現在地

坂本 和一(サカモト カズイチ; Sakamoto, Kazuichi)

face
所属
生命環境系
職名
准教授
URL
研究分野
分子生物学
機能生物化学
細胞生物学
食品科学
応用生物化学
研究キーワード
長寿遺伝子
アンチエイジング
寿命
健康寿命
生活習慣病
機能性食品
ポリフェノール
老化生物学
アポト-シス
分子生物学
研究課題
白髪の黒色化を促進する長寿遺伝子(サーチュイン)活性化物質の開発と機能解析2012-04 -- 2014-03坂本和一筑波大学/官民連帯共同研究1,000,000円
プロスタグランジンの生理機能に関する研究2002-04 -- 2006-03坂本和一筑波大学特別プロジェクト/学内共同研究1,000,000円
線虫を用いた抗肥満作用分子の選択・解析法の開発とその応用2008-04 -- 2009-03坂本和一/出資金による受託研究2,000,000円
ヌクレオプロテインによる線虫の寿命制御作用の解析2009-04 -- 2010-03坂本和一核酸普及協議会/企業からの受託研究1,500,000円
ヌクレオプロテインによる線虫のアンチエイジング作用の解析2010-06 -- 2011-03坂本和一日産化学工業株式会社、日生バイオ株式会社/企業からの受託研究1,500,000円
生薬の生理活性に関する研究2009-10 -- 2010-09坂本和一キッポージャパン株式会社/企業からの受託研究1,500,000円
骨の代謝維持機構の解明2003-04 -- 2004-03坂本和一エーシーバイオテクノロジー社/企業からの受託研究500,000円
慢性痛に対するプロスタグランジンの関与とその作用機序1992-04 -- 1993-03坂本和一(財)病態代謝研究会/その他500,000円
プロスタグランジンD2(PGD2)受容体遺伝子のクロニングとその脳における局在に関する研究1992-04 -- 1993-03伊藤誠二(財)内藤記念科学財団/その他1,300,000円
プロスタグランジンF2aの生殖生理作用に対する分子生物学的研究1993-04 -- 1994-03伊藤誠二小野医学研究財団/その他2,000,000円
学歴
-- 1981筑波大学 第二学群 生物学卒業
-- 1986筑波大学 生物科学研究科 生物物理化学修了
取得学位
理学博士筑波大学
理学修士筑波大学
所属学協会
2012-04 -- (現在)遺伝子栄養学研究会
-- (現在)American Society for Cell Biology
-- (現在)カテキン学会
2010 -- 2012核酸・核タンパク機能性研究会
-- (現在)日本RNA学会
2008 -- (現在)日本基礎老化学会
-- (現在)日本生化学会
-- (現在)日本内分泌学会
-- (現在)日本分子生物学会
受賞
2008-04-01科学技術振興機構「シーズ発掘試験」
2004-11-06ICOS2004最優秀論文賞
2004-04-01学内プロジェクト(助成B)
2002-04-01特別プロジェクト(分担)
2000京都茶業会議所・茶学術研究助成
2000-04-01学内プロジェクト(助成B)
1997住友財団・基礎科学研究助成金
1996三島海運記念財団・研究奨励金
1996-04-01学内プロジェクト(助成B)
1994三共生命科学研究振興財団・海外派遣助成金
1994チバガイギー科学振興財団・研究奨励金
1992病態代謝研究会・研究奨励金
論文
著書
  • 若さと健康長寿に働くファイトケミカルの開発と応用〜長寿遺伝子と健康〜
    坂本 和一
    JIR NEWS, pp.14-19, 2015-09
  • 第一回SATサイエンスカフェ報告
    坂本 和一
    SAT, (一般)茨城県科学技術振興財団つくばサイエンス・アカデミー, pp.26-26, 2015-03
  • 核酸にある健康長寿の可能性
    坂本 和一
    若さ・健康・長寿の源 核酸の魅力, 実業之日本社, 2014-12
  • 健康長寿における核酸・核タンパク質の可能性
    坂本 和一
    KYG協会, 2014-08
  • 進展するオリーブエキスの研究
    坂本 和一
    Food Style21, pp.34-40, 2013-09
  • 担任を終えて―卒業に向けて思うこと
    坂本和一
    TJB, 2005-03
  • Aluとの出会い
    坂本和一
    RNA Network Newsletter, 2005-03
  • 若き旅人達へ
    坂本和一
    TJB, 2007-04
  • 線虫を用いた抗肥満分子の選択・解析法-開発とその応用-
    坂本和一
    日本臨床社, 2010-02
  • ある大学教授のひとりごと。
    坂本和一
    Genessa・KYG通信, 2011-10
  • 線虫C. elegansの熱ストレス耐性に対する鮭白子抽出物の生理作用解析
    坂本和一; 羽野博之; 古橋翼
    ジェネッサ, KYG協会, 2011-10
  • 若さと健康は遺伝子から
