柳沢 裕美(ヤナギサワ ヒロミ)

所属
生存ダイナミクス研究センター
職名
教授
ORCID
0000-0002-7576-9186
科研費番号
40746301
URL
eメール
=+.<$1$*,6$:$FSS$7FSS7$5$O768.8%$O$&O-3
研究室
循環ダイナミックス(細胞外環境応答プロジェクト)
電話
029-853-7318
研究分野
循環器内科学
医化学一般
心臓血管外科学
病態医化学
研究キーワード
細胞外環境
細胞外マトリクス
大動脈解離
血管障害と血管リモデリング
遺伝性胸部大動脈疾患
血管生物学
メカノバイオロジー
弾性線維
バイオメカニクス
ラマンイメージング
さらに表示...
研究課題
新規大動脈解離マウスモデルを用いたマルファン症候群等類縁疾患の大動脈解離発症機序の解明2022-04 -- 2023-03柳沢裕美国立研究開発法人日本医療研究開発機構/AMED難治性疾患実用化研究事業11,830,000円
ミクロフィブリル変異による大動脈解離の病態解明2021-10 -- 2025-03柳沢裕美日本学術振興会/国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))19,110,000円
新規大動脈解離マウスモデルを用いたマルファン症候群等類縁疾患の大動脈解離発症機序の解明2021-04 -- 2022-03柳沢裕美国立研究開発法人日本医療研究開発機構/AMED難治性疾患実用化研究事業15,860,000円
メカノトランスダクションを基軸とした大動脈瘤発症機序の解明と破裂予測の基盤研究2020-04 -- 2023-03柳沢 裕美日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)17,810,000円
上皮幹細胞コンパートメントを規定する分子機構と生物学的意義の解明2020-04 -- 2024-03佐田亜衣子独立行政法人 日本学術振興会/基盤研究(B)1,600,000円
表皮幹細胞の接着と増殖を担うFibulin-7の生化学特性の解明2020-02 -- 2022-01柳沢裕美財団法人東京生化学研究会/研究助成4,000,000円
ラマン分光イメージング法を用いた切迫大動脈瘤の時間的空間解析と破裂予測2019-12 -- 2020-11柳沢裕美財団法人 先進医薬研究振興財団/1,000,000円
メカニカルストレス応答の破綻に着目した大動脈瘤形成メカニズムの解明2017-04 -- 2020-03柳沢 裕美日本学術振興会/基盤研究(B)17,290,000円
Role of fibulin-7, a new member of fibulin ECM proteins, in development and disease2012-01 -- 2015-08Hiromi Yanagisawaアメリカ心臓協会/Established Investigator Award
Loss of extracellular matrix regulation and development of aortic aneurysms2010-12 -- 2015-08Hiromi YanagisawaNational Institute of Health (NIH)/R01
さらに表示...
職歴
2015-09 -- (現在)筑波大学TARAセンター教授(専任)
2014-09 -- 2015-08筑波大学TARAセンター教授(兼任)
1998-01 -- 2015-08テキサス大学サウスウエスタン医学センター分子生物学科インストラクター 助教授 准教授(テニュア)
1991-10 -- 1997-12テキサス大学サウスウエスタン医学センター生化学科ポスドク研究員
1986-06 -- 1988-03筑波大学附属病院内科レジデント
学歴
1980 -- 1986筑波大学 医学専門学群
取得学位
1993博士(医学)筑波大学
免許資格等
1986医師免許証
所属学協会
2022-01 -- (現在)International Society for Matrix Biology
2021-07 -- (現在)日本心臓血管外科学会
2019 -- (現在)日本分子生物学会
2019 -- (現在)日本生化学会
2018 -- (現在)日本小児科学会
2016 -- (現在)老化促進モデルマウス(SAM)学会
2016 -- (現在)日本循環器学会
2015 -- (現在)日本心血管内分泌代謝学会
2015 -- (現在)日本血管生物医学会
2015 -- (現在)日本結合組織学会
さらに表示...
