現在地

五十嵐 泰正(イガラシ ヤスマサ; Igarashi, Yasumasa)

face
所属
人文社会系
職名
准教授
研究室
人文社会科学研究科棟A417
研究分野
社会学
社会学
研究キーワード
福島第一原発事故からの復興
都市農業
都市
グローバル化
コミュニティ形成
東京
まちづくり
観光
研究課題
貸しビルオーナーの社会学のための予備的研究2019 -- 2021五十嵐 泰正日本学術振興会/基盤研究(C)1,950,000円
生産者と消費者の認識論的切断の克服のための多角的研究−−主に労働と地域の視点から2015 -- 2017五十嵐 泰正日本学術振興会/基盤研究(C)2,730,000円
元「不法」就労外国人の主観的意味世界の経年的研究(おもにパキスタン人を事例として)1998 -- 2006/
ポスト産業社会における人の国際移動と階層構造の再編成1999 -- 2011/
都市の「多様性」とまちづくりの比較研究 -- (現在)/
地域を起点とした移動と定着の現代的諸相に関する研究2011 -- 2013日本学術振興会/若手研究(B)1,690,000円
グローバル化時代の都市における「多様性」の諸相と「まちづくり」の比較研究2008 -- 2010日本学術振興会/若手研究(B)2,470,000円
重層的なヒトの国際移動と、都市コミュニティ・アイデンティティの再編成2004 -- 2006日本学術振興会/特別研究員奨励費1,100,000円
職歴
2001-04 -- 2003-03日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2004-04 -- 2007-03日本学術振興会 特別研究員(PD)
2007-04 -- 2010-07筑波大学 大学院人文社会科学研究科 講師
2010-07 -- (現在)筑波大学 大学院人文社会科学研究科 准教授
学歴
1996-04 -- 1998-03東京大学 総合文化研究科 国際社会科学専攻修了
1999-09 -- 2001-07バーミンガム大学 社会科学研究科 カルチュラル・スタディーズ学科修了
1998-04 -- 2004-03東京大学 総合文化研究科 国際社会科学専攻単位取得満期退学
取得学位
2021-03博士(社会学)筑波大学
2001-07修士(カルチュラルスタディーズ)バーミンガム大学
1998-03修士(学術)東京大学
免許資格等
2006-10専門社会調査士
所属学協会
2008-05 -- (現在)移民政策学会
2011-09 -- (現在)日本都市社会学会
1998 -- (現在)日本社会学会
1998 -- (現在)日本移民学会
1998 -- (現在)地域社会学会
2002 -- (現在)関東都市学会
2004 -- 2008アジア太平洋移民研究ネットワーク
2008 -- 2013日本観光研究学会
論文
  • Discharge of Treated Water from Fukushima into the Ocean: Freedom from the Curse
    Igarashi Yasumasa
    Science (eLetter), 2021-05
  • 福島からCOVID-19を、COVID-19から福島を考える
    村上道夫; 小林智之; 越智小枝; 後藤あや; 五十嵐 泰正
    リスク学研究/30(4)/pp.1-8, 2021-05
  • COVID-19パンデミックとオーバーツーリズム ―東京都台東区の計量調査から―
    五十嵐 泰正
    地域社会学会年報/33/pp.39-53, 2021-05
  • (座談会)「移動の時代」が終わった先に何があるのか?――欧州・豪州の現状から未来を展望する
    五十嵐 泰正
    POSSE/47/pp.40-50, 2021-03
  • Manga-based risk communication for the COVID-19 pandemic: a case study of storytelling that incorporates a cultural context
    Igarashi Yasumasa; Mizushima Nozomi; Yokoyama Hiromi M.