    坂本和一
    産経新聞社, 2011-12
会議発表等
  • 線虫(C.elegans)のストレスホルモン代謝と生理作用の関係
    坂本 和一
    第41回日本分子生物学会年会/2018-11-27--2018-11-29
  • Pyruvic acid / ethyl pyruvate inhibits melanogenesis in B16F10 melanoma cells through PI3K/AKT, GSK3β, and ROS-ERK signaling pathways
    坂本 和一
    第41回日本分子生物学会年会/2018-11-27--2018-11-29
  • 死菌ビフィズス菌は線虫(C. elegans)に抗老化作用をもたらす
    坂本 和一
    第41回日本分子生物学会年会/2018-11-27--2018-11-29
  • Dead Bifidobacterium longum induced the anti-aging effect to C. elegans
    Sakamoto Kazuichi
    International Conference on Beneficial Microbes 2018/2018-07-31--2018-08-01
  • Dead Bifidobacterium longum induced the anti-aging effect to C. elegans
    Sakamoto Kazuichi
    TSUKUBA GLOBAL SCIENCE WEEK 2018/2018-09-20--2018-09-23
  • Dead Bifidobacterium longum induced the anti-aging effect to C. elegans
    Sakamoto Kazuichi
    第11回日中韓大学院生フォーラム/2018-09-28--2018-09-28
  • 微小気泡化ガスを用いた立体培養の検討
    坂本 和一
    日本再生医療学会/2019-03-20--2019-03-22
  • Physiological action of air nanobubble water on stress tolerance and body length of nematodes
    Murata Hiroaki; Sakamoto Kazuichi
    International conference on nanobubbles, nanodroplets and their applications/2018-10-16--2018-10-19
  • 若さと健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用〜予防医学と抗老化〜
    坂本 和一
    地域への対日直接投資カンファレンス(RBC)/2019-02-19--2019-02-20
  • 若さと健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用〜予防医学と抗老化〜
    坂本 和一
    イノベーション・ジャパン2018/2018-08-30--2018-08-31
  • 健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用〜予防医学と抗老化〜
    坂本 和一
    BioTech Japanアカデミックフォーラム/2018-06-27--2018-06-29
  • 死菌ビフィズス菌はDAF-16を介して線虫の寿命を延伸する
    坂本 和一; Sugawara Takaya
    乳酸菌学会/2017-07-10--2017-07-11
  • Dead Bifidobacterium longum prolonged the life span of C. elegans via DAF-16
    Sakamoto Kazuichi; Sugawara Takaya
    日中韓大学院生フォーラム/2017-09-22--2017-09-25
  • 健康長寿に働く生理機能物質の解析と応用〜長寿遺伝子と健康〜
    坂本 和一
    新技術発表会/2018-02-02--2018-02-02
  • 健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用--長寿遺伝子と健康--
    坂本 和一
    第12回SATサイエンスカフェ/2018-01-26--2018-01-26
  • 健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用--長寿遺伝子と健康--
    坂本 和一
    FABIO研究会/2017-10-04--2017-10-04
  • 健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用--長寿遺伝子と健康--