受賞
2016水谷糖質科学財団研究助成
2015内藤記念科学財団研究助成
2015上原記念生命科学財団研究助成
2012Established Investigator Award (AHA)
2008Junior Investigator Award (ASMB)
論文
著書
  • 大動脈瘤への分子生物学的アプローチ
    木村 健一; 柳沢裕美
    心臓/日本医学出版, 2022-06
  • Epidermal stem cell lineages
    Oinam L; Changarathil G; Ngo YX; Yanagisawa H; *Sada A
    Advances in Stem Cells and their Niches, 2019-04
会議発表等
  • ラマン分光法を用いた大動脈瘤の新規イメージングと スペクトル解析
    柳沢 裕美
    日本動脈硬化学会/2021-10-23--2021-10-24
  • 新規Fbn1 遺伝子変異マウスを用いたマルファン症候群の大動脈解離発症機序の解明
    本山絵理; 木村健一; 石井柳太郎; 杉山夏緒里; 山城義人; 神吉佐智子; 柳沢 裕美
    エラスチン・関連分子研究会学術集会/2021-12-18--2021-12-19
  • 細胞外マトリックスに着目した大動脈瘤のラマン分光イメージング法
    柳沢 裕美
    日本血管生物医学会/2021-12-10--2021-12-11
  • Matrix-cell Interactions and aortic diseases 
    Yanagisawa Hiromi
    North American Vascular Biology Organization Vascular Biology 2021/2021-10-26--2021-10-29
  • 細胞系譜解析を用いた角結膜幹細胞の動態解明
    石井 柳太郎; 木村 健一; 柳沢 裕美; 佐田 亜衣子
    第16回和歌山TRP研究会/2021-11-22
  • Women Faculty Networking -ダイバーシティーリーダーの育成-
    柳沢 裕美
    日本神経学会学術大会/2021-05-19--2021-05-23
  • Matrix-mediated mechanotransduction In the aortic wall
    柳沢 裕美
    Materials, Mimics, and Microfluidics: Engineering Tools for Mechanobiology (MBI 3M)/2021-07-21--2021-07-23
  • Searching for novel biomarkers of thoracic aortic aneurysms using Raman microspectroscopy 
    柳沢 裕美
    The International Society for Applied Cardiovascular Biology (心血管代謝週間2020)/2021-03-12--2021-03-13
  • マトリクスによるメカノトランスダクション制御機構と 大動脈疾患
    柳沢 裕美
    日本血管生物医学会学術集会(心血管代謝週間2020)/2021-03-12--2021-03-13
  • 細胞系譜解析モデルを用いた骨髄微小環境形成メカニズムの解明
    木村 健一; 石井 柳太郎; Bernd K. Fleischmann; 柳沢 裕美
    第20回日本再生医療学会総会/2021-03
  • Raman Microspectroscopy and Imaging Reveal Novel Biomarkers Specific for Thoracic Aortic Aneurysms
    Sugiyama Kaori; Marzi Julia; Brauchle Eva Maria; Ando Ma...
    GenTAC Aortic Summit/2020-09-29--2020-10-10
  • Defining heterogeneous stem cell populations in oral and eye surface epithelia
    Ryutaro Ishii; Yen Xuan Ng; Kenji Izumi; Hiromi Yanagisa...
    日本発生生物学会オンライントライアルミーティング/2020-09-24--2020-09-25
  • Thrombospondin-1 を介した大動脈瘤血管壁の機械的応答と大動脈瘤形成における役割
    山城義人; Thang Bui Quoc; 辛承宰; Caroline Antunes Lino; 中邨智之; Jung...
    日本結合組織学会/2020-09-19--2020-09-20
  • Cell-specific function of fibulin-4 in progression of ascending aortic aneurysm in mice
    Anh Nguyen Vu Tram; Hang Huynh Thuy; Lino Caroline Antun...
    International Vascular Biology Meeting/2020-09-09--2020-09-12
  • ラマン分光法と多変量解析を用いた胸部大動脈瘤に特異的な分子指紋の同定
    杉山夏緒里; Julia Marzi; Eva Maria Brauchle; 安藤正浩; 山城義人; Bhama R...
    日本結合組織学会学術大会/2020-09-19--2020-09-20
  • Matrix mechanotransduction mediated by thrombospondin-1/integrin/YAP signaling pathway in remodeling ofvessel wall
    山城義人; 柳沢 裕美
    日本循環器学会/2020-07-29--2020-08-01
  • Matrix-mediated mechanotransduction and aortic aneurysms
    柳沢 裕美
    NAVBO Summer Camp/2020-06-29--2020-06-29
  • DEFINING STEM CELL DYNAMICS IN THE MOUSE OCULAR SURFACE EPITHELIUM
    Ishii Ryutaro; Hiromi Yanagisawa; Aiko Sada
    ISSCR 2020 Annual Meeting/2020-06-24--2020-06-27
  • Contribution of PDGFRa-positive cell population during vascular remodeling
    Ramirez Karina; Kimura Kenichi; Nguyen Tram Anh Vu; Yamas...
    Tsukuba Global Science Week 2020/2020-09-28--2020-09-30
  • 多くの患者集積が認められた大動脈弁上狭窄症の1家系 ~胎児心エコー診断を含めて~
    林 立申; 矢野 悠介; 塩野 淳子; 杉山 香緒里; 柳沢 裕美; 堀米 仁志
    第56回日本小児循環器学会/2020-11-22--2020-11-24
  • Identification of biomolecular fingerprints specific for thoracic aortic aneurysm by Raman microspectroscopy combinsed with multivariate data analysis
    Kaori Sugiyama; Julia Marzi; Eva Brauchle; Masahiro Ando...
