現在地

鈴木 健嗣(スズキ ケンジ; Suzuki, Kenji)

face
所属
システム情報系
職名
教授
URL
研究分野
知能情報学
研究キーワード
ロボット工学、人支援技術、拡張生体技術、サイバニクス、音楽音響技術、HCI、HRI、ソーシャル・ロボティクス、バイオ・ロボティクス
研究課題
表情表出による社会性の機能再生を支援するロボットマスクの研究2017 -- 2020鈴木 健嗣日本学術振興会/挑戦的研究(開拓)25,870,000円
姿勢変換と移動行為を支援するソフトロボットアシスト技術の創成2017 -- 2020鈴木 健嗣日本学術振興会/基盤研究(A)43,680,000円
装着型嚥下計測技術に基づく摂食・嚥下支援ネットワーク形成への応用2016-01 -- 2018-03鈴木 健嗣国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST)/大学発新産業創出プログラム(START)80,886,000円
ソーシャル・イメージングの創成に関する研究2014-10 -- 2020-03鈴木健嗣国立研究開発法人科学技術振興機構/戦略的創造研究推進事業(CREST)
随意的な姿勢変換を支援するソフトロボットアシスト技術の基盤化2014-04 -- 2017-03鈴木 健嗣日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)15,000,000円
ソーシャル・プレイウェアによる社会的交流支援2011-10 -- 2015-03鈴木健嗣独立行政法人科学技術振興機構/戦略的創造研究推進事業(さきがけ)35,774,000円
人支援ロボティクス技術の研究開発2006-04 -- (現在)/
実世界における表情表出の識別と情動表現の拡張2011 -- 2013日本学術振興会/若手研究(A)20,670,000円
自己顔の動的表情認知の理解による人支援技術・化粧法への応用2011 -- 2012文部科学省/新学術領域研究6,890,000円
顔面の表情表出機能を支援・拡張するロボットマスクの研究2009 -- 2011日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,340,000円
職歴
2016-04 -- (現在)筑波大学 システム情報系 教授
2012-05 -- 2016-03筑波大学 システム情報系 准教授
2005-03 -- 2012-05筑波大学 大学院システム情報工学研究科 講師
2002-04 -- 2005-03早稲田大学 理工学部 助手
2000-04 -- 2002-03日本学術振興会 特別研究員(DC1)
学歴
2000-04 -- 2003-03早稲田大学 理工学研究科 物理学及応用物理学専攻修了
1993-04 -- 1997-03早稲田大学 理工学部 物理学科卒業
取得学位
2003-03博士(工学)早稲田大学
所属学協会
1999 -- (現在)Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE)
2003 -- (現在)Association for Computing Machinery
-- (現在)日本ロボット学会
-- (現在)日本顔学会
-- (現在)人工知能学会
-- (現在)情報処理学会
-- (現在)電気学会
-- (現在)日本感性工学会
論文
著書
  • 情報学・工学 研究動向と特別支援教育への貢献
    鈴木 健嗣
    特別支援教育の到達点と可能性2001〜2016年:学術研究からの論考, pp.166-169, 2017-06
  • Design of a Robotic Agent that Measures Smile and Facing Behavior of Children with Autism Spectrum Disorder
    Hirokawa Masakazu; Funahashi Atsushi; Pan Yadong; Itoh Ya...
    2016 25TH IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ROBOT AND HUMAN INTERACTIVE COMMUNICATION (RO-MAN), IEEE, pp.843-848, 2016
  • An Approach to Facilitate Turn-taking Behavior with Paired Devices for Children with Autism Spectrum Disorder
    Nunez Eleuda; Matsuda Soichiro; Hirokawa Masakazu; Yamamo...