    JCOM-JOURNAL OF SCIENCE COMMUNICATION/19(7:2::SI), 2020-12
  • The structuralization of risk communication work and objectives in the aftermath of the Fukushima nuclear disaster
    Honda Kaori; Igarashi Yasumasa; Murakami Michio
    INTERNATIONAL JOURNAL OF DISASTER RISK REDUCTION/50, 2020-11
  • 「風評」被害という問題設定の再考
    五十嵐 泰正
    環境情報科学/49(3)/pp.34-40, 2020-10
  • 目指せ上野エリアの「回遊性アップ」 芸大生と地元旦那衆の異色コラボが生み出したものとは?
    五十嵐 泰正
    アーバンライフメトロ, 2020-08
  • Water issues in Fukushima: Science and society beyond magic words
    Michio Murakami; Yasumasa Igarashi
    Science (eLetter), 2020-08
  • コロナ禍で「都市」が持つ価値が一変した背景 都市社会学の専門家が考える「withコロナ」(前編)
    五十嵐 泰正
    東洋経済ONLINE, 2020-07
  • (座談会)コロナ危機で産業・労働・社会福祉はどうなるのか――リーマン・ショック、派遣村から10年間の社会変動を踏まえて
    五十嵐 泰正; 今野晴貴; 渡辺寛人; 岩橋誠; 青木耕太郎
    POSSE/45/pp.8-19, 2020-07
  • 「できるけれどあえてしてこなかったこと」が加速する――都市社会学の専門家が考えるwithコロナ(後編)
    五十嵐 泰正
    Ridilover Journal, 2020-07
  • 緊急事態宣言下のアメ横商店街がこぞってマスクを売りまくった歴史的背景
    五十嵐 泰正
    アーバンライフメトロ, 2020-06
  • 「シルバーアクセ」ブーム消滅で窮地に立った「アメ横」が生き残りをかけて選んだ2つの道
    五十嵐 泰正
    アーバンライフメトロ, 2020-06
  • 『上野新論』――都市の時代が危機を迎えたなかで
    五十嵐 泰正
    αSYNODOS/276, 2020-06
  • スナックから江戸の老舗までが混在 文化が縦横に交差する「上野2丁目」の魅力とは
    五十嵐 泰正
    アーバンライフメトロ, 2020-04
  • 「商品化」される東京の下町
    五十嵐 泰正
    トイビト, 2020-04
  • 上野公園になんと50種類以上のサクラがあった――花見「自粛」のいまこそ知っておきたいこと
    五十嵐 泰正
    アーバンライフメトロ, 2020-03
  • ごちゃ混ぜ感がたまらない? 上野という名の「キャラ渋滞」都市
    五十嵐 泰正
    アーバンライフメトロ, 2020-02
  • 原発事故と「食」――市場、コミュニケーション、差別
    五十嵐 泰正
    SYNODOS(シノドス)2019年11月15日掲載, 2019-11
  • 市場の選択,社会の選択,個人の選択
    五十嵐 泰正
    日本リスク研究学会誌/29(2)/pp.129-135, 2019-10
  • <書評>安東量子著『海を撃つ――福島・広島・ベラルーシにて』(みすず書房、2019)
    五十嵐 泰正
    パブリッシャーズ・レビュー みすずの本棚/(31)/pp.3-3, 2019-06
  • 座談会 これからの「移民」の話をしよう。 : 外国人労働者とともに歩むニッポンのゆくえ (特集 移民が開く新しい時代)
    明石 純一; 岡部 みどり; 八代 尚宏; 五十嵐 泰正
    Posse = ポッセ/41/pp.10-27, 2019-03
  • 書評 武岡暢著『生き延びる都市―新宿歌舞伎町の社会学』(新曜社、2017)
    五十嵐 泰正
    日本都市社会学会年報/(36)/pp.215-217, 2018-09
  • (富永京子との対談)「運動」への不信はなぜ増幅したのか
    五十嵐 泰正
    Wedge Infinity, 2018-08
著書
  • 流動化する現代の都市の多様性―東京都台東区上野地区の事例から―
    五十嵐 泰正
    筑波大学大学院, 2021-03
  • 対談:事件は平和な街で起きる
    五十嵐 泰正; 本橋信宏
    東京裏23区, 大洋図書, pp.279-291, 2019-12
  • 上野新論――変わりゆく街、受け継がれる気質
    五十嵐 泰正
    せりか書房, 2019-12
  • 「商売の街」の形成と継承
    五十嵐 泰正
    社会が現れるとき, 東京大学出版会, 2018-03
  • 原発事故と「食」--市場・コミュニケーション・差別
    五十嵐 泰正
    中央公論新社, 2018-02
  • 『脱原発の哲学』を読む
    佐藤嘉幸; 田口卓臣; 小出裕章; 西山雄二; 渡名喜庸哲; 岩田...