    日本化学会第100春季年会/2020-03-22--2020-03-24
  • マトリクスメカノトランダクションと血管リモデリング
    山城 義人; Thang Bui Quoc; Ramirez Karina; Shin Seung Jae; To...
    日本血管生物医学会学術集会/2019-12-14--2019-12-15
  • Contribution of matrix mechanotransduction in vascular remodeling
    柳沢 裕美
    GRC Elastin, Elastic fibers and Microfibrils/2019-07-24
  • Dual role of thrombospondin-1 in aortic remodeling and disease
    柳沢 裕美
    FASEB Summer Research Conference/2019-07-17
  • Roles of Mechanotransduction and Thrombospondin-1 in Development of Thoracic Aortic Aneurysm    
    柳沢 裕美; 山城義人; 平松祐司
    日本循環器学会/2019-03-30--2019-03-30
  • さらに表示...
担当授業科目
2021 -- (現在)基礎医学総論医学群 医療科学類
2020 -- (現在)アドヴァンストコース医学群 医学類
2020 -- (現在)細胞システム学医学群 医療科学類
2020 -- (現在)細胞発生工学医学群 医療科学類
2020-04 -- 2020-05Serendipity in Human Biologyヒューマンバイオロジー学位プログラム
2019 -- (現在)細胞生物学医学群 医療科学類
2018 -- (現在)人間生物学生物学類 
2018 -- (現在)新しい基礎医学における生命科学技術とガン・幹細胞医学群 医学類
2018 -- (現在)M1 細胞生物学医学群 医学類
2018 -- (現在)G30 Biochemistry生命環境系
さらに表示...
授業以外の教育活動
2021-05 -- 2021-05世界のトップサイエンティストの男女共同参画第62回日本神経学会
2020-12 -- 2020-12「イノベーションを支える多様な人材の活躍に向 けて~次期科学技術・イノベーション基本計画の共創に向けた全国キャラバン(つく ば開催)~」つくば女性研究者協議会・内閣府・つくば市
2020-03 -- 2020-03女性研究者・職員向け研修「次世代型インクルーシブ・リーダーの育成」ダイバーシティ研究環境イニシアティブ
2019-10 -- 2019-10つくば科学英語会議 つくばグローバルサイエンスウィーク
2018-09 -- 2018-09TGSW 2018 意思決定プロセスへの女性の参画 パネルデスカッションつくばグローバルサイエンスウィーク
2018-06 -- 2018-06上位層育成プログラム「多様な人材の評価」オープンセッションダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ
2017-12 -- 2017-12ダイバーシティリーダー育成講座 III, TIDE シンポジウムダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ
2017-11 -- 2017-11ダイバーシティリーダー育成講座 II 「女性研究者・技術者がリーダーシップを発揮する活動テーマとチームを組織横断で生み出そう!」ダイバーシティー研究環境実現イニシアティブ
2017-03 -- 2017-03アンコンシャス・バイアスのインパクトとマネジメント ラウンドテーブル ディスカッションダイバーシティ・アクセシビリティー・キャリアセンター
2017-07 -- 2017-07ダイバーシティーリーダー育成講座 I 「女性のネットワーキング・組織化と活用ーCOSMOSの歴史から学ぶー」ダイバーシティー研究環境実現イニシアティブ
さらに表示...
学協会等委員
2022-01 -- (現在)International Society for Matrix BiologyCouncil member
2022-01 -- (現在)Matrix BiologyEditor
2021-12 -- (現在)Vascular PharmacologyEditorial Board Member
2021-09 -- (現在)Frontiers in Cardiovascular MedicineAssociate Editor (Atherosclerosis and Vascular Medicine)
2021-04 -- (現在)Frontiers in Cell and Developmental BiologyGuest Editor (Extracellular Matrix Dynamics in Biology, Bioengineering and Pathology -Volume II)
2020-11 -- 2023-11日本結合組織学会理事
2020-09 -- 2022-1022nd International Vascular Biology MeetingInternational Scientific Advisory Board
2020 -- (現在)CellsEditorial Board Member
2020-07 -- (現在)米国血管生物学会NAVBO Diversity, Equity and Inclusion 委員会
2019 -- 2022日本血管生物医学会評議員
さらに表示...
学内管理運営業績
2021 -- (現在)HBP 学位論文審査委員会委員
2020 -- 2021学長補佐室室員
2019 -- (現在)ヒューマニクス学位プログラム 広報委員会委員、広報委員長(2020-)
2019 -- (現在)TARA センターセンター長特別補佐
2018 -- (現在)ヒューマニクス学位プログラムメンター教員
2018 -- (現在)HBP運営委員会委員
2017 -- (現在)HBP教務委員会委員, 教務委員長(2019-2021)
2017 -- (現在)医学医療系生命医科学域運営委員会委員
2016 -- 2018筑波大学研究戦略室室員
2015 -- (現在)TARAセンター運営委員会委員
さらに表示...

(最終更新日: 2022-05-07)