の公衆理解)の取り組みに関する専門研究会活動成果報告』、日本保健物理学会第53回研究発表会/2020-06-30--2020-06-30
  • What should be done after 9 years? - The current situation of Fukushima food products from a market point of view
    五十嵐 泰正
    OECD/NEA Workshop on Preparedness For Post-Accident Recovery Process; Lessons From Experience SESSION 4: Business Interest In Emergency And Recovery Phases/2020-02-19--2020-02-19
  • 繁華街における流動性とコミュニティ―東京・台東区上野地区のフィールド調査から
    五十嵐 泰正
    日本都市学会第66回大会/2019-10-26--2019-10-26
  • 「日本型民泊」導入の背景と規制の現状――地域政策、社会政策との接点
    五十嵐 泰正
    経済理論学会問題別分科会:現代の労働・貧困問題研究会『シェアリングエコノミーとギグ・エコノミーの事例検討 移民労働、貧困、民泊の実情から考える』/2019-10-20--2019-10-20
  • コメント
    五十嵐 泰正
    企画セッション「福島復興知を考える:原子力災害から地域再生と社会イノベーション」環境経済・政策学会(SEEPS)2019 年大会/2019-09-29--2019-09-29
  • 原発事故後、社会学は本来何ができたはずなのか
    五十嵐 泰正
    日本保健物理学会PU委員会 第3回全体会合/2019-09-05--2019-09-05
  • 市場からみる「風評」被害の現在とこれから――消費者の選択以前に起こっていること
    五十嵐 泰正
    福島ダイアログ 福島の復興はどこまで進んだのか−農業と漁業を中心として−/2019-08-03--2019-08-03
  • 移民の社会統合の理念と現実-後発国の比較研究(コメンテーター)
    五十嵐 泰正
    移民の社会統合の理念と現実-後発国の比較研究/2019-01-12--2019-01-12
  • 市場の選択、社会の選択、個人の選択
    五十嵐 泰正
    「全体セッション 福島の今と未来 リスク学の今と未来」リスク研究学会第31回大会/2018-11-10--2018-11-10
  • シンポジウム 「第二」の大都市はどこに向かうのか(コメンテーター)
    五十嵐 泰正
    日本都市社会学会第36回大会/2018-09-02--2018-09-02
  • Challenges to overcome social gaps through local Coproduction and the situation of the products from Fukushima 7 years after the nuclear disaster
    Igarashi Yasumasa
    Contemporary Japan Speaker Series/2018-03-22--2018-03-22
  • ラウンドテーブル1 都市/ストリート(企画・司会)
    五十嵐 泰正
    日本都市社会学会/2017-09-07--2017-09-07
  • 『脱原発の哲学』をめぐる討議
    佐藤嘉幸; 田口卓臣; 五十嵐泰正; 早尾貴紀; 本間信和
    『脱原発の哲学』合評会、筑波大学比文プロジェクト/2017-05-18--2017-05-18
  • 3.11後の「文系」に何が求められていたのか
    Igarashi Yasumasa
    人文社会系研究発信月間ファイナルシンポジウム/2016-12-10--2016-12-10
  • さらに表示...
担当授業科目
2023-04 -- 2023-08都市社会学特別演習I筑波大学
2023-10 -- 2024-02都市社会学特別演習I筑波大学
2023-04 -- 2023-06地域社会学筑波大学
2023-04 -- 2023-06国際公共政策論筑波大学
2023-04 -- 2023-08卒業論文筑波大学
2023-10 -- 2024-02卒業論文筑波大学
2023-10 -- 2024-02卒業論文演習筑波大学
2023-04 -- 2023-08卒業論文演習筑波大学
2023-05 -- 2023-08社会学の最前線チュートリアル筑波大学
2023-10 -- 2023-12地域社会学演習筑波大学
さらに表示...
