佐渡 夏紀(サド ナツキ)

所属
体育系
職名
助教
ORCID
0000-0002-3958-8193
性別
男性
科研費番号
60844983
eメール
+H69DaC6IHJ@>a<BXgcJaIHJ@J76a68a?E
研究分野
身体教育学
スポーツ科学
研究キーワード
スポーツ科学
バイオメカニクス
移動運動
腰椎-骨盤-股関節複合体
骨盤
3次元分析
動作分析
MRI
さらに表示...
研究課題
バイオメカニクス操作による前向き訓練2022-06 -- (現在)佐渡 夏紀JST/ムーンショット型研究開発事業目標9 コア研究「逆境の中でも前向きに生きられる社会の実現」29,003,000円
車いすユーザーの上肢負荷に関する動作解析と慣性モーメントを用いた障害予防2022-04 -- 2025-03岡本 嘉一日本学術振興会/科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)(一般)4,160,000円
体医工融合による動作学習支援システム確立を見据えた跳動作の個別最適値の間接的評価2022-04 -- 2023-03佐渡夏紀公益財団法人 立石科学技術振興財団/2,777,000円
ヒト身体がもつ冗長自由度は目標指向性運動の学習を難しくしているのか? :効果的な運動学習方法論の確立を見据えて2022-01 -- 2022-06佐渡 夏紀公益財団法人 石本記念デサントスポーツ科学振興財団/第44回研究助成金500,000円
一流柔道家からヒトの外乱応答能力の可塑性に迫る2021-06 -- 2022-03佐渡夏紀筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター(ARIHHP)/280,000円
力学的な動かしやすさに対する人間の適応をアスリートの身体から探る2021-04 -- 2024-03佐渡夏紀日本学術振興会/科学研究費助成事業 若手研究4,680,000円
個人の体つきに応じた最適跳躍動作の解明2019-08 -- 2021-03佐渡夏紀日本学術振興会/科学研究費助成事業 研究活動スタート支援2,730,000円
慣性特性からみたスプリンターの身体的特徴の解明:身体の動かしやすさに対する人間の適応可能性に迫る2020-04 -- 2021-03佐渡夏紀公益財団法人 ヤマハ発動機スポーツ振興財団/スポーツチャレンジ助成事業1,200,000円
ダイナミックな移動運動における体幹の役割2016-04 -- 2019-03佐渡夏紀日本学術振興会/科学研究費助成事業3,400,000円
外傷・障害予防のバイオメカニクス的研究 -疾走中の腰部障害予防のキネティクス-2015-07 -- 2016-03佐渡夏紀日本バイオメカニクス学会/研究助成事業 指定課題1,000,000円
さらに表示...
職歴
2021-01 -- (現在)筑波大学体育系助教
2020-04 -- 2021-09明治薬科大学非常勤講師
2019-04 -- 2020-12早稲田大学スポーツ科学学術院助教(任期付き)
2018-04 -- 2019-03東京学芸大学非常勤講師
2016-04 -- 2019-03学術振興会特別研究員
学歴
2016-04 -- 2019-03東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 博士課程
2014-04 -- 2016-03東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 修士課程
2010-04 -- 2014-03筑波大学 体育専門学群
取得学位
2019-03博士(学術)東京大学
免許資格等
2014-03教員免許高校I種(保健体育)
2014-03教員免許中学I種(保健体育)
所属学協会
2014-05 -- (現在)日本体育学会
2014-05 -- (現在)日本バイオメカニクス学会
2015-09 -- (現在)日本トレーニング科学会
2018-01 -- (現在)国際スポーツバイオメカニクス学会
2014-05 -- (現在)東京体育学会
受賞
2019-10日本トレーニング科学会 奨励賞
2019-06彗ひろば発表賞
2019-03東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻 博士論文特別賞
2018-09New Investigator Award (Poster & Oral) Gold Medal (1st Place)
2018-092016~2017年バイオメカニクス研究最優秀論文賞
2016-09日本バイオメカニクス学会 奨励賞 (基礎部門)
2016-03東京大学 一高記念賞当該年度において最も優秀な学業成績と学位論文を修め、学業、課外活動、社会活動等において特に顕著な業績を挙げ、他の学生の範となった
2016-03東京大学総合文化研究科広域科学専攻 奨励賞
2016-03東京体育学奨励賞
2016-03特に優れた業績による返還免除 全額免除
2022-07New Investigator Award (Poster & Oral) 3rd Place (共同研究者)
2021-11日本トレーニング科学会 実行委員会特別賞 最優秀賞 (共同研究者 / 筆頭は研究室所属学生)
2021-11日本トレーニング科学会 最優秀奨励賞 (共同研究者 / 筆頭は研究室所属学生)
2021-08若手優秀発表賞 (共同研究者)
2020-09日本バイオメカニクス学会 国際セッション奨励賞 (共同研究者)
論文
会議発表等
  • World-elite performance in high jump cannot be predicted by the determinant of non-elite performance
    Fujimori T; Sado N
    9th World Congress of Biomechanics/2022-07-10--2022-07-14
  • Non-uniform distribution of muscle fascicle strains within human medial gastrocnemius during passive lengthening in vivo
    Takahashi K; Shiotani H; Evangelidis P E; Sado N; Kawakam...