    2016 25TH IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ROBOT AND HUMAN INTERACTIVE COMMUNICATION (RO-MAN), IEEE, pp.837-842, 2016
  • 次世代センサハンドブック(第II編第12章12.5 力覚センサ)
    鈴木 健嗣(分担執筆)
    培風館, 2008-01
  • ロボット情報学ハンドブック
    鈴木 健嗣(分担執筆)
    ナノオプトニクスエナジー, 2010-03
会議発表等
  • 頸部装着型嚥下モニターによる嚥下音計測に基づく嚥下時間と飲み込みやすさの関係性
    倉本 尚美; Dushyantha Jayatilake; 日高紀久江; 鈴木健嗣
    第22回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会/2016-09-23--2016-09-24
  • 特別支援学校における食事指導の実態調査
    倉本 尚美; 鈴木健嗣; 渡辺忍; 日高紀久江
    第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会/2017-09-15--2017-09-16
  • A Feasibility Study for an Accompanying Humanoid Robot to Monitor and Encourage Walking
    Piezzo Chiara; Kuramoto Naomi; Suzuki Kenji
    The Abstracts of the 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM)
  • Differences in Mealtime Assistance between Nurses and Certified Caregivers in Elderly Care Facilities
    Kuramoto Naomi; Suzuki Kenji; Watanabe Shinobu; Hidaka kikue
    19th East Asian Forum of Nursing Scholars/2016-03-14--2016-03-15
  • Automatic Measurements of Neck Flexion Using Smartphone-Based Swallowing Monitor
    Kuramoto Naomi; Jayatilake Dushyantha; Hidaka kikue; Suzu...
    7th European Society of Swallowing Disorder Congress
  • Rapid stimulation of hippocampal memory circuit with acute mild exercise
    Suwabe Kazuya; Byun Kyeongho; Hyodo Kazuki; Reagh Zachari...
    第7回IIISシンポジウム〜睡眠の謎に挑む〜/2018-12-20--2018-12-20
  • Human brain activity during mild exercise using MRI-compatible ergometer:a research plan
    Suwabe Kazuya; Matsushita Akira; Saotome Kousaku; Kato Mo...
    ARIHHP Human High Performance International Forum/2019-03-05--2019-03-06
  • Robot Compliant Behaviour with Mixed-Initiative Interaction in an Obstacle Avoidance Scenario
    Piezzo Chiara; Leme Bruno; Hirokawa Masakazu; Suzuki Kenji
    9th International Conference on Social Robotics (ICSR)/2017-11-22--2017-11-24
  • A Visual Environment for Reactive Robot Programming of Macro-level Behaviors
    Erich Floris; Hirokawa Masakazu; Suzuki Kenji
    9th International Conference on Social Robotics (ICSR)/2017-11-22--2017-11-24
  • Design of a Cloud-Based Robotic Platform for Accompanying and Interacting with Humans
    Leme Bruno; Piezzo Chiara; Hirokawa Masakazu; Suzuki Kenji
    9th International Conference on Social Robotics (ICSR)/2017-11-22--2017-11-24
  • Robotic Device to Mediate Human-Human Hug-Driven Remote Communication
    Nunez Eleuda; Hirokawa Masakazu; Igarashi Hiroya; Suzuki ...
    9th International Conference on Social Robotics (ICSR)/2017-11-22--2017-11-24
  • 振動提示の遅延に対するユーザ特性:ボタン押下時における選択行動解析のための基礎的検討
    蜂須拓; 松田 壮一郎; 鈴木健嗣
    ロボティック・メカトロニクス講演会2018/2018-06-02--2018-06-05
  • 脳卒中片麻痺患者に対する聴覚バイオフィードバックを用いた足関節の運動学
    井口 正樹; 中川 稜介; 寺澤 洋子; 松原 正樹; 門根 秀樹; 鈴...
    第36回関東甲信越ブロック理学療法士学会/2017-09-23--2017-09-23
  • Smart Mechanics: Fusion of Softness and Rigidity in Robot Mechanism (Opening & Special Talk)
    Mochiyama Hiromi; Suzuki Kenji; Aiyama Yasumichi
    IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2017)Workshop on Smart Mechanics - Fusion of Softness and Rigidity in Robot Mechanism/2017-09-29--2017-09-29
  • Robotic intervention reshapes gait coordination in myelopathy patients with residual motor disturbances after surgery
    Puentes Sandra; Kadone Hideki; Kubota Shigeki; Abe Tetsuy...
    12th International Society of Physical and Rehabilitation MedicineWorld Congress ISPRM 2018/2018-07-08--2018-07-12
  • Gait training with a powered exoskeleton improve gait coordination in acute stroke patients
    Puentes Sandra; Kadone Hideki; Watanabe Hiroki; sankai yo...
    12th International Society of Physical and Rehabilitation MedicineWorld Congress ISPRM 2018/2018-07-08--2018-07-12
  • Gait coordination in acute stroke patients before and after gait training using a powered exoskeleton
    Puentes Sandra; Kadone Hideki; Watanabe Hiroki; sankai yo...
    第55回日本リハビリテーション医学会学術集会/2018-06-28--2018-07-01
  • Gait coordination improvement in myelopathy patients with residual motor disturbances after decompression surgery
    Puentes Sandra; kadone hideki; abe tetsuya; Shimizu Yukiy...
