北原 格(キタハラ イタル)

所属
計算科学研究センター
職名
教授
性別
男性
URL
eメール
564?,3,=,N]Y..>W?>@6@-,W,.W5;d
研究室
CCS 307
電話
029-853-6488
Fax
029- 853-6489
研究分野
知能ロボティクス
知能情報学
ヒューマンインターフェース・インタラクション
マルチメディア・データベース
スポーツ科学
自然災害科学・防災学
生体医工学・生体材料学
文化財科学・博物館学
地球・資源システム工学
研究キーワード
コンピュータビジョン
自由視点映像
複合現実感
拡張現実
計算メディア
画像処理
深層学習
研究課題
情報化施工および情報化防災を加速するAI岩盤・土壌自動評価システムの構築2022-04 -- 2026-03川村 洋平日本学術振興会/科学研究費基盤研究(B)
Mining4.0時代における効率的な発破のためのデジタルツイン技2021-10 -- 2025-03川村 洋平日本学術振興会/国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))
地中熱利用による脱炭素型熱エネルギー供給システムの構築2021-10 -- 2027-03稲垣 文昭科学技術振興機構(JST)/SATREPS 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム
柔軟臓器の形状推定と術前モデルへの実時間位置合わせを行う肝手術ナビゲーション開発2018-04 -- 2022-03大城 幸雄日本学術振興会/科学研究費基盤研究(C)
人と移動体が混在する空間における外向けHMI開発・評価基盤技術 研究課題2019-04 -- 2022-03矢野 博明日本学術振興会/科学研究費基盤研究(A)
XR自動走行プラットフォームを用いた搭乗者の快適性を向上する移動感覚制御2021-04 -- 2024-03神原 誠之日本学術振興会/科学研究費基盤研究(B)
不特定人称視点映像を用いたコミュニケーション型教示映像メディア2017-04 -- 2021-03北原格日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)17,550,000円
自由視点映像に関する学術指導2016-12 -- 2017-11北原格2501株式会社/学術指導
自由視点映像に関する学術指導2016-09 -- 2017-09北原格ヤフー株式会社/学術指導
バドミントン競技映像の分析2016-07 -- 2017-03北原格日本バドミントン協会/受託研究
さらに表示...
職歴
2019-08 -- (現在)筑波大学計算科学研究センター教授
2011-10 -- 2019-07筑波大学システム情報系(計算科学研究センター)准教授
2008-08 -- 2011-09筑波大学大学院システム情報工学研究科 知能機能システム専攻(計算機科学研究センター)准教授
2005-04 -- 2008-08筑波大学大学院システム情報工学研究科 知能機能システム専攻(計算機科学研究センター)講師
2003-04 -- 2005-03(株)ATR知能ロボティクス研究所研究員
2000-04 -- 2003-03筑波大学先端学際領域研究センター助手
1996-04 -- 1999-03シャープ株式会社技術本部映像メディア研究所
学歴
1990-04 -- 1994-03筑波大学 第三学群 情報学類
1994-04 -- 1996-03筑波大学 理工学研究科
1999-04 -- 2000-03筑波大学 工学研究科 知能情報工学
取得学位
2003-03博士(工学)筑波大学
所属学協会
2000 -- (現在)電子情報通信学会
2000 -- (現在)日本バーチャルリアリティ学会
2002 -- (現在)Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)
2002 -- (現在)画像電子学会
2009 -- (現在)情報処理学会
2010 -- (現在)Association for Computing Machinery
受賞
2021/1/26International Forums on Medical Imaging in Asia (IFMIA2021) Best Paper Award
2020-03動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2020), 研究奨励賞
2020-03電子情報通信学会, マルチメディア・仮想環境基礎(MVE)研究会2019年度3月研究会MVE賞
2020-02筑波大学 2019 BEST FACULTY MEMBER
2019-01IWAIT2019 Best Paper Award
2014-10-9電子情報通信学会マルチメディア・仮想環境基礎(MVE)研究会2013年度3月研究会MVE賞
2014-10-9電子情報通信学会マルチメディア・仮想環境基礎(MVE)研究会2013年度3月研究会MVE賞
2014-04The 7th Korea-Japan Workshop on Mixed Reality (KJMR2014) Best Presentation Award
2013-06EuroITV2013 (11th European Interactive TV Conference ) Best Paper Honorable Mention Award