    9th World Congress of Biomechanics/2022-07-10--2022-07-14
  • Mechanical interactions between Achilles tendon and plantar fascia modulate passive mechanics of human ankle-foot complex in vivo
    Shiotani H; Takahashi K; Honma Y; Tomari K; Hayashi H; Sa...
    9th World Congress of Biomechanics/2022-07-10--2022-07-14
  • Contractile and non-contractile tissues of the quadriceps femoris and hamstrings and their effects on age-related differences in specific torque
    Ichinose H; Evangelidis P E; Yamagishi T; Sado N; Shiotan...
    9th World Congress of Biomechanics/2022-07-10--2022-07-14
  • Associations between exercise-induced flattening of foot arch and fatigue of extrinsic and intrinsic foot muscles
    Shiotani H; Takahashi K; Tomari K; Honma Y; Hayashi H; Sa...
    40th Congress of the International Society of Biomechanics in Sports/2022-07-19--2022-07-23
  • Judo Wrestlers Exhibit Shorter Response Latency to Unfamiliar Postural Disturbance: Insights into Plasticity of Postural Function in Humans
    Sado N; E Nonaka; T Miyazaki; S Kondo
    筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター (ARIHHP) 共同利用・共同研究拠点認定記念シンポジウムARIHHPフォーラム2022./2022-03-18--2022-03-19
  • 非利き腕ダーツ投げ課題における関節拘束による自由度の削減が運動学習に及ぼす影響
    堆 耕平; 野中 愛里; 藤森 俊秀; 佐渡 夏紀
    第34回トレーニング科学会大会/2021-11-27--2021-11-28
  • 走高跳選手はアキレス腱のコンプライアンスを保ちつつ大きな足関節底屈トルクを発揮できる
    藤森 俊秀; 佐渡 夏紀
    第34回トレーニング科学会大会/2021-11-27--2021-11-28
  • 短距離競技者の下肢の質量比は大きいが正規化慣性モーメントは一般成人と同程度である
    佐渡 夏紀; 一瀬 星空; 川上 泰雄
    第27回日本バイオメカニクス学会大会/2021-11-06--2021-11-07
  • 牧畜民マサイの高跳びは高さ勝負のためなのか? ー学際的アプローチから再考するー
    田暁潔; 佐渡 夏紀
    顔・身体学第8回領域会議/2021-08-21--2021-08-22
  • Plantar fascia stiffness is related to the foot arch deformability and performance in single-leg drop jump
    Shiotani H; Sado Natsuki; Kurumisawa K; Saeki J.; Kawakam...
    28th Congress of the International Society of Biomechanics/2021-07-25--2021-07-29
  • Effects Of Amino Acid Mixture On Functional And Morphological Properties Of Achilles Tendon
    Kawakami Y; Shiotani H; Otuska S; Hui L; Ichinose H; Chi ...