授業以外の教育活動
2022-04 -- (現在)総合学域群文系4クラス担任
2016-04 -- 2020-03社会学類1クラス担任
2015-10 -- 2016-03社会学演習IVにおけるウェブサイトおよび小冊子『柏発!起業のリアルストーリー』の制作・編集筑波大学社会学類、かしわインフォメーションセンター
2012-04 -- 2013-03社会調査実習報告書『アメ横から考える-イメージ、コミュニケーション、空間性-』の編集筑波大学
2010-04 -- 2011-03社会調査実習報告書『職場の中の外国人』の編集筑波大学
2008-04 -- 2009-03社会調査実習報告書『柏という「場」』の編集筑波大学
一般講演
  • 展覧会のこと・上野のこと
    荒木珠奈; 五十嵐 泰正
    荒木珠奈展 トークシリーズ①/2023-07-22--2023-07-22
  • 上野広小路ヒロバ化実験および事前対照調査報告――誰が、どのように上野を「回遊」しているのか
    五十嵐 泰正
    上野まちづくり協議会 令和5年度第8回定例会/2024-02-28--2024-02-28
  • 上野広小路ヒロバ化計画に向けて――上野を表現する空間をどう作るか
    五十嵐 泰正
    上野まちづくり協議会 令和5年度第2回定例会/2023-08-30--2023-08-30
  • 福島の海についての講座 ~体験して、学んで、伝える~
    五十嵐 泰正
    豊かな常磐の海でメバルを釣って食べよう! inいわき/2023-03-18--2023-03-18
  • 上野新論――ありあまる都市的魅力をコロナ後に活かすには
    五十嵐 泰正
    上野法人会青年部会 青年セミナー/2023-02-08--2023-02-08
  • 路上空間を求めるのは誰か――仲町通りとアメ横周辺の比較
    五十嵐 泰正
    上野まちづくり協議会 令和4年度第4回定例会/2022-10-26--2022-10-26
  • 福島県産品の復興に係る四層の課題とコミュニケーション上の留意点
    五十嵐 泰正
    持続可能な復興広報を考える検討会議/2022-10-03--2022-10-03
  • 遺伝性影響に係る誤解に潜む課題
    五十嵐 泰正
    環境省「ぐぐるプロジェクトフォーラム」公開講座/2022-02-28--2022-02-28
  • 社会の中の「本まっち柏」的なもの~本まっち柏は何をなしとげてきたのか
    五十嵐 泰正
    本まっち柏10周年記念 トークイベント HONMATCH 10 ~私たちにとって「本まっち柏」とは何か?~/2022-02-13--2022-02-13
  • コロナ禍後のまちづくり―上野における論点整理―
    五十嵐 泰正
    上野まちづくり協議会定例会/2021-11-24--2021-11-24
  • アメ横センタービルという空間の潜在力
    五十嵐 泰正
    上野まちづくり協議会定例会/2021-07-28--2021-07-28
  • 10年目に考える震災・原発事故と農業
    五十嵐 泰正; 久松達央; 布施大樹
    若手農業者のためのオンラインクロストーク④/2021-04-08--2021-04-08
  • ここが上野と誰もが認知できる場所をつくる
    五十嵐 泰正
    上野まちづくり協議会/2021-02-24--2021-02-24
  • 風化と風評、「2つの風」と向き合う
    五十嵐 泰正
    次世代と考える放射線に関する情報発信――「伝える」ではなく、「伝わる」とは。/2021-01-23--2021-01-23
  • 「夜の街」のリスクトレードオフ」
    五十嵐 泰正
    『密に交わる空間』をめぐるラウンドテーブル-(上野)歓楽街・繁華街で起きていること、起きうること/2020-07-24--2020-07-24
  • 「新しい生活様式」は「新しい倫理」になるのか
    五十嵐 泰正
    社会問題を考えるみんなの部活動 リディ部/2020-07-09--2020-07-09
  • 論点提示
    五十嵐 泰正
    いわゆる「処理水」について考える会 vol.2/2020-06-11--2020-06-11
  • “危ない VS 大丈夫” リスクをめぐる対立の乗り越えかた
    五十嵐 泰正
    社会問題を考えるみんなの部活動 リディ部/2020-06-05--2020-06-05
  • TOKYO:都市の闇・闇の都市 ~“地霊”が宿る大都市・東京の裏面を覗き見る~
    五十嵐 泰正; 本橋信宏
    五十嵐泰正『上野新論』×本橋信宏『東京裏23区』出版記念トーク/2020-02-23--2020-02-23
  • 「食」から考える原発事故後の市場と社会
    五十嵐 泰正
    第4回 ふくしま県民公開大学/2020-02-09--2020-02-09
  • 上野憲章素案たたき台
    五十嵐 泰正
    副都心上野まちづくり協議会/2019-11-27--2019-11-27
  • 「原発事故後の「食」を考える
    五十嵐 泰正
    第三土曜の会/2019-10-19--2019-10-19
  • まちづくり憲章策定に向けて
    五十嵐 泰正
    副都心上野まちづくり協議会/2019-06-26--2019-06-26
  • 福島の海と魚のいま
    五十嵐 泰正; 2019年度社会学類開設科目社会調査実習II参加学生23名
    社会学類社会実習調査報告会/2019-03-06--2019-03-06
  • 福島の海のいま -試験操業から資源管理型漁業へ-
    五十嵐 泰正
    つくばSDGsパートナー講座/2019-02-24--2019-02-24
  • さらに表示...
