現在地

大石 基(オオイシ モトイ; Oishi, Motoi)

所属
数理物質系
職名
講師
研究課題
DNAクリック連鎖反応に最適なナノ界面の構築によるアルツハイマーの客観的早期診断2015 -- 2017大石 基日本学術振興会/基盤研究(C)4,940,000円
刺激応答性ポリサイラミン/ポリエチレングリコールブロック共重合体によるインテリジェントセンサーおよび薬物キャリアの創製2006-03 -- (現在)熊谷科学技術振興財団/国内共同研究1,000,000円
siRNAのピンポイントデリバリーを可能とする高分子ナノ組織体の創製2006-04 -- (現在)細胞科学研究財団/国内共同研究3,000,000円
中性子捕捉療法を可能とする高分子ボロン会合体の創製2007-10 -- (現在)公益信託三菱化学/国内共同研究1,000,000円
ピンポイント中性子捕捉療法を目指したPEG化ホウ素ナノゲル粒子によるDDS2007-12 -- (現在)財団法人東京生化学研究会/国内共同研究1,500,000円
医工学連携によるガンのピンポイント診断・治療を目指したナノデバイスの創製2009-12 -- (現在)財団法人国際科学技術財団/国内共同研究1,000,000円
ガンのピンポイントイメージング・治療を可能とする金コロイド内包型PEG化ナノゲル粒子の創製2009-04 -- (現在)財団法人宇部興産学術振興財団/国内共同研究1,000,000円
19F-NMRタグを有する磁性ナノ粒子による多次元化遺伝子診断システムの開発2012 -- 2014日本学術振興会/基盤研究(C)3,900,000円
体内での核酸の送達・可視化・定量を目指した金ナノ粒子内包型デバイスの設計と創製2010 -- 2011日本学術振興会/若手研究(B)4,160,000円
In vivoアポトーシスの誘発と検出を目指したコアーシェル型金ナノ粒子の設計 2007 -- 2008日本学術振興会/若手研究(B)3,390,000円
受賞
2008-05-29高分子研究奨励賞
論文
著書
  • 光学活性ケイ素化合物の重合による光学活性および立体規則性ポリシロキサンの合成
    大石 基; 川上 雄資
    高分子加工, 2000-01
  • RNAi法とアンチセンス法—RNAの科学と応用(3-5, アンチセンス法による遺伝子治療—ナノ粒子による遺伝子治療)
    大石 基; 長崎 幸夫; 片岡 一則
    講談社, 2005-01
  • Polymeric Drug Delivery Systems "Functional PEG for drug delivery Chapter 2"
    Motoi Oishi; Yukio Nagasaki; and Kazunori Kataoka
    Taylor & Francis Group, 2005-01
  • 「医療ゲルの最新技術と開発—バイオミメティックゲルの応用」応用編】第6章 ナノゲルによるピンポイント治療・診断システムへの展開
    大石 基; 長崎 幸夫
    シーエムシー出版, 2008-01
  • “Block Copolymer Synthesis for Nanoscale Drug and Gene Delivery” Chapter 2 in the book entitled “Nanotechnology in Drug Delivery”
    Moyoi Oishi anf Yukio Nagasaki; +大石 基
    Springer-Verlag Inc. New York, 2008-01
  • PEG-siRNA Conjugate Bearing 27 bp siRNA to Form Novel PEGylated Polyplexes with Improved Stability
    Tatsumi Taiga; Oishi Motoi; Kataoka Kazunori; Nagasaki Yukio
    TRANSACTIONS OF THE MATERIALS RESEARCH SOCIETY OF JAPAN, VOL 33, NO 3, MATERIALS RESEARCH SOCIETY JAPAN-MRS-J, pp.807-810, 2008-01
  • Application of Stimuli-Responsive Nanogels for High-Performance Nanoreactor and Nanoreservoir of Gold Nanoparticles
    Nakamura Takahito; Oishi Motoi; Nagasaki Yukio
    TRANSACTIONS OF THE MATERIALS RESEARCH SOCIETY OF JAPAN, VOL 33, NO 3, MATERIALS RESEARCH SOCIETY JAPAN-MRS-J, pp.799-802, 2008-01
会議発表等
  • Runtime DVFS Control with instrumented code in Power-scalable Cluster System
    Banno T; Otsuka F; Blumenberg M
    Joint Symposium of the Materials-Research-Society-of-Japan
  • Application of Stimuli-Responsive Nanogels for High-Performance Nanoreactor and Nanoreservoir of Gold Nanoparticles
    Nakamura Takahito; Oishi Motoi; Nagasaki Yukio
    Joint Symposium of the Materials-Research-Society-of-Japan
  • POLY 549-pH-Responsive PEGylated nanogels as smart nanodevice for cancer diagnosis and therapy
    Oishi Motoi; Nagasaki Yukio
    236th National Meeting of the American-Chemical-Society/2008-08
  • Development of Efficient siRNA Delivery System to Tumor Cells by Combining Octaarginine, GALA and Enzymatically-Cleavable PEG-Lipid
    Sakurai Yu; Hatakeyama Hiroto; Akita Hidetaka; Oishi Moto...
    12th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy/2009-05
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02物質化学・バイオ特別研究IA筑波大学
2018-10 -- 2019-02物質化学・バイオ特別研究IB筑波大学
2018-10 -- 2019-02物質化学・バイオ特別研究IIA筑波大学
2018-10 -- 2019-02物質化学・バイオ特別研究IIB筑波大学
2018-10 -- 2019-02物質化学・バイオ特別研究IIIA筑波大学
2018-10 -- 2019-02物質化学・バイオ特別研究IIIB筑波大学
2018-10 -- 2019-02物質化学・バイオ特別研究IVA筑波大学
2018-10 -- 2019-02物質化学・バイオ特別研究IVB筑波大学
2018-10 -- 2019-02物質化学・バイオ特別研究VA筑波大学
2018-10 -- 2019-02物質化学・バイオ特別研究VB筑波大学

(最終更新日: 2019-04-10)