    第55回日本リハビリテーション医学会学術集会/2018-06-28--2018-07-01
  • 摩擦特性に起因するダイナミクスの不連続性を利用したパワーフロー制御
    矢木 啓介; 相山 康道; 鈴木 健嗣; 望山 洋
    第35回日本ロボット学会学術講演会/2017-09-11--2017-09-14
  • 剛性と柔軟性を融合させるスマートメカニクス
    望山 洋; 矢木 啓介; ハサン モダル; 蕭 凱文; 安藤 潤人; 相...
    第35回日本ロボット学会学術講演会/2017-09-11--2017-09-14
  • On the Evaluation of a Huggable Interface to Mediate Remote Affective Communication
    Nunez Eleuda; Koyama Shinichi; Suzuki Kenji; Igarashi Hiroya
    Tsukuba Global Science Week 2017/2017-09-25--2017-09-27
  • An Automated Calibration Method for Large Scale Projector-Camera System
    Chun Xie; Suzuki Kenji; Kameda Yoshinari; Kitahara Itaru
    Asia-Pacific Workshop on Mixed and Augmented Reality (APMAR) 2017/2017-07-02--2017-07-04
  • Xth Person View: 多人称視点を連続的に閲覧可能な観察システム
    志村 直樹; 宍戸 英彦; 亀田 能成; 鈴木 健嗣; 北原 格
    HCGシンポジウム2017/2017-12
  • 大規模Projector-Cameraシステムに適したキャリブレーション手法
    謝 淳; 宍戸 英彦; 亀田 能成; 鈴木 健嗣; 北原 格
    HCGシンポジウム2017/2017-12
  • 剛性と柔軟性を融合させるスマートメカニクス
    望山 洋; 矢木 啓介; ハサン モダル; 蕭 凱文; 安藤 潤人; 江...
    日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門講演会(ROBOMECH2017)/2017--2017
知的財産権
  • 可変保持特性を有する直動ダンパ、下肢支援装置、下肢支援装置セット、および下肢支援装置セットの制御方法
    望山 洋; 鈴木 健嗣; ハサン モダル; 矢木 啓介
  • 装着型人支援装置
    鈴木 健嗣; Jayatilake; D.
  • 顔面動作推定装置及び顔面動作推定方法
    鈴木健嗣; A. Gruebler
  • 装着式動作補助装置
    鈴木健嗣; 清水真也
  • 着用型生体信号提示装置及び着用型生体信号提示方法
    鈴木健嗣; 五十嵐直人; 廣渡貴大
  • 閉空間提示計測装置
    鈴木健嗣; 飯田一樹
  • 楽器装着型演奏支援装置
    鈴木健嗣; 黒沢佳史
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02知能機能システム特別演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02知能機能システム特別演習II筑波大学
2018-10 -- 2019-02知能機能システムコラボラトリー演習Ia筑波大学
2018-10 -- 2019-02知能機能システムコラボラトリー演習Ib筑波大学
2018-10 -- 2019-02知能機能システムコラボラトリー演習IIa筑波大学
2018-10 -- 2019-02知能機能システムコラボラトリー演習IIb筑波大学
2018-10 -- 2019-02知能機能システムコラボラトリー演習III筑波大学
2018-10 -- 2019-02知能機能システムコラボラトリー演習IV筑波大学
2018-04 -- 2018-08知能機能システム特別演習I筑波大学
2018-04 -- 2018-08知能機能システム特別演習II筑波大学
学協会等委員
2008 -- 2009日本ロボット学会評議員
2005 -- (現在)日本顔学会理事補佐
2003 -- 2006情報処理学会HI研究会運営委員
2008 -- (現在)情報処理学会CVIM研究会運営委員
2005 -- 2009電気学会産業システム情報化技術委員会幹事
2008-10 -- 2009-11IEEE Workshop on on Advanced Robotics and its Social Impacts
2008-02 -- 2008-068th International Conference on New Interfaces for Musical Expression
2007-10 -- 2009-04IEEE International Conference on Robotics and Automation
2008-04 -- 2008-09IEEE International Workshop on Robotic and Sensors Environments
2007-10 -- 2008-03The 2008 International Symposium on Cybernics
学内管理運営業績
2008-04 -- 2015-03広報戦略室・室員基幹ウェブシステム

(最終更新日: 2019-03-19)