    坂本 和一
    フードビジネスサミットTSUKUBA2017/2017-11-20--2017-11-20
  • Screening and application of Natural Bio-Active Compounds Acting to Health and Youth
    Sakamoto Kazuichi
    TGSW2017/2017-09-27--2017-09-27
  • 健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用--長寿遺伝子と健康--
    坂本 和一
    イノベーション・ジャパン2017/2017-08-31--2017-09-01
  • 健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用-長寿遺伝子と健康-
    坂本 和一
    BioTech Japanアカデミックフォーラム/2017-07-28--2017-07-30
  • 若さと健康長寿に働く生理機能物質の探索と応用 〜長寿遺伝子と健康〜
    坂本 和一
    農業分野における新技術事例発表会/2016-03-17--2016-03-17
  • 健康長寿に働く生理機能物質の探索と応用-アンチエイジングや美容につながる健康食品をつくろう!-
    坂本 和一
    機能性表示食品・機能性素材(相談)発表会/2015-12-11--2015-12-11
  • 若さと健康長寿に働く生理機能物質の探索と応用 〜長寿遺伝子と健康〜
    坂本 和一
    新技術発表会/2016-02-25--2016-02-25
  • THE COMPARE BETWEEN GRAPE EXTRACT AND RESVERATROL ON MELANOGENESIS
    Sakamoto Kazuichi
    The 8th Japan-China-Korea Graduate Student Forum 2015/2015-09-16--2015-09-19
  • 若さと健康長寿に働く生理機能物質の探索と応用 〜長寿遺伝子と攻めの健康〜
    坂本 和一
    第94回バイオeカフェ/2015-09-15--2015-09-15
知的財産権
  • 牛プロスタグランジンF受容体(特開平7-135979)
    坂本 和一
  • プロスタグランジンF受容体異性体
    坂本 和一
  • Receptor for Bovine Prostaglandin F
    坂本 和一
  • Isoform of Receptor for Prostaglandin F
    坂本 和一
担当授業科目
2018-10 -- 2019-03ライフイノベーション博士前期演習I秋筑波大学
2018-10 -- 2019-03ライフイノベーション博士前期研究I秋筑波大学
2018-10 -- 2019-03ライフイノベーション博士前期演習II秋筑波大学
2018-10 -- 2019-03ライフイノベーション博士前期研究II秋筑波大学
2018-10 -- 2019-03ライフイノベーション博士後期演習I秋筑波大学
2018-10 -- 2019-03ライフイノベーション博士後期演習II秋筑波大学
2018-10 -- 2019-03ライフイノベーション博士後期演習III秋筑波大学
2018-10 -- 2019-03ライフイノベーション博士後期研究I秋筑波大学
2018-10 -- 2019-03ライフイノベーション博士後期研究II秋筑波大学
2018-10 -- 2019-03ライフイノベーション博士後期研究III秋筑波大学
授業以外の教育活動
2019-02 -- 2019-02中学生対象の教育連携講座筑波大付属駒場中学校
2019-01 -- 2019-01高校生対象の教育連携講座茨城県立水戸第一高等学校
2018-12 -- 2018-12高校生対象の教育連携講座都立小山台高等学校
2018-10 -- 2018-10高校生対象の教育連携講座都立隅田川高等学校
2018-09 -- 2018-09高校生対象の教育連携講座銚子市立銚子高等学校
2018-07 -- 2018-07高校生対象の教育連携講座富山県立東高等学校・魚津高等学校
2018-07 -- 2018-07高校生対象の教育連携講座千葉県立佐原高等学校
2018-07 -- 2018-07高校生対象の教育連携講座千葉県立東葛飾高等学校
2018-02 -- 2018-02中学生対象の教育連携講座筑波大付属駒場中学校
2017-12 -- 2017-12高校生対象の教育連携講座都立小山台高等学校
一般講演
  • Screening and application of Natural Bio-Active Compounds Acting to Health and Youth
    Sakamoto Kazuichi
