現在地

近藤 剛弘(コンドウ タカヒロ; Kondo, Takahiro)

face
所属
数理物質系
職名
准教授
ORCID
0000-0001-8457-9387
生年月
1976-09
URL
eメール
 
研究室
総合研究棟B 307
電話
029-853-5934
研究分野
薄膜・表面界面物性
物理化学
ナノ材料化学
研究キーワード
表面科学
研究課題
典型元素で構成される新規2次元物質群の創出2019-04 -- 2022-03代表 近藤剛弘日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)17,420,000円
ホウ化水素を用いた高密度水素貯蔵材料の開発2019-04 -- 2021-03代表 近藤剛弘文部科学省/新学術領域研究(研究領域提案型)4,290,000円
ホウ化水素シートを用いた新規触媒群の創出2018-04 -- 2021-03代表 近藤剛弘日本学術振興会/科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽)6,370,000円
次世代超高速デバイス実現に向けた新規ディラック原子層材料の開発2018-04 -- 2021-03代表:松田巌、分担:近藤剛弘日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)4,700,000円
窒素ドープカーボン触媒の機能解明とボトムアップ合成2017-04 -- 2020-03代表:中村潤児、分担:近藤剛弘日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)1,800,000円
超高感度ヘテロダイン走査トンネル分光の実現2016-04 -- 2018-03代表 近藤剛弘日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,640,000円
単層ボロンシートの合成2016-04 -- 2018-03代表 近藤剛弘文部科学省/新学術領域研究(研究領域提案型)4,680,000円
ホウ素を基盤とした新規2次元化合物の創成2016-04 -- 2019-03代表 近藤剛弘日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)19,370,000円
窒素ドープグラフェン粉末を用いた新規CO2分離吸着材料の開発2015-09 -- 2016-10代表 近藤剛弘公益信託ENEOS水素基金/第3分野<CO2固定化技術>10,000,000円
平坦なグラファイト表面における無磁場下でのランダウ準位の発現メカニズムの解明2013-04 -- 2016-03代表 近藤剛弘日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(C)5,200,000円
職歴
2017-10 -- (現在)(兼任)筑波大学 エネルギー物質科学研究センター(TREMS) マテリアル分子設計部門 准教授
2017-08 -- 2019-07(兼任)文部科学省 研究振興局 学術調査官
2016-04 -- (現在)(兼任)東京工業大学 元素戦略研究センター 特定准教授
2015-10 -- 2017-09(兼任)筑波大学 数理物質融合科学センター (CiRfSE) 物質変換材料研究部門、光量子計測器開発推進室 准教授
2015-01 -- (現在)筑波大学 数理物質系 物質工学域 准教授
2012-10 -- 2016-03(兼任)独立行政法人科学技術振興機構 PRESTO さきがけ研究者
2011-10 -- 2015-01筑波大学 数理物質系 物質工学域 講師
2011-04 -- 2017-09(兼任)筑波大学 学際物質科学研究センター(TIMS)
2007-04 -- 2012-03(兼任)理化学研究所 表面化学研究室 客員研究員
2007-04 -- 2011-09筑波大学 大学院 数理物質科学研究科 助教(テニュアトラック)
学歴
1999-04 -- 2003-03筑波大学大学院 工学研究科 物理工学修了
1995-04 -- 1999-03筑波大学 第三学群 基礎工学類 応用物理主専攻卒業
取得学位
2003-03博士(工学)筑波大学
所属学協会
2018-01 -- (現在)日本表面真空学会
2017-12 -- (現在)American Chemical Society
2017-04 -- (現在)Materials Research Society
2009 -- (現在)日本化学会
2009 -- 2017-12日本真空学会(2018より日本表面真空学会となる)
2008 -- (現在)American Vacuum Society
2007 -- (現在)触媒学会
2004 -- (現在)日本物理学会
2001 -- 2017-12日本表面科学会(2018より日本表面真空学会となる)
2000 -- (現在)応用物理学会
受賞
2020-01Best Poster Award 2020, 1st International Symposium Hydrogenomics combined with 14th International Symposium Hydrogen & Energy
2019-03平成30年度熊谷研究助成 表彰
2016-10Elsevier Carbon: Outstanding contribution in reviewing (top 10%)
2016-03-19第10回(2016年)日本物理学会若手奨励賞
2013-10-24筑波大学若手教員奨励賞
2012-03-29第13回「貴金属に関わる研究助成金」MMS賞
2010-11-05第19回真空進歩賞
2005-11-15International Symposium on Surface Science and Nanotechnology Best Poster Award
2005-09-07応用物理学会講演奨励賞
2019-02(助成金)公益財団法人 小笠原科学技術振興財団 平成30年度 一般研究助成
2018-09(助成金)一般財団法人サムコ科学技術振興財団 平成30年度 第2回 薄膜技術に関する研究助成
2018-07(助成金)公益財団法人 村田学術振興財団 2018年度研究助成
