岩井 宏暁(イワイ ヒロアキ)

所属
生命環境系
職名
准教授
生年月
1974-01
科研費番号
30375430
URL
eメール
/:H2:]9:C@2<:]83Tc_F]EDF<F32]24];Aj
研究室
環境植物生理学研究室, オフィス(総合研究棟A406)
電話
029-853-4871, 029-853-7260
Fax
029-853-7260
研究分野
応用分子細胞生物学
植物分子・生理科学
研究キーワード
植物生理学
細胞壁
細胞壁マトリックス多糖類
細胞接着
ペクチン
器官脱離、離層
果実軟化
ヘミセルロース
研究課題
海水を利用した塩水栽培による高マンナン&高ビタミンC含有トマト栽培技術開発2021-04 -- 2022-03岩井宏暁公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団/公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団 2021年度研究助成
重力応答時の力学的最適化に働く細胞壁ホメオスタシス機構の解明2020 -- 2022岩井 宏暁日本学術振興会/基盤研究(C)4,290,000円
細胞壁リモデリング機構による塩水栽培下の果実サイズ変化調節のための基盤形成2019-04 -- 2020-03岩井宏暁/公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団/公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団 2019年度研究助成1,000,000円
細胞壁再構成機構による塩ストレス下のトマト果実硬度変化調節のための基盤形成2017-04 -- 2018-03岩井宏暁􏷢􏳊􏸮􏴬􏳿􏸦􏵏􏴺􏸳􏷕􏲲􏹙􏹚􏷢􏳊􏸮􏴬􏳿􏸦􏵏􏴺􏸳􏷕􏲲􏹙􏹚公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団/公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団 平成 29 年度研究助成1,000,000円
細胞壁マーカーによる病害診断系と抵抗性穀類作出の技術基盤構築2017 -- 2019岩井 宏暁日本学術振興会/基盤研究(C)4,810,000円
離層組織における細胞壁多糖類の分布と機能 -- (現在)/
セルロース性バイオ燃料に有利なイネの開発にむけた基礎的研究 -- (現在)/
環境応答における細胞壁多糖類の機能の解明 -- (現在)/
果実軟化過程における細胞壁機能の解明 -- (現在)/
多細胞植物の個体発生における細胞壁多糖の機能解明 -- (現在)/
さらに表示...
職歴
2018-11 -- 2019-03北海道大学非常勤講師
2020-03 -- 2020-09お茶の水女子大学 大学院 人間文化創成科学研究科非常勤講師
2018-03 -- 2018-09お茶の水女子大学 大学院 人間文化創成科学研究科 非常勤講師
2013-06 -- 2013-09お茶の水女子大学 大学院 人間文化創成科学研究科非常勤講師
2014-09 -- (現在)筑波大学生命環境系准教授
1999-04 -- 2002-03日本学術振興会特別研究員(DC1)
2002-04 -- 2003-11日本学術振興会特別研究員(PD)
2003-12 -- 2014-08筑波大学講師
学歴
1993-04 -- 1997-03筑波大学 生物学類
-- 2002-03筑波大学 生物科学研究科
取得学位
博士筑波大学
所属学協会
1999 -- (現在)日本植物学会
1998 -- (現在)日本植物生理学会
1999 -- (現在)植物化学調節学会
-- (現在)園芸学会
受賞
2019-03生物学類学生表彰 (杉山晴香)
2019-03サイエンスインカレ本選選出(杉山晴香)
2019-03茗渓会賞 (木村郷子)
2017-03サイエンスインカレコンソーシアム奨励賞 (木村郷子)
2017-03生命環境学群長表彰
2017-11優秀賞 筑波大学学生プレゼンバトル
2017-09第10回日中韓大学院生フォーラム2nd Prize
2008-09-18筑波大学 学長表彰
2008-03-14平成20年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞
論文
著書
  • トマトの実を育む細胞壁の変化
    Iwai Hiroaki
    ゆらぐ 生命誌年刊号Vol.88-91/pp.117-119, 2017-10
  • 細胞壁の可視化
    Iwai Hiroaki
    植物細胞壁実験法/pp.163-165, 2016-02
  • メチルエステル化度測定
    Iwai Hiroaki
    植物細胞壁実験法/pp.23-24, 2016-02
  • トマトの実を育む細胞壁の変化