    地域への対日直接投資カンファレンス(RBC)/2019-02-19--2019-02-20
  • 死菌ビフィズス菌はDAF-16を介して線虫の寿命を延伸する
    坂本 和一
    乳酸菌学会/2017-07-10--2017-07-11
  • 健康長寿に働く生理機能物質の解析と応用〜長寿遺伝子と健康〜
    坂本 和一
    イノベーションジャパン/2018-08-30--2018-08-31
  • 健康長寿に働く生理機能物質の解析と応用〜長寿遺伝子と健康〜
    坂本 和一
    アカデミックフォーラム2018/2018-06-27--2018-06-29
  • 健康長寿に働く生理機能物質の解析と応用〜長寿遺伝子と健康〜
    坂本 和一
    名戸ヶ谷カンファレンス/2018-04--2018-04
  • 健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用~機能素材としての藻類の可能性~
    坂本 和一
    ABES研究発表会/2017-12--2017-12
  • 健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用-長寿遺伝子と健康-
    坂本 和一
    第11回遺伝子栄養学研究/2017-08-25--2017-08-25
  • ead Bifidobacterium longum prolonged the life span of C. elegans via DAF-16
    Sakamoto Kazuichi
    第40回日本分子生物学会/2017-12-06--2017-12-09
  • Physiological Analysis of life-span extension of C. elegans by rice-kefiran
    Sakamoto Kazuichi
    第40回日本分子生物学会/2017-12-06--2017-12-09
  • Physiological analysis of novel fragrance substances involved in anti-lifestyle diseases
    Sakamoto Kazuichi
    第40回日本分子生物学会/2017-12-06--2017-12-09
  • ナノバブル水は線虫C.elegansの体長伸長を促進した
    坂本 和一
    第40回日本分子生物学会/2017-12-06--2017-12-09
  • Physiological Effects of Organic Acids on Lipid Metabolism in 3T3-L1 Cells
    Sakamoto Kazuichi
    第40回日本分子生物学会/2017-12-06--2017-12-09
  • Inhibitory effect of mangosteen component on melanogenesis
    Sakamoto Kazuichi
    第40回日本分子生物学会/2017-12-06--2017-12-09
  • キシトシンは線虫C.elegansの熱ストレス耐性をFOXO/DAF-16経路依存的に亢進する
    安田賢典; 久保侑紀; 坂本 和一
    第40回日本分子生物学会/2017-12-06--2017-12-09
  • 健康長寿に働く生理機能物質の解析と応用〜長寿遺伝子と健康〜
    坂本 和一
    新技術発表会/2018-02-02--2018-02-02
  • 健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用--長寿遺伝子と健康--
    坂本 和一
    第12回SATサイエンスカフェ/2018-01-26--2018-01-26
  • 健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用--長寿遺伝子と健康--
    坂本 和一
    フードビジネスサミットTSUKUBA2017/2017-11-20--2017-11-20
  • 健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用--長寿遺伝子と健康--
    坂本 和一
    FABIO研究会/2017-10-04--2017-10-04
  • 健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用--長寿遺伝子と健康-
    坂本 和一
    Bio Japan2017/2017-10-10--2017-10-13
  • Screening and application of Natural Bio-Active Compounds Acting to Health and Youth
    Sakamoto Kazuichi
    TGSW2017/2017-09-27--2017-09-27