2013-06-12平成25年度 情報・システムソサイエティ活動功労賞
2012-09-27日本バーチャルリアリティ学会複合現実感研究委員会 平成23年度SIG-MR賞
2010-10-21電子情報通信学会マルチメディア・仮想環境基礎(MVE)研究会2010年度1月研究会MVE賞
2009-09-10日本バーチャルリアリティ学会2009年度論文賞
2007-09-13イノベーション・ジャパン2007 Microsoft Innovation Award 大学出展者部門 部門賞(IT分野)
2007-06-23画像電子学会 2006年度画像電子技術賞
2003-05電子情報通信学会PRMU研究会 2002年度PRMU研究奨励賞
2003-03IEEE Virtual Reality Conference 2003 Honorable Mention for the Outstanding Paper Award
2001-03電子情報通信学会 平成12年度学術奨励賞
2000-07画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2000) 最優秀ビデオ賞
論文
著書
  • 車載AR技術を用いた車両搭乗者への映像情報提示と応用事例 -疑似搭乗体験システムによる車両の速度感と安心感の関係性の調査-
    北原 格
    VR/AR技術の開発動向と最新応用事例 -感覚提示技術、クロスモーダル、HMD、空中・立体ディスプレイ-/技術情報協会, 2018-02
  • 自由視点映像技術を用いたMR
    北原 格
    AR(拡張現実)技術の基礎・発展・実践/科学情報出版, 2015-9
  • 車載ディスプレイのHMI(ヒューマンマシンインターフェース)と視認性、安全性向上
    北原 格
    車載ディスプレイのHMI(ヒューマンマシンインターフェース)と視認性、安全性向上/技術情報協会, 2015-8
  • 大規模空間における多視点映像情報の獲得と自由視点映像の生成・提示
    北原 格
    2003-03
  • Advances in Haptics
    Itaru Kitahara; Morio Nakahara; Yuichi Ohta (Edited by ...
    INTECH, 2010-04
  • See-Through Vision: A Visual Augmentation Method for Sensing-Web
    Ohta Yuichi; Kameda Yoshinari; Kitahara Itaru; Hayashi M...
    INFORMATION PROCESING AND MANAGEMENT OF UNCERTAINTY IN KNOWLEDGE-BASED SYSTEMS: APPLICATIONS, PT II/SPRINGER-VERLAG BERLIN/pp.690-699, 2010-01
  • Floating virtual mirrors: Visualization of the scene behind a vehicle
    Miyamoto Toru; Kitahara Itaru; Kameda Yoshinari; Ohta Yu...
    Advances in Artificial Reality and Tele-Existence, Proceedings/SPRINGER-VERLAG BERLIN/pp.302-313, 2006-01
  • Photometric inconsistency on a mixed-reality face
    Takemura Masayuki; Kitahara Itaru; Ohta Yuichi
    2006 IEEE/ACM International Symposium on Mixed and Augmented Reality/IEEE/pp.197-206, 2006-01
  • Sensory property in fusion of visual/haptic cues by using mixed reality
    Nakahara Morio; Kitahara Itaru; Ohta Yuichi
    World Haptics 2007: Second Joint EuroHaptics Conference and Symposium on Haptic Interfaces for Virtual Environment and Teleoperator Systems, Proceedings/IEEE COMPUTER SOC/pp.565-566, 2007-01
  • A nested marker for augmented reality
    Tateno Keisuke; Kitahara Itaru; Ohta Yuichi
    IEEE Virtual Reality 2007, Proceedings/IEEE/pp.259-262, 2007-01
  • Viewpoint-dependent quality control on microfacet billboarding model for sports video
    Furuya Hitoshi; Kitahara Itaru; Kameda Yoshinari; Ohta Y...