学協会等委員
2023-02 -- 2023-02経済産業省ALPS処理水の海洋放出に伴う影響を乗り越えるための漁業者支援基金 基金管理団体採択委員会委員
2022-10 -- 2023-03復興庁持続可能な復興広報を考える検討会議委員
2022-07 -- (現在)公益財団法人水産物安定供給推進機構(経済産業省委託事業)多核種除去設備等処理水風評影響対策事業に係る間接補助事業者の審査委員会委員
2022-04 -- (現在)一般社団法人複合リスク学際研究・協働ネットワーク茨城県東海村「地域社会と原子力に関する研究支援事業」選考委員
2022-03 -- 2022-03資源エネルギー庁令和3年度多核種除去設備等処理水風評影響対策事業に係る補助事業者及び事務局の審査委員会委員
2021-10 -- 2022-03原子力安全研究協会(環境省委託事業)福島県外における放射線に係る 健康影響等に関するリスクコミュニケーション事業運営委員会委員
2021-09 -- 2023-09日本都市社会学会理事(年報編集委員会委員長)
2021-01 -- (現在)台東区上野地区まちづくりビジョン推進会議委員
2020-12 -- 2021-03公益財団法人 流通経済研究所(農林水産省)輸出環境整備推進委託事業:東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う日本産食品の放射性物質対策に関する資料の調査及び総括 検討委員会委員
2019-12 -- 2020-03NTTアド(東京観光財団委託事業)上野回遊性向上事業計画策定支援事業アドバイザー
さらに表示...
学内管理運営業績
2023-04 -- (現在)国際公共政策学位プログラム運営委員
2023-04 -- (現在)社会・国際学群運営委員
2022-04 -- (現在)人文社会系国際公共政策学域社会学研究グループリーダー
2022-04 -- (現在)人文社会系倫理委員会委員
2022-04 -- (現在)社会学類運営委員
2020-04 -- 2021-03社会学類運営委員
2020-04 -- 2022-03社会学類入試実施委員
2018-04 -- (現在)広報戦略室員
2015-04 -- 2017-03学長補佐
2016-04 -- 2017-03大学戦略室オブザーバー
さらに表示...
その他の活動
2023-10 -- 2023-10『朝日新聞』(2023年10月12日)「原発事故「日本全体の問題に」」にてインタビュー記事掲載
2023-08 -- 2023-08『NHK NEWS WEB』上の記事「【詳細】原発の処理水 海への放出開始 国内外の反応は」(2023年8月24日)にて、コメント掲載
2023-07 -- 2023-07東亜日報(韓国)の記事「日本「汚染水放出の延期はできない」… 科学より重要な「信頼」積み上げなければならない」(2023年7月1日)にてコメント掲載
2023-07 -- 2023-07「上野文化の杜新構想実行委員会」ウェブページにてインタビュー記事掲載(https://ueno-bunka.jp/tsushin/interview-igarashi/)
2023-06 -- 2023-06NHK World "Japanology Plus" Ueno特集(2023年6月8日放映、https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/2032289/にてアーカイブ)にゲスト出演
2023-03 -- 2023-03『毎日新聞』(2023年3月10日)「論点 東日本大震災、進む風化」にて、「原発事故の教訓、次代へ」としてインタビュー記事掲載
2022-09 -- 2022-09『Discover Japan』2022年9月号所収「東京・上野にはなぜミュージアムが集まっているのか?」(12-17頁)監修
2022-03 -- 2022-03日本テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』特集「震災11年。風評被害へらすには?迫る原発”処理水”海へ…」(2022年3月11日)にてリモート出演
2022-03 -- 2022-03TOKYO FM『News Sapiens』特集「震災から11年。風化と風評を考える」(2022年3月10日放送)にて、スタジオゲストとして出演
2021-09 -- 2021-09ABEMA TV『ABEMA PRIME』特集「福島産コメの輸出拡大するには? 14の国と地域で「規制」アメリカは撤廃もなぜ?」(2021年9月24日放送)にて、リモート出演
さらに表示...

(最終更新日: 2024-02-01)