  • 健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用--長寿遺伝子と健康--
    坂本 和一
    イノベーション・ジャパン2017/2017-08-31--2017-09-01
  • Dead Bifidobacterium longum prolonged the life span of C. elegans via DAF-16
    Sakamoto Kazuichi
    日中韓大学院生フォーラム/2017-09-22--2017-09-25
  • 健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用-長寿遺伝子と健康-
    坂本 和一
    アカデミックフォーラム2018/2017-07--2017-07
  • Dead Bifidobacterium longum can prolong life span of C.elegans
    Sakamoto Kazuichi
    Tsukuba Global Science Week (TGSW) 2016/2016-09-17--2016-09-19
  • 線虫(C. elegans)を用いた大豆発酵産物の生理作用解析
    Sakamoto Kazuichi; 佐々木寛瑛
    第39回日本分子生物学会/2016-11-30--2016-12-02
学協会等委員
2018-04 -- 2019-03フードビジネス推進機構アカデミックアドバイザー
2018-04 -- 2019-03遺伝子栄養学研究会理事
2017-04 -- 2018-03フードビジネス推進機構アカデミックアドバイザー
2016-04 -- 2017-03フードビジネス推進機構アカデミックアドバイザー
2017-04 -- 2018-03遺伝子栄養学研究会理事
2016-04 -- 2017-03遺伝子栄養学研究会理事
2015-04 -- 2016-03TJASSST2015Chairman/Session coordinator
2015-04 -- 2016-03遺伝子栄養学研究会理事/Chairman
2014-04 -- 2015-03第38回全国高等学校総合文化祭自然科学部門審査委員会/審査員
2014-04 -- 2015-03遺伝子栄養学研究会評議員
学内管理運営業績
2018-04 -- 2019-03大学院早期修了プログラム委員会委員長
2018-04 -- 2019-03北アフリカ研究センター共同研究員
2018-04 -- 2019-03高大連携委員会(生物学類)委員長
2018-04 -- 2019-03ライフイノベーション学位プログラム入試委員会・委員長
2018-04 -- 2019-03ライフイノベーション学位プログラム運営委員会委員長
2018-04 -- 2019-03大学院早期修了プログラム運営委員会委員
2018-04 -- 2019-03クラス担任(生物学類)学年主任
2017-04 -- 2018-03クラス担任(生物学類)学年主任
2017-04 -- 2018-03大学院早期修了プログラム運営委員会委員
2017-04 -- 2018-03北アフリカ研究センター共同研究員
その他の活動
2018-10 -- 2018-10研究内容の一部がメディカルネットの記事で紹介された。
2017-07 -- 2017-07雑誌・取材 光文社女性自身の取材を受け、ファイトケミカルによる知見の説明を行なった。取材内容が光文社「女性自身」(2017年8月29日号)に掲載された。
2016-05 -- 2016-05報道:新聞 日経新聞の取材を受け、研究内容についての解説を行った。日本経済新聞、2016年5月31日
2015-02 -- 2015-02報道:新聞 などがやうぃーくりーの取材を受け、研究内容についての解説を行った。
2015-01 -- 2015-01報道:テレビ NHKの夜のニュースで、研究内容が紹介された。
2014-12 -- 2014-12SAT Science Academy of Tsukubaの取材を受け、研究内容についての解説を行った。
2014-10 -- 2014-10報道:テレビ 日本テレビ「所さんの目がテン!」に出演し、研究内容についての解説を行った。
2014-02 -- 2014-02報道:新聞 産経新聞社の取材を受け、研究内容についての解説を行った。「遺伝子研究進む中、注目の核酸栄養—核酸栄養で運動機能も回復」2014年2月23日、9面 トップ
2013-09 -- 2013-09報道:雑誌 Food style社の取材を受け、研究内容についての解説を行った。健康イキイキさんぽ「進展するオリーブエキスの研究」2013年11月号p34-40
2013-08 -- 2013-08報道:新聞 HJ健康食品新聞の取材を受け、研究内容についての解説を行った。「オリーブ成分で生活習慣病予防:筑波大グループが発表」2013年8月14日 第1面 トップ

(最終更新日: 2019-06-13)