    2007 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA AND EXPO, VOLS 1-5/IEEE/pp.1199-1202, 2007-01
  • A perceptually correct 3D model for live 3D TV
    Ohta Yuichi; Kitahara Itaru; Kameda Yoshinari; Ishikawa ...
    2007 3DTV CONFERENCE/IEEE/pp.423-426, 2007-01
  • Generating Perceptually-Correct Shadows for Mixed Reality
    Nakano Gaku; Kitahara Itaru; Ohta Yuichi
    7TH IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MIXED AND AUGMENTED REALITY 2008, PROCEEDINGS/IEEE COMPUTER SOC/pp.173-174, 2008-01
  • Robust Trajectory Estimation of Soccer Players by Using Two Cameras
    Kasuya Nozomu; Kitahara Itaru; Kameda Yoshinari; Ohta Yu...
    19TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON PATTERN RECOGNITION, VOLS 1-6/IEEE/pp.3113-3116, 2008-01
  • INTERACTIVE VIDEO SURVEILLANCE BY USING ENVIRONMENTAL AND MOBILE CAMERAS
    Kitahara Itaru
    2008 WORLD AUTOMATION CONGRESS PROCEEDINGS, VOLS 1-3/IEEE/pp.215-220, 2008-01
  • AUTOMATIC PLAYER'S VIEW GENERATION OF REAL SOCCER SCENES BASED ON TRAJECTORY TRACKING
    Kasuya Nozomu; Kitahara Itaru; Kameda Yoshinari; Ohta Yu...
    2009 3DTV-CONFERENCE: THE TRUE VISION - CAPTURE, TRANSMISSION AND DISPLAY OF 3D VIDEO/IEEE/pp.41-44, 2009-01
  • MR-Mirror: A Complex of Real and Virtual Mirrors
    Sato Hideaki; Kitahara Itaru; Ohta Yuichi
    VIRTUAL AND MIXED REALITY, PROCEEDINGS/SPRINGER-VERLAG BERLIN/pp.482-491, 2009-01
会議発表等
  • 機械学習を用いた熱源復元に基づく電気メスによる切開軌跡の推定
    水沼佑太; 北原格; 黒田 嘉宏
    第60回日本生体医工学会大会/2021-06-15--2021-06-17
  • 上・下水道埋設管路のリアルタイム地震被害推計に係る被害関数の高度化
    皆川大雅; 庄司学; 永田茂; 北原格
    第11回インフラ・ライフライン減災対策シンポジウム/2021-01-07
  • 野球の捕手のフレーミング技術定量評価における映像の自動抽出
    菅野 大和; 宍戸 英彦; 亀田 能成; 北原 格
    第20回情報科学技術フォーラム/2021-08-25--2021-08-27
  • バドミントン映像におけるフットワーク軌跡を用いたショット検出手法
    田中 直樹; 宍戸 英彦; 亀田 能成; 北原 格; 吹田 真士
    第20回情報科学技術フォーラム/2021-08-25--2021-08-27
  • バトミントン映像処理におけるフットワーク移動軌跡を用いた打点位置とショット方向の検出手法
    田中 直樹; 宍戸 英彦; 吹田 真士; 亀田 能成; 北原 格
    電子情報通信学会 技術研究報告MVE/2021-10-28--2021-10-29
  • バドミントン競技映像におけるフットワーク軌跡を用いた打点領域の検出
    田中 直樹; 宍戸 英彦; 吹田 真士; 亀田 能成; 北原 格
    本バドミントン学会第5回学会大会/2022-03-06--2022-03-06
  • フレーミング技術における捕手動作の映像解析
    菅野 大和; 宍戸 英彦; 亀田 能成; 北原 格
    電子情報通信学会 技術研究報告MVE/2022-01-27--2022-01-28
  • バドミントン競技映像における骨格位置情報を用いたショット検出.