    読書人, 2017-10
  • 移民ディアスポラ研究4 「グローバル人材」をめぐる政策と現実
    五十嵐 泰正
    明石書店, 2015-05
  • 序章 グローバル化の最前線が問いかける射程
    五十嵐 泰正
    移民・ディアスポラ研究4 「グローバル人材」をめぐる政策と現実, 明石書店, 2015-04
  • 第6章 〈討議〉海外就職の可能性
    五十嵐 泰正
    移民・ディアスポラ研究4 「グローバル人材」をめぐる政策と現実, 明石書店, 2015-04
  • 常磐線中心主義
    五十嵐 泰正; 開沼博; 大山昌彦; 小松理虔; 稲田七海; 安藤光...
    河出書房新社, 2015-03
  • 「おもてなし」が社会をブラック化する
    五十嵐 泰正
    ブラック企業vsモンスター消費者, ポプラ社, pp.121-173, 2014-02
  • ニューカマーとオールドカマーのせめぎあい
    五十嵐 泰正
    人の移動事典, 丸善出版, pp.304-305, 2013-11
  • 文化の商品化としての国際観光
    五十嵐 泰正
    国際文化関係史研究, 東京大学出版会, pp.255-275, 2013-04
  • よくわかる都市社会学
    五十嵐 泰正; 中筋直哉; ほか39名
    ミネルヴァ書房, 2013-04
  • みんなで決めた安心のかたち ポスト3.11の地産地消をさがした柏の1年
    五十嵐 泰正; 「安全・安心の柏産柏消」円卓会議
    みんなで決めた安心のかたち ポスト3.11の地産地消をさがした柏の1年, 亜紀書房, 2012-12
  • 「下町/山の手」「ウォーターフロント」「ドーナツ化現象」
    五十嵐 泰正
    現代社会学事典, 弘文堂, 2012-11
  • 移民・ディアスポラ研究2 東日本大震災と外国人
    鈴木江里子; 大村昌枝; 李善姫; 五十嵐泰正; 小林真生; 大曲...
    明石書店, 2012-02
  • 新版キーワード地域社会学
    地域社会学会編; +五十嵐 泰正
    ハーベスト社, 2011-05
  • 叢書グローバル・ディアスポラ 第2巻 東南・南アジアのディアスポラ
    首藤もと子; 古屋博子; 小ヶ谷千穂; 西芳実; 小野澤正喜; 小...
    明石書店, 2010-12
  • 『労働再審② 越境する労働と〈移民〉』
    五十嵐泰正; 明石純一; 安里和晃; 大久保武; 上林千恵子; 平...
    大月書店, 2010-11
  • 社会学入門
    塩原良和; 竹ノ下弘久ほか; +五十嵐 泰正
    弘文堂, 2010-11
  • フラット・カルチャー――現代日本の社会学
    遠藤知巳; 西野淑美; 中村由佳; 若林幹夫; 宇城輝人; 田中大...
    せりか書房, 2010-10
  • 多文化社会の〈文化〉を問う――共生・コミュニティ・メディア
    岩渕功一 原 知章 塩原良和 五十嵐泰正 川端浩平 清水知子 林...