    American College of Sports Medicine 68th Annual Meeting/2021-05-31--2021-06-04
  • 最新の跳ぶ科学:下肢の伸展動作に 留まらない巧みな全身動作としての跳躍
    佐渡 夏紀
    第28回身体運動科学シンポジウム/2021-01-23--2021-01-23
  • ボディビルダーの減量における⼤腿部筋横断⾯積および⾮収縮要素横断⾯積の変化
    一瀬星空; 長瀬嘉剛; 佐渡夏紀; 呂匯; 山田雄基; 川上泰雄
    第33回日本トレーニング科学会大会/2020-12--2020-12
  • Acute effects of static stretching of ankle and metatarsophalangeal joint on plantar fascial and muscular stiffness
    Shiotani H.; Sado N.; Kurumisawa K.; Saeki J.; Kawakami Y.
    日本バイオメカニクス学会第26回大会/2020-09--2020-09
  • シューズのミッドソール素材の物性値が着地動作中の地面反力特性に及ぼす影響
    胡桃沢 啓介; 塩谷 彦人; 佐渡 夏紀; 川上 泰雄
    第74回日本体力医学会大会/2019-09--2019-09
  • Evaluation of biomechanical characteristics of children’s physical performance for an optimal shoe design
    川上泰雄; Sudarat Apibantaweesakul; 永吉俊彦; 戚 維璜; Aduayom Ahego ...
    ヒューマンパフォーマンス研究所 第2回研究会/2019-09--2019-09
  • 足底腱膜の形態的・力学的特性の定量評価を通じた足部コンディション評価法の確立
    川上泰雄; 塩谷彦人; 佐渡夏紀; 佐伯純弥; 戚 维璜; 池田尚樹; 胡桃沢啓介; 上杉繁
    ヒューマンパフォーマンス研究所 第2回研究会/2019-09--2019-09
  • Simulation of the trajectory of shuttlecock in badminton
    Takatsuka R; Sado Natsuki; Yoshioka S.; Fukashiro S.
    24th Annual Congress of the European College of Sport Science/2019-07--2019-07
  • 走高跳で用いられる曲線助走は直線助走と同様の力発揮でより大きな跳躍高を導く
    佐渡 夏紀; 吉岡伸輔; 深代千之
    彗ひろば (バイオメカニクス学会研究会)/2019-06--2019-06
  • 助走からの片脚踏切における位置エネルギーの獲得機序
    佐渡 夏紀; 吉岡伸輔; 深代千之
    第39回バイオメカニズム学会学術講和会/2018-11--2018-11
  • スプリントの加速局面における重心の運動エネルギー獲得メカニズムの検討
    佐渡 夏紀; 吉岡伸輔; 深代千之
    日本バイオメカニクス学会第25回大会/2018-09--2018-09
  • Case study of the effect of high-intensity intermittent exercise on the distance travelled during high-speed running in a football game
    Kinomura Yoshinori; Sado Natsuki
    Asia-Pacific Conference on Coaching Science/2018--2018
  • Effects of segmental rotations on vertical and horizontal energies during take-off of a long-jump
    Sado Natsuki; Yoshioka S.; Fukashiro S.
    36th Congress of the International Society of Biomechanics in Sports/2018--2018
  • ヒトはなぜ両脚跳躍で片脚跳躍の2倍跳ぶことができないのか?
    佐渡 夏紀; 吉岡伸輔; 深代千之
    日本体育学会第68回大会/2017-08--2017-08
  • さらに表示...
担当授業科目
2022-10 -- 2022-12体育指導のバイオメカニクス筑波大学
2022-04 -- 2022-07専門語学B(英語)筑波大学
2022-10 -- 2022-12専門語学B(英語)筑波大学
2022-04 -- 2022-08研究セッション筑波大学
2022-10 -- 2023-02研究セッション筑波大学
2022-10 -- 2023-02スポーツバイオメカニクス実験筑波大学
2022-10 -- 2023-02健康スポーツ科学研究演習I筑波大学
2022-04 -- 2022-08健康スポーツ科学研究演習I筑波大学
2022-04 -- 2022-05学問への誘い筑波大学
2022-04 -- 2022-08スポーツ医学セミナーII筑波大学
さらに表示...
学協会等委員
2022-01 -- (現在)International Society of Biomechanics in SportsEditorial Board Member of Sports Biomechanics journal
2021-10 -- (現在)Frontiers in Sports and Active LivingReview Editor for Sports Science, Technology and Engineering
その他の活動
2021-11 -- 2021-11都立三鷹中等教育学校 出前授業 講師

(最終更新日: 2022-09-26)