    岩井 宏暁
    生命誌ジャーナル/新曜社, 2016-06
  • 細胞壁の可視化
    岩井 宏暁
    植物細胞壁実験法, 2016-02
  • Molecular and Functional Analysis of Pectins in Intercellular Attachment by T-DNA Tagging Using a Haploid Tobacco Tissue Culture System
    Hiroaki Iwai; Tadashi Ishii; Shingo Sakai; Shinobu Satoh
    Molecular and Functional Analysis of Pectins in Intercellular Attachment by T-DNA Tagging Using a Haploid Tobacco Tissue Culture System/The Science and Lore of the Plant Cell Wall / Brown Walkers Press/pp.242-248, 2006-01
  • エクステンシン、プロリンリッチタンパク質、グリシンリッチタンパク質、構造タンパク質間架橋、細胞接着に関わる細胞壁多糖類、花粉と花粉管、果実の成熟、ペクチンの改変、
    岩井 宏暁
    植物細胞壁/講談社, 2013-03
  • 植物細胞壁
    岩井 宏暁
    植物細胞壁/講談社, 2013-01
  • 研究者・学生のためのテクニカルライティング-事実と技術の伝え方
    岩井 宏暁
    みみずく舎, 2009-06
  • 生物学オリンピック問題集
    岩井 宏暁
    羊土社, 2008-05
  • 細胞生物学実験法
    岩井 宏暁
    2007
  • 細胞生物学実験法
    岩井 宏暁
    細胞生物学実験法、朝倉書店, 2007-01
  • 細胞接着とペクチン生合成
    岩井宏暁; 佐藤忍
    蛋白質核酸酵素 蛋白質核酸酵素, 2002-01
  • 高等植物における細胞接着
    岩井宏暁; 佐藤忍
    植物の化学調節 植物の化学調節, 1999-01
会議発表等
  • イネにおけるマンガン過剰害に対するケイ素の緩和効果(4-2 植物の微量栄養素,2014年度東京大会)
    山本 剛史; 青原 勉; 中村 敦子; 岩井 宏暁; 佐藤 忍; 古川 純
    日本土壌肥料学会講演要旨集/2014-09
  • ポプラ根における機能の年間リズム形成への環境要因と植物ホルモンの関与
    水野 宏亮; 阿部 雄太; 岩井 宏暁; 古川 純; 佐藤 忍
    根の研究 = Root research/2010-06
  • 銅過剰障害における根の細胞壁の機能解析
    寺本あゆみ; 長山 照樹; 中村 敦子; 鈴井 伸郎; 尹 永根; 三好 悠太; 河地 有木; 須郷 由美; 石岡 ...
    第58回アイソトープ・放射線研究発表会/2021-07-07--2021-07-09
  • 塩ストレス条件下の早期果実形成過程における細胞壁の変化
    矢野朱華; 板野愛都; 宮越茜里; 佐藤忍; 岩井 宏暁
    日本植物学会第85回大会/2021-09-16--2021-09-20
  • 銅過剰障害における根の細胞壁の機能解析
    寺本あゆみ; 長山照樹; 中村敦子; 鈴井伸郎; 尹永根; 三好悠太; 須郷由美; 石岡典子; 河地有木; 古川純; 岩井 宏暁
    日本植物学会第85回大会/2021-09-16--2021-09-20
  • シロイヌナズナ切断花茎の組織癒合時の維管束再生における原形質連絡カロース結合タンパク質の機能
    大場裕介; Jiuyi Li; 吉原さくら; 松岡啓太; 朝比奈雅史; 佐藤忍; 岩井 宏暁
    日本植物学会第85回大会/2021-09-16--2021-09-20
  • 根の伸長におけるイネ細胞壁タンパク質 THRGP の機能解析
    木田朋宏; 大場裕介; 渡辺朝美; 宮下彩; 中村敦子; 佐藤忍; 岩井 宏暁
    日本植物学会第85回大会/2021-09-16--2021-09-20
  • 塩ストレス条件下でのトマト成熟果実における維管束構築の変化
    小坂友紀; 高橋玲奈; 杉山晴香; 沼尻侑子; 宇賀優作; 佐藤忍; 岩井 宏暁
    日本植物学会第85回大会/2021-09-16--2021-09-20
  • 塩ストレス条件下のトマト果実成熟過程における果皮組織の生化学的解析
    長谷川千晶; 杉山晴香; 山田佳央理; 瀧沢彩水; 佐藤忍; 岩井 宏暁
    日本植物学会第85回大会/2021-09-16--2021-09-20
  • 環境ストレス応答における植物細胞壁ペクチンの機能