    吉川優依; 宍戸英彦; 吹田真士; 亀田能成; 北原格
    日本バドミントン学会第4回大会/2021-03-06
  • 加工肉を対象としたConvLSTMによる切開軌跡推定
    水沼 佑太; 北原 格; 家永 直人; 黒田 嘉宏
    生体画像と医用人工知能研究会 第4回若手発表会/2022-03-10--2022-03-10
  • 3D Dynamic Objects Localization in a Static Environment for Advanced Driver Assistance System
    Zhang Haihan; Shishido Hidehiko; Kitahara Itaru
    Asia Pacific Workshop on Mixed and Augmented Reality (APMAR2021)/2021-4
  • Depth Estimation from Multiple Spherical Mirror Regions in a Single Image
    Hiruta Yuya; Shishido Hidehiko; Kitahara Itaru
    Asia Pacific Workshop on Mixed and Augmented Reality (APMAR2021)/2021-4
  • Omnidirectional Projective Geometry for 3D Estimation
    Sakamura Yuki; Shishido Hidehiko; Kitahara Itaru
    Asia Pacific Workshop on Mixed and Augmented Reality (APMAR2021)/2021-4
  • AR情報提示による自動運転車両の不安度軽減の検討
    水浪 田鶴; 坂村 祐希; 富田 瑛智; 井上 和哉; 北原 格; 原田 悦子
    日本心理学会第82回大会/2018-09-25--2018-09-27
  • Evaluation for Hybrid Location Estimation System of Image Retrieval and SLAM
    Yamasaki Kohei; Shishido Hidehiko; Kitahara Itaru; Kam...
    International Workshop on Advanced Imaging Technology (IWAIT)/2020-01-05--2020-01-07
  • Pitching Form Evaluation Based on Elbow Position by a Monocular Camera
    Nohara Naoto; Shishido Hidehiko; Kitahara Itaru; Kamed...
    International Workshop on Advanced Imaging Technology (IWAIT)/2020-01-05--2020-01-07
  • Super Long Interval Time-Lapse Image Generation for Proactive Preservation of Cultural Heritage Using Crowdsourcing
    Shishido Hidehiko; Kim Hansung; Kitahara Itaru
    IEEE International Conference on Big Data (Big Data)/2019-12-09--2019-12-12
  • Image-quality Improvement of Omnidirectional Free-viewpoint Images by Generative Adversarial Networks
    Takeuchi Oto; Shishido Hidehiko; Kameda Yoshinari; Kim...
    15th International Joint Conference on Computer Vision, Imaging and Computer Graphics Theory and Applications (VISIGRAPP) / 15th International Conference on Computer Vision Theory and Applications (VISAPP)/2020-02-27--2020-02-29
  • The development of a method to reduce passenger’s anxiety in autonomous vehicles: A driving simulator study
    Inoue Kazuya; Mizunami Tazu; Sakamura Yuki; Tomita Akito...
    CogSci2020/2020-7
  • 予測的な手がかりの提示による自動走行車両乗車中の不安感の減少及びその効果の年齢差
    井上和哉; 水浪田鶴; 坂村祐希; 富田瑛智; 北原格; 原田 悦子
    日本認知心理学会第18回大会/2021-3
  • Visual Exploratory Activity under Microgravity Conditions in VR: An Exploratory Study during a Parabolic Flight
    Ferrer Cesar Daniel Rojas; Shishido Hidehiko; Kitahara ...
    26th IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces (VR)/2019-03-23--2019-03-27
  • A Projector Calibration Method Using a Mobile Camera for Projection Mapping System
    Xie Chun; Shishido Hidehiko; Kameda Yoshinari; Kitahar...
