現在地

吉森 佳奈子(ヨシモリ カナコ; Yoshimori, Kanako)

所属
人文社会系
職名
准教授
eメール
 
研究キーワード
『源氏物語』
『河海抄』
年代記
歴史記述
研究課題
『河海抄』の生きた歴史空間2019-04 -- 2023-03吉森 佳奈子日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(C)一般4,160,000円
年代記類の世界と『河海抄』の空間2016-04 -- 2018-03吉森 佳奈子日本学術振興会/科学研究費補助金基盤研究(C)
年代記類がつくる歴史世界のなかの『河海抄』2013-04 -- 2015-03吉森 佳奈子日本学術振興会/科学研究費補助金基盤研究(C)4,680,000円
年代記類の生成と『源氏物語』注釈所引の歴史記述に関する研究2010 -- 2012吉森 佳奈子日本学術振興会/基盤研究(C)4,210,000円
職歴
1998-04 -- 2000-03東京大学 大学院総合文化研究科・教養学部 助手
2000-04 -- 2004-03信州大学 教育学部 助教授
2004-04 -- (現在)筑波大学 大学院人文社会学研究科文芸・言語専攻 准教授
取得学位
2002-05博士東京大学
所属学協会
1997 -- (現在)中古文学会
受賞
2005-05-12第6回紫式部学術賞
論文
  • 書評 松本大著『『河海抄』を中心とした中世源氏学の諸相』
    吉森 佳奈子
    『日本文学』(日本文学協会)/(67)/pp.66-67, 2018-10
  • 書評 原岡文子・河添房江編『源氏物語 煌めくことばの世界Ⅱ』
    吉森 佳奈子
    『図書新聞』/(3365)/pp.5-5, 2018-09
  • 『河海抄』の注の終焉
    吉森 佳奈子
    国語国文(京都大学国語国文学会), 2017-12
  • 『河海抄』の位置
    吉森 佳奈子
    中古文学(中古文学会)/(96)/pp.36-44, 2015-12
  • 『先代旧事本紀』
    吉森 佳奈子
    別冊国文学No.49 古事記日本書紀必携(学燈社)/pp.161-161, 1995-11
  • 漢字による和語の注の空間と『河海抄』
    吉森 佳奈子
    国語と国文学(東京大学国語国文学会)/91(11)/pp.163-173, 2014-11
  • 『河海抄』と中世の歴史認識
    吉森 佳奈子
    信大国語教育(信州大学国語教育学会)/(12)/pp.1-10, 2002-11
  • 「日本紀」による和語注釈の方法
    吉森 佳奈子
    超域文化科学紀要(東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻)/(5)/pp.13-22, 2000-07
  • 『河海抄』の「毛詩」
    吉森 佳奈子
    中古文学(中古文学会)/65/pp.20-29, 2000-06
  • 「日本紀」の広がりと『河海抄』
    吉森 佳奈子
    源氏研究/(5)/pp.60-69, 2000-04
  • 『河海抄』の「日本紀」
    吉森 佳奈子
    国語と国文学(東京大学国語国文学会)/76(7)/pp.15-27, 1999-07
  • 「笛の音にも古ごとは伝はるものなり」考――源語少女巻私注――
    吉森 佳奈子
    中古文学(中古文学会)/61/pp.10-17, 1998-05
  • 『源氏物語』と日本紀
    吉森 佳奈子
    国語国文(京都大学国語国文学会)/67(4)/pp.35-49, 1998-04
  • 『千鳥抄』の位置
    吉森 佳奈子
    むらさき(紫式部学会)/33/pp.21-30, 1996-12
  • 『河海抄』の光源氏
    吉森 佳奈子
    国語国文(京都大学国語国文学会)/65(2)/pp.24-40, 1996-02
  • 『河海抄』の『源氏物語』
    吉森 佳奈子
    国語と国文学(東京大学国語国文学会)/72(6)/pp.12-25, 1995-06
  • 『源氏物語』の注釈史について
    吉森 佳奈子
    中日文化文学 比較研究/1(1)/pp.69-84, 2013-10