    岩井 宏暁
    第133回 日本森林学会大会  生理部門企画シンポジウム「動的な細胞壁」/2022-03-28--2022-03-28
  • Responses of plant cell wall polysaccharides in protecting rice plants from aluminum
    岩井 宏暁
    第62回日本植物生理学会年会/2021-03-14--2021-03-16
  • イネとシロイヌナズナで異なる根の伸長に対するペクチンメチル化度の影響
    岩井 宏暁
    日本植物学会第83回大会/2019-09
  • 根の伸長におけるイネ細胞壁タンパク質 THRGP の機能
    岩井 宏暁
    日本植物学会第83回大会/2019-09
  • 塩水栽培下のトマト果実サイズ減少における細胞壁の変化
    岩井 宏暁
    日本植物学会第83回大会/2019-09
  • カルシウム欠乏条件下の早期トマト果実の形態と細胞壁構造の変化
    岩井 宏暁
    日本植物学会第83回大会/2019-09
  • wall-associated kinase を介したキシロオリゴ糖誘導性病害応 答機構の探索
    岩井 宏暁
    日本植物学会第83回大会/2019-09
  • イネの根冠脱落細胞のペクチンによるアルミニウム毒性緩和機構
    岩井 宏暁
    第61回日本植物生理学会年会/2020-03
  • イネにおけるオリゴガラクツロ ン酸により誘導される Wall- associated kinaseを介した病害 応答性機構の探索
    岩井 宏暁
    日本植物学会第83回大会/2019-09
  • イネのアルミニウム耐性における根冠脱落細胞のペクチンの機能
    岩井 宏暁
    日本植物学会第83回大会/2019-09
  • イネ細胞壁構造タンパク質 OsTHRGP はラミナジョイント 角度を調節している
    岩井 宏暁; 竹原 昇平,竹内 春樹,鎌田 志保美,長谷川 和也, 中村 敦子,佐藤 忍,岩井 宏暁
    日本植物学会第 82 回大会
  • イネ花粉管メカニカルガイダンスにおけるペクチンメチル 化転移酵素の機能解析
    岩井 宏暁; 竹原 昇平,竹内 春樹,鎌田 志保美,長谷川 和也, 中村 敦子,佐藤 忍,岩井 宏暁
    日本植物学会第 82 回大会/2018-09-14--2018-09-16
  • ペクチン分解酵素過剰発現イネを用いたオリゴガラクツロ ン酸誘導性病害応答
    岩井 宏暁; 豊田 一希,竹内 春樹,木村 郷子,小原 崇司,佐藤 淳也, 中村 敦子,出崎 能丈,渋谷 直人,...
    日本植物学会第 82 回大会/2018-09-14--2018-09-16
  • wall-associated kinase を介した キシロオリゴ糖誘導性病害応答 機構の探索
    岩井 宏暁; 木村 郷子 豊田 一希 小原 崇司 中村 敦子 住吉 美奈子 出崎 能丈 渋谷 直人 賀来 華...
    日本植物学会第 82 回大会/2018-09-14--2018-09-16
  • 塩ストレス処理栽培トマト果実の組織別硬度変化における細胞壁代謝解析
    岩井 宏暁; 杉山 晴香 細川 花栄 浦尾 唯 高 見 るり子 山田 佳央理 松倉 千昭 櫻井 直樹 佐藤 忍...
    日本植物学会第 82 回大会/2018-09-14--2018-09-16
  • 葯タペート組織のエピジェネティックな発生制御メカニズムの解明
    柴 博史; 川又 奨; 杉 直也; レ ティ ノ クィン; 木本 剛彰; 清永 郁香; 岩野 恵; 岩井 宏暁; ...
    日本農芸化学会2019年度大会/2019-03-24--2019-03-27
  • さらに表示...
知的財産権
  • 植物の不稔形質に係わる遺伝子と該遺伝子を用いた不稔形質導入方法及び不稔植物の作出方法
    佐藤忍 岩井宏暁
担当授業科目
2022-10 -- 2023-02環境バイオマス共生学講究II筑波大学
2022-04 -- 2022-08環境バイオマス共生学講究II筑波大学
2022-04 -- 2022-08基礎生物学実験S筑波大学
2022-10 -- 2023-02基礎生物学実験S筑波大学
2022-10 -- 2023-02サイエンスメディエーション実践(インターンシップ)筑波大学
2022-04 -- 2022-08サイエンスメディエーション実践(インターンシップ)筑波大学
2022-11 -- 2022-12植物生理学概論筑波大学
2022-10 -- 2023-02基礎生物学実験F筑波大学
2022-04 -- 2022-08基礎生物学実験F筑波大学
2022-04 -- 2022-08植物発生・生理学セミナーIVS筑波大学
さらに表示...