    International Normal Labour and Birth Research Conference/2018-06-25--2018-06-27
  • SAR2OPT: IMAGE ALIGNMENT BETWEEN MULTI-MODAL IMAGES USING GENERATIVE ADVERSARIAL NETWORKS
    Toriya Hisatoshi; Dewan Ashraf; Kitahara Itaru
    IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium (IGARSS)/2019-07-28--2019-08-02
  • Digital Knowledge Era and the Future of Work: Challenges and the Current Status of JST Cyborg Crowd Project
    Morishima Atsuyuki; Inoguchi Munenari; Tajima Keishi; Kit...
    Workshop on Addressing SDGs Through Data Analytics and AI, International Conference on Digital Landscape 2019 (ICDL2019)/2019-11-6--2019-11-8
  • AR情報提示による自動運転車両の不安度軽減の検討
    水浪 田鶴; 坂村 祐希; 富田 瑛智; 井上 和哉; 北原 格; 原田 悦子
    日本心理学会大会/2018-9-25
  • A Virtual Boarding System of an Autonomous Vehicle for Investigating the Effect of an AR Display on Passenger Comfort
    Sakamura Yuki; Tomita Akitoshi; Shishido Hidehiko; Miz...
    17th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR)/2018-10-16--2018-10-20
  • さらに表示...
知的財産権
  • 三次元被写体形状推定装置
    Kitahara Itaru
  • 放送データ情報の管理方式
    北原格
  • 直交変換回路
    北原格; 兵頭正晃
  • 監視装置を備えた間接照明装置
    北原格; 野間春生; 小暮潔
  • 撮像システム及び校正方法
    北原格; 小暮潔; 萩田紀博; 大田友一
  • 画像撮影装置
    北原格; 小暮潔; 萩田紀博
  • 人体内部情報投影システム
    北原格; 野間春生; 小暮潔; 大田友一
  • 個体識別システム、衣類および個体識別方法
    北原格; 野間春生; 小暮潔; 萩田紀博
  • 画像作成システム及び画像作成方法
    北原格; 小暮潔; 萩田紀博
  • 固有空間学習装置、固有空間学習方法及び固有空間プログラム
    北原格; 田中秀典; 斎藤英雄; 村瀬洋; 小暮潔; 萩田紀博
  • 位置検出装置、位置検出方法及び位置検出プログラム
    北原格; 小暮潔; 萩田紀博
  • 映像生成装置、及びプログラム
    坂本竜基; 田中郁; 北原格; 里見美香; 土川仁; 小暮潔; 國藤進
  • 情報提示システム
    土川仁; 野間春生; 坂本竜基; 北原格; 小暮潔
  • 誤作業警報システム
    土川仁; 桑原教彰; 野間春生; 納谷太; 坂本竜基; 北原格; 小暮潔
  • 画像撮影システム
    土川仁; 北原格; 伊藤禎宣; 小暮潔; 萩田紀博
  • 複数の閾値による色情報付き映像における背景差分
    キムハンソン; 坂本竜基; 北原格; 鳥山朋二; 小暮潔
  • 一般化ガウス分布と背景モデルの更新による前景抽出手法
    キムハンソン; 坂本竜基; 北原格; 鳥山朋二; 小暮潔
担当授業科目
2022-04 -- 2022-08知能機能システム特別研究IV筑波大学
2022-10 -- 2023-02知能機能システム特別研究IV筑波大学
2022-04 -- 2022-08知能機能システム特別研究III筑波大学
2022-10 -- 2023-02知能機能システム特別研究III筑波大学
2022-10 -- 2023-02知能機能システムコラボラトリー演習III筑波大学
2022-04 -- 2022-08知能機能システムコラボラトリー演習III筑波大学
2022-04 -- 2022-08知能機能システム研究発表演習Ia筑波大学
2022-10 -- 2023-02知能機能システム研究発表演習Ia筑波大学
2022-04 -- 2022-08知能機能システムコラボラトリー演習IV筑波大学
2022-10 -- 2023-02知能機能システムコラボラトリー演習IV筑波大学
さらに表示...