    青弓社, 2010-06
  • 社会学事典
    日本社会学会社会学事典刊行委員会編; +五十嵐 泰正
    丸善, 2010-06
  • よくわかるメディアスタディーズ
    伊藤守ほか52名; +五十嵐 泰正
    ミネルヴァ書房, 2009-03
会議発表等
  • 資源エネルギー庁から公表された風評被害対策に対する社会科学者からの見解
    五十嵐 泰正
    ANFURDウェービナー「東京電力HD福島第一原子力発電所ALPS処理水の処分に関する見解」/2021-06-12--2021-06-12
  • 指定コメント
    五十嵐 泰正
    2020年度関西学院大学先端社会研究所シンポジウム ハイモビリティな社会の生活秩序 ―不要不急の移動/必要至急の移動―/2021-01-30--2021-01-30
  • 「みんなで決める場」と「みんなが話せる場」のあいだ
    五十嵐 泰正
    『テーマ部会B ワークショップ時代の統治と社会記述―まちづくり・ワークショップ・専門家―』、関東社会学会第68回大会/2020-12-13--2020-12-13
  • マンガ作品『ちはやふる』を媒介としたコミュニケーション実践
    五十嵐 泰正; 水島希; 横山広美
    科学技術社会論学会第19回年次研究大会/2020-12-06--2020-12-06
  • (パネリストとして登壇)セッション 2.3 被災地の将来に関するフォーラム
    五十嵐 泰正
    ICRP 原子力事故後の復興に関する国際会議――福島及びこれまでの事故から学ぶ放射線防護の教訓/2020-12-02--2020-12-02
  • 社会的リスクトレードオフをめぐる視座――原発事故/パンデミック――
    五十嵐 泰正
    日本リスク学会第33回年次大会/2020-11-21--2020-11-21
  • 都市的なるものが直撃された後に、戻るべきものと変えるべきもの――インバウンドが「蒸発」した台東区の事例から
    五十嵐 泰正
    地域社会学会オンラインシンポジウム/2020-11-14--2020-11-14
  • 指定コメント②
    五十嵐 泰正
    『福島第一原子力発電所事故後のPublic Understanding(科学の公衆理解)の取り組みに関する専門研究会活動成果報告』、日本保健物理学会第53回研究発表会/2020-06-30--2020-06-30
  • What should be done after 9 years? - The current situation of Fukushima food products from a market point of view
    五十嵐 泰正
    OECD/NEA Workshop on Preparedness For Post-Accident Recovery Process; Lessons From Experience SESSION 4: Business Interest In Emergency And Recovery Phases/2020-02-19--2020-02-19
  • 繁華街における流動性とコミュニティ―東京・台東区上野地区のフィールド調査から
    五十嵐 泰正
    日本都市学会第66回大会/2019-10-26--2019-10-26
  • 「日本型民泊」導入の背景と規制の現状――地域政策、社会政策との接点
    五十嵐 泰正
    経済理論学会問題別分科会:現代の労働・貧困問題研究会『シェアリングエコノミーとギグ・エコノミーの事例検討 移民労働、貧困、民泊の実情から考える』/2019-10-20--2019-10-20
  • コメント
    五十嵐 泰正
    企画セッション「福島復興知を考える:原子力災害から地域再生と社会イノベーション」環境経済・政策学会(SEEPS)2019 年大会/2019-09-29--2019-09-29
  • 原発事故後、社会学は本来何ができたはずなのか
    五十嵐 泰正
    日本保健物理学会PU委員会 第3回全体会合/2019-09-05--2019-09-05
  • 市場からみる「風評」被害の現在とこれから――消費者の選択以前に起こっていること
    五十嵐 泰正
    福島ダイアログ 福島の復興はどこまで進んだのか−農業と漁業を中心として−/2019-08-03--2019-08-03
  • 移民の社会統合の理念と現実-後発国の比較研究(コメンテーター)