授業以外の教育活動
2020-07 -- (現在)大学出前授業「植物の受精のメカニズムとその戦略」茨城県立並木中等教育学校
一般講演
  • 植物細胞壁と金属とのお付き合い 〜力学的特性の変化〜
    岩井 宏暁
    バイオeカフェ  【第140回】/2020-12-15--2020-12-15
  • 大学出前授業「植物の受精のメカニズムとその戦略」
    岩井 宏暁
    茨城県立並木中等教育学校 出前講義/2019-07-05
  • トマトの実を育む細胞壁の変化
    岩井 宏暁
    東洋大学特別講演-植物バイオテクノロジー/2018-11-26--2018-11-26
  • 植物細胞の形や大きさを決める細胞壁
    岩井 宏暁
    東洋大学特別講演/2018-11-26--2018-11-26
  • 細胞壁タンパク質の発生過程 におけるやくわりについて
    岩井 宏暁
    北海道大学 第151回Plant Science Seminar/2019-01-25
  • イネの細胞壁をデザインする
    岩井 宏暁
    第38回全国高等学校総合文化祭サイエンスカフェ/2014-07-29
  • 植物にも人にも大切な細胞壁
    岩井 宏暁
    筑波大学学園祭 バイオeカフェ/2011-10-01
  • イネにおけるマトリックス多糖類の機能
    岩井 宏暁
    植物学会/2011-04-01
  • 単子葉植物における細胞壁機能の探索
    岩井宏暁
    東京大学第生物科学専攻生物科学セミナー/2010-11-02
  • 細胞壁のやくわり
    岩井宏暁
    農林水産研究におけるニーズ創出型情報発信事業/2009-12-09
  • Expression and functions of cell wall matrix genes in tobacco and rice
    H Iwai; A Nakamura; J Satoh; J Furukawa; T Ishii; S Satoh
    The 5th Germany-Japan Binational Seminar/2009-06-06
  • 植物の形をつくる細胞壁
    岩井 宏暁
    バイオeカフェ/2008-06-01
  • 植物の形をつくる細胞壁
    岩井宏暁
    全国生物学コンテスト・生物チャレンジ/2008-04-01
  • ペクチン-ホウ素架橋形成関連遺伝子の形態形成における役割
    岩井 宏暁
    日本植物学会第71回大会 シンポジウム「細胞壁構築・制御機構の新展開~植物の高次機能における細胞壁の役割~」/2007-09-07
  • Expression and function of the gene responsible for borate cross-linking of pectin RG-II in reproductive tissues
    Hiroaki IWAI
    第160委員会第2回研究会「Plant Cell Wall and Cell Expansion」/2006-09-13
学協会等委員
2020-03 -- 2022-03日本植物生理学会第63回日本植物生理学会年会 年会委員会/ 会計担当
2022-05 -- (現在)Frontiers in Plant ScienceAssociate Editor
2021-06 -- 2021-07第7回国際植物細胞壁生物学会議Organizing committee
2018-06 -- 2020-06日本植物学会代議員
2015-01 -- (現在)日本生物学オリンピック運営委員会作題委員会委員
2016-09 -- 2017-09日本植物学会第81回日本植物学会大会準備委員会プログラム委員
2017-03 -- 2018-02日本植物学会会計補佐委員(運営委員)
2015-03 -- 2017-02日本植物学会会計担当理事
2015-12 -- 2016-09日本生物学オリンピック2016日本生物学オリンピック問題作成委員会委員長
2014-03 -- 2015-03日本植物学会会計補佐委員(運営委員)
さらに表示...
学内管理運営業績
2022-04 -- (現在)生物学類 カリキュラム委員会委員長
2022-04 -- (現在)生物学類教育図書委員会委員長
2020-04 -- (現在)生物学類教育企画室
2022-04 -- (現在)生物学類運営委員会委員
2022-04 -- (現在)生命環境学群教育課程委員会委員
2022-04 -- (現在)生物学類FD委員会委員
2021-04 -- (現在)生命環境学群学問への誘い製作委員会委員
2022-04 -- (現在)総合智教育推進委員会委員
2022-04 -- (現在)総合学域群アカデミックサポートセンターアカデミックアドバイザー(生物学類)
2022-04 -- (現在)生命環境学群運営委員会委員
さらに表示...
メッセージ
植物は動けないという体制上の特徴から常に環境要因の変化にさらされていますが、それらの変化にうまく適応することで、生育し続けることを可能としています。植物が、外部環境の変化に応答するとき、植物細胞にとっての最外層である細胞壁からどのようにして細胞内へとシグナルが送られ、どのような細胞間のコミュニケーションを行うことで適応反応が引き起こされているのか、またそれによってどのように個体発生を行っているのかについて明らかしていきたいと考えています。最近は、主に花や胚などのダイナミックにイベントがおきる時期の発生現象において、植物の大きな特徴である細胞壁がどのように表現装置として働いているのかについて注目して研究しています。

(最終更新日: 2022-08-04)