一般講演
  • スキーシミュレータにおける臨場感と風の関係
    亀田 能成; 北原 格; 今井 美里
    映像情報メディア学会スポーツ情報処理次元研究会/2018-2-13--2018-2-13
  • 投球映像中のボール握りの違いによる球種識別の検討
    亀田 能成; 北原 格; 野原 直翔
    映像情報メディア学会スポーツ情報処理次元研究会/2018-02-13--2018-02-13
  • 位置情報付き俯瞰画像を用いたモバイルカメラの位置と方位の推定
    北原 格
    FIT2012 第11回情報科学技術フォーラム/2012-09-15--2012-09-15
  • 環境に設置したステレオカメラを用いたモバイルカメラの位置・姿勢推定法
    水流弘達; 北原 格; 大田友一
    VR学会SIG-MR研究会/2011-10-13
  • ジオラマモデルを用いてデザインした舞台照明の複合現実型提示
    徳本晋之介; 北原 格; 大田友一
    VR学会SIG-MR研究会/2011-10-13
  • マルチタッチ操作を用いた自由視点映像閲覧法の検討
    柏熊 淳也; 北原 格; 亀田 能成; 大田 友一
    第16回日本バーチャルリアリティ学会大会/2011-09-20
  • 動画像上での複合現実感を用いた壁紙変更手法
    上田 将司; 北原 格; 大田 友一
    第16回日本バーチャルリアリティ学会大会/2011-09-20
  • 複合現実感を用いたカメラトラッキング支援手法
    西川 康之; 北原 格; 大田 友一
    第16回日本バーチャルリアリティ学会大会/2011-09-20
  • オーガナイズドセッション「AR応用技術の将来展望」
    北原格; 麻生隆; 宮下勉; 赤松正行
    第17回画像センシングシンポジウム(SSII2011)/2011-06-10
  • A Development Report of MR-Mirror with Binocular and Motion Parallax
    Hideaki Satoh; Itaru Kitahara; Yuichi Ohta
    The 4th Korea-Japan Workshop on Mixed Reality (KJMR2011)/2011-04-15
  • Semi-Realistic View Generation of a Player in Soccer Match
    Nozomu Kasuya; Itaru Kitahara; Yoshinari Kameda; Yuichi ...
    The 4th Korea-Japan Workshop on Mixed Reality (KJMR2011)/2011-04-15
  • 遠隔協調型複合現実感における距離画像を用いた物体の立体提示
    王 ジン・北原 格・大田友一; +北原 格
    電子情報通信学会2011年総合大会/2011-03-14
  • 複合現実感技術を用いた3次元描画方式の検討
    佐々川雄貴・北原 格・大田友一; +北原 格
    電子情報通信学会2011年総合大会/2011-03-14
  • 仮想環境を用いた照明計画支援システム
    徳本晋之介・北原 格・大田友一; +北原 格
    電子情報通信学会2011年総合大会/2011-03-14
  • MR-Mirrorにおける両眼視差による立体映像提示の検討
    佐藤秀昭・北原 格・大田友一; +北原 格
    電子情報通信学会2011年総合大会/2011-03-14
  • 複合現実感型試着システムのための色合わせ法
    出嶋康之・大田友一・北原 格; +北原 格
    電子情報通信学会2011年総合大会/2011-03-14
  • 屋外における複合現実型ジオラマモデルの位置操作・表示方式
    林 将之・北原 格・亀田能成・大田友一; +北原 格
    電子情報通信学会2011年総合大会/2011-03-14
  • 環境ステレオカメラ画像とモバイルカメラ画像の対応点探索手法
    水流弘達・北原 格・大田友一; +北原 格
    電子情報通信学会2011年総合大会/2011-03-14