  • 『河海抄』の「万葉」
    吉森 佳奈子
    国語国文(京都大学国語国文学会)/81(1)/pp.20-36, 2012-01
  • 『源氏物語』と平家のひとびと
    吉森 佳奈子
    別冊太陽 平清盛 王朝への挑戦/pp.134-140, 2011-11
  • 研究論文からみる源氏物語と紫式部 研究の諸相 伊井春樹著「細流抄から明星抄へ-能登送付本「源氏聞書」の周辺-」
    吉森 佳奈子
    源氏物語と紫式部 研究の軌跡/pp.403-409, 2008-07
  • 『仙源抄』の位置
    吉森 佳奈子
    源氏物語とその享受 研究と資料 古代文学論叢第十六輯(紫式部学会)/pp.239-277, 2005-10
  • 『河海抄』と説話
    吉森 佳奈子
    国語と国文学(東京大学国語国文学会)/pp.13-22, 2001-09
  • 「日本紀」による注――『河海抄』と契沖・真淵
    吉森 佳奈子
    中古文学(中古文学会)/(73)/pp.68-76, 2004-05
  • 光源氏と内覧
    吉森 佳奈子
    国語国文(京都大学国語国文学会)/79(4)/pp.20-34, 2010-04
著書
  • 『河海抄』の『源氏物語』(オンデマンド版)
    吉森 佳奈子
    和泉書院, 2018-12
  • 『河海抄』の『源氏物語』
    吉森 佳奈子
    和泉書院, 2003-10
  • 中世的世界から見た源氏物語―本文と注釈―
    吉森 佳奈子
    新時代への源氏学7 複数化する源氏物語, pp.144-165, 2015-05
  • 皇代紀類と『河海抄』
    吉森 佳奈子
    説話論集 第十四集 中国と日本の説話Ⅱ, 清文堂, pp.349-387, 2004-10
  • 古注釈・梗概書
    吉森 佳奈子
    講座源氏物語研究 第四巻 鎌倉・室町時代の源氏物語, おうふう, pp.143-165, 2007-06
  • 字書の出典となる『河海抄』
    吉森 佳奈子
    『源氏物語』の礎, 青簡舎, pp.270-289, 2012-03
  • 『河海抄』の光源氏
    吉森 佳奈子
    テーマで読む『源氏物語』3 歴史・文化の交差 語り手・書き手・作者, 勉誠出版, pp.105-132, 2008-10
  • 注釈史のなかの『河海抄』
    吉森 佳奈子
    『源氏物語』 注釈史の世界, 青簡舎, pp.191-212, 2014-02
  • 注釈史のなかの『河海抄』―『首書源氏物語』をめぐって―
    吉森 佳奈子
    王朝文学を彩る軌跡, 武蔵野書院, pp.217-231, 2014-05
  • 『河海抄』の『源氏物語』
    吉森 佳奈子
    和泉書院, 2003-10
会議発表等
  • 女性文学としての中古文学 注釈のジェンダーバイアスを問う
    吉森 佳奈子
    平成二十七年度中古文学会春季大会/2015-05-30--2015-05-31
  • 『河海抄』の『源氏物語』
    吉森 佳奈子
    第6回紫式部学術賞記念講演/2005-05-12
  • 『河海抄』の「毛詩」
    吉森 佳奈子
    平成十一年度中古文学会秋季大会/1999-10-30--1999-10-31
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02日本中古文学研究(3B)筑波大学
2018-10 -- 2019-02日本文学研究I3b筑波大学
2018-10 -- 2019-02日本中古文学演習(3B)筑波大学
2018-10 -- 2019-02日本文学史1筑波大学
2018-10 -- 2019-02日本文学演習10筑波大学
2018-04 -- 2018-08日本中古文学研究(3A)筑波大学
2018-04 -- 2018-08日本文学研究I3a筑波大学
2018-04 -- 2018-08日本中古文学演習(3A)筑波大学
2018-04 -- 2018-08日本文学講読4筑波大学
2018-04 -- 2018-08日本・アジア領域入門演習I筑波大学

(最終更新日: 2019-06-17)