    五十嵐 泰正
    移民の社会統合の理念と現実-後発国の比較研究/2019-01-12--2019-01-12
  • 市場の選択、社会の選択、個人の選択
    五十嵐 泰正
    「全体セッション 福島の今と未来 リスク学の今と未来」リスク研究学会第31回大会/2018-11-10--2018-11-10
  • シンポジウム 「第二」の大都市はどこに向かうのか(コメンテーター)
    五十嵐 泰正
    日本都市社会学会第36回大会/2018-09-02--2018-09-02
  • Challenges to overcome social gaps through local Coproduction and the situation of the products from Fukushima 7 years after the nuclear disaster
    Igarashi Yasumasa
    Contemporary Japan Speaker Series/2018-03-22--2018-03-22
  • ラウンドテーブル1 都市/ストリート(企画・司会)
    五十嵐 泰正
    日本都市社会学会/2017-09-07--2017-09-07
  • 『脱原発の哲学』をめぐる討議
    佐藤嘉幸; 田口卓臣; 五十嵐泰正; 早尾貴紀; 本間信和
    『脱原発の哲学』合評会、筑波大学比文プロジェクト/2017-05-18--2017-05-18
  • 3.11後の「文系」に何が求められていたのか
    Igarashi Yasumasa
    人文社会系研究発信月間ファイナルシンポジウム/2016-12-10--2016-12-10
  • 地方におけるこれからの外国人労働力導入について
    五十嵐泰正
    科学研究費 基盤研究C成果報告研究会 人口減少社会と外国人・移民政策~青森県を事例として~/2016-11-11--2016-11-11
  • Challenges to overcome social gaps through coproduction: Kashiwa’s practical experience as a radioactive ‘hotspot’ after 3.11
    Igarashi Yasumasa
    Technical Meeting on Radiation, Health and Healing/2016-03-09--2016-03-09
  • Challenges to overcome social gaps through coproduction--Practical action research in Kashiwa and Iwaki
    Igarashi Yasumasa
    Thematic Session:Disaster, Risk and Sustainable Community/2015-10-31--2015-10-31
  • 社会的分断を越える協働とマーケティング的解決
    五十嵐 泰正
    国際フォーラム 被災地・広野町から考える/2015-09-17--2015-09-17
担当授業科目
2021-04 -- 2021-06都市社会学II筑波大学
2021-10 -- 2021-12都市社会学II筑波大学
2021-04 -- 2021-08都市社会学特別演習II筑波大学
2021-10 -- 2022-02都市社会学特別演習II筑波大学
2021-10 -- 2021-12現代社会論筑波大学
2021-04 -- 2021-08都市社会学演習II筑波大学
2021-10 -- 2022-02都市社会学演習II筑波大学
2021-04 -- 2021-08社会学演習IVc筑波大学
2021-10 -- 2022-02社会学演習IVc筑波大学
2021-10 -- 2021-12社会学基礎理論B筑波大学
授業以外の教育活動
2016-04 -- (現在)社会学類1クラス担任
2015-10 -- 2016-03社会学演習IVにおけるウェブサイトおよび小冊子『柏発!起業のリアルストーリー』の制作・編集筑波大学社会学類、かしわインフォメーションセンター
2012-04 -- 2013-03社会調査実習報告書『アメ横から考える-イメージ、コミュニケーション、空間性-』の編集筑波大学
2010-04 -- 2011-03社会調査実習報告書『職場の中の外国人』の編集筑波大学