  • 記録された歩行者の様子の複合現実型圧縮提示
    長島正典・北原 格・亀田能成・大田友一; +北原 格
    電子情報通信学会2011年総合大会/2011-03-14
  • 影を用いた選手位置推定法の高さ情報を用いた改善
    糟谷 望・北原 格・亀田能成・大田友一; +北原 格
    電子情報通信学会2011年総合大会/2011-03-14
  • 動的シーンにおける環境ステレオカメラ画像を用いたモバイルカメラの位置・姿勢推定
    水流弘達; 北原格; 大田友一
    動的画像処理実利用化ワークショップ (DIA2011)/2011-03-04
  • 人物ビルボード法を用いた屋外環境におけるAR/MRの実現
    北原格; 亀田能成; 大田友一
    動的画像処理実利用化ワークショップ (DIA2011)/2011-03-03
  • MR-Mirror: 鏡像を用いた仮想世界と現実世界の融合提示
    佐藤秀昭・北原 格・大田友一; +北原 格
    電子情報通信学会PRMU1月研究会/2011-01-21
  • ISMAR2010報告~複合現実感研究の最新動向~
    北原 格(筑波大)・池田 聖(奈良先端大)・一刈良介(立命館大)・植松裕子(慶大)・佐藤秀昭(筑波大)・牧田孝嗣...
    電子情報通信学会PRMU1月研究会/2011-01-21
  • 直感的で正確な自由視点映像撮影インタフェースの開発
    渡邊哲哉; 北原格; 亀田能成; 大田友一
    18th Workshop on Interactive Systems and Software (WISS2010)/2010-12-01
  • さらに表示...
学協会等委員
2016-05 -- 2019-04電子情報通信学会汎光線時空間映像学時限研究専門委員会 (PoTS)  専門委員
2016-01 -- (現在)日本バーチャルリアリティ学会 SIG-MR研究会 幹事
2015-10 -- (現在)映像情報メディア学会スポーツ情報処理時限研究会(SIP) 幹事
2016-05 -- (現在)情報処理学会CVIM研究会 委員
2014-10 -- 2015-10The 14th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented RealityTracking Competition Co-Chairs
2006-04 -- 2009-03(株)国際電気通信基礎技術研究所客員研究員
2013-05 -- 2016-04電子情報通信学会論文誌編集幹事
2009-04 -- 2013-03電子情報通信学会論文誌編集委員
2010-05 -- 2012-04電子情報通信学会情報システムソサイエティ技術会議幹事
2007-05 -- 2008-05電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究専門委員会 幹事
さらに表示...
メッセージ
我々人間は、目から入力される画像情報から、被写体の形状、色合い、素材に始まり、その物体が何であるか、どのような機能を有しているか・・・といった様々な情報を獲得しています。この優れた機能の仕組みを明らかにすることを目的として、コンピュータビジョンや実世界イメージングの研究に取り組んでいます。また、我々は、絵や記号を描くことで、言語ではうまく言い表せない情報を表現しようとします。情報をどのような形態で視覚的に表現すれば、効率的な理解が実現できるのかを明らかにすることを目的として、コンピュータグラフィックスを駆使した映像メディアに関する研究にも取り組んでいます。さらに、両研究分野を融合し、画像情報から獲得したシーン情報を活用して、画像情報をより視聴しやすい形に加工・提示する、先進的映像メディアの研究にも取り組んでいます。例えば、多視点で撮影した画像を計算機内部で統合し、そのデータを用いて任意の視点からの見え方を再現する自由視点映像の研究や、現実世界の見え方に仮想世界の見え方をシームレスに重畳提示することにより、視覚機能の増強を実現する複合現実感/拡張現実の研究に取り組んでいます。

(最終更新日: 2022-06-11)