2015-10(助成金)公益信託ENEOS水素基金
2010-08(助成金)財団法人丸文研究交流財団 国際交流研究助成金
2008-10(助成金)財団法人小笠原科学技術振興財団 平成20年度国際研究集会出張助成
2008-10(助成金)日本学術振興会 平成20年度 第Ⅰ期 国際学会等派遣事業
論文
著書
  • Active Sites in Nitrogen‐Doped Carbon Materials for Oxygen Reduction Reaction
    Shibuya Riku; Kondo Takahiro; Nakamura Junji
    Carbon‐Based Metal‐Free Catalysts: Design and Applications I, Wiley‐VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, pp.227-249, 2018-08
  • Helium Atom Scattering
    Kondo Takahiro
    Compendium of Surface and Interface Analysis, Springer, pp.239-245, 2018-02
  • 窒素ドープグラフェンの触媒活性点
    Kondo Takahiro; Junji Nakamura
    二次元物質の科学 グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界, 化学同人, pp.94-100, 2017-04
  • 燃料電池の酸素極への応用
    松本 泰道; 中村 潤児; 近藤 剛弘
    酸化グラフェンの機能と応用, シーエムシー, pp.150-161, 2016-04
  • Fuel cell catalysts based on carbon nanomaterial
    Junji Nakamura Takahiro Kondo
    Carbon Nanomaterials for Advanced Energy Systems: Advances in Materials Synthesis and Device Applications, John Wiley & Sons Inc., pp.267-294, 2015-11
  • 問題と解説で学ぶ表面科学
    近藤 剛弘
    問題と解説で学ぶ表面科学, pp.114-114, 2013-10
  • 燃料電池要素技術~触媒・電解質膜・MEAとその低コスト・高信頼・高機能化~ 第6節 カーボンアロイ触媒、最適活性点形成の解明について
    近藤剛弘; 中村潤児
    情報機構, 2011-12
  • 白金代替カーボンアロイ触媒「7.2 実験によるカーボンアロイ触媒の発現原理」
    近藤剛弘; 中村潤児
    株式会社シーエムシー出版, 2010-04
  • 実験化学講座,第24巻,第5版“表面・界面”「表面プロセスの観測-分子線散乱-」
    近藤 剛弘
    日本化学会編、丸善(株)出版, 2007-03
  • 超音速分子線を用いた表面化学反応の制御に関する研究
    近藤 剛弘
    2003-03
会議発表等
  • ホウ素と硫黄を用いた新規二次元物質の合成
    日下陽貴; 石引涼太; 豊田雅之; 徳永智春; 藤田武志; 山本明...
    第67回応用物理学会春季学術講演会/2020-3-15--2020-3-15
  • 炭素ドープホウ化水素シートの合成と評価
    川村陸; 藤本義隆; 石引涼太; 後藤大河; 伊藤伸一; 藤田武志;...
    第67回応用物理学会春季学術講演会/2020-3-15--2020-3-15
  • Topological semimetal Cu2Si characterized by photoelectron spectroscopy
    M. Cameau; R. Yukawa; C.-H. Chen; A. Huang; P. Moras; P. ...
    The 15th Soleil Synchrotron and at the Electron Spectroscopy days/2020-1-17--2020-1-17
  • 窒素ドープカーボンモデル電極触媒の表面電子状態
    秋光上歩; 引田悠介; 渋谷陸; 武安光太郎; 近藤 剛弘; 中村潤児
    第13回 表面・界面スペクトロスコピー2019/2019-12-06--2019-12-06
  • Vibration-driven reaction of CO2 on Cu surfaces
    IMABAYASHI Takumi; QUAN Jiamei; KOZARASHI Taijun; MOGI To...
    MATERIALS RESEARCH MEETING 2019 Materials Innovation for Sustainable Development Goals/2019-12-11--2019-12-11
  • Carbon dopong of hydrogen boride sheet reduces H2 release temperature (Best poster award 2020受賞)
    Kondo Takahiro; Fujimoto Y.; Ishibiki R.; Goto T.; Ito S....
    1st International Symposium Hydrogenomics combined with 14th International Symposium Hydrogen & Energy/2020-01-06--2020-01-06
  • 窒素ドープカーボンモデル触媒における酸素還元反応素過程 (Student prize受賞)
    引田悠介; 秋光上歩; 武安光太郎; 近藤 剛弘; 中村潤児
    第13回 表面・界面スペクトロスコピー2019/2019-12-06--2019-12-06
  • B K端の吸収および発光分光法によるホウ化希⼟類-アルミニウム/クロム,R(Al0.95Cr0.05)B4の電⼦構造
    新部正⼈; Mathis Cameau; Nguyen Cuong; 湯蓋邦夫; 近藤 剛...