2008-04 -- 2009-03社会調査実習報告書『柏という「場」』の編集筑波大学
一般講演
  • ここが上野と誰もが認知できる場所をつくる
    五十嵐 泰正
    上野まちづくり協議会/2021-02-24--2021-02-24
  • 風化と風評、「2つの風」と向き合う
    五十嵐 泰正
    次世代と考える放射線に関する情報発信――「伝える」ではなく、「伝わる」とは。/2021-01-23--2021-01-23
  • 「夜の街」のリスクトレードオフ」
    五十嵐 泰正
    『密に交わる空間』をめぐるラウンドテーブル-(上野)歓楽街・繁華街で起きていること、起きうること/2020-07-24--2020-07-24
  • 「新しい生活様式」は「新しい倫理」になるのか
    五十嵐 泰正
    社会問題を考えるみんなの部活動 リディ部/2020-07-09--2020-07-09
  • 論点提示
    五十嵐 泰正
    いわゆる「処理水」について考える会 vol.2/2020-06-11--2020-06-11
  • “危ない VS 大丈夫” リスクをめぐる対立の乗り越えかた
    五十嵐 泰正
    社会問題を考えるみんなの部活動 リディ部/2020-06-05--2020-06-05
  • TOKYO:都市の闇・闇の都市 ~“地霊”が宿る大都市・東京の裏面を覗き見る~
    五十嵐 泰正; 本橋信宏
    五十嵐泰正『上野新論』×本橋信宏『東京裏23区』出版記念トーク/2020-02-23--2020-02-23
  • 「食」から考える原発事故後の市場と社会
    五十嵐 泰正
    第4回 ふくしま県民公開大学/2020-02-09--2020-02-09
  • 上野憲章素案たたき台
    五十嵐 泰正
    副都心上野まちづくり協議会/2019-11-27--2019-11-27
  • 「原発事故後の「食」を考える
    五十嵐 泰正
    第三土曜の会/2019-10-19--2019-10-19
  • まちづくり憲章策定に向けて
    五十嵐 泰正
    副都心上野まちづくり協議会/2019-06-26--2019-06-26
  • 福島の海と魚のいま
    五十嵐 泰正; 2019年度社会学類開設科目社会調査実習II参加学...
    社会学類社会実習調査報告会/2019-03-06--2019-03-06
  • 福島の海のいま -試験操業から資源管理型漁業へ-
    五十嵐 泰正
    つくばSDGsパートナー講座/2019-02-24--2019-02-24
  • アートプロジェクトが立ち上がる土壌とは 谷中編(富塚絵美、椎原晶子との鼎談)
    五十嵐 泰正
    TOKYO ART RESERCH LAB/2019-02-13--2019-02-13
  • Webプロジェクト〈Ueno Imperial Records〉って? / わたしたちは(死んだら)どこへ行くのか(コメンテーター)
    五十嵐 泰正
    ARTS TIME PROJECTって何?/2018-11-24--2018-11-24
  • 福島の海のいま -試験操業から資源管理型漁業へ-
    五十嵐 泰正
    つくばSDGsマイスター講座/2018-11-02--2018-11-02
  • 上野地区のエリアマネジメントに向けて
    五十嵐 泰正
    上野まちづくりビジョン会議 第3回まちづくり部会/2018-10-24--2018-10-24
  • 原発事故と「食」
    五十嵐 泰正
    よみうり大手町スクール 著者と語る・サイエンス読書会/2018-10-05--2018-10-05
  • 上野の地域イメージ/アイデンティティ形成
    五十嵐 泰正
    上野まちづくりビジョン会議 第2回まちづくり部会/2018-09-26--2018-09-26
  • 意思決定における二重過程理論
    五十嵐 泰正
    国際高校生放射線防護ワークショップ 2018/2018-08-07--2018-08-07
  • 山と街-近代日本の歴史の地層を歩く
    五十嵐 泰正
    UENO YES 上野スタディーズ/2018-07-30--2018-07-30
  • エリマネ@上野の可能性
    五十嵐 泰正
    副都心上野まちづくり協議会/2018-07-25--2018-07-25
  • 誰かを誘って福島に行こう!
    五十嵐 泰正
    毎日メディアカフェ/2018-06-08--2018-06-08
  • これからの食の結び方-原発事故から7年の思考
    五十嵐 泰正; 藤原辰史
    ソーシャルディア/2018-05-11--2018-05-11
  • 7年後のいまをどう伝えるか──『原発事故と「食」』(中公新書)刊行記念
    五十嵐 泰正; 小松理虔; 武田徹
    ゲンロン主催イベント/2018-04-25--2018-04-25
学協会等委員
2021-01 -- (現在)台東区上野地区まちづくりビジョン推進会議委員
2020-12 -- 2021-03公益財団法人 流通経済研究所(農林水産省)輸出環境整備推進委託事業:東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う日本産食品の放射性物質対策に関する資料の調査及び総括 検討委員会委員
2019-12 -- 2020-03NTTアド(東京観光財団委託事業)上野回遊性向上事業計画策定支援事業アドバイザー
2019-11 -- 2021-03株式会社クリーク・アンド・リバー社(環境省委託事業)「放射線の健康影響に関する情報発信」検討ワーキンググループ委員
2019-10 -- (現在)日本都市社会学会編集委員会委員
2019-06 -- (現在)副都心上野まちづくり協議会事務局アドバイザー
2018-09 -- 2021-03公益財団法人 流通経済研究所(農林水産省委託事業)平成30年度福島県産農産物等流通実態調査委託事業 検討委員
2017-10 -- 2021-03台東区上野地区まちづくりビジョン委員
2017-04 -- (現在)音楽の街かしわ実行委員会委員長
2018-04 -- (現在)日本保健物理学会福島第一原子力発電所事故後のPublic Understanding(科学の公衆理解)の取り組みに関する専門研究会 オブザーバー
学内管理運営業績
2018-04 -- (現在)広報戦略室員
2015-04 -- 2017-03学長補佐
2016-04 -- 2017-03大学戦略室オブザーバー
2016-04 -- 2018-03社会学類入試実施委員
2015-04 -- 2017-03人文社会系倫理委員会委員
2015-04 -- (現在)人文社会系地域連携室員
2014-04 -- 2015-03国際公共政策専攻入試実施委員長
2013-04 -- 2014-03人文社会科学研究科 研究科FD委員
2012-04 -- 2014-03社会学類入試実施委員
2008-04 -- 2010-03社会学類入試実施委員学類入試の運営等
その他の活動
2021-05 -- 2021-05『朝日新聞』(2021年5月11日)「耕論 合意なき海洋放出」にて、「東電・国に不信 風評の元」としてインタビュー記事掲載
2021-04 -- 2021-04『NHK NEWS WEB』上の記事「なぜ反対? 処理水放出決定に福島からは」(2021年4月26日)にて、コメント掲載
2021-04 -- 2021-04NHK総合『ニュース シブ5時』(2021年4月16日放送)にて、コメント収録出演
2021-04 -- 2021-04『毎日新聞web』(2021年4月16日)にて、「処理水放出の風評被害「賠償だけでは解決せず」」としてインタビュー記事掲載
2021-04 -- 2021-04『NHK NEWS WEB』上の記事「福島第一原発 処理水 風評被害対策の関係閣僚会議を新設」(2021年4月16日)にて、コメント掲載
2021-04 -- 2021-04『東奥日報』(2021年4月15日)ほか共同通信配信記事「福島第1原発処理水 海洋放出決定の波紋 上」にて、コメント掲載
2021-04 -- 2021-04Comments on “Fukushima water release gets formal OK” in The Japan Times(14, Apr, 2021)
2021-04 -- 2021-04『毎日新聞』(2021年4月14日)にて、「ミニ論点 東日本大震災福島第一原発事故 処理水海洋放出決定 流通促進の支援を」としてインタビュー記事掲載
2021-04 -- 2021-04『朝日新聞デジタル』(2021年4月14日)にて、「福島の漁獲 売る側と生産者の意思疎通、政府が促進を」としてインタビュー記事掲載
2021-04 -- 2021-04『朝日新聞』(2021年4月14日)記事「先送り限界 放出決定 風評対策 効果見通せず」にて、コメント掲載

(最終更新日: 2021-06-23)