    第33回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム/2020-01-10--2020-01-10
  • Adsorption of CO2 on Hydrogen Boride Sheets with H-vacancy Defects
    GOTO Taiga; ISHIBIKI Ryota; HOSONO Hideo; Kondo Takahiro
    MATERIALS RESEARCH MEETING 2019 Materials Innovation for Sustainable Development Goals/2019-12-13--2019-12-13
  • Structure and Electronic States Changes of Hydrogen Boride Sheets with Heating, MATERIALS
    ISHIBIKI Ryota; MATSUDA Iwao; ITO Shin-ichi; HOSONO Hideo...
    MATERIALS RESEARCH MEETING 2019 Materials Innovation for Sustainable Development Goals/2019-12-13--2019-12-13
  • Hydrogenated Borophene Shows Catalytic Activity as Solid Acid
    Kondo Takahiro; FUJINO Asahi; ITO Shin-ichi; Taiga GOTO; ...
    MATERIALS RESEARCH MEETING 2019 Materials Innovation for Sustainable Development Goals/2019-12-13--2019-12-13
  • Carbon Doping of Hydrogen Boride Sheet Reduces H2 Release Temperature
    Kondo Takahiro; FUJIMOTO Yoshitaka; ISHIBIKI Ryota; GOTO ...
    MATERIALS RESEARCH MEETING 2019 Materials Innovation for Sustainable Development Goals/2019-12-13--2019-12-13
  • Hydrogenated borophene Sheets: Synthesis, Characterization, and Application (Invited talk)
    Kondo Takahiro
    Joint Symposium on Nanomaterials for Energy Applications/2019-11-05--2019-11-05
  • Vibration-driven reaction of CO2 with hydrogen at Cu surfaces (Invited talk)
    Kondo Takahiro
    The 81st Okazaki Conference, Forefront of Measurement Technologies for Surface Chemistry and Physics in Real-Space, k-Space, and Real-Time/2019-12-02--2019-12-02
  • 二次元物質ホウ化水素シートの生成、特性、機能 (Invited talk)
    近藤 剛弘
    2019年日本表面真空学会学術講演会/2019-10-30--2019-10-30
  • 水素とホウ素のみで構成される二次元物質ホウ化水素 (Invited talk)
    近藤 剛弘
    第2回ハイドロジェノミクス研究会/2019-11-26--2019-11-26
  • 振動励起CO2分子が誘起する表面反応 (Invited talk)
    近藤 剛弘
    日本表面真空学会関東支部セミナー/2020-01-21--2020-01-21
  • 超音速分子線を用いた Cu(100)での CO2の表面反応ダイナミクス
    今林 拓海; 茂木 智泰; 全 家美; 武安 光太郎; 近藤 剛弘; 藤...
    第13回 表面・界面スペクトロスコピー 2019/2019-12-06--2019-12-06
  • Cu (111)表面でのフォルメート水素化反応素過程
    澤樹 保隆; 今林 拓海; 武安 光太郎; 近藤 剛弘; 藤谷 忠博; ...
    第13回 表面・界面スペクトロスコピー 2019/2019-12-06--2019-12-06
  • Cu(111)表面でのフォルメート水素化反応素過程
    澤樹 保隆; 今林 拓海; 武安 光太郎; 近藤 剛弘; 藤谷 忠博; ...
    2019年日本表面真空学会学術講演会/2019-10-30--2019-10-30
  • Cu 系触媒におけるメタノール合成の反応メカニズム
    菅 亮人; 小島 隆聖; 近藤 剛弘; 武安 光太郎; 中村 潤児; 藤...
    2019年日本表面真空学会学術講演会/2019-10-30--2019-10-30
  • 窒素ドープカーボンモデル触媒を用いた酸素還元反応素過程の表面科学的解析
    引田 悠介; 秋光 上歩; 武安 光太郎; 近藤 剛弘; 中村 潤児
    2019年日本表面真空学会学術講演会/2019-10-30--2019-10-30
  • 単結晶Cu表面でのCO2解離吸着ダイナミクス
    今林 拓海; 茂木 智泰; 全 家美; 武安 光太郎; 近藤 剛弘; 藤...
    2019年日本表面真空学会学術講演会/2019-10-30--2019-10-30
  • 窒素ドープカーボンを用いたボトムアップモデル電極触媒の局所電子状態
    秋光 上歩; 引田 悠介; 渋谷 陸; 武安 光太郎; 近藤 剛弘; 中...
    2019年日本表面真空学会学術講演会/2019-10-30--2019-10-30
  • Structure and Electronic States Variations of Hydrogen Boride Nanosheets with Heating
    Ishibiki R.; Matsuda I.; Ito S.; Nakamura J.; Hosono H.; ...
    20th International Symposium on Boron, Borides and Related Materials (ISBB 2019)/2019-09-22--2019-09-22
知的財産権
  • Sheet containing two-dimensional borohydride and production method for sheet containing two-dimensional boron compound
    Kondo Takahiro; 中村潤児; 西野弘晃; 藤野朝日; 藤森智博; ...
  • 二次元ホウ化水素含有シート、二次元ホウ素化合物含有シートの製造方法
    近藤 剛弘; 中村潤児; 西野弘晃; 藤野朝日; 藤森智博; 細野秀...
  • 酸素還元触媒とその活性化方法、および燃料電池触媒
    中村潤児; 近藤 剛弘; 渋谷陸; 下山雄人
  • 二次元ホウ素シートおよびその製造方法
    近藤 剛弘; 中村潤児; 山本洋平; 細野秀雄
担当授業科目
2019-10 -- 2020-02ナノサイエンス・ナノテクノロジー特別研究IA筑波大学
2019-10 -- 2020-02ナノサイエンス・ナノテクノロジー特別研究IIA筑波大学
2019-04 -- 2019-08物質化学・バイオ特別研究IB筑波大学
2019-04 -- 2019-08ナノサイエンス・ナノテクノロジー特別研究IB筑波大学
2019-10 -- 2020-02ナノサイエンス・ナノテクノロジー特別研究IIIA筑波大学
2019-10 -- 2020-02物質化学・バイオ特別研究IIA筑波大学
2019-04 -- 2019-08ナノサイエンス・ナノテクノロジー特別研究IIB筑波大学
2019-10 -- 2020-02物質化学・バイオ特別研究IA筑波大学
2019-04 -- 2019-08理工融合セミナーIII筑波大学
2019-10 -- 2020-02理工融合セミナーIII筑波大学
授業以外の教育活動
2019-08 -- 2019-08公益社団法人日本表面真空学会 真空夏期大学 講師公益社団法人日本表面真空学会
2019-07 -- 2019-07燃料電池ってなんだろう~燃料電池触媒開発の体験実験~応用理工学類/対象者:富山東高校と魚津高校の高校生
2017-11 -- 2017-11JST 日本・アジア青少年サイエンス交流事業 さくらサイエンスプラン C:科学技術研修コース筑波大学/対象者:ハノイ工科大学とベトナム国家大学ハノイ校の大学院生
2017-10 -- 2017-10燃料電池ってなんだろう~燃料電池触媒開発の体験実験~応用理工学類/対象者:旭川西高校の高校生
2017-07 -- 2017-07燃料電池ってなんだろう~燃料電池触媒開発の体験実験~応用理工学類/対象者:富山東高校と魚津高校の高校生
2016-10 -- 2016-10燃料電池ってなんだろう~燃料電池触媒開発の体験実験~応用理工学類/対象者:旭川西高校の高校生
2016-07 -- 2016-07燃料電池って何だろう~燃料電池触媒開発の体験実験応用理工学類/対象者:富山東高校と魚津高校の高校生
2015-10 -- 2015-10出前講義:燃料電池ってなんだろう~原理から最先端研究まで~応用理工学類/対象者:茨城高校の高校生
2015-10 -- 2015-10燃料電池ってなんだろう~燃料電池触媒開発の体験実験~応用理工学類/対象者:旭川西高校の高校生
2014-09 -- 2014-09燃料電池ってなんだろう~燃料電池触媒開発の体験実験~応用理工学類/対象者:旭川西高校の高校生
学協会等委員
2019-05 -- (現在)日本表面真空学会理事
2018-05 -- (現在)日本表面真空学会出版委員(2019-05から委員長)
2019-05 -- (現在)日本表面真空学会関東支部委員
2019-05 -- (現在)日本表面真空学会広報・会員増強委員
2019-04 -- (現在)日本表面真空学会2019年日本表面真空学会学術講演会 実行委員
2018-05 -- (現在)日本表面真空学会教育委員
2017-09 -- (現在)触媒学会燃料電池関連触媒研究会 世話人
2019-04 -- 2019-12日本応用物理学会MNC2019 Program Committee Members
2014-04 -- (現在)文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター専門調査員
2017-08 -- 2019-07文部科学省研究振興局 学術調査官
学内管理運営業績
2007-04 -- (現在)非公開非公開

(最終更新日: 2020-07-10)